せーじさんの映画レビュー・感想・評価

せーじ

せーじ

邦画、アニメを中心に色々観ています。
人間ドラマが面白いものが得意なようです。
ただし過度なエログロ、バイオレンスが主体な作品は
スルーすることが多いです。

4.6以上→大傑作、絶対におすすめ
4.0~4.5→傑作、おすすめ
3.5~3.9→良作、でも好みがわかれるかも
3.0~3.4→普通、良いところも悪いところも
2点台→駄作、正直失望しました
1点台→超駄作、観るんじゃなかった

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.4

2018年2月1日に飯田橋で開かれた
filmarksの試写会にて鑑賞。
小規模な会場ながら、没入できました。

ぶっ飛ばされました。
可愛らしいビジュアルに反して、題材などからハードな作品だというこ
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.9

イオンシネマ市川妙典で吹替版を鑑賞。
映画の日ではあったものの、平日昼間ということもありガラガラで、自分を入れて3人ほど。ちなみに前作は未見。本作も観るつもりは無かったが、非常に評判が良かったので、観
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

3.4

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
天気の悪い平日の朝の回ということもあり、2割くらいの人出。

「新参者シリーズ」の概要は知っているものの、テレビも過去の映画作品も観る機会が無く、まともに鑑賞するのは今回
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

4.1

2018年1月19日、金曜ロードショウで鑑賞。
といっても、もう何回も観ているんですけどね。

自分が、アニメのルパン三世シリーズの魅力って何だろうと考えた時に真っ先に思い浮かべるのは、ある意味でのス
>>続きを読む

ゲド戦記(2006年製作の映画)

2.0

2018年1月12日、金曜ロードショウで鑑賞。
実は未鑑賞だったので、これを機会に見ることに。
(ちなみに原作を読んだことはありません)

なるほどなーと思った。
色々欠落しているし、いわゆる「ジブリ
>>続きを読む

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

4.4

「KUBO 二本の弦の秘密」を鑑賞し、その映画評を読んでいくなかで、多方面から傑作であるということを聞きつけて、YouTubeの映画チャンネルで視聴をすることに。

噂に違わぬ作品だった。
「目ん玉が
>>続きを読む

東京物語(1953年製作の映画)

4.7

後学の為に観ておこうシリーズ!ということで
YouTubeの映画チャンネルで鑑賞。

これは昔からの日本人の特性だと思うのだけれど、特にいろんな人が集まるような場だと、相手に直接面と向かってのやりとり
>>続きを読む

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.3

金曜ロードショウ(2018年1月5日放送)で鑑賞。

リアルタイムで観た時(当時小学生)なぜキキが突然、他の同世代の女の子の前で怒りだしたり、様子がおかしくなってしまうのか、まったく意味がわからなかっ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

4.5

そういえば観ていなかったのでYouTubeの映画チャンネルで鑑賞。

「ボンクラなはみ出し者達」が「とある星の危機」を「最後はキチンと超カッコよく救う話」なんだけれど、脚本もアクションもCGも音楽もす
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

3.3

テレビで放映されていたので鑑賞。
敢えて感想は書いてこなかったのだけれど、決着(?)をつけるべく書くことに。

やっぱり観るのが辛かった。。。
主人公二人から発する光?みたいなものが眩しすぎて。
この
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.6

錦糸町楽天地シネマで鑑賞。
映画の日なのに、元日のお昼時だからかそんなに人は多くなく、定員の2割くらいだろうか。

超面白かった。
新年1作目の鑑賞作品をこれにして、本当に良かった。スカッとした気持ち
>>続きを読む

この空の花 長岡花火物語(2012年製作の映画)

4.9

早稲田松竹で「この世界の片隅に」と二本立てで鑑賞。
「この世界~」は軽く満席になるなか、こちらは6割程度の入りだったのは、今思うとちょっと勿体ない気もした。

ぶっ飛ばされた。
すごいもんを見たと思っ
>>続きを読む

花筐/HANAGATAMI(2017年製作の映画)

4.7

有楽町スバル座で鑑賞。
中規模のシアターに、7割くらいの入り。
当然ながら好事家と思われる男性の中高年の方々がほとんどだったが、自分よりも若い観客もちらほらいた。

大林監督作品特有の奔放かつ難解な作
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

2.6

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
ハコは広かったものの平日ということもあり、2~3割程度の埋まり具合。とはいえ、幅広い年齢層ではあったように思う。

他の作品を観た時に流れていた予告を観た時から「これは…
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

4.5

角川シネマ新宿で鑑賞。
映画の日、かつ金曜夜の上映ということもあり、小さいハコながら満席。
自分と同世代の人が多く、当然ながら女性の方が多めだった。

冷戦終結直前のベルリンを舞台に、とある機密データ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.7

新宿バルト9で字幕版を鑑賞。
映画の日とは言え三時間前にして、既に残席は僅か。
なんとか滑り込むことができた。
若い人々が中心だが、幅広い年代の人が来ていたように思う。

一言で言うと「とんでもない作
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.4

イオンシネマ市川妙典で鑑賞。
平日の午後の割にはそこそこ入っていたと思う。客層は当然というべきか、前作をリアルタイムで観てきたであろうという年代の人達が大半を占めていた。

思っていたほど、160分と
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.7

”2049”が公開され、すごく興味があったものの、恥ずかしながら未見だったので、予習も含めて自宅で視聴。

凄かった。
とても80年代につくられた映画だとは思えない。
世界観をふくめたビジュアルや演出
>>続きを読む

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.6

今更書くまでもないくらい、何度も観ていますが、一応。
2017年9月29日、金曜ロードショーで視聴。

改めて見直してみても、ストーリーの構成とテンポの軽快さ、アクションシーンなどの演出、音楽の使い方
>>続きを読む

関ヶ原(2017年製作の映画)

3.8

109シネマズ木場で鑑賞。
公開3週目の休日の午後の回で、8割くらいの入り。
中高年ばかりかと思いきや、意外にも幅広い年齢層の人々が来ていた。

各所で言われているように「関ヶ原の戦い」のプロセスと経
>>続きを読む

パターソン(2016年製作の映画)

4.6

ヒューマントラストシネマ有楽町で鑑賞。
水曜日の夜の回ということもあってか、普通に満席。かつ、観客は女性の比率が高いように思われた。
ちなみに自分は、ジム・ジャームッシュ監督作品は初見。ライムスター宇
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.7

本作は、昨年末まで唯一複数回劇場で観た作品であり、自分のオールタイム・ベスト1位だった作品でもある。いま思うとまだまだいろんな作品を観てなかった自分を恥じたいが、改めて、それでもやっぱり名作だなと思う>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

3.4

イオンシネマ幕張新都心で鑑賞。
公開からだいぶ経っており、平日の昼下がりということで、ハコも小さく、2割位の人出。

酷評されていたので、ある程度ハードルを落として観ることにしたが、思っていたよりも悪
>>続きを読む

サマーウォーズ(2009年製作の映画)

4.3

久しぶりに観たので記録。
映画館での視聴経験も有りです。

本作の最大の勝因は、物語の推進力のほとんどすべてを、良い意味でのエンタメ方向にふりきらせたことに尽きると思う。架空世界だけど実際にそうなりそ
>>続きを読む

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

4.1

よみうりホールにて、試写会が当たり
ひと足早く鑑賞させて頂きました。

見終わってまず思ったのが、とても誠実につくられた、爽やかな気持ちで見終わることができる作品だな、ということだろうか。多少、ツッコ
>>続きを読む

海辺の生と死(2017年製作の映画)

3.2

テアトル新宿で鑑賞。
開場を待たずに列が出来、ほぼ満席の状態で観る事になった。

おそらく多くの人が、満島ひかりさんを観にきたのだろうと推測する。実際、彼女の演技は素晴らしかった。美しかったし、エロか
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.7

ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞。
平日で天気が悪かったせいか、ほとんど人がおらず、10~20人くらいか。

予告編で、これでもかとばかりに漫画の実写映画化作品が流されて「これって邦画がイチからオリジナル
>>続きを読む

思い出のマーニー(2014年製作の映画)

3.4

金曜ロードショーで視聴。

この作品もストーリーの大枠は、よく出来ているように思えた。
少女が、自意識とどう対峙していくのかや、どう自分の知らない他人の生き方を知り「赦す」のかが、基本的には丁寧に、か
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

109シネマズ木場で鑑賞。
初日とはいえ土曜日の日中だったせいか、300席クラスのシアターで6割位の入り。やっぱりというか当然というか、小学生くらいの女の子を含む家族連れが多かったように思う。

本作
>>続きを読む

海辺のリア(2017年製作の映画)

4.0

テアトル新宿で鑑賞。
公開から一ヶ月ちかく経つが、6割くらいの観客数は、なかなかといったところだろうか?(映画の日だからかもしれないが)
ただし男性の、それも明らかに好事家であろう人達ばかりだったが。
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

ユナイテッドシネマお台場で鑑賞。
平日ながら、ある程度席は埋まっていたように思う。

面白かった。
まず、オープニングと冒頭のバトルだけで、ぐっと観た者を掴んで離さない作りになっているのは、やっぱりす
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

1.9

このレビューはネタバレを含みます

109シネマズ木場で鑑賞。
公開直後ではないので大きなハコではなかったし、入りも6割くらいだったかな、と。

後編を観て、前編がなぜああいうストーリー構造だったのかがよくわかった。だが「そんなもん納得
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.3

テアトル新宿で鑑賞。
7~8割くらいの混み具合。
若い子達がほとんどなのかと思いきや、意外にも中高年の人が多かったように思う。

映像関連の演出は素晴らしかった。
過去と現在をシームレスに繋ぎ、同一画
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.3

こちらも、遅ればせながら劇場で鑑賞。
幅広い年代の人々が観ていたように思う。

各方面で「海のMMFR」だと評されている本作だが、個人的には「MMFR」的であり「ゼルダ」っぽくもあり、非常にタフで美し
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.3

遅ればせながら劇場で吹替版を鑑賞。
イルミネーションの作品を観るのは
今回が初めて。

個人的にはかなり好きだし面白いけれど、ちょっとだけ惜しいなと思う箇所があった作品だった。

本作は、歌の力、音楽
>>続きを読む

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に(1997年製作の映画)

4.6

BSプレミアムで初視聴。

よくこんな作品を映画にしたなと思う。
まさに「気持ち悪い」。

というよりこの作品は、人間の「気持ち悪いところ」を、暴きまくろうとした作品なのかもしれない。
それこそ、愛す
>>続きを読む

>|