シチズンフォー スノーデンの暴露(2014年製作の映画)

CITIZENFOUR

上映日:2016年06月11日

製作国:
  • ドイツ
  • アメリカ
  • / 上映時間:114分
    監督
    ローラ・ポイトラス
    脚本
    ローラ・ポイトラス
    キャスト
    エドワード・スノーデン
    あらすじ
    ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命までを克明に記録する。

    「シチズンフォー スノーデンの暴露」に投稿された感想・評価

    ホラーより不気味。こわすぎる。スノーデン絶対みなきゃ。
    寝れなくなる効果はホラー映画以上!
    こうやってレビュー書いたり、エッチな動画調べたりしてるのを監視されてると思うと仮面ライダーのお面被って顔隠したくなる。
    知りませんでしたすみません。共謀罪と関連してそうでめちゃくちゃきもちわるい。
    実際のシーンが見れたのはよかった
    こーゆー実話系の話好き。
    とりあえず、アメリカ怖い、、笑
    ドキュメンタリー。

    アメリカが国を挙げて一般市民の個人情報や行動や会話までも監視するシステムがあり、日々みんなの行動が監視されてるという元CIAの告発の話。

    アメリカ以外の国も協力してるとか怖い。
    独裁的だと思うけど非力な一般人の自分には恐怖を感じることしかできない。
    告発者のスノーデンの勇気と賢さに驚いた。
    フィクションよりもショッキングな現実。
    2001年の同時多発テロ以降、NSAによる国民の監視が始まった。テロ撲滅という「大義名分」にのっとって、多くの市民の人権が侵害されている。
    なお、最近話題の共謀罪も、その目的は「テロ対策」でアメリカの見解と同様のロジックで、国連やその他市民的自由を守る組織から非難されている。
    スノーデン氏は自分にスポットが当たることで焦点がずれるのを避けたいと言っていたけれど、自らに危険が及ぶことを顧みず、そして自らのバイアスを排除するために記者にリークの方法を一任した彼に、ジャーナリズム関係で働く人々は学ぶところが多くあると思います。
    「君は もうリストに載っている
    君のものだと分かる電子機器は全てデータを収集、記録される」
    こわ〜
    >|