ダークナイトの作品情報・感想・評価

ダークナイト2008年製作の映画)

The Dark Knight

上映日:2008年08月09日

製作国:

上映時間:152分

4.2

あらすじ

「ダークナイト」に投稿された感想・評価

クリストファー・ノーラン監督による「ダークナイト・トリロジー」の第2作目

凄まじいほどの完成度の映画
過去に何度もバットマン映画は制作されたが、そのどれもがアメコミファンには歓迎されず、途中で監督が代わったり企画倒れしたりしたらしい。

そんなハードルの高い≪バットマン≫のファンはもちろん、映画ファンにさえも名作と言わしめる映画にしてしまったノーラン監督には脱帽する。
逆に、過去のバットマン映画がなかったことにしてしまうほど、このダークナイト3部作は完成されている。

全てが完璧【脚本、音楽、映像、俳優陣など】

ヒースレジャーの映画史に残る狂気に満ちた怪演≪ジョーカー≫に観客は魅せられ、主人公の≪バットマン≫以上の印象を与えている。完全に主人公を超えた悪役(敵が魅力的な作品ほど素晴らしい作品が多いと思う)

他にも語り出せばきりがないほどの魅力が詰まった作品ではあるが、語りつくせない。

劇場で何度も観て、自宅でも何度も観ている大好きな映画
何度観ても飽きないし、何度も心に響く。これぞ名作映画。

私のベスト映画の一つです。
ここまでやったらもう細けえことはどうでもいいランキングで1位
toru

toruの感想・評価

4.5
鉛筆のシーンが好き
Yosh

Yoshの感想・評価

4.1
ダークナイト・トリロジー
第2作目

三作続けて鑑賞した中で、
個人的に今作が一番面白かった

今作最大の敵「ジョーカー」は「バットマン」の宿敵
程度にしか知りませんでした

他のバットマンシリーズでの
「ジョーカー」が出ている作品を鑑賞したことが
無かったので比較は出来ないが
今作のヒース・レジャー演じる「ジョーカー」凄くハマり役だった

後で知りましたが
・ゴードンが昇進するシーンの拍手
・病院を爆破するシーン
はアドリブらしい

特に
病院を爆破するシーンは本来なら一度
起爆スイッチを押したら爆発する予定らしかったが、
何かしらのミスで直ぐに爆発しなかった為、
何回ポチポチ押すアドリブ入れたとか

全く違和感なく
完全に「ジョーカー」に成りきっていて、
すげぇの一言 笑
めえ

めえの感想・評価

4.3
ずっとどうなるかわからなくてゾクゾクした。全然見た後スッキリしない。ひたすらにつらい話だった。あとよくわからないところが多かった。いろいろ深いことをしていた。
噂には散々聞いてたけどジョーカーの強烈さたるや!最狂!純正義やダークヒーローとの対比はじめ、人間心理やその葛藤、存在意義などに突っ込んだアクション一辺倒でない素晴らしさ。映画界は惜しい人を失った…
scope

scopeの感想・評価

3.9
懐かしのダークナイト
今はなきヒースレジャー
いままでのヒーロー映画の概念を変えた
健太郎

健太郎の感想・評価

3.5
3回位観たかも。今回はあまり面白くない。
 ゴッサム市警のゴードンを除いて、警察官やSWATがあまりに頼りなさ過ぎますね。葬儀パレードやジョーカーを護送中、そして、ジョーカーを拘束した後、警察署内にてとてもプロとは思えない判断をして、まんまとジョーカーの思い通りに事が進んでしまう。
 アメコミらしいけど、昔ならまだしも、現代では無理があると思いました。予想外の展開だから初めは気にならなかったけど、繰り返しみるとボロが出るものですね。当時の自分も足りなかったですね。すっかり雰囲気にのまれてました。反省。
 正直、最初に観た時は満点に近い点を付けました。今回は下げました。
lotus

lotusの感想・評価

3.9
ヒースレジャーのジョーカーでなければ成立しなかったであろう今作

画面から恐怖を感じたのは、初めてです。
しかしそれに憧れを抱かせる格好良さは、人間の誰しもがかかえる憎悪や憎しみといった部分を体現できている証拠ではないだろか、
>|