せーじさんの映画レビュー・感想・評価

せーじ

せーじ

邦画・アニメを中心に人間ドラマが面白いものが得意。
ただしエログロバイオレンスが主体な作品は苦手。
(ひんぱんに書き直しますのでご了承ください)

4.6以上→大傑作、絶対におすすめ
4.0~4.5→傑作、おすすめ
3.5~3.9→良作、でも好みがわかれるかも
3.0~3.4→普通、良いところも悪いところも
2点台→駄作、正直失望しました
1点台→超駄作、観るんじゃなかった

映画(74)
ドラマ(0)

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.5

TOHOシネマズ新宿で鑑賞。
連休中の公開初日の夜ですから、もちろん満席。男女比は6:4くらいか。
PG12ながら、幅広い年代の人々が来ていたように思う。

「トーニャ・ハーディングとその家族、それと
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.0

新宿ピカデリーで鑑賞。
当然のように満席で、男女比は8:2くらい。客層は明らかにそのスジの人達ばかりでした…って、新ピカなら当然か。

「聲の形」の山田尚子監督の最新作と聞いて興味があったものの、「響
>>続きを読む

かぞくへ(2016年製作の映画)

4.3

下北沢トリウッドで鑑賞。
40席ほどの劇場でありながら、7~8割くらいの入り。
場所柄からか、若い人たちが多かったのも印象的だった。

胸が痛い…
自分も20代の頃、主人公と似たような行動をとり続けた
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

【文末に追記しました】

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
四割~五割といったところだろうか。
割と年齢層が高め(40代くらい?)なのが印象的だった。

うん、スピルバーグ監督作品らしい、スピルバーグ監督
>>続きを読む

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

4.7

以前から観たいと思っていたこの作品、運よく観る機会に恵まれ鑑賞。

結論から言ってしまうと、すんごく面白かったです。
もっと早くに観れば良かった… 
それこそ、高校生の時にリアルタイムで観ていたら、人
>>続きを読む

二十四の瞳(1954年製作の映画)

4.6

「後学のために観ておこうじゃないかシリーズ」ということで「グラン・トリノ」と共に図書館で借りてきたDVDを鑑賞。
瀬戸内海に浮かぶ離島を舞台に、ひとりの女性教師と彼女が受け持った12人の教え子たちの姿
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.5

以前から気になっていた作品を図書館で見つけ、借りてきて鑑賞…って、ここのところイーストウッド作品ばかり観ていますが。

自分は恥ずかしながら、数多あるイーストウッド作品を横目にするだけできちんと観てこ
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

4.6

ライムスター宇多丸氏の評論を聴いて、ずっと気になっていた本作。
「後学の為に観ておこうじゃないかシリーズ」ということで、図書館でDVDを借りて鑑賞。

泣きました、素晴らしかったです。

1995年の
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

-

この作品、観るのが辛すぎて最後まできちんと観れていないので、書こうかどうか迷ったのだけれども、この機会に向き合うという意味でも書いてみることにする。(最後まで観ていないのでスコアは無しで)

2018
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.5

シネマチュプキタバタで鑑賞。
小さい映画館ながら、席はほとんど埋まる盛況ぶり。

名古屋郊外にあるニュータウンの一角で、100種類以上の草木を育て続け、実った果実を時に自分たちで食しながら、時に家族と
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.2

シネマイクスピアリで鑑賞。
最後列の席を選んだのだが、通路を隔てた隣の席で若いカップルがいちゃいちゃしていて、複雑な気持ちで席に着いた…ってそんなことはどうでもいいですね、上映終了後は二人とも真顔だっ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

「嫌いにならないでとは言わない、でも、忘れないでいて欲しいんだ」

シネマイクスピアリで鑑賞。
会場は春休みだからか、開演前は声をあげる子供たちもちらほらいたが、はじまると集中していた様子。

ぶっち
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.6

シネマイクスピアリで鑑賞。
最終日の最終回に滑り込みだった。

惜しい…
やりたい事は理解出来るのだけれど、それがあまり上手くいってない。

どういう事なのかと言うと、本作は中盤を境に物語のテンション
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

2018年3月26日、BSプレミアムのプレミアムシネマで鑑賞。

いや、贅沢すぎる…
なんて贅沢な作品なんだろう。
主人公となる四人の女優たちをはじめとする名だたる俳優陣が集まり、鎌倉と江ノ島という最
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.8

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
そんなに入っていなかったが、明らかにコアなファンだと思われる男性ばかりだったのが印象的だった。

いや、観るのが辛かった。。。
主人公二人が、いやいや、この作品の登場人物
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

2.0

ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。
入りは6割~7割くらいといったところだろうか。客層は岡田監督作品のファンぽい若い女性が多かった印象。

この作品が好きな人には非常に申し訳ないのだが、自分には合わ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.4

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
平日ということもあり、館内はガラガラだったが若い人たちもちらほら。

2015年に実際に起きた列車テロ未遂事件を題材に、犯人に立ち向かった三人の若者を主演として迎えて作り
>>続きを読む

HANA-BI(1997年製作の映画)

4.3

2018年2月25日、テレビ東京の特別番組で鑑賞。
恥ずかしながら本作は初見、北野武監督作品をきちんと鑑賞するのも初めてとなる。これも「後学の為に観ておこうじゃないかシリーズ」ということになるのかな。
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.5

2018年2月1日に飯田橋で開かれた
filmarksの試写会にて鑑賞。
小規模な会場ながら、没入できました。

ぶっ飛ばされました。
可愛らしいビジュアルに反して、題材などからハードな作品だというこ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

イオンシネマ市川妙典で吹替版を鑑賞。
映画の日ではあったものの、平日昼間ということもありガラガラで、自分を入れて3人ほど。ちなみに前作は未見。本作も観るつもりは無かったが、非常に評判が良かったので、観
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.4

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
天気の悪い平日の朝の回ということもあり、2割くらいの人出。

「新参者シリーズ」の概要は知っているものの、テレビも過去の映画作品も観る機会が無く、まともに鑑賞するのは今回
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.1

2018年1月19日、金曜ロードショウで鑑賞。
といっても、もう何回も観ているんですけどね。

自分が、アニメのルパン三世シリーズの魅力って何だろうと考えた時に真っ先に思い浮かべるのは、ある意味でのス
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

2.0

2018年1月12日、金曜ロードショウで鑑賞。
実は未鑑賞だったので、これを機会に見ることに。
(ちなみに原作を読んだことはありません)

なるほどなーと思った。
色々欠落しているし、いわゆる「ジブリ
>>続きを読む

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

4.4

「KUBO 二本の弦の秘密」を鑑賞し、その映画評を読んでいくなかで、多方面から傑作であるということを聞きつけて、YouTubeの映画チャンネルで視聴をすることに。

噂に違わぬ作品だった。
「目ん玉が
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.7

後学の為に観ておこうシリーズ!ということで
YouTubeの映画チャンネルで鑑賞。

これは昔からの日本人の特性だと思うのだけれど、特にいろんな人が集まるような場だと、相手に直接面と向かってのやりとり
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.3

金曜ロードショウ(2018年1月5日放送)で鑑賞。

リアルタイムで観た時(当時小学生)なぜキキが突然、他の同世代の女の子の前で怒りだしたり、様子がおかしくなってしまうのか、まったく意味がわからなかっ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.5

そういえば観ていなかったのでYouTubeの映画チャンネルで鑑賞。

「ボンクラなはみ出し者達」が「とある星の危機」を「最後はキチンと超カッコよく救う話」なんだけれど、脚本もアクションもCGも音楽もす
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

テレビで放映されていたので鑑賞。
敢えて感想は書いてこなかったのだけれど、決着(?)をつけるべく書くことに。

やっぱり観るのが辛かった。。。
主人公二人から発する光?みたいなものが眩しすぎて。
この
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.6

錦糸町楽天地シネマで鑑賞。
映画の日なのに、元日のお昼時だからかそんなに人は多くなく、定員の2割くらいだろうか。

超面白かった。
新年1作目の鑑賞作品をこれにして、本当に良かった。スカッとした気持ち
>>続きを読む

この空の花 長岡花火物語(2012年製作の映画)

4.9

早稲田松竹で「この世界の片隅に」と二本立てで鑑賞。
「この世界~」は軽く満席になるなか、こちらは6割程度の入りだったのは、今思うとちょっと勿体ない気もした。

ぶっ飛ばされた。
すごいもんを見たと思っ
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

4.7

有楽町スバル座で鑑賞。
中規模のシアターに、7割くらいの入り。
当然ながら好事家と思われる男性の中高年の方々がほとんどだったが、自分よりも若い観客もちらほらいた。

大林監督作品特有の奔放かつ難解な作
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.6

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
ハコは広かったものの平日ということもあり、2~3割程度の埋まり具合。とはいえ、幅広い年齢層ではあったように思う。

他の作品を観た時に流れていた予告を観た時から「これは…
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.5

角川シネマ新宿で鑑賞。
映画の日、かつ金曜夜の上映ということもあり、小さいハコながら満席。
自分と同世代の人が多く、当然ながら女性の方が多めだった。

冷戦終結直前のベルリンを舞台に、とある機密データ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.7

新宿バルト9で字幕版を鑑賞。
映画の日とは言え三時間前にして、既に残席は僅か。
なんとか滑り込むことができた。
若い人々が中心だが、幅広い年代の人が来ていたように思う。

一言で言うと「とんでもない作
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.4

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
平日の午後の割にはそこそこ入っていたと思う。客層は当然というべきか、前作をリアルタイムで観てきたであろうという年代の人達が大半を占めていた。

思っていたほど、160分と
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.7

”2049”が公開され、すごく興味があったものの、恥ずかしながら未見だったので、予習も含めて自宅で視聴。

凄かった。
とても80年代につくられた映画だとは思えない。
世界観をふくめたビジュアルや演出
>>続きを読む

>|