ラ・ピエトラ 愛を踊る女の作品情報・感想・評価

ラ・ピエトラ 愛を踊る女2003年製作の映画)

QUAND JE VOIS LE SOLEIL

製作国:

上映時間:113分

ジャンル:

3.5

「ラ・ピエトラ 愛を踊る女」に投稿された感想・評価

Risa

Risaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

天才舞踏家のマリ=クロード・ピエトラガラが演じております。

乳癌に侵されたバレエの先生であり、ダンサーのマルゴ(ピエトラ)が死ぬまでの話です。
当時は完全に不治の病である癌の宣告というのは、死の宣告。

死を意識するピエトラは精神が崩れていきます。
愛する旦那にセックスレスだと言われ、自ら旦那を娼館へ連れて行ったり、娘には 冷たく当たり 距離を置く準備を始めるのです。
娘は、家出した母のことを『青空よりも愛してる』と父親に告げます。なんて優しいんでしょう。子どもは馬鹿ではありませんね。静かに見守ることを知っている幼い娘。

旦那はマルゴを愛していながら、末期癌のマルゴの異常な行動に頭をかかえ、愛の無い不倫を始めます。
他の女に愛されてギリギリ精神を保ち、そのギリギリ保った精神で、愛するマルゴの看病をして支えます。
歪んでますね。

死を直前にして、不倫がバレてしまい、
マルゴは狂い、拳銃で寝ている旦那を打とうとするが打てず、自分を打とうとしたが、銃弾が出ませんでした。
翌日 旦那に不倫を知ってしまった事を告げ
安楽死をしたいので 注射を打ってほしいと頼み、無事に安楽死。

しかし、話は淡々と流れていくように綴られます。話の間に何度も 現代バレエの舞台で マルゴが踊るシーンが挟まれます。
最初のシーンでは力強いしなやかさのバレエが、話が進むに連れ、しなやかさが格段と上がり、その代わりに 軽くなって いくんです。
軽くなる つまり 死が近づいていることが表現されている現代バレエのシーンは あまりにも美しいので涙無しに見れません。
最後には 踊れなくなるのですが、淡々と流れる話には冷めざめし、バレエのシーンが来ると 一気に泣いてしまうという 繰り返し。

なんとも 重く辛い映画でした、、
miyu

miyuの感想・評価

3.3
モーツァルトとレクイエムから始まり、レクイエムで終わる…

自分の死を前にしたら、恐怖、怒り、悲しみで押し潰されそうになる。。。

最近見た、『マイ・ベストフレンド』でも、乳癌におかされたトニー・コレット演じるミリーがワガママ放題になった時、親友のドリュー・バリモア演じるジェスが諌める。。。

この映画も介護している夫は非常にキツイと思えた。。。
また、彼は本当に優しい。。。

単なるはけ口の様な、不倫…
それで、ギリギリ彼は精神の安定を保っていたんだろう…

天才舞踏家と言われるマリ=クロード・ペエトロラガラの踊りは、素晴らしかった…

死を前にした、それでいて内側からパワーを感じる素晴らしい踊りだった🎬
見るたび途中で寝てしまって時間かかった。わざとつらいことするのつらい
青二歳

青二歳の感想・評価

5.0
【3年後にまた会いましょう!】
パリ・オペラ座の元エトワール、ラ・ピエトラガラがバレエダンサー役で出演。
現役であるもののベテランとなって引退の陰がチラつくのは体力の限界ではなく病魔ゆえ。その病気によって身体が変わっていく。ダンサーだからこそその変化により敏感なのか。その苦しみがツラい…

そしてその変化は夫婦生活にも及んでしまう。どんどんいびつな性生活を送るふたり。こんな風に夫を愛せるか、妻を愛せるか、なかなかに壮絶な、痛みを伴う映画。単に感動するというよりも、その自ら打ち付ける痛みに呼応して嗚咽がのぼってしまう。