くららさんの映画レビュー・感想・評価

くらら

くらら

映画(138)
ドラマ(190)

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.0

エルファニングが美しく、不気味だけど華やかなファッションや色使い 音楽等の世界観も好きなんだけど、いかんせんエグくてトラウマになりそう。

ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ(2009年製作の映画)

3.8

形は違えど叔母さんも実母もジョンのことを愛していたのと、素敵な友達がいたのがせめてもの救い。
今となっては聞けないけど、ジョンがビートルズメンバーと出会えて心から幸せだと思えてたらいいなぁと思った。

夕凪の街 桜の国(2007年製作の映画)

4.2

戦後から現代を生きる人たちのお話。
戦争が終わって13年後に後遺症で亡くなった皆実に「原爆を落とした人は私を見て"やったぁ また一人殺せた"と思うてくれとる?」と言わせてしまう所に惨さを感じた。
戦争
>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

コメディなのにしれっと社会問題が散りばめられていて、たくさん笑ったけどそれ以上に色々考えさせられた。
最後のオチもハッピーで秀逸。
うまーくいーく!

トイレット(2010年製作の映画)

3.5

ほとんどしゃべらないのにばーちゃん(もたいまさこさん)の存在感がすごい。
シュールに進むストーリーの中でセンセー(猫)がいい味を出してるし、ミシンとピアノの音が心地よい。餃子美味しそうだったな。
最後
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.7

ノッティングヒルの街並みと音楽が素敵で、ポップなローマの休日みたい。
ラストのsheが流れるシーンがハッピーで何度も観たくなる!

レ・ミゼラブル(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

警官vs子どもという単純な話ではなく色んな社会問題が絡んで複雑になってしまい、どうすればこの悲劇を防げたのか正直ずっと考えても分からないし、ラストシーンからどう展開したか想像してみるけど、どう転んでも>>続きを読む

ピータールー マンチェスターの悲劇/ピータールーの虐殺(2018年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

正直この事件のことは全く知らずに鑑賞したが。この悲劇がなければ今の世の中がなかったのかもしれないと思うとやりきれない気持ちになる。
史実に基づいて淡々と進むので派手なシーンはないけど、市民一人一人に家
>>続きを読む

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

3.9

楽しい!!!!!
子どもたちの生き生きと音楽する姿が最高で、観ていて明るい気持ちになる。

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

3.8

登場人物が多いので色んなエピソードをさらっと楽しく観られた。
誰かしら感情移入できるキャラクターがいるし、上手くいくいかないそれぞれあるけど、どのエピソードも心が温かくなる。
大統領のダンスシーンと発
>>続きを読む

ショコラ(2000年製作の映画)

3.7

ヴィアンヌの立ち振る舞いやお店に並ぶチョコレート、作っている姿が綺麗でうっとり。
ヴィアンヌが街の人たちを癒していったのは事実だけど、閉塞的な田舎・宗教を変えるのは本当に難しいなんだと痛感させられたし
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

ストーリーも音楽も明るくてハッピーになれる映画!
最初は素敵な元カノや元嫁がなぜ今も大人げないカールのことを気にかけてるのか不思議だったけど、あんなに料理を愛しプライド持って楽しそうに仕事されたらそり
>>続きを読む

劇場(2020年製作の映画)

3.8

永田に全く共感できず沙希ちゃんにはもっと良い人がいるだろうにと中盤まで思っていたのに、お互いなくてはならない存在なことに気づくと少し見え方が変わってくる。
とは言えやはり永田には共感できず正直最後の方
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.9

いい意味で思ってたのと違った。
アニメとはいえ、観ててけっこう辛い。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.4

たくさんの点が後半で線に繋がったのは見ていて気持ちよかった。
現代の男性3人には共感できないけど、西田敏行さんが圧巻。

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

3.7

幼い主人公とお母さんが2人で即興演奏するシーンに音楽の魅力が詰め込まれている気がして、思い出しても胸が温かくなる。
音楽のシーンが多いので映画館の大音量で聴くのがおススメ。

母と暮せば(2015年製作の映画)

3.8

「戦争で亡くなるのは運命ではなく、人間が起こした悲劇なの。防げたことなの」って言葉が重くのしかかってくる。

NO SMOKING(2019年製作の映画)

4.1

細野さんに会いに行ってきた!
お茶目で飄々としてて老若男女関係なく誰にでも分け隔てなく接する細野さんを見て、こんな歳の取り方をしたいなって思った。
2018年にロンドンでやった高橋さんと教授とのサプラ
>>続きを読む

マチネの終わりに(2019年製作の映画)

3.5

中盤からストーリーにもやっとしたけど、石田ゆり子さんの生き様が最後まで凛としてかっこよくて救われた。
キャストも景色も音楽も美しさが爆発してた!

決算!忠臣蔵(2019年製作の映画)

3.5

めっちゃ笑った。忠臣蔵の予算の使い方もだけど、この映画の予算の使い方にもびっくりしてる!
芸人の岡村さんが唯一のまともな人っていうのも面白い。

スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け(2019年製作の映画)

4.0

フォースと共にあらんことをの言葉の偉大さに気づいてじわじわ感動が押し寄せて来る!
カイロレン、かっこよかった…。まさか空飛ぶトルーパーを見ることになるとは思わなかった。

そして最後までパーフェクトな
>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

法廷の話だと思いきや親子の話。
スカッとはならないけど、親子のわだかまりが溶けていくにつれて、どこかホッとしながら鑑賞。
日本映画のようなフワッとした終わり方で余韻がすごかった。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.7

自分の高校時代と重なってしまい、展開読めるのにうるっときた。
お母さん・長女・次女のバランスが良い素敵な家族だなと思った。

恋は邪魔者(2003年製作の映画)

3.7

オープニングからエンディングまでポップな映像とジャジーな音楽が最高に良かった!
普通のラブコメかと思いきや後半で何度もどんでん返しがあって爽快☺︎今年はJUDYも観たので、ジュディガーランドが出てくる
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.0

映像と音楽がたまらなく良い!
シュールで淡々と進むストーリーと絵本のような世界観に惹き込まれ、見終えた時にどこか哀愁のようなものも感じて少し切なくなった。
どのシーンも大好きだけど、おじさんたちの脱獄
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.0

音楽と映像が良い!
一見頼りない主人公だけど、環境のせいにせず自分の信念を貫く姿がかっこよかったし、それを支えるお兄ちゃんがさらにかっこよかった。

コンフィデンスマンJP(2019年製作の映画)

4.0

途中まであれ⁉︎展開読めるじゃんと思いきや、そこから騙された!後半、予想外のカオスな展開に爆笑!!

長澤まさみと竹内結子が美しく、三浦春馬がかっこいい。江口亮介はここまでくると可愛く思えてくる。一瞬
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2018年製作の映画)

3.7

最初は桜良に共感できなかったのに、僕と同じようにだんだん彼女に惹かれていった気がする。
桜良のお母さん(和久井映見さん)の声が特に素敵で言葉が心にスーッと入ってきた。
sumikaの優しい音楽も良かっ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

4.2

夫婦愛もさることながら、お父さんと秘密を共有し合っている者同士の家族愛が本当に素敵!
タイムトラベルで大胆に過去や未来が変わったり大事件が起きるわけではないけど、優しく流れる毎日がたまらなく愛おしくな
>>続きを読む

君が世界のはじまり(2020年製作の映画)

3.5

冒頭で関西弁キツイなと思ったけど、光と音が優しくていつのまにか全然気にならなくなってた。

地方の高校生って家と学校が世界の全てで私自身も息苦しさを感じてたけど、狭いからこそ好きな誰かの世界に関われた
>>続きを読む

味園ユニバース(2015年製作の映画)

3.6

ストーリーはふわっとしてたけど、歌やバンドがかっこよかった!
実家で観てたら思いがけなく父がハマる。

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.9

観る前は右翼vs左翼で東大全共闘が三島由紀夫を潰すために闘いを挑むものだと思っていたが、東大全共闘の人たちが共闘できるのではと言ってしまうほどお互い敬意を持って討論してる姿が印象的で全員の凄まじい熱量>>続きを読む

なぜ君は総理大臣になれないのか(2020年製作の映画)

4.0

小川淳也さんのドキュメンタリーでありながら、政党や左右に関係なく今の政界の仕組みや問題点を分かりやすく描かれていたのと、小川さんの話も論理的で分かりやすかった。
ご家族も本当に素敵で、井手教授の演説を
>>続きを読む

ドロステのはてで僕ら(2019年製作の映画)

4.0

面白かった!ユルいけどテンポが良くて見やすいし、思わぬ所に伏線が隠れていてエンドロールが終わるまでずっと笑ってた気がする。
2分っていう設定が絶妙で大満足だけど、自分がちゃんと理解できているのかは未だ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.6

ひたすら豪華!!
みんな美しくてかっこいいのに全然キャラかぶりしてなくて見応えあった!

バンクシー・ダズ・ニューヨーク(2014年製作の映画)

3.6

バンクシーが1ヶ月間毎日作品をSNSに公開し、それを宝探しのように探し走り回るNY市民。作品によっては数時間で消されてしまったり警察が出動したりと大騒ぎで、それも込みでバンクシーの作品なのかもしれない>>続きを読む

>|