シチズンフォー スノーデンの暴露の作品情報・感想・評価

シチズンフォー スノーデンの暴露2014年製作の映画)

CITIZENFOUR

上映日:2016年06月11日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命ま…

ドキュメンタリー映画作家ローラ・ポイトラスの元に重大な機密情報を持っているとコンタクトしてきた者がいた。コードネームは、CITIZENFOUR。2013年6月、香港でのインタビューに現れたのは当時29歳のNSA職員エドワード・スノーデン。彼の告発とは、米国政府によって一般国民全ての通信は監視されているという衝撃の事実だった。世界を駆け巡った暴露“スノーデン事件”の始まりと真相、スノーデンの亡命までを克明に記録する。

「シチズンフォー スノーデンの暴露」に投稿された感想・評価

saki

sakiの感想・評価

3.8
ノンフィクションとは思えない、ドキュメンタリー映画。話の内容が難しかったけど、先にスノーデンの映画みてたから理解できた。あと、ジョゼフさんがスノーデンさんにめっちゃ似せてたのがよくわかった。声まで。
かない

かないの感想・評価

4.5
紛れもなく映画として観れるんだけども、主演はスノーデン本人だし、映されているのは当時のリアルタイムそのものな訳で。その時点でもう随分とんでもねーモノだなと思って見入ってしまった。

政府が国民を監視するなんて、それも国防に限らないとなりゃけしからん問題なんだけども、その辺に関しては正直アメリカってこえーなぐらいの感想でしかなくて。むしろ日本人である自分の、自国の政治に対する関心の低さに恥ずかしさを覚えるばかりで、というか俺に限らず日本人やべーなと別の危機感を抱いた次第。
「有権者と当選者」という当たり前の認識が余りにも実感を伴ってない感じが、我々は監視を受けてる以上に深刻な状況にいると思ったわけであります。
mei

meiの感想・評価

3.7
どうも、お久しぶりです!
監視社会 is リアル★って笑えない!

本作は衝撃的なドキュメンタリーです。
映画の世界での出来事ではありません。
ゾクッとブルっとゾワッとします。

便利な世の中になったっていうけど、それっていい事ばかりとは言えない。【自分の情報を管理しやすくなる=他人も私の情報を管理しやすくなる】怖いよおおおお!iPhoneとかマイナンバーとか恐ろしいよおおおお!!もう何を信じればいいのか分からない。

私の好きな食べ物がほうれん草と高野豆腐だとか、怖いものは地震とホラー映画だとか、弱点は英国紳士だってことがバレてしまう(⍥(⍥(⍥(⍥(⍥;;)!!!! 瞳が綺麗でスーツが似合う英国紳士を差し出されたら何でもしゃべっちまうよ!

(´ρ`*)コホンコホン

本ドキュメンタリーと本事件を基にした人間ドラマ映画のどちらを先に観ようか迷いに迷ったけど、結果的に『スノーデン』を先に観ていてよかったです。大方あらすじがわかっているからこそ色々と考えながら観る余裕があったし、物事の重大さを噛み締めながら観ることが出来ました。

しかし、「スノーデンとはなんぞや?」という人も本作は娯楽映画としてちゃんと成立しているので、情報技術や情報戦についての知識がなくても、米国の“英雄”(又は“裏切り者”)の物語として楽しめると思います。



【余談】
「Dropboxは捨てろ」「FacebookとGoogleには近づくな」とスノーデンは警告しているという記事を読みました。
、、、私全部使ってるぅぅぅぅうう!!

平凡な日常生活を送っているのでそこにはたいした情報もないけど、いつ何かの拍子にもしかしたら調査対象になるかもしれないから覚えておこうっと。※犯罪はしません!!笑



----------
ロシアW杯〜!
日本代表頑張ってましたね!
あんな攻撃もできるんですね、、
かっこよかった\(^o^)/←とことん上から目線

個人的にはクロアチア対デンマークの試合も熱かったです!すんごく眠かったけど観てよかった!!大興奮でした♡

けど、レビューが遅くなったのはそれが理由ではありません。ちょっとそれもあるけどそれだけではありません。

【filmarksあるある】
一度フィルマのアプリを消して入れ直したら下書き全部消えてる〜!!あるある〜!!

そういう時に限って長文書いてたのにぃ〜!ってなるやつ。普段下書きなんてないのにそういう時に限って8個も下書き溜め込んでるやつぅ〜!ここ数日間意気消沈でございました(´°ᗜ°)ハハッ..
糸くず

糸くずの感想・評価

3.8
まるでスパイ小説のような出来事が現実に起きているのだが、「わたしたちの個人情報が徹底的に収集され、監視されている」という事実への恐怖よりも、そうしたことが一人のエンジニアの告発によって暴かれていくことへの興奮が勝ってしまうのは、わたしがあまりにも鈍感なのだろうか。

プライバシーが基本的に守られるべきものなのは理解しているのだけど、一方で、「わたしの個人情報は、もはやわたしの手からはるか遠く離れた場所で管理され操作されている」という感覚が強くあって、わたしの努力で守れるプライバシーなどたかがしれているのではないか。ある意味では、わたしのプライバシーの一部は「あってないようなもの」だと思う。結局のところ、監視とプライバシーへの介入によって明確に危害を加えられない限り、わたしは目覚めないのかもしれない。それではもう遅いのだけど。

面白いけども、単純に「面白い」って言っていいのか迷ってしまう。
マト

マトの感想・評価

3.3
これだけ向こうでセンセーショナルなニュースになってたなんてぜんぜん知らなかった。
米国政府から逃げて香港で暴露。んでロシアへ亡命。けどあんた、中国だってロシアだってそれ以上に監視国家じゃなかろうかと思うのだがw
途中で出てくるある世界地図での日本が激ヤバな状態…苦笑
こないだ山田孝之の凶悪を見たせいか、そういう意図を感じる編集だった。
このニュースあんまり分かってなかったから「すごい正義感のある人なんだな」ぐらいにしか思ってなかった。というか、それはアメリカだけでなくてロシアとかもやってるんじゃない?と思ってた。当事者にしかわからない悩みとかもあるんだろうなー(小並感)
ikumi

ikumiの感想・評価

-
ブラジルよりも日本の方が真っ黒だった。そわそわ。当時報道されたときも私一人の情報なんて大したことないと思ってたけど、本当の問題は徐々に民主主義を蝕み崩壊させるその仕組み・状況そのものだという怖さがやっとわかった...
正しいって大変。いつも正しくはなくても、私の後も誰かが続くようなシンプルにまっすぐな仕事をする、小さな人生でありたいなぁ。
Misa

Misaの感想・評価

3.3
倫理的にとても面白いテーマ。

監視することで犯罪者やテロリストを見つけやすくなるかもしれない。
それならば、国が国民を監視したって良いじゃないか。
という気持ちにもなる。自分は悪いことしてないんだから。と。

しかし、それは、「国は悪いことをしない」場合にのみ成り立つ。
国を動かすのは人間で、人間は簡単に悪いことをする。

独裁的な指導者のもとでは、いくらでも悪用できる。


あと、これ米国の問題とされて、日本ではあまり報道されなかったけど
メキシコにラインがたくさん引かれてるシーンで、日本も真っ黒になっていたよね。
それなのに報道されず、議論すら起こらない日本。
ぱんじ

ぱんじの感想・評価

2.0
ドキュメンタリー映画

ほんとにドキュメンタリーでインタビューなので親切さはあまりなく、あたしにはよく分からなかった。
もう少し知れたら陰謀みたいのにワクワクしそうなのに悔しい。
スノーデンをいつか見てみたらわかるのかなって思う
小籠包

小籠包の感想・評価

3.8
情報化社会の最中、一度は絶対に見なければならない作品です。5年前に日本でも報道されていたという描写がありましたが、覚えている人がどれほどいるでしょうか…私もその一人です。
自分自身が発信した情報で自分の首を絞めるのは昔からの常ですが、インターネットを通して情報はさらに発信しやすくなりましたが、集めやすくもなってしまいました。

誰があなたの情報を見ているか分からない世の中。
もしかしたら国があなたを見ているかもしれない。

私の大好きな俳優Joseph Gorddn Levittが演じている作品もありますが、本人出演でのドキュメンタリーな分、こちらの方がリアル感が伝わってきます。さすがに演技はかなわないですね…
もっとも、内容自体が作品で異なるので内容を知っていてもどちらとも別の良さがありますので両方ともオススメです。
>|