bluestarさんの映画レビュー・感想・評価

bluestar

bluestar

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.8

この映画は、事実に基づくストーリーなので仕方ないんですが、スカッとしたい人になかなかに辛い事実でした。

なので、観てからしばらく書き込む気力が無くなってましたが、そろそろ記憶も怪しくなるかもなので、
>>続きを読む

ジャンヌ・ダルク(1999年製作の映画)

3.7

ジャンヌ・ダルクについては、西洋画でも題材にされていて、フランスの戦いの女神という何か神話みたいな印象しかなく、実際はどんな人生だったのか、この機に知りたいと思って観ました。

冒頭からとても観て居ら
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

3.8

アイルランドのダブリンを舞台に、家庭に問題を抱えながら転校先の学校でも良いことが無くスタートした少年が、葛藤しながらバンドを通して成長していく80年代音楽に溢れた青春ストーリー。

80年代当時の英国
>>続きを読む

i-新聞記者ドキュメント-(2019年製作の映画)

3.9

映画「新聞記者」が公開された後で、こちらの「i-新聞記者ドキュメント」が公開となったので興味はありましたが、こちらの「i〜」は東京新聞の現役記者、望月 衣塑子(いそこ)さんの孤軍奮闘振りを追った森達也>>続きを読む

チェルノブイリハート(2003年製作の映画)

3.8

日本の2011.3.11の後、先例に学ぼうといろいろな作品を観た中に、こちらの1本も有りました。

子ども達の心臓に穴の空く先天性の病気や甲状腺ガン他多数の疾患が増えてしまった実情を、ウクライナとベラ
>>続きを読む

グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち(1997年製作の映画)

4.0

再鑑賞。言わずと知れたマット・デイモンとベン・アフレックの共同脚本、共演の出世作。
公開当時に観て、いくつか印象深いシーンを記憶していましたが、やっぱり再鑑賞しても同じシーンを良いなと思いますね。
>>続きを読む

あの頃ペニー・レインと(2000年製作の映画)

4.3

今まで観たいと思いながらも見逃していた作品。やっと観ました。観るの遅すぎでした…。

70年代のロックの名曲が、全編に散りばめられていて、刺さりまくりでした。なかでもエルトンジョンの2曲は特に印象的な
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.8

公開時から気になりつつ、観そびれていたイギリス映画。
「イエスマン」を観た後、「イエス」繋がりで連続視聴。こちらもリラックスして楽しめる映画でした。

オリジナルでは無いですが、ビートルズの名曲がたく
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.7

評判が良さそうでいつか観たいと思っていましたが、ジム・キャリーの変顔や、はっちゃけ振りもちょこちょこ観られる、肩の力が入らずに楽しめる作品でした。

主人公のカールは、何でも断り続ける人付き合いをして
>>続きを読む

パピヨン(2017年製作の映画)

4.1

スティーブ・マックイーン版を観た時は、TVだったので、同様にTVで観てよく覚えていた「大脱走」を観た年齢よりも幼かったのか、ほぼ記憶にないのだけど、今回2017年版を配信で今頃ようやく観ました。

>>続きを読む

ミッドナイト・サン ~タイヨウのうた~(2018年製作の映画)

3.9

.
2021.01.17
.
音楽が良いとの評価を読んで、無料配信期間中だったのでたまたま観ましたが、とても良質な青春映画でした。

元は1993年の香港映画『つきせぬ想い』を原案した日本映画「タイヨ
>>続きを読む

ホドロフスキーの虹泥棒(1990年製作の映画)

3.5

ホドロフスキーの映画が無料配信されていたのをたまたま見つけたので観ました。

1990年の作品ですが、ピーター・オトゥール、オマル・シャリーフ、クリストファー・リーという、なんともすごい俳優陣だったの
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.3

パディントンの3D実写映画。 

実は絵本も読んだ記憶がないのだけど、絵本のキャラもこんな感じなのかな?

あの赤いハットとダッフルコートの由来が判るのは良かったけど、最初家に来た時のドタバタが余りに
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

3.0

録画していたのを今更観ました。

カーアクションと言えるのか、世界観が、北斗の拳の元となったと言われるだけに、マッチョでド派手なアクション映画。
砂漠を舞台に壮大なスケールでした。

でも大昔に観た初
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.9

やっと見ました。

人が殺されるバイオレンス&サスペンスは、心臓バクバクするからこの頃は避けてましたが、金ローでノーカットでやると知り、録画しました。

表現は思ったよりとてもマイルドで、悪いことして
>>続きを読む

ランナウェイ 逃亡者(2012年製作の映画)

4.0

ロバート・レッドフォードが監督と製作、主演をした2012年の作品らしい。

ベトナム戦争に反対して活動家になった一部過激派達が起こした銀行襲撃事件が、、というあらすじと、ロバート・レッドフォード主演と
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.6

今新作が話題のクリストファー・ノーランの2006年作品。
無料視聴期間ギリギリに観ました。


ヒュー・ジャックマン、クリスチャン・ベール、マイケル・ケイン、スカーレット・ヨハンソンが出ている他に、デ
>>続きを読む

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2011年製作の映画)

3.6

「タンタンの冒険」の『なぞのユニコーン号』、『レッド・ラッカムの宝』、『金のはさみのカニ』を原作として、スピルバーグが初の3Dアニメで映画化した作品。

OPがコミック版のアニメーションで、フランス風
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.9

公開時に邦題が頂けないという評判だけ聞いて、興味ありながら観そびれていた作品。

原題はSuffragette
2015年制作のイギリスの歴史映画。
女性参政権を求めて戦った女性たちを描いていました。
>>続きを読む

海峡(1982年製作の映画)

3.8

高倉健、吉永小百合主演の映画。

1982年に東宝創立50周年記念作品として制作されたものらしく、それに相応しく豪華なキャストの長編作品でした。142分と長め。

津軽海峡を横断するトンネル完成に尽力
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

4.0

音楽系のメルマガだか何かで、
ブルース・スプリングスティーンが大きく扱われる映画が出来たと知り、
それは注目!観なきゃ!
と思ってから月日が経っていたところ、
SNSを通じて学生時代の友人が観て来て感
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

金ローでやっていたのを録画していて後から観ました。
お正月上映していた時観たいと思いながら見逃していたので楽しめました。

のっけからヴァン・ヘイレンのJUMPで始まるし、a-haのテイク・オン・
>>続きを読む

バレエボーイズ(2014年製作の映画)

3.8

バレエを習う男の子の映画はいくつか観ましたが、こちらの舞台はノルウェーで、主役は仲良し3人組ということで、また違う楽しみ方が出来ました。
それぞれが悩みながらも目指すべき道を進む、爽やかなドキュメンタ
>>続きを読む

荒野の用心棒(1964年製作の映画)

3.2

BSで何かやってないかなとたまたま付けたところ、始まったところだったので試聴。

クリントイーストウッドの吹替えが山田康雄さんですっかり嬉しくなり最後まで観ました。

悪役ラモンが内海賢二さん、飲み屋
>>続きを読む

ラジオ・コバニ(2016年製作の映画)

3.8

シリアの内戦に関する映画は何本か観てきたけれど、こちらはアレッポ大学に進学をすることを国の状況により諦めざるを得ず、自分と仲間でラジオ局を運営する奮闘ぶりを描いた1人の女性を追うという異色ながらとても>>続きを読む

ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣(2016年製作の映画)

4.0

こちらも、アップリンククラウド60本見放題で観た2本目です。

若くして才能を開花し、ロシアのキエフバレエ団からイギリスのロイヤルバレエ団へ移籍し、最年少でプリンシパルにまで登り詰めた、稀有なダンサー
>>続きを読む

シーモアさんと、大人のための人生入門(2014年製作の映画)

3.8

この穏やかな世界。
癒されたい人には良い映画です。
観れて良かったです。

才能と評価もあり成功していたのに、ステージに出るプロのピアニストを50歳であっさりと引退し、ピアノ教師の道を選び、幸福感を得
>>続きを読む

モンサントの不自然な食べもの(2008年製作の映画)

3.8

映画の監督でもあるジャーナリストが、google検索しながら、そこでヒットした気になる事や人へ取材を進める形式で進むドキュメンタリーだけど、
ちょっとミステリーを解き明かしていくようなスリル感もありま
>>続きを読む

氷上の王、ジョン・カリー(2018年製作の映画)

4.0

2020年3月からのコロナ自粛を受けて、ミニシアターのアップリンクさんが苦肉の策でクラウド見放題プランをやってくれてます。 
3ヶ月見放題で2980円。

その中で1番早く観た映画です。 

2018
>>続きを読む

野生のエルザ(1965年製作の映画)

3.8

子どもの頃にTVで観て、かなり印象に残った映画。

ライオンと人間があんなに信頼関係を築けることに驚いたし、感動しました。

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.8

『スキャンダル』(Bombshell)
爆弾という原題もすごいけど、
ハリウッドで大物の美女達が主演し、実話を基にしたセクハラ告発映画ってことで、ドキュメンタリー好きとしては、割と前から注目していまし
>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

3.8

先に結論を言えば、
ダンス、特にバレエ好きな人、幅広く音楽が好きな人、英国仕込みのミュージカルに興味ある人には楽しめると思います。

どの役者さんも感情豊かに全身から演技していて、何人もスゴイと思わせ
>>続きを読む

影踏み(2019年製作の映画)

3.0

この作品は試写で観ました。公開になったのでとりあえず記録。

事前情報全く無く、もちろん原作も読んでなかったので、最初若い男性が主人公に絡み始めて、誰なんだ?どういう関係なんだ?と意味不明で、亡くなっ
>>続きを読む

Beyond the Waves(2018年製作の映画)

3.3

そう言えば、昨年の12/1 映画の日は、記念すべき『ボヘミアン・ラプソディー 』を観た日なのだけれど、同日夜には山本太郎の活動を追ったこのドキュメンタリー作品の上映会があり、観に行った日でもありました>>続きを読む

ドルフィン・マン~ジャック・マイヨール、蒼く深い海へ(2017年製作の映画)

3.4

リュック・ベッソン監督の1988年の映画『グラン・ブルー』が好きなので、今回ジャック・マイヨールご本人のドキュメンタリーということで大注目でした。
しかもナレーションが本人役をしていたジャン・マルクバ
>>続きを読む

核の傷:肥田舜太郎医師と内部被曝(2006年製作の映画)

3.8

広島への原爆投下以来、医師として生涯、被爆問題に向き合い続けられ、内部被曝の危険性を説いていらした肥田舜太郎さんのドキュメンタリー。

3. 11後には高齢ながらも、全国各地の講演会に呼ばれ、精力的に
>>続きを読む