せーじさんの映画レビュー・感想・評価

せーじ

せーじ

好き:洋邦問わず人間ドラマが面白いもの
苦手:エログロバイオレンスが主体な作品
Clipムービー:観たい作品
(評は頻繁に書き直しますのでご了承ください)

4.6以上→絶対観るべき
4.0~4.5→おすすめ
3.5~3.9→良いとは思うけど惜しい…
3.0~3.4→良いところも悪いところも
2点台→残念…
1点台→観るんじゃなかった……

映画(94)
ドラマ(4)

ペンギン・ハイウェイ(2018年製作の映画)

4.5

ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。
7割くらいの客足か。当然ながら若い人達が多く、女性の方が少し多かった気がする。

主人公であるアオヤマくんもお姉さんも劇中で全く恥ずかしがろうともしないし、作り手
>>続きを読む

大人のためのグリム童話 手を失くした少女(2016年製作の映画)

4.3

渋谷ユーロスペースで鑑賞。
150席ほどの劇場に、6割ほどの人出。
20代~50代くらいの映画ファンが集まる感じだろうか。

なんといっても監督自身がひとりで描きあげた作画によって構築されている世界が
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.7

TOHOシネマズ日比谷で鑑賞。
400席くらいのスクリーンに、八割くらいの人出。幅広い年代の人々が見に来ていて、本当にヒットしているのだなぁと実感。

いやあ、すっげぇ面白かった。
面白かったし、すご
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

3.8

TOHOシネマズ日比谷で鑑賞。
小規模のスクリーンで、公開から少したつのに、八割は入っているようで、細田作品の注目度の高さが伺えた。
客層も主人公と同世代の子から、年配の人までさまざま。

観ていて子
>>続きを読む

時をかける少女(2006年製作の映画)

3.5

2018年7月20日、金曜ロードショウで鑑賞。

以前観た時よりもハマらなかった。
それはおそらく、この作品そのものに「不可逆的な"時"」を感じてしまったからだろう。

どういうことかというと、自分と
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.6

多方面から評判の良さを聞いていて、絶対に観ようと思っていたこの作品。
Netflixで発見し、速攻でダウンロード。
観て良かったと思える、すごく好きな作品になりました。

ストーリーは、最初こそ監督の
>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.9

ねんがんのNetflixに加入。
何を観ようか探していたら、早速以前から観たかったこの作品を見つけることができたので、ダウンロードして鑑賞。
ちょっと惜しいなと思ったところが散見されたものの、面白かっ
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.1

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
映画の日の昼の回ということもあり、七割くらいの人出。
若干女性のほうが多かった印象。

見過ごすことが出来ないネジのゆるみがあちこち見えてしまうのが残念なものの、とてもキ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.6

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
休日の映画の日ということもあり、初回だったにも関わらず、七割位の人出。
子供からお年寄りまで、幅広い人々が集まっていた。

鑑賞してみて、どうしてこんなにも意見が分かれて
>>続きを読む

戦場のメリークリスマス(1983年製作の映画)

4.3

この作品も、名前は知っていたけれども観たことが無かった作品。
一言でいうと、とても繊細で難解な作品でした。

まずはやはり、ビートたけし、坂本龍一、デイビッド・ボウイら三人の存在感が凄まじいことに驚い
>>続きを読む

8 Mile(2002年製作の映画)

3.8

日本のネットの世界では、嘘字幕動画でウンチクを教えてくれる存在として、違う意味で有名になってしまった「エミネムさん」。
…でもその元ネタ、そういえばよく知らなかったな…と思い、レンタルをして鑑賞。うん
>>続きを読む

フレンチアルプスで起きたこと(2014年製作の映画)

3.9

ちらほらと色々な方面で「面白い」と聞いていた作品。ちょっと気になったので、レンタルして鑑賞。

この作品、かいつまんで雑に説明するとこんな感じだろうか。

いっけなーい、殺意殺意!私エバ、二児の母!ず
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

4.5

2018年6月15日、金曜ロードショウで放映されたものを録画鑑賞。映画館では観たことがなく、今回が初見です。

いやあ、面白かった!
こういうセンシティブな題材で、きちんと話のスジを通しつつ、キッチリ
>>続きを読む

つみきのいえ(2008年製作の映画)

4.2

タイトルを聞いたことはあったけれども、という作品。
レンタルして鑑賞。

「パターソン」を観た時もそうだったけれど、こういう静かな作品を観ていると、ついつい何か不穏な出来事が起きてしまうんじゃないかと
>>続きを読む

まほろ駅前多田便利軒(2011年製作の映画)

2.3

ここのところ重~い作品ばかり観てきていたので、なんか軽い感覚で観れそうなものはないかなぁと思いながら探していたら、この作品に目がとまったという。ただし、レンタルして自宅鑑賞…したはいいものの、残念なが>>続きを読む

その街のこども 劇場版(2010年製作の映画)

4.6

「カーネーション」の渡辺あやさんが脚本を書き、「あまちゃん」の井上剛さんが監督し、大友良英さんが音楽をつけているというこの作品は、いろんな方面から名作であるという話を聞いていたこともあって、ずっと気に>>続きを読む

隣る人(2011年製作の映画)

4.7

ポレポレ東中野で鑑賞。
旧作で、かつ遅い時間にも関わらず、7~8割くらいの入り。明らかに好事家と思われる人々ばかりなのは当然というべきか。

…なんとなくそうなるんじゃないかなと思ってはいたが、やはり
>>続きを読む

四月の永い夢(2017年製作の映画)

3.4

新宿武蔵野館で鑑賞。
中規模の劇場で、8割くらいの入り。
年齢層は比較的高めだったと思う。

「かぐや姫の物語」で凛とした主人公を演じられていた朝倉あきさんの主演作と聞いて、観ることを決意。
彼女の、
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

4.5

新宿バルト9で鑑賞。
映画の日ということもあり、7割~8割くらいの入り。
幅広い年代の人が来ていたように思う。

エンドロールが終わり、明るくなっても「え…?」となったまま、固まってしまった。心の置き
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.8

2018年5月18日、金曜ロードショウにて鑑賞…しようとしたものの、一気に見るのが辛すぎて、録画を観てはCMごとに観るのをやめ…しばらくしてから録画をつけなおし…を繰り返していたので、感想を書くのが今>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

4.5

TOHOシネマズ新宿で鑑賞。
連休中の公開初日の夜ですから、もちろん満席。男女比は6:4くらいか。
PG12ながら、幅広い年代の人々が来ていたように思う。

「トーニャ・ハーディングとその家族、それと
>>続きを読む

リズと青い鳥(2018年製作の映画)

4.0

新宿ピカデリーで鑑賞。
当然のように満席で、男女比は8:2くらい。客層は明らかにそのスジの人達ばかりでした…って、新ピカなら当然か。

「聲の形」の山田尚子監督の最新作と聞いて興味があったものの、「響
>>続きを読む

かぞくへ(2016年製作の映画)

4.3

下北沢トリウッドで鑑賞。
40席ほどの劇場でありながら、7~8割くらいの入り。
場所柄からか、若い人たちが多かったのも印象的だった。

胸が痛い…
自分も20代の頃、主人公と似たような行動をとり続けた
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.1

【文末に追記しました】

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
四割~五割といったところだろうか。
割と年齢層が高め(40代くらい?)なのが印象的だった。

うん、スピルバーグ監督作品らしい、スピルバーグ監督
>>続きを読む

Kids Return キッズ・リターン(1996年製作の映画)

4.7

以前から観たいと思っていたこの作品、運よく観る機会に恵まれ鑑賞。

結論から言ってしまうと、すんごく面白かったです。
もっと早くに観れば良かった… 
それこそ、高校生の時にリアルタイムで観ていたら、人
>>続きを読む

二十四の瞳(1954年製作の映画)

4.6

「後学のために観ておこうじゃないかシリーズ」ということで「グラン・トリノ」と共に図書館で借りてきたDVDを鑑賞。
瀬戸内海に浮かぶ離島を舞台に、ひとりの女性教師と彼女が受け持った12人の教え子たちの姿
>>続きを読む

グラン・トリノ(2008年製作の映画)

4.5

以前から気になっていた作品を図書館で見つけ、借りてきて鑑賞…って、ここのところイーストウッド作品ばかり観ていますが。

自分は恥ずかしながら、数多あるイーストウッド作品を横目にするだけできちんと観てこ
>>続きを読む

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

4.6

ライムスター宇多丸氏の評論を聴いて、ずっと気になっていた本作。
「後学の為に観ておこうじゃないかシリーズ」ということで、図書館でDVDを借りて鑑賞。

泣きました、素晴らしかったです。

1995年の
>>続きを読む

火垂るの墓(1988年製作の映画)

-

この作品、観るのが辛すぎて最後まできちんと観れていないので、書こうかどうか迷ったのだけれども、この機会に向き合うという意味でも書いてみることにする。(最後まで観ていないのでスコアは無しで)

2018
>>続きを読む

人生フルーツ(2016年製作の映画)

4.5

シネマチュプキタバタで鑑賞。
小さい映画館ながら、席はほとんど埋まる盛況ぶり。

名古屋郊外にあるニュータウンの一角で、100種類以上の草木を育て続け、実った果実を時に自分たちで食しながら、時に家族と
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.2

シネマイクスピアリで鑑賞。
最後列の席を選んだのだが、通路を隔てた隣の席で若いカップルがいちゃいちゃしていて、複雑な気持ちで席に着いた…ってそんなことはどうでもいいですね、上映終了後は二人とも真顔だっ
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.2

「嫌いにならないでとは言わない、でも、忘れないでいて欲しいんだ」

シネマイクスピアリで鑑賞。
会場は春休みだからか、開演前は声をあげる子供たちもちらほらいたが、はじまると集中していた様子。

ぶっち
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

3.6

シネマイクスピアリで鑑賞。
最終日の最終回に滑り込みだった。

惜しい…
やりたい事は理解出来るのだけれど、それがあまり上手くいってない。

どういう事なのかと言うと、本作は中盤を境に物語のテンション
>>続きを読む

海街diary(2015年製作の映画)

4.5

2018年3月26日、BSプレミアムのプレミアムシネマで鑑賞。

いや、贅沢すぎる…
なんて贅沢な作品なんだろう。
主人公となる四人の女優たちをはじめとする名だたる俳優陣が集まり、鎌倉と江ノ島という最
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.8

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
そんなに入っていなかったが、明らかにコアなファンだと思われる男性ばかりだったのが印象的だった。

いや、観るのが辛かった。。。
主人公二人が、いやいや、この作品の登場人物
>>続きを読む

さよならの朝に約束の花をかざろう(2018年製作の映画)

2.0

ヒューマントラストシネマ渋谷で鑑賞。
入りは6割~7割くらいといったところだろうか。客層は岡田監督作品のファンぽい若い女性が多かった印象。

この作品が好きな人には非常に申し訳ないのだが、自分には合わ
>>続きを読む

>|