nutakiさんの映画レビュー・感想・評価

nutaki

nutaki

海外ドラマ好き。1位は別格『Band of Brothers』2位『Game of Thrones』3位『24』
ノンフィクション・サスペンスが好き。韓国映画は食わず嫌い。
他サイトから再鑑賞しつつ移行中。
レビューはキャスト評価中心です。
気楽にフォローして下さいまし(^ ^)

グレートレース(1965年製作の映画)

5.0

十数年振りに観たけど、本当に面白い!
最強最高のコメディー。
子供の頃に観た時と同じ様に、また沢山笑いました。
とにかくジャック・レモンが最高過ぎて!
今で言えば、ジム・キャリーかな。

主役のグレー
>>続きを読む

特捜部Q キジ殺し(2014年製作の映画)

3.9

特捜部Qの第2弾。原作未読だけど映画を先に。
1作目『檻の中の女』で活躍した特捜部に、女性秘書も付いちゃう。
出世しましたよ!
相変わらず人付き合いが苦手なカールは、我が道を行く!というスタンスで、忠
>>続きを読む

ゼロの未来(2013年製作の映画)

3.3

テリー・ギリアムの描く個性的な近未来SF。
コンピューターに支配されている世界が舞台。
ハゲていて変人で何とも掴みどころがない天才プログラマー、コーエンを演じるのはクリストフ・ヴァルツ。
役にピッタリ
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.9

巨大な宇宙船アヴァロン号。
冬眠している乗客5000人。
120年後に目覚めるはずが、90年も早く目覚めたジムは…。
この設定だけでワクワク。
アヴァロン号の外観はデザインが素晴らしく、観ているだけで
>>続きを読む

ファミリービジネス(1989年製作の映画)

3.8

久し振りに観たら、案外良かった。
当時は期待外れに感じた記憶が。
シドニー・ルメットは当たり外れが激しいというか。
年を取ったせいかもしれないが、今回は悪くない、いや結構良いという感想に。

泥棒一家
>>続きを読む

招かれざる隣人(2015年製作の映画)

3.1

何気なく観始めたら展開が気になってラストまで。
1時間半のサスペンスホラー。
イギリスらしい陰鬱な雰囲気。曇り空。
お洒落だけど垢抜けない感じのファッションや部屋。
フランスっぽい素朴な主人公と夫。
>>続きを読む

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

4.1

途中で予想は付くし、地味な展開ではあるが、画面に引き付けられ、最後まで飽きない。
余韻を残す、良い作品!

ホロコーストをテーマにしたサスペンス作品。
身体の自由が利かないマックスに手紙を渡され、その
>>続きを読む

魔法にかけられて(2007年製作の映画)

3.6

『メリーポピンズ』を彷彿とさせるディズニーのアニメーションと実写の融合作品。
ただし、こちらは別々の世界の融合だ。
アニメはおとぎ話の世界。
実写は現代のアメリカ・ニューヨーク。
ロマンティックで夢が
>>続きを読む

セクレタリー(2002年製作の映画)

4.0

この作品、凄いです。
SMのエロい映画、などと侮ってなめてたら、ガツンと来たわ。
まだ髪がフサフサの頃の色っぽいジェームズ・スペイダー目当てで観たが、
唯一無二の個性作品に釘付けになった。

エドワー
>>続きを読む

奇跡のシンフォニー(2007年製作の映画)

4.0

こんな映画は素直に褒めたい。
予定調和的だし、あまりに都合良過ぎるし、リアリティーはないのは確かだけど。
ファンタジーとして捉えれば、すっと入り感動出来る。
細部まで丁寧に作られた作品。

両親にいつ
>>続きを読む

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

3.6

15年前の作品。久々に観たが、新たな発見があり楽しめた。
監督はデヴィッド・フィンチャー。
まあ、衝撃的な映画を作るお方です。
『ゲーム』『ファイト・クラブ』という好きな作品の次だけに、期待値も高くな
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.7

ホラーが苦手。
夜中にトイレ行けなくなっちゃうし、悪夢にうなされ叫んで舌噛んでしまいそうだし!
なのに。
観ちゃいました…だって『アバター』の大佐が盲目の老人役って聞いたもんだから。

怖かった。
>>続きを読む

二ツ星の料理人(2015年製作の映画)

3.9

料理が主役の映画が大好き。
観ていて楽しいし美味しそうだし!
絵画のような芸術的なフレンチ、街のファストフード、とあらゆる料理が出て来て、ロンドンの街並みも楽しめた。

パリのレストランでのトラブルで
>>続きを読む

ある天文学者の恋文(2015年製作の映画)

3.5

ジュゼッペ・トルナトーレ監督、ジェレミー・アイアンズ主演。
もうこれだけで観なくても3点は確保だわ~大好きな2人。
ヒロインはオルガ・キュリレンコ。007のボンドガールで美しい。

ジェレミーは『奇蹟
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド(2015年製作の映画)

3.4

2・3作目は忘れましょう(笑)
この4作目は1作目の『ジェラシック・パーク』と設定が似ていて、自分もその場に居るような臨場感と恐怖感を感じる事が出来る。

『ジェラシック・パーク』から22年後、マスラ
>>続きを読む

チャイルド44 森に消えた子供たち(2014年製作の映画)

3.3

『撫で肩の男』大量殺人鬼アンドレイ・チカチーロの事件を軸に、1950年代のスターリン政権下のソ連を舞台に描いている。
タイトルはチャイルド44だが、主題はそこにはない。
原作未読で、サスペンスとドキュ
>>続きを読む

特捜部Q 檻の中の女(2013年製作の映画)

4.0

デンマーク作品。
原作既読だがちょっと忘れていたので、新鮮に観れた。
本も面白かったが、原作以上の出来だと思う。
北欧ミステリー映画、恐るべし!
『ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女』はスウェーデンだ
>>続きを読む

ゴールド/金塊の行方(2016年製作の映画)

3.5

マシュー・マコノヒーが頭の毛をむしりハゲ散らかし大幅増量のお腹ポッコリにして役作り。
デ・ニーロ式ですね。デ・ニーロは実在の人物に似せ醜くしたけど、マコノヒーのこの不細工なキャラにした意味が分からない
>>続きを読む

ある日どこかで(1980年製作の映画)

3.8

1980年作。37年前の作品。
公開当時は全くヒットしなかったが、後年ジワジワと人気が出て今も熱烈ファンが多いカルト的作品と知り、ずっと気になっていた。

1980年から1912年に戻るタイムトラベル
>>続きを読む

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.8

27歳の若者が5年後生存率50%のガンに侵される。
あまりに突然の宣告と戸惑い揺れるこころ。
重くなりがちな病気の話を、笑いで展開させていく。

日本人には理解し難い大袈裟な病気ネタのジョークや、病気
>>続きを読む

ブレードランナー(1982年製作の映画)

4.3

作品の感想は『ファイナル・カット版』で。
こちらは公開当時に観て、その後も数回観ていたもの。
大きな違いはラスト。
これを完成品として観ていたため、違和感なかったが、いざファイナル版を観て比較してみれ
>>続きを読む

ブレードランナー ファイナル・カット(2007年製作の映画)

4.5

出遅れたけど、2049鑑賞前の復習!
ファイナルカット版は初めて観たが、映像がとにかく美しくなった。
しかし、この不思議な世界観は凄いと感心せざる得ない。
公開から35年経ち、2019年はもうそこまで
>>続きを読む

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.7

実話ベースの伝記。
インドの数学者ラマヌジャンの半生を描いた。
天才であったが、貧しく教育も受けてない為、定理を証明する術を知らなかったラマヌジャンを、イギリスに呼び共に研究をしたのが、ケンブリッジ大
>>続きを読む

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.8

素敵な映画!
自分の感性にピタっと合って、あまりに好きでこの思いを上手く文章に出来ない。何を書いてもきっと陳腐になりそう。
初めから終わりまで、ニタニタしながら、ワクワクしながら観て、ウルウルと来て、
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

3.6

これは消耗した。
観終わって、感動したとかよりも先に、疲れた、が一番の感想。
2時間半の間、戦闘シーンが多く迫力もあるが、残酷でグロい描写が多かった。戦争映画には慣れている私でも目を伏せてしまう、特に
>>続きを読む

リトルマン・テイト(1991年製作の映画)

3.3

ジョディ・フォスターの初監督作品で、主演。
ジョディ自身が
①幼少時から天才子役と呼ばれ賢かった
②人工授精で授かったと言われてる2人の子を持つシングル・マザー
③幼い頃に両親が離婚し、母はシングルマ
>>続きを読む

マジェスティック(2001年製作の映画)

4.3

映画らしい映画に出会った。
温かい気持ちになれる、最高の映画。
前半と後半で雰囲気も違えば主役も変わり、2時間半全く飽きない。
起承転結がはっきりしていて、気持ち良い作品。

舞台はアメリカの赤狩りの
>>続きを読む

アメリカン・サイコ(2000年製作の映画)

3.7

評価が難しいね~。
当時も腑に落ちなかった覚えがあるけど、今観ても、何ともこりゃ。
この作品は、サイコパスを描きながら、コメディー。
恐ろしいけど、可笑しい。
ブラックジョークのサイコ。

今やゴッサ
>>続きを読む

最愛の子(2014年製作の映画)

4.8

いやー、凄い映画観ちゃった。
鳥肌立ったの、久し振り。
実話ベースの中国映画。
ネタバレになるため詳細は書かないが、レビューなどは見ないで予備知識なしで観るのがお勧め。

3歳の子供を誘拐された親が必
>>続きを読む

ジュラシック・パーク(1993年製作の映画)

4.1

公開当時に観たきり、ホント久し振りに観た。
面白い!これが24年も前の作品とは思えない。
CGも殆ど使わずに良くここまで!スピルバーグの最高傑作のひとつね。
怖いがとにかく楽しめた。登場する子供(レッ
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.1

『アウトロー』に続くジャック・リーチャーもの第2弾。
主役はトム・クルーズ。
続編に期待はしてなかったが、ちょっと残念な作品。
アクションもストーリーも前作に比べ、小っちゃいという印象。

トムももう
>>続きを読む

エネミー・オブ・アメリカ(1998年製作の映画)

3.3

監督はトニー・スコット。兄のリドリーの影に隠れて忘れられがちだけど、良い作品を作って来たのに、残念な最期だったのが、記憶に新しい。

オープニングからインパクトがあり目が離せない。巻き込まれ系の主人公
>>続きを読む

日の名残り(1993年製作の映画)

4.5

カズオ・イシグロ氏のノーベル文学賞受賞のニュースが飛び込んで来たので、大好きな今作を再鑑賞。
しみじみと心に響く名作。
若い頃に初めて観た時の印象は、話に抑揚がなく冗長でつまらないというものだった。そ
>>続きを読む

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件(2015年製作の映画)

2.4

ホームズファンとしては、悪い予感をしつつも、やっぱりホームズの映画は観とかないといかん、と観たものの…。
93歳の半分ボケかかったホームズを見たいっと思うホームズファンが居るかね?

最後の事件だなん
>>続きを読む

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

3.2

実話ベース。高評価作品だが…。
あまり感動しなかった。アタシ、あまのじゃく?
後にアメリカ最高裁が『同性婚を含む全ての婚姻を保証する』という判決を出したことに影響を与えたと言われている。しかし実際は刑
>>続きを読む

スターダスト(2007年製作の映画)

3.8

妖精やら魔女やら海賊やらが出るファンタジー。
好みではなかったが、キャストに興味あり観てみた。
ファンタジーなストーリーの方より、要所要所に挟まれたブラックユーモアと美しい町や自然や魔法の映像、俳優の
>>続きを読む

>|