ぬーたんさんの映画レビュー・感想・評価

ぬーたん

ぬーたん

映画(1439)
ドラマ(111)
アニメ(0)

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

4.0

続けて後編へ。
脇を固める俳優陣が良き。高橋一生の先生。棋士役のトヨエツに加瀬亮。
特に良かったのは佐々木の蔵ちゃん。盤上での緊張感が半端なく、こちらまでヒリヒリしてきた。伊藤英明は微妙だったが。
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.5

将棋にハマってる、いわゆる観る将だ。特に藤井聡太さんのファン。なので将棋の映画を。この映画、以前少し観たんだけど、いじめっぽいシーンが出て来て嫌になってやめたんだけど、そのあたりを乗り越えていくと、ス>>続きを読む

わたしの幸せな結婚(2023年製作の映画)

3.5

めめめあて!めめはどんな役だってかっこええ!ファンではないけど。漫画は1巻のみだけど続き読みたくなる。設定がシンデレラ風でヒロインは継母と継妹にいじめられ床を拭いたり笑われたり。その継母役は山口紗弥加>>続きを読む

テーラー 人生の仕立て屋(2020年製作の映画)

3.8

テーラー(仕立て屋)の映画は好き。メジャーを肩にかけてさっと採寸したり、素敵な生地を大きなハサミでスーッと切ったり、ミシンの針が落ちる画とか好き。
テーラーと言えば舞台はヨーロッパ!セレブな紳士、お洒
>>続きを読む

イチケイのカラス(2023年製作の映画)

3.6

2024年1発目。イチケイはドラマもドラマスペシャル版も好きだけど映画は観損ない1年。地上波で放送したから観た。昨年は将棋に夢中の観る将おばはんで映画から遠ざかっていたから今年は映画観るどー!
みちお
>>続きを読む

赤と白とロイヤルブルー(2023年製作の映画)

3.8

イギリスの王子とアメリカ大統領の息子の恋物語。BLものでありながら『ローマの休日』を彷彿とさせる王室の叶わぬ恋の現代風という感じもあった。イケメン2人の鍛えたボディも眼福。アメリカ大統領は女性でユマ・>>続きを読む

RRR(2022年製作の映画)

4.3

フィルマ★4.4って、凄いなあ!でも納得、これは面白かった!
ラージャ監督、ラジャー!見かけはおじいさんだがまだ49歳。『バーフバリ』もバリバリ良かったし!これからも期待。
映画館で観てから時間が経っ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/デッドレコニング PART ONE(2023年製作の映画)

3.8

夏休みで混んでるから空いてから観よーと思ってたらもうそろ上映終わりそうなんで焦って観に行く笑。やっぱこれはimaxでしょ、しかも前の方で観ちゃうもんね、首が痛くなるけどさ。
もうたくさんレビューあるか
>>続きを読む

美しい彼〜eternal〜(2023年製作の映画)

3.8

ドラマにハマったんで映画も!BL作品でこんなに爽やかなのは珍しい。それは主演2人が爽やかだから!もち美しい彼の、清居役の勇征くん!本当に美しい。うっとりしちゃう。衣装が毎回おしゃれで似合ってる。脱げば>>続きを読む

アンテベラム(2020年製作の映画)

4.0

おっと、これはレビュー書けんわ。ネタバレ一切禁止!予備知識なしで観たから面白かった!『ゲットアウト』『アス』のプロデューサーらしく好みの作品だった。『ノープ』よりずっといい。なのに今作はコロナの影響で>>続きを読む

SEE HEAR LOVE 見えなくても聞こえなくても愛してる(2023年製作の映画)

3.0

山Pと新木優子で目が見えない耳が聞こえないカップル。NHKドラマで良かった山Pを見たくて(特に好きというわけでなく)ちょっと気になって観たけど、よく分からんかった。今日、キタキツネを見たんだけど、郊外>>続きを読む

憧れを超えた侍たち 世界一への記録(2023年製作の映画)

4.9

WBCの感動ふたたび!漫画より漫画的な展開!♬ドラマティィーーック、ジャパン!侍、ジャパン!メモリアルフォトブックを買ったし何粒も楽しんじゃお!と言いつつ特別料金高くないかっ!unextのポイント消化>>続きを読む

岸辺露伴 ルーヴルへ行く(2023年製作の映画)

3.8

テレビドラマですっかりファンになり、岸辺露伴展にまで行ってヘブンズドア風の眼鏡みたいなを持って露伴の書斎で写真撮ってもらった位ハマったんよ笑。スペシャルゲストも綾野剛似の笠松将や今は名前さえ言えない時>>続きを読む

NOPE/ノープ(2022年製作の映画)

3.0

『ゲット・アウト』『アス』のジョーダン・ピール監督作品なんで斬新ホラーを期待したが…。見事に期待外れ。これは映画館行かなくて正解だったね。主演ダニエル・カルーヤとのコンビはゲットでは成功したが、今作で>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3(2023年製作の映画)

4.5

ひっさびさのレビュー!最近映画館で観るとハズレが多く💦でもこれは良かった!最高だった!1も2も好きだけど、まさか3がもっと良いとは!今回はアライグマのロケットを中心に話が進んでいく。もうロケットのため>>続きを読む

BLUE GIANT(2023年製作の映画)

4.2

我が家はジャズの音で溢れてる…なーんて言うとカッコええ!けど、旦那がジャズ好きなだけ。だから私も自然とジャズを少し聴くようになった。この漫画は半分位の5巻まで既読。音が聴こえる漫画と言われる位だから、>>続きを読む

西部戦線異状なし(2022年製作の映画)

4.0

1930年制作の映画、テレビ映画も鑑賞済。原作もかなり前に読んだ記憶が。名作だけど古いから今作のリメイクは上手くいったと思う。若い人は殆ど観てなかっただろうから。同時に『1917命をかけた伝令』を思い>>続きを読む

ナイブズ・アウト:グラス・オニオン(2022年製作の映画)

3.4

オニオンというタイトル、美味しそう!玉ねぎ大好き!血液サラサラ、心もサラサラにしよう!前作は良かったけど続編はね~と思ったらやっぱりだったけど、まあそこまで悪くはなかったかな。入りの仕掛けボックスとか>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.6

今日は2月21日なんで『21ブリッジ』を鑑賞!ってたまたまだけどね。チャドウィック・ボーズマンの劇場公開映画での遺作。本当に惜しい俳優を亡くしたと思う。『42~世界を変えた男~』での好演から注目してい>>続きを読む

エゴイスト(2023年製作の映画)

3.0

鈴木亮平のゲイっぷりが観たくて初日に鑑賞。評価高いしすごく楽しみにルンルンと行ったのだけど…。もう割と最初の方で自分には合わないと感じて、せめて亮平さんの演技を楽しもうというスタンスに替える。ドキュメ>>続きを読む

アイス・ロード(2021年製作の映画)

3.7

炭鉱跡地巡りするほど炭鉱好き。炭鉱マンの渋い話も好き。ついでに健さん好き。チリの炭鉱の映画も良かった。今作は爆発事故で炭坑内に残された26人を救う話。とは言え主人公は救いに行く側で、いつ割れて吸い込ま>>続きを読む

アバター:ウェイ・オブ・ウォーター(2022年製作の映画)

4.3

初めて3D映画を観たのが『アバター』その時の衝撃は未だに忘れられず。昨日の夕飯は忘れても13年前のアバは忘れないって、本当に凄い映画だったんだ。修正でなく最初から3Dカメラで撮影したものはこんなに綺麗>>続きを読む

ブレット・トレイン(2022年製作の映画)

3.8

ブレット・トレインと打ちたいのにブラッド・トレインと打ってしまう。ブラッドのブレット!紛らわしいわい!原作未読。伊坂幸太郎、1冊も読んだことニャイ。東京駅がどんなこったい!派手だな。まあいいや。東京発>>続きを読む

極主夫道 ザ・シネマ(2022年製作の映画)

3.6

漫画→アニメ→ドラマ→映画と全部観てるけど、ドラマが一番好き。玉木宏が面白くてカッコ良い!ムキムキの体にシビレる~!奥さん役の春奈ちゃんは朝ドラやsilentでも活躍。お茶目で可愛い。志尊淳くんと竹中>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

4.0

最近、動画サービスの充実ですっかり映画館から足が遠のいてる💦が、しかし、but、新海作品だけは絶対映画館、IMAXで観るぜ!と決めている。だって、映像が命!の作品だし音楽がまたええ!に決まってるからね>>続きを読む

海峡(1982年製作の映画)

3.6

『黒部の太陽』を観たばかりなんで、トンネル工事の困難さを乗り越えての爆破貫通シーンも、やっぱり黒部の方が迫力あって、比べるとちょっとショボく感じてしまう。働く人間達のドラマも主演2人に焦点当てすぎて、>>続きを読む

セントラル・ステーション(1998年製作の映画)

4.2

1998年ブラジル映画。ブラジル映画って初めてかも?記憶にない。先ず驚くのはブラジルという国の日常。首都リオデジャネイロの中央駅という一番都会だろう駅で、電車に乗るのに窓から入るわ、屋根に乗っかるわ、>>続きを読む

息子の面影(2020年製作の映画)

4.0

メキシコ映画。何故か家にあるマラカス片手に踊りながら勢いよく観ようかと思ったけど、あらすじ読んでやめた。悲しい話みたいだから。アメリカに行くと言って家を出た行方不明の息子を探しに出かける母。メキシコ国>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

3.6

タイトルからしてもう展開が予想つくし、実際にそうだった。実話かと思ったら、実際にこの病気だった方が書いた本(自分がモデル)を基にしているが設定や内容も結構変えている。その意味ではノンフィクションという>>続きを読む

親愛なるきみへ(2010年製作の映画)

3.3

ニコラス・スパークス原作は『きみに読む物語』が大好きで何度観たことか。それを超えるとジャケに書いてるけど?今更ながら観たが、超えるも何も足元にも及ばなかった。私にはね。ライアン・ゴズリングと比べてもナ>>続きを読む

スティルウォーター(2021年製作の映画)

3.5

あらすじ読んだ感じではリーアム兄さん風にアクション満載なのかと期待したが、全くなし!何なら殴られて終わり。サスペンスでもなし、どちらかと言えばヒューマンドラマであり、父と娘の再生ドラマ。昨日観た映画は>>続きを読む

すべてが変わった日(2020年製作の映画)

3.8

簡単なあらすじを読んで家族の再生の物語かなと思ったけど、これはジャンルに分けたらホラーだな。予想してなかった展開にわたしゃ、口がアングリ開いてしまっただ。主演はケヴィン・コスナー。年取って良くなったな>>続きを読む

君を想い、バスに乗る(2021年製作の映画)

4.5

最近すっかり映画をさぼってたけど今作を観て、やっぱり映画って良いものですね~と水野先生の言葉通りに納得したよ。感動の嵐!嵐寛寿郎!アラカン!がしかしbut、この映画の良さを分かるのは人生を50年以上生>>続きを読む

13人の命(2022年製作の映画)

4.3

タイの洞窟に閉じ込められたサッカーチームの少年たちを救助する実話。『洞窟』を観た後の~洞窟!どんだけ洞窟好きよ?とか苦笑いしてたら、この洞窟は恐ろし過ぎた💦『洞窟』ののんびりした風景やセリフなしとは正>>続きを読む

洞窟(2021年製作の映画)

3.2

洞窟好き!鍾乳洞とか地下神殿とか炭鉱跡とか、ジメジメしてて歴史を感じる空間好き!何か根が暗いんだな私って。穴があったら入りたい!洞窟に入りたい!ということでタイトルだけ見て興味湧いて観たけど予備知識ゼ>>続きを読む

47歳 人生のステータス(2017年製作の映画)

4.0

ベン・スティラー主演。2017年作品なのに何故知らなかったのかな?と思ったら日本未公開。こういうのは日本ではウケない。今や、若者世代にウケそうもない地味な映画は公開されないんだな。若者にフォーカスして>>続きを読む