nutakiさんの映画レビュー・感想・評価

nutaki

nutaki

海外ドラマ好き。『Band of Brothers』『Game of Thrones』など。
ノンフィクション・サスペンスが好き。
再鑑賞しつつ他サイトから移行中。
レビューはキャスト評価中心+忘備録程度のストーリーです。
気楽にフォローして下さい(^ ^)

映画(623)
ドラマ(0)

100歳の少年と12通の手紙(2009年製作の映画)

4.3

白血病の10歳の少年の話。
難病ものなのに、とっても可愛らしい作品に仕上がっていて、心打たれた。
少年の名前はオスカー。演じるアミール、可愛らしい顔をしている。
治療のせいで髪はないが、まつ毛はクリリ
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.3

パリの景色・行き交う人々・お洒落なカフェ・セーヌ川
その美しき映像をたっぷりとまずは見せる。
パリを好きな人が多いに決まっている、だから冒頭からウットリとする。
勿論私もパリが好き!
でも、BS観てた
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.5

1作目は面白かったもののそれ程ではなく、今作も長らくスルー。
さて、アベンジャーズ新作行く前に観るか。
てな軽いノリで観たら…。
わーん😢私のバカバカ!これ映画館で観なきゃダメっしょ。
ていうか1年も
>>続きを読む

アデル、ブルーは熱い色(2013年製作の映画)

4.2

フランス映画。3時間。レズビアン。
というだけで観る人を選びそう。
LGBTの作品は好きだから取り合えず観てみようか。
で、観始めたけど、1つ1つのシーンが長い!
授業中とか友達との会話とか、あまり意
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

2.5

ダニエル・ブレイクって名前、ダニエル・クレイグに似てる!
007のあの顔が浮かんでしまった。
こっちのダニエルはハゲでした。
ストーリーは好みでなさそうだけど、かなりの高評価なので観てみた。
ん?あれ
>>続きを読む

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

2.8

2010年作品。
主役はライアン・ゴズリングとミシェル・ウィリアムズ。
今や大人気の2人は演技力もあるので、演じた役もやけにリアルさがあって、それがかえってズシンと来てネックになったかも?
くっ付いた
>>続きを読む

よしもと新喜劇映画 女子高生探偵 あいちゃん(2017年製作の映画)

3.0

札幌初日、舞台挨拶目当て。
吉本新喜劇大好き!
あいちゃん、すっちー、バタやんの3座長登壇。
MCは諸見里クン。何言ってるか全く分からん。
で最初から大爆笑!
上映前で20分、挨拶と言うよりはほぼ新喜
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.9

『お達者コメディ/シルバーギャング』のリメイクらしい。
そちらは観てないけど、今作は明るく仕上げた。
『ジーサンズ』なんて邦題ダサっ。
『シルバーギャング』か『Going in Style』で良かった
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0

観に行こうとした前日にギックリ腰になり(笑)ようやく観に行けたけど、シアターが小っちゃ💦アベンジャーズにデッカイとこ取られた。
メンズデーでオッサンばかり、明るくなったら女子は私だけだった。
それはと
>>続きを読む

サヨナラの代わりに(2014年製作の映画)

3.2

『最強のふたり』2011年『世界一キライなあなたに』2016年の後に今作2014年製作を鑑賞。
製作順番が違うが、この3作は設定が似ている。
それはそれで別に良いが、やはり『最強のふたり』が最強だった
>>続きを読む

夜に生きる(2015年製作の映画)

3.5

素敵なタイトルは原作本『夜に生きる』から。
作者はデニス・ルヘイン。
『ミスティック・リバー』『シャッター・アイランド』の作家。
監督・脚本・主演はベン・アフレック。
製作にはレオナルド・ディカプリオ
>>続きを読む

週末はマフィアと!(1988年製作の映画)

3.9

あれ?ジャケットが、にゃい!
と思ったら劇場未公開でDVDにもなってないんだ。
もったいないなあ。
未公開のくせに何だか変な邦題が付いてるけど原題は『THINGS CHANGE』
マフィアの話なんだけ
>>続きを読む

スナッチ(2000年製作の映画)

3.9

これ、もう18年も前の作品なんだね。
今更ですが初見。
実はガイ・リッチー監督作品、苦手で。
シャーロックやコードネーム、評価が良いけど自分に合わなかった。
でも、これは、結構良かった。
この監督の作
>>続きを読む

美女と野獣(2017年製作の映画)

3.7

ディズニーアニメ初の実写化だそう。
ストーリーは誰でも知ってるわけで。
振りが長く前半はやや眠くなってしまった。

ベルをエマ・ワトソン。
美女というよりは可愛い。
野獣をダン・スティーヴァンス。
>>続きを読む

昼顔(2017年製作の映画)

2.0

ドラマ未見。冒頭に説明があるため大まかな筋は把握出来る。
さて。久し振りに無駄な時間を過ごした、と思った。
これ、映画にする意味はあったの?
上戸彩も斎藤工も割と好きな俳優だけど、今作では全く魅力なし
>>続きを読む

僕と世界の方程式(2014年製作の映画)

4.0

2014年制作のイギリス映画。
自閉症のネイサンが国際数学オリンピックに出場する話。
モデルは居るが、かなり脚色されているようだ。
観ている時の気持ちはネイサンの母ジュリーで、辛いシーンも嬉しいシーン
>>続きを読む

追憶の森(2015年製作の映画)

3.7

マシュー・マコノヒーと渡辺謙。
日本が舞台。
と来たら観なきゃ。と思ったものの評判がイマイチだった今作。
マコノヒーが演じるには地味な役柄。
見かけもごく普通の人だしダサい感じのメガネと服装。
やっぱ
>>続きを読む

マシニスト(2004年製作の映画)

3.8

役作りの為に大幅な減量や増量をするのは、もはやハリウッドでは当たり前のようにもなっているが、流石にこれは凄過ぎた。やり過ぎ。
クリスチャン・べール。
この役の為に4か月で30キロ減量。
撮影終了後、4
>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.8

ジャケット見て宇宙のお話ねSFね程度の入りで観たら…。
なんと、確かに宇宙船の中の話だけど、これスリラーでホラーだ。
小さくて可愛らしい地球外生命体に地球の子供が【カルビン】なんてのほほんとした名前を
>>続きを読む

愛しのロクサーヌ(1987年製作の映画)

3.9

昔観たなあ、ダリル・ハンナが美しかったっけ。
という薄っい記憶で観始めたら、これが面白い。
鼻がやり過ぎっていうくらいデカッ。
というより反り返っている。
ジャケット観てもすごいよね。
芥川の『鼻』を
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.8

MCU参戦作品となった新生スパイダーマン。
スパイダーマンは独立した作品である方が良かった気もする。
その一方で、アベンジャーズのメンバーとの絡みは新たな楽しみでもある。
いきなりのトニー・スタークの
>>続きを読む

暗くなるまで待って(1967年製作の映画)

3.8

1967年作品。50年前。
オードリー・ヘプバーンが盲目の女性を演じている。
当時、38歳のオードリー。
元々細い体だが、更に細くなった体に加えてやつれたような表情。
役柄のせいかとも思えるが、私生活
>>続きを読む

マッチポイント(2005年製作の映画)

4.0

大昔にウディ・アレンの映画を観て苦手だなあと思ってずっと敬遠していた。
あの女性問題も引いたし!
たまたま観たここ10年程の作品は良作だったので、今作も観てみた。
今迄観た数は少ないがアレンの作品では
>>続きを読む

同級生(2015年製作の映画)

4.4

600本目のレビューは大好きなアニメ『同級生』で。
原作は中村明日美子の『同級生』というB.L漫画。
B.L!と引いたあなた!10年前の私もそうでした。
ゲイの話なんて、相当エロくてストーリー性のない
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.4

これ『最強のふたり』のリメイクで主人公を男女に変えたのかな?と思ったよ。それほど設定が似ている。
ハリウッドでリメイクするという話があったけどそちらはまだのよう。
原作はジョジョ・モイーズの『ミー・ビ
>>続きを読む

エクス・マキナ(2015年製作の映画)

4.3

このジャケット。
美しいですねえ。
綺麗な顔に、首の透け具合が最高です(;'∀')
登場人物は4人。
ジャケットの美女は人工知能ガイノイドのエヴァ。
エヴァを作った検索エンジン会社社長のネイサン。
>>続きを読む

ファミリー・ツリー(2011年製作の映画)

3.3

舞台はハワイ。
これって結構珍しい。ハワイに行ったことない私にとっては、景色を見るだけでも楽しい。
ハワイの青い空・青い海。
白い雲・白い水しぶき。
緑の木々・黄色い花。
ハワイアンの優しい音楽。
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

このジャケットが好き。
ポスターを部屋に飾りたい位、いい。
見るだけで、泣けて来るよ。
ローガンが最後の力を振り絞って守ったもの。

ウルヴァリンシリーズ3作目でヒュー・ジャックマン引退の作品。
いき
>>続きを読む

イングロリアス・バスターズ(2009年製作の映画)

5.0

始まってぶったまげ。終わってびっくり。
全く予備知識なしに観た作品に久々ハマった。
タランティーノは特に好きというわけでなく、ブラピも特に好きではなく、このジャケットもイマイチだし…とスルーしていた作
>>続きを読む

キッド(1921年製作の映画)

4.3

1921年の作品。あと3年で100年も前とは!
チャップリン32歳。
監督・脚本・製作・音楽・主演。つまり全て。
とんでもない天才。
そして、優しく面白く温かいチャップリンの人柄も出ている作品。
もち
>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

4.4

1934年公開。84年も前なのにこの出来は凄い!
トーキーになってまだそんなに年数は経ってないはず。
セリフが上手く、今観てもその会話の面白さに驚く。
監督はフランク・キャプラ。
『素晴らしき哉、人生
>>続きを読む

92歳のパリジェンヌ(2015年製作の映画)

3.9

実話ベース。
フランスの元首相、リオネル・ジョスパンの実母ミレイユの話。
それを娘が書いた本『最期の教え』を映画化したもの。
邦題がインパクトある。
92歳のパリジェンヌ?と興味が湧く。
92歳の誕生
>>続きを読む

断崖(1941年製作の映画)

4.0

1941年のヒッチコック作品。
原作はフランシス・アイルズ。
アントニー・バークリーの別名である。
『毒入りチョコレート事件』で有名なアイディアが素晴らしい作家で好きだ。
この原作は未読だが、同じフラ
>>続きを読む

招かれざる客(1967年製作の映画)

4.1

『日曜洋画劇場』か何かで観て以来、数十年ぶりかな。
1967年だから50年前の作品。
今観ても面白いなぁ。

この時代のアメリカだから人種差別もまだ根強いし、黒人との結婚は白人社会ではまだ白い目で見ら
>>続きを読む

続・深夜食堂(2016年製作の映画)

4.0

1よりこの続編の方が良かった!
1作目はドラマが好評だったせいか、田中裕子のキャラなどが気負った感じがして今一つだった。
今作は肩の力が抜けたような自然体が良かった。
まずは役者がいい。
主役の小林薫
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

4.3

『お熱いのがお好き』の翌年1960年の作品。
同じくビリー・ワイルダー監督、ジャック・レモン主演。
最高のコンビ!
今作はコメディー要素は少なく、シリアスなドラマに仕上がっている。
ただ、そこはレモン
>>続きを読む

>|