Tinder詐欺師:恋愛は大金を生むの作品情報・感想・評価・動画配信

Tinder詐欺師:恋愛は大金を生む2022年製作の映画)

The Tinder Swindler

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

「Tinder詐欺師:恋愛は大金を生む」に投稿された感想・評価

Taiki

Taikiの感想・評価

3.5
事実は小説より奇なり。海外にいる時あんだけ使ってたし、みんな当たり前のように使ってたから、可能性ちょっとあるなと感じた。
本当にNetflixのドキュメンタリーは「事実は小説より奇なり」って感じで好き。ここまで壮大で作り話みたいな詐欺が今もどこかで起きているのかなー
被害者も加害者もTinder・恋愛に懲りないし、勧善懲悪じゃないっていうのが1番「現実」っぽい
M

Mの感想・評価

3.0
友達と一緒に笑いながら見た笑
こんなこともあるんだなー、もはやすごい
サイモンのインスタを見たら未だに更新されてたのと世界中から批判はあるものの数十万人のフォロワーがいた。

やはりしっかりと企んで仕掛けてる方が強いのは詐欺師側も詐欺師を引っ掛ける側も同じだろう。

嫌々ながらも最後までメッセージのやりとりした彼女はいいと思う。
セリー

セリーの感想・評価

3.0
Netflixのドキュメンタリーは本当に素晴らしい!!

こうして名前や顔を全世界に拡散できたのは勇気と行動力のある被害者のおかげ。
彼女たちに心からの賛辞を!!
受けた心の傷は深いと思うけど前向きに笑顔でいる彼女たちの強さ、素敵でした!
前半はマッチングアプリにハマった女の末路、みたいな話でこれだけでも面白かったけど、後半の女性達の反撃ぶりもなかなか痛快だった。特にアムステルダムの姐さんが「cry me a river(知るかって感じ)」と吐き捨てたのは、翻訳も含めてかっこよかった。
お金を取られた女性たちは被害者ではあるものの、考えようによってはペイ・フォワード、自分たちが享受した「夢小説のようなロマンチック体験」をお金という代償で次の人に提供している、と言えなくもない。
しかし、悪人とはいえ、Simon某はマメな人だね。botなのかな?こういうマメさが女性のハートを掴むのかしら。しかも女性の「ロマンチックのツボ」を十二分に心得ている。これはもう一種の才能なんじゃないですかね。
日本と違って海外のSNSは実名アカが多いので、赤の他人を簡単に調べることができるし、簡単に繋がる事ができるんですね。
「天網恢々」とは現代のSNSの事なのね。
Netflixのドキュメンタリー映画はハズレが本当に少ないので安心信頼
最初から最後まで駆け抜けて面白かった。
NETFLIXJPのインスタで見てから気になってたドキュメント映画。

世界最大級のマッチングアプリ"TINDER”で出会った、世界を飛び回り、きらびやかな生活をしているダイアモンド企業の御曹司 Simon Levievと
ロンドンに住むノルウェー人のセシリーが出会った。
ロールスロイスでの送迎、自家用ジェットでの移動、高級ホテルでの食事や宿泊。すべてがキラキラして、完全に舞い上がったセシリー。
ある日突然、とある事情からSimonから当座のお金を貸してほしいと頼まれ、セシリーはSimonにクレジットカードを渡し、その資金としてquick loanを数か所から借りていく。。。

実話です。すべて実名です。
女性は顔も出して、本名も名乗り、メール画面やvoice mailなどあらゆる証拠も出しています。
どうして騙されてしまうのかって不思議に思いますが、こういう詐欺師は出会った時に、自分はこういう人間であると相手に信じ込ませる最初のツカミが上手なんだろうな。
今年NETFLIXで見たドラマ「令嬢アンナの真実」も令嬢でもなんでもない、なんの背景も持たない女子が、NYで投資詐欺を働き逮捕される実話をもとにした話でしたけど、これも銀行側が騙されてた。
不思議です。
ネットで検索したら何でも出てくるこの時代に、こんなにも生い立ちから人をだませるなんて。

でもこの被害者の女性たちの逞しさが、作品を興味深いものにしています
そして音楽もいい。ドラマチックです。
この映画の出演料が、何とかこの女性たちの借金返済の足しになればいいなと思いました。
おちゃ

おちゃの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

頭の回転が速くてマメな詐欺師だった。
これが現実なんだけど最後に納得がいかない……釈放はやすぎじゃない?
女性たちは今もお金を払ってて、サイモンは悠々自適に暮らしてるのめちゃくちゃ腹立った…
yyyyyy

yyyyyyの感想・評価

3.5
Tinder使ったことないけど怖い世の中だね〜人の気持ちをこんなに踏みにじれる人もいるんだね。関わりたくないなあ
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品