yumeayuさんの映画レビュー・感想・評価

yumeayu

yumeayu

大切なのは、映画へのリスペクトを込めてレビューすること。

映画(225)
ドラマ(0)

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.0

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!

今さら⁉︎ ですよね…。
完全にブームに乗り遅れましたが、ようやく鑑賞することができました!
皆さんの評判通り、この上なくスペクタクルでぶっ飛んだエンターテイメ
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

4.0

共感、共感の嵐ですうっ!

オープニングで筧美和子演じる妹の真子がコメントするこのセリフのとおり、今作は兄弟がいる身としては共感の嵐でした!
それにしても、あのオープニングはサイコーでした。日本映画
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

3.5

カントリーロード

映画界から引退すると発表したスティーブン・ソダーバーグ監督の映画復帰作。

今作も、監督の代表作である「オーシャンズ」シリーズ」のような、いわゆる"ケイパー・ムービー" なんですが
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

クソガール

私なんて、私ごときと自己嫌悪。
なんだかんだ理由をつけて言い訳ばっか。
だけどプライドだけは高い。

これは私のこと! って思った女子いるでしょ〜。
僕は男だけど思いましたよ。
これ俺じ
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.0

久保? 窪?

吹替版で鑑賞。主人公クボを演じたのは「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ役でお馴染みの矢島晶子。しんのすけと全く印象が異なる声でびっくりしました。あらためて、しんのすけの声は喉に負
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

3.5

世之介さぁ~ん

ハンバーガーにかぶりつく祥子。
カーテンにくるまりモジモジする祥子。
かわいいなー。

吉高由里子演じる祥子のお嬢様ぶりがとってもかわいい。あの浮世離れしたキャラは彼女じゃなければ
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

3.0

シックスパック

ララ・クロフトといえばアンジーっていうくらいイメージが定着しちゃってるから、今更リブートってどうなんだろうと思ってたんですが、アリシア版ララ・クロフトもなかなか新鮮でしたね。

セク
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.0

ヘイロージャンプでパーリナイ!!

もうなんていうか、トムに関して言えば現実がフィクションを超えてしまっている。
パーティー会場に潜入するのに高高度落下をする意味のなさ!
なのに現実に自らやってしまう
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

4.0

トム、おかしくなる

前作のJ.J.エイブラムスに続いて、今作は「Mr.インクレディブル」のブラッド・バードを大抜擢。こんな超大作で実写デビュー作というから驚き!

サイモン・ペッグ演じるベンジーがメ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

4.0

トム、完全におかしくなる

大型輸送機にしがみつくイーサン。
それをマジでやるトム。絶対頭おかしい(褒め言葉)。

監督は「アウトロー」でトムとコンビを組んだクリストファー・マッカリー。
ハードボイル
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

3.0

あんまり人気がない⁉︎

シリーズ二作目。監督はジョン・ウー。
前作からガラッと雰囲気が変わり、アクションがメインに。終盤のバイクアクションはかっこいい。

今作ではさらに恋愛要素が加わり、トムがサ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

4.0

J.J.エイブラムス参戦

ちょうど「LOST」で名を馳せた頃ですかね。
まだ新進気鋭の若手だったのにもかかわらず、大作の監督に大抜擢されました。今考えると結構すごいことですよね。

しかし、結果的に
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル(1996年製作の映画)

4.0

なお、テープは5秒後に消滅する…。

新作を見るにあたってふと思ったこと。
そういえば、1作目ってどんなだったっけ?
というわけで、おさらいの意味も込めて再鑑賞することに。

監督はブライアン・デ・
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

Mrs.イラスティガール

まさかの続編。
しかも、あの思わせぶりなラストシーンで終わった1作目の直後からスタートするから驚き!
アンダーマイナーって、噛ませっぽいと思ってたけど、なかなか手強かったで
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.0

肉まんバカ息子

大好きなディズニー/ピクサーの短編。
毎度そのアイデアに驚かせれますが、今回は肉まん!
なんでも擬人化させちゃうところはディズニー/ピクサーの真骨頂。

登場するアジア人(中国人⁉︎
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.5

奇跡体験アンビリーバボー feat.イーストウッド

テロリストに勇敢に立ち向かい一躍ヒーローとなった3人の若者の物語。事実は小説よりも奇なりを地でいく話。

近年、実話の映画化をしまくっているイース
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.5

悲しくて、悲しくて、とてもやりきれない…

過去の戦争のことを語り継ぐうえで、映画というものが果たす役割は非常に大きいと思います。そんなわけでお盆にひとり戦争映画を見る…。

遅ればせながら、今作
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

4.0

ドンキー・ロール!

あの伝説のヒップホップ・グループ「スタイル・ボーイズ」からソロデビューしたコナー4リアルの栄光と挫折を描いた音楽ドキュメンタリー。

えっ、誰それだって? ご存知ない?

>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

3.5

百円♩百円♩百円生活♫

安藤サクラの演技が圧巻。
「万引家族」でもそうでしたが、今作でも徹底した役作りと演技力に、ただただ感服するばかり。

彼女が演じる主人公のクソ底辺ニートっぷりがやり過ぎなくら
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

ブラジリアンワックス

フランス映画だからか映像や音楽はオシャレだけど、内容が悪趣味。

海外では失神者も続出したということで、身構えてしまいましたが、僕は割と大丈夫でした。

ブラジリアンワックスの
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.5

「ケッセル・ランを12パーセクで飛んだんだ」

これ、ずっと話を盛っていたんだとばっかり思っていました。確かにあれは自慢していいです。
ハン・ソロさん今まで疑ってました。ごめんなさい。

うーん、
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

最強のハニートラップ

とにかくジェニファー・ローレンスありきの映画でした。
その妖艶な身体と巧みな心理操作を活かしたロシアの諜報員“スパロー”を見事なまでに演じていましたね。

話題となった問題
>>続きを読む

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.5

あぁ、素晴らしき"犬生"

今作がちょうど劇場公開された頃に、長年連れ添った愛犬を亡くしまして…。
気になっていた作品でしたが、そんなタイミングで見たら間違いなくどうにかなってしまいそうだと思い、ずっ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

2018年 俺的流行語大賞
「よろしくでーす」

世間的な流行語は「ハンパない!」なのかな⁉︎
だけど"ハンパない"のはサッカーだけじゃないですよ!こちらの日本代表も国内外で賞賛を浴びています!

>>続きを読む

SUPER 8/スーパーエイト(2011年製作の映画)

3.0

J.J.エイブラムス版「E.T」

プロデューサーとして参加しているスティーブン・スピルバーグの「E.T」や「未知との遭遇」へのオマージュ的な作品。

確かに随所にスピルバーグぽさは感じる。
ただし、
>>続きを読む

アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015年製作の映画)

3.5

たった一人の犠牲か?
今後考えられるより多くの犠牲か?

「シン・ゴジラ」で、品川あたりで逃げ遅れたお婆ちゃんを優先したため、ゴジラへの攻撃チャンスを逃したあの場面を思い起こす。

しかし、今作は
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.0

予告編が一番面白いパターンのやつ


90年代〜00年代初頭あたりに乱発された懐かしのディザスタームービーを彷彿させる今作。

この手の作品において科学的考察をするのは野暮ってもん。ツッコミだしたらキ
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.5

あの「ファミリームービー」に似ている(個人的見解)

舞台は東京の下町(荒川区あたり!?)かな。
自分も下町出身なので古い長屋や駄菓子屋は見慣れた風景だけれど、さすがにあのオンボロ一軒家はなかなかの
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

3.5

ぶっさらう!

間宮祥太朗演じる主人公のタカノリがドスをきかせて言うこの台詞。甲州弁で「ぶん殴るぞ!」という意味だという。
この映画のモチーフとなった実際の事件は福岡県大牟田市で起こったことなのに、な
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

おはようございます。スティーブンソン先生。
(ゆうべはお楽しみでしたね。ニヤッ)

父親と娘の物語(正確には伯父さんと姪っ子)って、ベタ過ぎる気もしますが、感動間違いなしの設定ですよね。
かくいう私
>>続きを読む

(2016年製作の映画)

2.5

音量注意‼︎

今作に限ったことではなくて、邦画全般に言えることなんだけど、ボソボソ言っててセリフが聞き取りにくい。

録音の問題なのか、役者の演技の問題なのか、はたまた我が家の音響がショボいせいなの
>>続きを読む

バトル・ロワイアル 特別篇(2001年製作の映画)

3.0

「この国は駄目になってしまいました」

公開当時はまだ未成年だったこともあり、当然生徒たちの目線で見ていた訳ですが、こうして大人になって見直すとまた違った印象を抱きました。

思い返すと、当時はちょう
>>続きを読む

ヘンゼル&グレーテル(2013年製作の映画)

3.0

お菓子の食いすぎで糖尿って(笑)

あのグリム童話の名作「ヘンゼルとグレーテル」のその後を描いたお話…なんですが、何ともぶっとんだことに!

お菓子の家から魔女を退けたあの幼かった兄妹は逞しく成長し
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

4.0

どくわさび

物語の舞台は、いまから20年後の日本。
そこに広がるのは昭和レトロで時代錯誤な世界…。

近未来と呼ぶにはすごく違和感のある日本なんですが、ストップモーション・アニメだからなのでしょ
>>続きを読む

ディーパンの闘い(2015年製作の映画)

3.0

戦う管理人

2015年のパルムドール受賞作。
内戦下のスリランカから逃れるため、まったくの他人である女性と女の子を連れ疑似家族となり、フランスに難民としてやってきたディーパン。
ようやく平和な暮ら
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.5

Hi〜ウェイド! Hi〜ユキオ!

帰ってきた俺ちゃん!マジでサイコーだった!
久々に映画館でこんなに笑ったなぁ。
平日の昼間だったからか、おひとり様が多かったけど、みんなスゲー笑ってた。
「シャー
>>続きを読む

>|