妻の日の愛のかたみにの作品情報・感想・評価

妻の日の愛のかたみに1965年製作の映画)

製作国:

上映時間:89分

3.9

「妻の日の愛のかたみに」に投稿された感想・評価

2015年8月13日、角川シネマ新宿で開催されている『若尾文子映画祭』にて鑑賞。
この映画、未ソフト化作品(当時)。 

この映画の舞台は「九州・柳川」。 
大林宣彦監督の『廃市』でも舞台になった水の町である。 

内容を確認せずに観に行ったが、最初は「仲睦まじい夫婦物語」かと思っていたら、「闘病もの」であった。(原作があり、脚色が木下恵介) 
カラー映画なので、若尾文子が綺麗である。

舟に乗った花嫁=千枝子(若尾文子)を追いかける男=正之(船越英二)が、この花嫁の夫である。 
二人とも学校の先生をしながら、夫の父母と一緒に暮らしている。 
妻の千枝子は、手製うどんを作ったり、井戸で洗濯したりと、朝から晩まで良く働く嫁である。 

夫が「今晩は、君のうどんがたべたい」と道端で言って、生徒に『君のうどん』と冷やかされるシーンは微笑ましい。 

また、結婚1年後には、二人で田んぼで仕事をするシーンがあるが、妻が「私、もう歩けない」と言って、船越英二が若尾文子をおんぶするが、羨ましい限りである。こういうのを「役得」というのだろう…(笑) 

学校の数学教師をしている妻が授業中にチョークを落としたあたりから、病の影があらわれる。 
身体じゅうの関節が痛くなり、1年後に別府の病院に入院。 
難病のようだが、病名は不明。(リューマチという単語が一度出てくるが、医者は「関節が固まりはじめていて…」などと言うので、不治の病ということなのだろう。) 

病気になって8年後(入院先の別府から戻って5年後)、夫の外出中に、妻は実家に帰ってしまう。夫以外の家族と本人=妻が決めたこと。 
それを知った夫は、……といった感じで物語が進行する。 

しかし、明るい夫婦の姿を描いた序盤は楽しいが、闘病風景ばかりになってからは暗い感じになる映画だった。
ghostboat

ghostboatの感想・評価

5.0
花嫁姿の若尾文子をのせた船が川を渡るさまを長々と捉えたオープニングが圧巻。風で波打ってる水面がひたすらエモい。田舎の風景もひたすら最高。変わない闘病生活を淡々とみせておきながら、周囲の人物の変化をもってしてその時の流れを提示させてしまう残酷さとその飛躍っぷりに泣かされる。メロドラマの醍醐味ですね。若尾文子が寝込んでいる部屋を中心に描いておきながら、境界線となるその入り口(=襖)が上手く機能してなかったのは残念かな。最後の襖はもっと焦らして欲しかった。とはいえ満点です。
ラストの船越英二に涙をしぼりとられた。
「シネマヴェーラ的大映男優祭」
シネマヴェーラ渋谷
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
序盤のラブラブぶりはどうしてもニヤニヤが止まらないしオンブするシーンは若尾さんの胸の感触を想像せずにはいられないですよね。
しかしこう見ると藤村さんもなかなかのボインさんでらっしゃるし独身を強調してるから代理母となる流れかなと思ったけどそうではなかった。
若尾さんの母親とかまじキッツいと思うけど九州て特に男が威張って女は従うみたいなノリが強いと聞くけどああいう感じなのかと思った。
しかし柳川はスクリーンに映るたびに綺麗でウットリするしマイナスイオン感じたわ。
Marrison

Marrisonの感想・評価

2.2
ほほえましくスタートし、お涙への矢印を掲げつづけてくれた「つらいね。つらいね」の夫婦愛ドラマだが、各人物の見せ方に柔軟性がなさすぎる。

病状進んでも全然やつれていかない若尾文子さんは、最後の最後まで巧妙にスッピン拒否(アイメイクやめず)。嫁入り舟でだけは映えてたものの、元々さほど美人じゃない上に、表現力も映画女優としては二級。台本通りにギャラの分だけ気持ち込めて喋れば認められちゃう“TVドラマの助演者“クラスだから、台詞分以上の痛々しさがついぞ伴わない。
むしろ雪女の藤村志保さんに主役替わった方がまだ“病身らしいたおやかさ“は出たかも。でも、リアルな映画を作ろうとしてない監督の下じゃ、志保さんバージョンだってすぐ空回りしただろうね。

生硬で平板で女らしさ不足の短歌は一つとして情を揺さぶらず。
だけども、必ずしも台本ばかりがこの映画の戦犯なのじゃない。夫(本当に性格良さげな船越英二さん)は愛だけ、姑は薄情なだけ、舅は寛大なだけ、嫁友(志保)は明るく控えめなだけ、婿友は豪放で親身なだけ、という類型的すぎるキャラ設定は、確かに脚本家の仕業。でも、演出力&演技力でいくらでもリアルなニュアンスは加えていけたはず。人間ドラマの質的空間を広げていけたはず。
例えば、、、、嫁をこき使う姑の「これも洗っといてー。股引きは繕っといてー」という厳しい台詞も、声の出し方一つで〈イビリ〉にも〈期待が強いだけで悪気はない〉にも〈悪いわね~というイタワリ交じり〉にも〈明るく軽快な常識的信頼関係があるだけで、互いにまずまず心地よい〉にも持っていけたはずなのだ。
せっかく実話ネタをスクリーンに映すんだから隅から隅までリアリティーで満たす義務があったのに、老人たちも老けが進まないし、監督らはまったくね。。。 残念ながら泣けなさすぎ。

水準以下のこういう作品を観ると、映画はやっぱり1960年代以降も「進化」をひたすら続ける必要がありありありだったんだなとわかる。
まだ現代的な手の入ってない頃の福岡・柳川のロケ素晴らしい、今でも残ってる所もあるのかもしれないが
度々のあやぴが床に伏してる顔のアップ美しい、カラコンかっつうブラウンの瞳、特に二つ結びの時のロリあやぴ
うなぎ美味しそう
船越英二が縁側で寝てるに始まるシークエンスの縁側の夕日に照らされよう、美しい
ラブラブ新婚生活は一瞬で、寝たきりになった妻と甲斐甲斐しい夫との愛情の葛藤と、その周囲との離婚をちらつかずえない軋轢だけで大部分をみせる木下脚本。
歌人・池上三重子氏の同名手記が原作。つまり実話の映画化。若くして不治の病に冒された妻(若尾文子)。そんな妻を愛し、支え、添い遂げようとする夫(船越英二)。だが、自分のせいで夫の将来を台無しにしてしまうことに苦しむ妻は、愛する夫のために唯一自分ができることとして、離婚を決意。そして、離婚を頑なに拒む夫の留守を見計らい、実家の母・姑・友人らの手助けで、14年間夫婦で暮らした家を後にするのだった。

…という悲恋物語だが、舞台となっている柳川(映画の公開は1965年)の美しいこと、そこで綴られるストーリーの切ないこと、ときおり挿入される短歌が心にしみること。とにかく、泣けて泣けてしょうがなかった。
青二歳

青二歳の感想・評価

4.6
九州柳川を舞台にした夫婦ドラマ。展開だいたい分かるのに…号泣。泣かせにかかるだ言われようとも素直に号泣…DVD化感謝!!!若尾文子枠がさらに初夏発売です!角川の回しもんか。若尾文子と船越英二のラブラブっぷりが可愛くて可愛くて…そのふたりが闘病を前にしてお互いの思いやりが互いをえぐり合う様がツラい。新婚パートは短いながらも、よく伝わるのですよ…ふたりの仲の良さが…その分後半がもう…
後半弱くなるけど二人のお国言葉もかわいいんだまた…

ジジ怪優にやられっぱなしの自分ですが、この時代の邦画はおババ様もよくてですね。中でもご贔屓が滝花久子。若い頃は本当に愛らしいお顔立ちで勿論そこらのアイドル超えてるんですが(超かわいい)、またお年を召されてからの雰囲気もいいんですよねぇ。今作はとにかく娘を守らない母親です。観ていてマジか…と思いましたよ…あのシーン。彼女の母としてのスタンスは理解出来ないけど、なんとも立ち入れない厳しい雰囲気があり観てるこっちがつらくなりました。また気の弱い浜村純、意地の悪いハラセンもよい味わい。

夫婦の情で推すばかりじゃなく、お互いを想う中の複雑な意地や偽善、甘えなどを妻と夫それぞれの口から静かに開陳させるので更に涙が…
サル山おんぶのシーンとか船越英二の嬉しそうな顏ときたら。かつて自分の花嫁を追いかけた柳川に、教え子が花嫁として新たに川を下ってゆく。その交差の喜ばしさと無情かつらい。
しかしリウマチの闘病ものは初めて観たかも。大変な病気なんだな…。若尾文子の砂風呂療法に萌えた自分は邪心の塊です。すみません。
obao

obaoの感想・評価

3.8
@シネ・ヌーヴォ
お互いに想い合い、誰も悪くないのに…添い遂げることが出来ない夫婦の悲恋。愛し合うが故に苦しむ二人が、あまりにも切なく、胸を掻き毟る程に辛かったです。

花嫁披露で川を渡る若尾さんを追いかける船越英二。側から見ても羨ましい程の二人…その幸せの絶頂に襲いかかる妻の病。徐々に身体の自由が利かなくなる妻を甲斐甲斐しく介抱する夫…離婚を申し出る妻と拒む夫。。。観ていてすごく苦しい。

これが実話を基にした映画だということを教えていただき…和歌にこだわった違和感も理解できました。

木下惠介脚本というのも興味深いです。そして、若い頃の藤村志保さんの美しさ…田中麗奈に(が)似ています…よね?

【若尾文子映画祭 青春】にて。
>|