yumeayuさんの映画レビュー・感想・評価

yumeayu

yumeayu

大切なのは、映画へのリスペクトを込めてレビューすること。

映画(238)
ドラマ(0)

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.5

アポロ

今作で描かれているテーマは、後の「万引き家族」にも繋がる。言いかえれば、現在に至ってもまだ解決されていない問題だということ。

公開から時を経て、自分も親になったということもあり、以前に見た
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.5

歴史は繰り返す⁉︎

原作小説は未読。
総統と落ちぶれディレクターによるドキュメンタリー風の珍道中かと思いきや、後半になるに連れて、背筋がゾッとするような怖さを感じる不思議な作品。

ヒトラーを現代に
>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

3.5

memento mori

クリストファー・ノーランの名を世間に知らしめた一作。公開当時、間違いなく見たはずなんだけど、すっかり内容を忘れてしまった。
まさにメメント状態(笑)。

たまたまAmazo
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.0

「戦いは数だよ!兄貴!」

「機動戦士ガンダム 」でドズル・ザビが言った名セリフのように、戦争における"数"は圧倒的な戦力差をもたらします。
いくらアメリカの精鋭部隊とはいえ、5万人相手はいくらなん
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

4.5

好きこそものの上手なれ

「カメラを止めるな」がジワジワきていたあの頃に、時を同じくして公開されていた今作。

自主制作映画という共通点と、鑑賞後にTシャツが欲しくなるということから、映画ファンの間で
>>続きを読む

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年製作の映画)

3.5

お前は誰だッ!俺の中の俺〜

amazonで仮面ライダーアマゾンってダジャレ企画かと思いきや、ニチアサそっちのけでめちゃくちゃハマった「仮面ライダーアマゾンズ」まさかの劇場版。

なのに劇場公開を見逃
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

2.5

飲ま飲まイェイ!

言い出せない僕…
妖怪人間ベラみたいな母ちゃん…
浮かれるヘビースモーカーの妹…
二言目にはキレる兄貴と何も言えない嫁…


12年ぶりに故郷に帰ってきた主人公。
自分の余命につい
>>続きを読む

イコライザー2(2018年製作の映画)

4.0

「失われた時を求めて」

普段物静かな人ほど怒らせたら怖い。
「お前ら全員殺す!」とメンチ切ったあと、にこやかに「駅まで乗せてってください」と敵の奥さんと娘と一緒に車に乗り込むマッコールさん。
ニカッ
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0

霊長類最強コンビ

いわゆるジャンル映画の類いなんだけど、怪獣映画とはちょっと違う気も。
あえてカテゴリーするならジャンルは"ロック様" かな。
なんてったって三匹のモンスターより、一番目立ってました
>>続きを読む

セブン・シスターズ(2017年製作の映画)

3.5

世紀末版おそ松くん

7つ子が一週間それぞれの曜日を担当し、カレンという一人の女性になりきるという設定が面白い。
月曜は憂鬱だなぁとか、金曜は上司との飲み会が多くてイヤとか、日曜はずっと働かなくていー
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

正義とは何か…

やっぱり結末を知っている状態で見るミステリーほどつまらないものはないよなぁ…。

なんてったって、あまりにも有名すぎるオチですからね。なんていうか、これはある意味反則技ですよね…。完
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

3.5

声に出したい名前 "デイン・デハーン”

前からずっと思ってたことなんですが、"デイン・デハーン”って語呂の良さは、いかにもガンダムに出てきそうな名前ですよね(笑)。必ずフルネームで言いたくなる感じ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.0

バーフバリ、ばんざーい‼︎

前作「伝説誕生」に続き、怒涛の勢いで鑑賞。
今作も濃い、濃すぎるぞ!

前作の衝撃のラストから一転、序盤は何やら楽し気な雰囲気。
なんか前作に増して演技が大げさで、リア
>>続きを読む

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!

今さら⁉︎ ですよね…。
完全にブームに乗り遅れましたが、ようやく鑑賞することができました!
皆さんの評判通り、この上なくスペクタクルでぶっ飛んだエンターテイメ
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

共感、共感の嵐ですうっ!

オープニングで筧美和子演じる妹の真子がコメントするこのセリフのとおり、今作は兄弟がいる身としては共感の嵐でした!
それにしても、あのオープニングはサイコーでした。日本映画
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

カントリーロード

映画界から引退すると発表したスティーブン・ソダーバーグ監督の映画復帰作。

今作も、監督の代表作である「オーシャンズ」シリーズ」のような、いわゆる"ケイパー・ムービー" なんですが
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

クソガール

私なんて、私ごときと自己嫌悪。
なんだかんだ理由をつけて言い訳ばっか。
だけどプライドだけは高い。

これは私のこと! って思った女子いるでしょ〜。
僕は男だけど思いましたよ。
これ俺じ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

久保? 窪?

吹替版で鑑賞。主人公クボを演じたのは「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ役でお馴染みの矢島晶子。しんのすけと全く印象が異なる声でびっくりしました。あらためて、しんのすけの声は喉に負
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

3.5

世之介さぁ~ん

ハンバーガーにかぶりつく祥子。
カーテンにくるまりモジモジする祥子。
かわいいなー。

吉高由里子演じる祥子のお嬢様ぶりがとってもかわいい。あの浮世離れしたキャラは彼女じゃなければ
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

シックスパック

ララ・クロフトといえばアンジーっていうくらいイメージが定着しちゃってるから、今更リブートってどうなんだろうと思ってたんですが、アリシア版ララ・クロフトもなかなか新鮮でしたね。

セク
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

ヘイロージャンプでパーリナイ!!

もうなんていうか、トムに関して言えば現実がフィクションを超えてしまっている。
パーティー会場に潜入するのに高高度落下をする意味のなさ!
なのに現実に自らやってしまう
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

トム、おかしくなる

前作のJ.J.エイブラムスに続いて、今作は「Mr.インクレディブル」のブラッド・バードを大抜擢。こんな超大作で実写デビュー作というから驚き!

サイモン・ペッグ演じるベンジーがメ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

トム、完全におかしくなる

大型輸送機にしがみつくイーサン。
それをマジでやるトム。絶対頭おかしい(褒め言葉)。

監督は「アウトロー」でトムとコンビを組んだクリストファー・マッカリー。
ハードボイル
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.0

あんまり人気がない⁉︎

シリーズ二作目。監督はジョン・ウー。
前作からガラッと雰囲気が変わり、アクションがメインに。終盤のバイクアクションはかっこいい。

今作ではさらに恋愛要素が加わり、トムがサ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

4.0

J.J.エイブラムス参戦

ちょうど「LOST」で名を馳せた頃ですかね。
まだ新進気鋭の若手だったのにもかかわらず、大作の監督に大抜擢されました。今考えると結構すごいことですよね。

しかし、結果的に
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

4.0

なお、テープは5秒後に消滅する…。

新作を見るにあたってふと思ったこと。
そういえば、1作目ってどんなだったっけ?
というわけで、おさらいの意味も込めて再鑑賞することに。

監督はブライアン・デ・
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

Mrs.イラスティガール

まさかの続編。
しかも、あの思わせぶりなラストシーンで終わった1作目の直後からスタートするから驚き!
アンダーマイナーって、噛ませっぽいと思ってたけど、なかなか手強かったで
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.0

肉まんバカ息子

大好きなディズニー/ピクサーの短編。
毎度そのアイデアに驚かせれますが、今回は肉まん!
なんでも擬人化させちゃうところはディズニー/ピクサーの真骨頂。

登場するアジア人(中国人⁉︎
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

奇跡体験アンビリーバボー feat.イーストウッド

テロリストに勇敢に立ち向かい一躍ヒーローとなった3人の若者の物語。事実は小説よりも奇なりを地でいく話。

近年、実話の映画化をしまくっているイース
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

悲しくて、悲しくて、とてもやりきれない…

過去の戦争のことを語り継ぐうえで、映画というものが果たす役割は非常に大きいと思います。そんなわけでお盆にひとり戦争映画を見る…。

遅ればせながら、今作
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

4.0

ドンキー・ロール!

あの伝説のヒップホップ・グループ「スタイル・ボーイズ」からソロデビューしたコナー4リアルの栄光と挫折を描いた音楽ドキュメンタリー。

えっ、誰それだって? ご存知ない?

>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

百円♩百円♩百円生活♫

安藤サクラの演技が圧巻。
「万引家族」でもそうでしたが、今作でも徹底した役作りと演技力に、ただただ感服するばかり。

彼女が演じる主人公のクソ底辺ニートっぷりがやり過ぎなくら
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

ブラジリアンワックス

フランス映画だからか映像や音楽はオシャレだけど、内容が悪趣味。

海外では失神者も続出したということで、身構えてしまいましたが、僕は割と大丈夫でした。

ブラジリアンワックスの
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

「ケッセル・ランを12パーセクで飛んだんだ」

これ、ずっと話を盛っていたんだとばっかり思っていました。確かにあれは自慢していいです。
ハン・ソロさん今まで疑ってました。ごめんなさい。

うーん、
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

最強のハニートラップ

とにかくジェニファー・ローレンスありきの映画でした。
その妖艶な身体と巧みな心理操作を活かしたロシアの諜報員“スパロー”を見事なまでに演じていましたね。

話題となった問題
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

あぁ、素晴らしき"犬生"

今作がちょうど劇場公開された頃に、長年連れ添った愛犬を亡くしまして…。
気になっていた作品でしたが、そんなタイミングで見たら間違いなくどうにかなってしまいそうだと思い、ずっ
>>続きを読む

>|