matchypotterさんの映画レビュー・感想・評価

matchypotter

matchypotter

2019.10月〜 黄•青•緑系ジャケ縛りのセルフミッション中〜。

いつか、ほんとにいつか、Filmarksの映画レビュー王になりたいと思います。なのでなるべく好き嫌いせずにたくさん映画観ようと思います。ただレビューではなく、自分の備忘録として書いてます。

もともと映画が好きで気付いたらその世界に少しだけ近い仕事してます。30代男性。

結局男の子が好きな宇宙から敵が攻めてくるヒーロー映画が好き。
ーーーーー
2019.08〜09 黄•橙•赤系ジャケ縛り 『スタンピード』〜58作品

映画(358)
ドラマ(0)

ジェミニマン(2019年製作の映画)

3.4

事前情報のまんま、老いたウィルスミスと若いウィルスミスの話。クライヴオーウェン、おじさんになったな〜。役作りであると信じたい。

もっとSFと言うか、近未来というか、壮大な世界のテクノロジーと陰謀とク
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.3

「我が名はアシタカ。東の果てよりこの地へ来た。そなた達はシシガミの森に住むという古い神か!」

••••「去れ!」

もうこれは殿堂入りの作品。
結構アニメにしては衝撃的な描写があるので、海外ではこれ
>>続きを読む

レッドクリフ Part I(2008年製作の映画)

3.8

トニーレオンが周瑜で、金城武が諸葛孔明。
で、すぐに白い鳩を飛ばすジョンウーが監督、と。そして、このテーマ曲ね。これ聞くとテンション上がる。
当時、ものすごい超大作として鳴り物入りの2部作構成で話題に
>>続きを読む

ターミネーター ニュー・フェイト(2019年製作の映画)

4.0

あの『T2』の正当な続編だ、と。
でもそもそもであの『T2』、続編作るような終わり方だったっけ?と。
確か、シュワちゃん、T-800、親指を突き立てて自ら溶鉱炉に沈んだし、サイバーダイン社も大爆発させ
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

3.9

ジェイクギレンホール演じるいわゆる映像パパラッチ。なかなかイカれてる。
人として何かおかしい。おかしいけど頭もキレるし、コミュニケーション力もあり交渉上手。学歴はないが、勤勉でやると決めたら徹底的。
>>続きを読む

ヘラクレス(1997年製作の映画)

3.9

松岡くんと工藤静香。思ったよりも良い。フィルは波平さんにしか思えないけど。
そして、藤井フミヤの“Go the Distance”、これも好き。昔観た時からこのセットがなかなか印象的。いまだにカラオケ
>>続きを読む

THE 4TH KIND フォース・カインド(2009年製作の映画)

3.3

いやーなんとまぁ気味の悪い映画。

ミラジョヴォヴィッチが「ミラジョヴォヴィッチです。今回の主役の心理学の博士を演じました。この映画は〜。信じるか信じないかは〜」と関ルバーグ的な前置きをするところから
>>続きを読む

アイ,ロボット(2004年製作の映画)

3.6

この頃のウィルスミス最強説。年齢的にも肉体的にも充実しまくってるって感じ。

この舞台が2035年のシカゴ。今から約15年後。比較的近い近未来。にしては、結構近未来してる。かなり精度の高いロボットが日
>>続きを読む

パラサイト(1998年製作の映画)

3.8

定番のコンテンツが盛り沢山の宇宙からの侵略型モンスターパニック、超久しぶりに見返す。すげーんだ、これがまた。

田舎の高校、アメフト、いじめられっ子のSF生物オタクの主人公、美人のヒロイン、変なナメク
>>続きを読む

グリーン・ランタン(2011年製作の映画)

3.8

主演のライアンレイノルズがネタで良く無かったことにしているほどに当時のウケが良くなかったとされる作品だが、俺は別にこれで良いんじゃないか、と。
非現実的な設定を受け入れてトントン拍子に話が進んでいくの
>>続きを読む

リトル・マーメイド(1989年製作の映画)

3.8

アカデミー賞を獲るこの楽曲、ホントに胸を打つ感動的な歌。

人間の王子に憧れてしまった人魚のアリエルが魔女に唆されて3日間限定の人間に。この3日間で王子と愛のキスができればアリエルの望みが叶うが、その
>>続きを読む

風が強く吹いている(2009年製作の映画)

3.4

これ、10年前の映画ですか、、、そうですか、10年前か。時が経つのは早い。

先日、我が家の地元付近で毎年恒例の箱根駅伝の予選会が。で、原作小説はなかなか面白かったこれをまだ観てないことを思い出して観
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.5

床下に住む小人たち。
アリエッティがショウに姿を見られてからその生活が一変。借りぐらしができなくなるまでに、、、。
なかなかロマンがある物語。まさかそんなところに小人たちが住まいを構え、人の暮らしの中
>>続きを読む

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

4.2

来ましたね、4作目。久しぶりに観ました4作目。これは色んな意味で転機の作品。

セドリック、、、。この出来事がなかなかこれまでの作品とこれからの作品を分けるキッカケのような気がする。これまでは楽しい魔
>>続きを読む

魔法使いの弟子(2010年製作の映画)

3.6

魔術師と言えばマーリン。
マーリンに弟子が3人いたが、1人が裏切りマーリンは死に、悪い魔女が復権しかけるが、ニコラスケイジ扮する弟子の1人バルサザールがそれを止めて封印。しかしそれには代償が、、、。
>>続きを読む

ハイスクール・ミュージカル2 プレミアム・エディション(2007年製作の映画)

3.8

“You are the music in me”“I gotta go my own way”、この2曲はホント名曲。これ聴きたくて観たようなもん。
現に前回観た時もこの2曲に持っていかれているのか
>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.4

実は結構てんこ盛りでとっ散らかってる。
近未来、タイムマシン技術ができました。でも法律で禁止されました。でも裏側で悪い人達が密かに使ってます。目的は殺しです。過去に送って“ルーパー”と呼ばれる殺し屋に
>>続きを読む

ザ・フライ(1986年製作の映画)

3.7

インスタ映えだ、インスタ映えだと。これぞ“映え”、いや、“ハエ人間”。

おそらく25年ぶりぐらいに再鑑賞。
子供の頃に観て、正直トラウマ的な衝撃を覚え、ある種風化するまで待って記憶が薄れて「あぁ、あ
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

4.3

ラプンツェル、ディズニープリンセスの中でかなり好きな方。
1番は大胆で強い芯がありでも心を許した者にはとことん優しく甘えるジャスミンでその次がこのラプンツェル、かな。
小さい時から塔の中で暮らし、世間
>>続きを読む

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(2004年製作の映画)

4.0

シリーズの中で1番何も解決しない。
解決するどころか色々問題というかここからハリー達の壮絶な運命の戦いに向けての準備というか伏線が張られまくる。しかもそれがこの時点では何が伏線なのかもうっすらでよくわ
>>続きを読む

ちょっと今から仕事やめてくる(2017年製作の映画)

4.1

たまたま立ち寄った本屋でたまたま手に取った本がこれで、何なのこのタイトル、社会人をナメてんのかと思って面白半分で買って読んでみたらあれよあれよと読み終わってしまったことを思い出す。
それでしばらく経っ
>>続きを読む

ひつじのショーン スペシャル いたずらラマがやってきた!(2015年製作の映画)

3.0

久しぶりにこういうの観たな。
ピングー的な。スヌーピー的な。言葉としてのセリフがほぼ無い。ウワァオとか、ウーとか、へへへとか、擬態、擬音のみで話が進む。昔は子どもじみてるなーよくわからないなーみたいに
>>続きを読む

ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(2005年製作の映画)

3.1

最近たまたまハイカロリーな映画が続いて若干のぼせ気味ではあるけども。

ナルニア国物語、、、指輪物語と並ぶ世界的な物語ではあるけども。
個人的には何でか、ロードオブザリング、ハリポに比べると少し弱い。
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

4.0

これも本シリーズの中でおそらく1番観てる。
何か民放で放映されがちなイメージがある。何でデッドマンズチェストなのか。

確かにこのシリーズはそれなりに話としては続いている。そもそもジャックスパロウって
>>続きを読む

トランスフォーマー/リベンジ(2009年製作の映画)

4.8

シリーズの中でたぶん1番観てる。このリベンジが1番好き。

前回の偶然的な出会い(とはいえ偶然でもない)からの死闘を経て、やっと平穏を取り戻したかと思いきやまたもや巻き込まれるサム。何なら今回は一番の
>>続きを読む

メリダとおそろしの森(2012年製作の映画)

3.5

この3人のクソガキがホントにクソガキ。

経験や理想論から導くことに躍起になる母と自我が目醒め赴くままに感じて行動することが自由だと思う娘のお互いの母として娘としての成長の過渡期に起きるぶつかり合いの
>>続きを読む

ジャンパー(2008年製作の映画)

3.5

超久しぶりに観た。
どこからどこまでがCGで加工してるのかは定かではないが、よく見たら結構なロケーションで撮影してるな。
しかも、チェチェンとか紛争のセット始め、渋谷•銀座•新宿の我らが日本、NY、エ
>>続きを読む

アバター(2009年製作の映画)

3.8

これ、2009年、か。10年前。
すげーな、ジェームズキャメロン。これを10年前に作っちゃうとか時代を先走り。
確か、これで初めて映画館で3Dで観た気がする。
確かに当時からこの壮大な物語とかよりもど
>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.7

“This is not a bedtime story.”

昼は荘園の領主、夜は盗賊、ロビンフッド。
名前は知ってるし、弓の名手であるとか、緑色っぽい頭巾を身に纏ってて、正義のために権力や悪者に立
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

3.9

たまには邦画も観ろよ、俺!ということで•••。
この桑田さんの歌が素晴らしい。何かもう映画をそのまま歌にしたな。映画も歌詞も強大な力の前のちっぽけ感と理不尽さがハンパない。

そうか、池井戸原作では初
>>続きを読む

世界侵略:ロサンゼルス決戦(2011年製作の映画)

3.7

アーロン•エッカート、この人何か好き。単なる“良い人”キャラではなく、裏表があるとか、なし崩しで面倒ごとに巻き込まれたり、何かを背負ってる的な役が良く似合う。ニコラスケイジ的な。

個人的にはこういう
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

☆祝☆今期(4月〜)150本達成〜!!まだあと5ヶ月半ぐらいあるぞ!

例に漏れず帰り道はBeatlesを聴いて帰るわけだが、iPodでBeatlesにしてシャッフル押したらいきなり“Hey,Jude
>>続きを読む

クロール ー凶暴領域ー(2019年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ホントたまたまにしても公開時期が悪かったとしか言いようがない。

何か一捻りくるかと思いきや、なかなかの王道モンスターパニック。これでもか、と言わんばかりに良いところを存分につまみ食いしてお手本通りに
>>続きを読む

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

いわゆる黒人差別がテーマの映画で日本人でもこんなに笑える映画はあんまり無いのではないだろうか。事あるごとに笑えた。そして、心が暖かくなる。

学のない腕っ節自慢の口先でたらめヤローのイタリア系白人トニ
>>続きを読む

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

4.1

ハリー、ロン、ハーマイオニーのトリオのテンポと信頼し合う掛け合いと絆がより強固になる作品。
もちろん終始、このハリーの“曰く付き”の傷とヴォルデモートの闇の中でひっそりと動く復活への蠢きの競り合いがテ
>>続きを読む

ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ(2016年製作の映画)

3.3

今回はポケモン独特のルールが意外と控えめでポケモン通でなくてもそこそこ楽しめた。

いつものサトシとピカチュウご一行とまた新たな出会いのポケモン達との共存共栄を描きながら、人間がポケモンの力を模して作
>>続きを読む

>|