物語の作品情報・感想・評価

「物語」に投稿された感想・評価

無機質な白い部屋。
何も言わず横たわる青年。
都会で生活していると音をシャットアウトしたくなるときあるよね。
自分の独白だけで会話したいときとか。
不思議な世界観。こんな部屋があったら確かに面白い。びっくりはするが少し物足りない
どど丼

どど丼の感想・評価

3.7
このセンス、いかにも玉城ティナっぽい。めちゃくちゃ好き。俺の好きな玉城ティナだ。
SSFF & ASIA 2022 ジャパンプログラム部門

女優・玉城ティナ、初監督作品。
主演の子が超美人で、それだけでも一見の価値はあったが、独白が長い。
KUBO

KUBOの感想・評価

4.0
なんと監督「玉城ティナ」!

WOWOW アクターズショートフィルムの内の1本。

横たわる青年(奥平大兼)に、ひとり、しゃべり続ける美女(琉花)。

青年はほとんど動かない。植物状態なのか?
真っ白な部屋に布団をかけて横たわったままの青年。いったい、この青年はどうなっているのか?

やがて美女は「時間だ」と言って部屋を出て行く。

役者として玉城ティナが登場する時に全てが明かされるのだが…

おもしろい(interesting)けど、歪な時代だなぁ。

https://shortshorts.org/2022/
Mami

Mamiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

同じ温度感で相手に伝わったような気がした時、フェイ!ってなるけど、理解されない時間も大事で、でもこのアバターの中にずっと一人でいるとすごく寂しくなるよね、たまには誰かと共通言語的なものを生み出したいよね、

初めて友人が泊まりに来てくれた時にyuyaの役みたいなこと、わたしもやった。ティナちゃんの作品もっとみたいよ〜
そういうことか!って思わされる、面白い映画でした!玉城ティナ監督、さすがです!琉花さん、キレイだった!アクターズ・ショートフィルム2の5作のうち、一番良かったです!
ひより

ひよりの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

「あなたの話を聞いてます」
こんな感じのニュアンスの紙を出してくれてる少年に愛おしさを感じました。

雑多な都会にいると孤独に感じることがあるし、そんな時にあの空間があると向かいたくなるというか、頼りたくなるのかもしれない。話をしなくても誰かといたい、作り話に自分を置いて逃げていたい、とりあえず聞いてほしい、、いろんな理由で人が集まるのかもしれないけど、みんな寂しそう。

あー、こういう映画もあるんだな。
Agigon

Agigonの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

アクターズ・ショート・フィルム2の中の2作目。

(簡単な感想とほんのちょっとネタバレかな?)
ただひたすら、話を聞いて欲しい
人達が利用する変わり種のビジネス。
綺麗な女の子の話は聞いてるだけなら我慢出来る。

監督:玉城ティナ
ななか

ななかの感想・評価

4.0
色んな感情が入り乱れて、コミュニティの幅が無限大な現代社会で、こんな場所があったら、救われる人はどれだけいるんだろう。現実にないことを現実にできる、もしくは表面に現れていないものを浮き彫りにできる、映画の良さをたっぷり引き出した作品だと感じた。
もう一度細かいところに目を向けて鑑賞してみたい。
>|

あなたにおすすめの記事