くららさんの映画レビュー・感想・評価

くらら

くらら

  • List view
  • Grid view

ストップ・メイキング・センス(1984年製作の映画)

3.6

アメリカンユートピアが最高だったのでこちらも鑑賞。
1曲につき1人ずつ増えていき、だんだんステージが完成する演出がライヴの雰囲気に合ってたし、全員揃ってからのパワーが凄まじかった!
メンバーみんなが歌
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

3.7

安心して笑えるおばけ映画。
前作も好きだけど比べることなく楽しめるし、メインの4人とケヴィンの憎めないキャラが好き!色が綺麗で音楽がかっこいいのも良い。
映画館では字幕、地上波では吹替で観たけどどっち
>>続きを読む

ビリー・アイリッシュ 世界は少しぼやけている(2021年製作の映画)

4.0

音楽的にも精神的にも彼女を支えるお兄さん、ティーンの母親として隣で見守るお母さん、彼女がどれだけ売れようとどこまでも普通でい続けるお父さん、そしてみんなが恥ずかしくて隠したがる内面をさらけ出し歌でファ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.4

音楽の楽しさ、仲間がいることの多幸感、生きることの難しさ、フレディの人生が詰まった映画だなと思った。
私のQUEEN好きは確実に父の影響だけど、ボヘミアンラプソディやWe will rock youが
>>続きを読む

HOKUSAI(2020年製作の映画)

3.4

柳楽優弥や田中泯をはじめとして出演者の鬼気迫る演技に圧倒された。晩年の北斎が幕府に対して言う「90年生きているが何も変わらん」って台詞が現代にも通じる部分があって印象的。

北斎のターニングポイントだ
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

3.9

突っ込み所は多かったけど、それを含めてなんかすごい良かった。

前半はコメディ要素多めで、顔を出さなくても強烈な滝藤賢一やキレ芸が見事にハマる前田敦子がインパクト大。中盤で急なファンタジーになり???
>>続きを読む

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

全員めっちゃハマり役。このシチュエーションでハッピーエンドになるとは!
不意打ちのムロツヨシに笑った。

パーム・スプリングス(2020年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ドロドロな人間関係のはずなのにサクサク話が進んでいって面白い。
はじめはなぜこのポスター?って思ったけど、ラストまで観るとなかなか味わい深い。
サラの凄まじい行動力とせっかちさに笑ってしまった。

阪急電車 片道15分の奇跡(2011年製作の映画)

3.8

優しさの連鎖が沁みる素敵な映画。今後も時々見返したいなと思った。
「泣くのはいいけど、自分の意思で涙を止められる女になりなさい」って台詞と凛とした宮本信子さんが特にかっこよかった。

ロッキー・ホラー・ショー(1975年製作の映画)

3.8

ストーリーじゃなくて音楽とダンスを楽しむ映画。ビビッドな衣装とセットも素敵。
登場人物が全員狂ってて救いようのない感じが良い!

東京ゴッドファーザーズ(2003年製作の映画)

4.0

めっちゃ都合良く話が展開していくけど、それでもほっこりする良い話。
ギンさんが見事に2人とすれ違いまくってて笑った。
タクシーの運転手、通りがかりの人、病院、全ての出会いが奇跡なのかなと思った。親を知
>>続きを読む

街の上で(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

観ていてとても心地良い映画。

登場人物それぞれの欠点が見えてくるのになんか憎めないし、どこか良いか聞かれても答えられないけど出てくるみんなに惹きつけられる!
コロナで公開延期になったせいで朝ドラのく
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

"なんだこのヤベー女は!"と思ったけど、同級生が自分の名前を知らなくて存在しないかのように扱われるシーンは切なくてウッとなった。
でもヨシカも周りの人をちゃんと人として見ていなくて、ラストできちんと向
>>続きを読む

パリの調香師 しあわせの香りを探して(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

のんびり観られる大人のほっこり映画。
天才的な嗅覚を持つアンヌは人見知りや元の性格もあるけど、天才あるあるというかギヨームに出会うまで単に人との接し方を知らなかっただけなんじゃないかなと思った。ギヨー
>>続きを読む

アメリカン・ユートピア(2020年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

なんだこの底抜けにパワフルなおじさんは!
ダンサーもミュージシャンも全員表現力がすさまじく、特に色んな打楽器をこなしながらダンサーにもなっちゃう表情豊かな女性と超ファンキーにバンドを引っ張るベーシスト
>>続きを読む

私の頭の中の消しゴム(2004年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

前半あまりのテンポの良さにびっくりしたけど、病気が分かってから前半の日常を思い出すと切なくなる。
私の祖母も晩年は認知症で、会う度に寂しくてやり切れない気持ちになったけど、本人も思い出せない苛立ちや何
>>続きを読む

夜は短し歩けよ乙女(2017年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

パキッとした色遣いと脳内を具現化したような演出が好き!
それとは真逆な気もする平和でゆるくて優しいお話も良かった。

超人な乙女とキャラが濃すぎる皆さま、声のキャスティングも好みだった。特にパンツ総長
>>続きを読む

一度も撃ってません(2020年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

シリアスな話のはずなのにクスッとなる要素が満載で、ラストの銃口を向け合うシーンはめっちゃ笑った。みんなかっこよくいたいのに、どこか抜けてて愛おしい。
キャストがひたすら豪華でストーリー云々というより渋
>>続きを読む

七つの会議(2018年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

半沢直樹じゃん!と思ったけどそれでも面白かった。
後半の会議で「この人が原因だったのか」と思いきやどんどん上の人がやらかしてて、気持ちいいぐらいにみんなで責任のなすりつけ合い。この人たちの仕事のモチベ
>>続きを読む

キンキーブーツ(2018年製作の映画)

4.3

ローラの強さと優しさに元気をもらえる!
ストーリーも音楽も好きでミラノショーのシーンは何度観ても圧巻だしグッとくる!

マシュー・ボーン IN CINEMA 赤い靴(2020年製作の映画)

3.9

バレエとコンテンポラリーダンス、舞台の良い所どりでめっちゃ良かった分、生で観たかった!
表情や舞台セット、音楽も良い。結婚後にヴィクトリアが小さな劇場で踊るシーンの謎のエジプト人2人組みたいな方の踊り
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.3

東京以外の世界を知らないお嬢様 華子、地方の貧しい家で育った美紀、政治家一家の名家出身の幸一郎、自分に近い誰か1人に感情移入しそうだけど、3人それぞれの気持ちの揺れ動きが丁寧でどんな立場でも苦悩がある>>続きを読む

空の青さを知る人よ(2019年製作の映画)

3.7

あかねとあおいの関係が素敵!あかねがただただ優しいお姉ちゃんだと思ってたけど、ラストであおいの力強い涙にうるっときたし、良い思い出を大切にして後悔を乗り越えて前へ進もうとする3人を見て勇気をもらえる。>>続きを読む

新聞記者(2019年製作の映画)

3.9

フィクションと思ってても、現実と色々重なる部分があって苦しくなった。
1人が一歩踏み出さないと何も変わらないのは分かってるけど、政権やマスコミという巨大な組織に今までどれくらいの人が飲み込まれてきたん
>>続きを読む

すばらしき世界(2021年製作の映画)

4.0

どんな事情であれ殺人を犯した人に同情はしないけど、三上がシャバで感じる理不尽ややりきれなさを「普通」に生きている私は当たり前に受け入れ目をつぶって生きてきたんだなと気づき、人生って何なんだろうと考えさ>>続きを読む

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

観ててものすごく辛くて苦しくなったけど、観て本当に良かった。
老若男女関係なく全員に観てほしい。

冒頭では優しい旦那さんがいて姑は面倒ながら実家もそこそこ理解があって友達もいて、幸せな環境なのにと表
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

どの価値観が良いとかを押し付けることなく、環境や立場が違うとそれぞれ色んな考えがあるということを客観的に淡々と伝えていく感じがとても良かった。
中国の文化をあまり知らないのでどこまで事実か分からないけ
>>続きを読む

すくってごらん(2021年製作の映画)

3.9

好き嫌い分かれそうだけど、私は好きな作品。観終えると、現実味があるようで実はファンタジーっぽい、どっちつかずなふわふわした感じがして心地よいなと思った。
舞台化されても違和感ないテンポの良さに、水や風
>>続きを読む

ウェイトレス 〜おいしい人生のつくりかた(2006年製作の映画)

3.4

夫のモラハラがひどいけど、不倫もなんで⁉︎って感じで感情移入はできないけど、味方になって受け入れてくれる友達がいるのはいいなと思った。パイの名前のセンスが独特すぎて笑う。
けっこう重いので、ミュージカ
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

3.6

原発事故は人災と聞くしそうならば当事者が責任持って対応するのが当然と頭では分かっているけど、この方々も被災者であり家族がいる中で現場に出ると決めた恐怖や覚悟を想像しても想像しきれないし、やりきれない気>>続きを読む

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

3.5

ゆるくてシュールでほのぼの。
オチが毎回ほっこりするので何度観ても癒される。
イエスとブッダ以外のキャラクターもみんな優しいし、主題歌も良い。

トキワ荘の青春 デジタルリマスター版(1995年製作の映画)

4.0

漫画という共通の志を通じて一緒に喜んだり悲しんだりする仲間ができていくのが素敵で、観ていて心が温かくなる。
出演者の皆さん、今の渋くてかっこいい姿しか見た事なかったので、こんなに眩しい青春時代を演じら
>>続きを読む

まともじゃないのは君も一緒(2020年製作の映画)

3.9

普通になりたい予備校講師と自分を普通だと思っている女子高生が組むと、素直な予備校講師と素直になれない女子高生になっちゃうのが面白いなと思った。
後半の予備校で大野が佳純に怒る台詞が心に響く。

成田凌
>>続きを読む

ステージ・マザー(2020年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ストーリーに物足りなさはあるものの、メイベリンの素直に突っ走る感じはけっこう好き。

きっとメイベリンは今までリッキーに会いに行こうと思っても旦那さんに止められ、でもリッキーが亡くなって何かが吹っ切れ
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.9

イケてるグループに入るために悪さをやろうとするのに、いちいち良い子な面が露呈しちゃうのがたまらなく可愛い。
親同士が仲良いと言っても3家族ともびっくりするぐらいタイプが違ってそれぞれに良さがあり、子ど
>>続きを読む

あの頃。(2021年製作の映画)

4.0

小中学生の頃にハロプロ大好きだったので、当時の歌や映像、ラジオが出てきてめっちゃ刺さった!

ハロプロアイドルに元気をもらうのはもちろん、時間が経っても「今が一番楽しい」を更新し続けてるのも、実はハロ
>>続きを読む

>|