やまひろさんの映画レビュー・感想・評価

やまひろ

やまひろ

『一本の映画が人生を変えることがある』と信じる30代(^^♪
映画で印象に残っているセリフをピックアップするのが好き(^^)

20歳から相当数観てるけど、最近観た映画からレビューしてます。更新頻度は少なめ

ベストムービーは単体作品で決めてます。未だに決めきれずですが^^;

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.9

『プロとしての礼儀だ』

チャド・スタエルスキ監督、「ジョン・ウィック」シリーズの第2作品目
前作からの続編、伝説のブギーマン:ジョン・ウィックのその後を描く

前作で愛犬を殺された復讐の為にロシアン
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.7

『もし一つの人生を始めから終わりまで知っていたとしたらそれを変えようとする?』

テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を基にエリック・ハイセラーが脚本を執筆し、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のSF
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.9

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

スペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第8作品目
レイを主人公とする続三部作の第2章『エピソードⅧ』に当たる。

前作監督のJ・J・
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

『俺もかつて君の仕事をやっていたんだ。いい腕してたんだよ』

1982年制作の映画『ブレードランナー』の続編、前作の主演ハリソン・フォードが引き続きリック・デッカード役で出演し、前作の監督リドリー・ス
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.6

『スーパーマンの死を世界が悼むんでいます』

「DCコミックス」のスーパーヒーローたちが作品の枠を超えてチームを結成するアメリカン・コミック『ジャスティス・リーグ』(コミックは1960年初出)の実写映
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

4.4

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

スペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第7作品目
レイを主人公とする続三部作の第1章『エピソードⅦ』に当たる。

ジョージ・ルーカス
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

4.0

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

ジョージ・ルーカス監督作品、スペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第6作品目
アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の最終
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃(2002年製作の映画)

3.5

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

ジョージ・ルーカス監督作品、スペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第5作品目
アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第2
>>続きを読む

スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス(1999年製作の映画)

4.2

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

ジョージ・ルーカス監督作品、スペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第4作品目
アナキン・スカイウォーカーを主人公とする新三部作の第1
>>続きを読む

スター・ウォーズ/ジェダイの帰還 特別篇(1997年製作の映画)

3.5

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

製作総指揮ジョージ・ルーカス、リチャード・マーカンド監督作品、スペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第3作品目
ルーク・スカイウォー
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.2

『お前は何の神なのか?ハンマーの神か?』

「マイティ・ソー」シリーズ3作品目、「マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)」としては第17作品目となる今作
新進気鋭のタイカ・ワイティティ監督がメ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/帝国の逆襲 特別篇(1997年製作の映画)

4.5

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

製作総指揮ジョージ・ルーカス、アーヴィン・カーシュナー監督作品、スペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第2作品目
ルーク・スカイウォ
>>続きを読む

スター・ウォーズ 特別篇(1997年製作の映画)

4.1

遠い昔、はるか彼方の銀河系で…。

ジョージ・ルーカス監督作品、スペースオペラである『スター・ウォーズ』シリーズにおける実写映画本編の第1作品目
ルーク・スカイウォーカーを主人公とする旧三部作の第1章
>>続きを読む

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

4.2

『私は平和を求め、人類に慈悲を与えた。だが人類の答えは違った』

オリジナル版『猿の惑星』(1968年公開)の前日譚を描いたリブート作品の3作品目
「創世記(ジェネシス)」→「新世紀(ライジング)」、
>>続きを読む

イップ・マン 継承(2015年製作の映画)

2.7

『世界を動かすのは金持ちや権力者ではなく、心ある者だ』

実在の武術家・葉問を主人公としたアクション・カンフー映画
序章→葉門、ときて「継承」となるイップ師匠3作品目

冒頭から登場するブルース・リー
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.7

『1954年に核実験があったが、それは実は何かを殺そうとしていた』

キングコングを神話上の謎の島に君臨する巨大な神として描いたアドベンチャー大作
32歳(当時)のジョーダン・ヴォート=ロバーツ監督が
>>続きを読む

イップ・マン 葉問(2010年製作の映画)

3.0

『心を無にし、争わぬために戦う』

実在の武術家・葉問を主人公としたアクション・カンフー映画
序章の続編にあたる2作品目

中国カンフー映画への再熱冷めやらぬ内に2作品目を鑑賞

相変わらず極貧生活の
>>続きを読む

イップ・マン 序章(2008年製作の映画)

4.0

『詠春拳のイップ・マン』

実在の武術家・葉問を主人公としたアクション・カンフー映画
主演はドニー・イェンの出世作となった。

この映画、お恥ずかしながら最近まで全く知らなかったのですが、フォロワーさ
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.8

『サミーを忘れるな』

クリストファー・ノーラン監督の初期作品
弟であるジョナサンが書いた短編『Memento Mori』が元になっている。

10分間しか記憶が保てない短期記憶障害のレナードが最愛の
>>続きを読む

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

3.5

『私は獣にも劣る人間ですが生きる権利はあるんじゃありませんか?』

日本の同名漫画を原作にパク・チャヌク監督が映画化したアクション・サスペンス
15年間理由も分からず監禁されたオ・デス(チェ・ミンシク
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

3.5

『お互い半分ずつの人生でも俺たちは満足だった』

クリストファー・プリーストの人気小説をクリストファー・ノーラン監督が映画化した壮大な人間ドラマ

19世紀末のロンドン、2人の若きマジシャンの対決・・
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

3.2

『ひどい話だが、溺れる者は藁をもつかむのだ』

航行中の宇宙船を舞台に、目的地到着前に目覚めてしまった男女の壮絶な運命を描くSFロマンス映画。監督は「イミテーション・ゲーム」のルテン・ティルドゥム
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.3

『「ダンケルク」は究極の生と死、時間との戦いだ』
※ノーラン監督のインタビューから引用(セリフ少なすぎw)

クリストファー・ノーラン監督が第二次世界大戦における史上最大の撤退作戦として知られる「ダン
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.8

『ウィックだ…そう、ジョン・ウィック。12時にディナーの予約を頼む』

キアヌ・リーブス主演のアクション映画、監督はマトリックスシリーズでスタント担当だったチャド・スタエルスキ

伝説のブギーマン(殺
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.8

『僕は今日を守る。君は世界を守れ。』

DCコミックスの「ワンダーウーマン」を実写映画化
DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)シリーズとしては第4作品目の作品

アメコミ映画史上最高傑作・・・
>>続きを読む

127時間(2010年製作の映画)

3.0

『この岩は、俺が来るのをずっと待っていたんだ。はるか遠い宇宙の隕石だった何十億年も前からずっと・・』

ダニー・ボイル監督がアーロン・ラルストンの実話自伝「奇跡の6日間」をもとに、実際の事故の極限状態
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

『なにもできないのなら、スーツを着る資格は無い』

「アベンジャーズシリーズ」最新作で映画化
マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)シリーズでは第16作品目となる今作

サム・ライミ版のトビー
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

4.0

『「さん」を付けろよデコ助野郎!!』

1982年から90年に連載された大友克洋による漫画を、連載中の1988年に映像化したアニメ映画

88年のアニメ映画だが、約30年経っても色あせないクオリティー
>>続きを読む

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

2.0

『「リアリティ」だよ!「リアリティ」こそが作品に生命を吹き込むエネルギーであり「リアリティ」こそがエンターテイメントなのさ』

まず初めに、私は重度のジョジョラーです。荒木先生の大ファンであり、ジョジ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

2.5

『天然パーマに悪い奴はいない』

2004年から少年ジャンプで連載中の漫画「銀魂」の実写映画

2017年7月現在で単行本69巻、アニメも2006年から継続中の長編作品となっているが、私「銀魂」のファ
>>続きを読む

マトリックス レボリューションズ(2003年製作の映画)

3.2

『始まりがあるものには全て終わりがある』

ウォシャウスキー・ブラザースによる新感覚のSFXで彩られた重厚かつスタイリッシュなアクション巨編。3作目完結編

1作目の「映像革命」、2作目の「無双アクシ
>>続きを読む

マトリックス リローデッド(2003年製作の映画)

4.5

『スーパーマンやってます』

ウォシャウスキー・ブラザースによる新感覚のSFXで彩られた重厚かつスタイリッシュなアクション巨編。2作目

前作で「映像革命」で話題となり、設定や世界観により大ヒットとな
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.3

『愛は時間も距離も越えるのよ』

環境汚染の影響で滅びつつある地球、移住可能な他の惑星を求めて恒星間航行(インターステラー・ドライブ)に挑む人々の姿と、その家族たちの”時空を超越した揺ぎ無い絆”を描く
>>続きを読む

マトリックス(1999年製作の映画)

4.2

『入り口までは案内するが、扉は君自身で開けろ』

ウォシャウスキー・ブラザース(今は姉妹)による新感覚のSFXで彩られた重厚かつスタイリッシュなアクション巨編。

1999年当時、中学3年生だった私は
>>続きを読む

劇場版 HUNTER×HUNTER The LAST MISSION(2013年製作の映画)

1.6

前作よりは、1Pまし。それぐらいの駄作。
ツッコミ所多すぎて、90分が苦痛すぎた。

劇場版 HUNTER×HUNTER 緋色の幻影(ファントムルージュ)(2012年製作の映画)

1.5

原作ファンからすると、駄作だと感じざるを得ない。

「HUNTER×HUNTER」という作品は原作者の富樫氏からしか生み出されないと痛感した。

オリジナルでキャラや設定を捻じ曲げられたくはない。

>|