バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫の作品情報・感想・評価

バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫2017年製作の映画)

Baahubali2-The Conclusion

上映日:2018年06月01日

製作国:

上映時間:167分

あらすじ

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。国王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の姫デーヴァセーナと恋に落ちる。だが、王位継承争いに敗れた従兄弟のバラーラデーヴァは邪悪な策略で王の座を奪い取り、さらにバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも奪おうとする…。父バーフバリはなぜ殺されたのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? 自らが伝説の王バーフバ…

遥か遠い昔、インドに栄えたマヒシュマティ王国。国王に指名されたアマレンドラ・バーフバリは、クンタラ王国の姫デーヴァセーナと恋に落ちる。だが、王位継承争いに敗れた従兄弟のバラーラデーヴァは邪悪な策略で王の座を奪い取り、さらにバーフバリと生まれたばかりのその息子の命をも奪おうとする…。父バーフバリはなぜ殺されたのか? 母デーヴァセーナはなぜ25年もの間、鎖に繋がれていたのか? 自らが伝説の王バーフバリの子であることを知った若き勇者シヴドゥは、マヘンドラ・バーフバリとして、暴君バラーラデーヴァに戦いを挑む!

「バーフバリ 王の凱旋 ≪完全版【オリジナル・テルグ語版】≫」に投稿された感想・評価

じぬ

じぬの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

願いは叶う。

ストーリー:★★★★★
世界観 :★★★★☆
映像 :★★★★☆
キャスト :★★★★★
音楽 :★★★★★

感想は後ほど。
アルバイト先で、「悪女/AKUJO」のオススメコメントを書かせていただいた際、社員さんからステキなペンネームを頂いたので、使わせていただきます!
コメントカードには、悪女について、今年公開の作品中暫定ベスト!と書きましたが、本当はそれより後に見た王の凱旋の方が勿論上だし、この完全版は当然のようにそれをも上回る面白さ


基本的に内容は変わらないので多くは語りませんが、見直しても見直しても、何度でも間違いなく面白い作品でしょう

追加されたシーンで好きな場面は、やはり冒頭の像大暴れですね!あった方がバーフバリ強く見える!当然だけど
やたら豪華な子守唄も、デーヴァセーナ側の主張として必要でしたね


前回のレビューへの付け足しになります

多勢に矢を放つ際の外し、細い棒を駆け上がる姿など、とにかく父と息子の振る舞いのリフレインが最高
キメの画というか見得を切る気持ち良さが、これまた最高だし、外側の服が燃えて内側の甲冑が現れるという外連味には初めて観た時からブルブルさせられっぱなしですよ
今回で気づいたんですが、アマレンドラ、マヘンドラ共に同じ名を名乗っていたんですね…泣ける


「願いは叶う。」という売り出し文句、色々と最高ですね
この文言と、「完全版」の文字がポスターにあると、なんかそれだけで嬉しくて涙出る
絶叫上映だったので、上映後、劇場では「ありがとー!」の嵐でしたが、僕も同意見!観ることができて感謝!ありがとう!
悲願?の完全版を、鈴持って、シアター1の絶叫上映で。正直、どこが完全版だか判らなかったけど、楽しかった。
ディーヴァセーナを堪能。もう思い残すことはありません。
NoueSuima

NoueSuimaの感想・評価

3.9
圧倒的インパクト!!
まだくるのか!って何回も笑ってしまう。
漫画の世界を人間でやってる感じ。
音楽が壮大でキャラも際立ってるので、心情がびたっと伝わる。
頭空っぽでノー予習でいける。

インドすげぇ
yukanP

yukanPの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

圧倒的な熱量とともに血と汗とスパイスの香りが漂ってきそうな映画。これを観ると王を称えたくなること間違いなし!

登場人物みんな魅力的だったけど、後半の揉め事の大半は嫁のせいじゃない??とモヤモヤするのは少し残念かも。デーヴァセーナ自体は勇ましくて強くて、過酷な環境に身を置かれても決して諦めず心に炎を燃やし続ける大好きなキャラクターなんだけど。
109mania

109maniaの感想・評価

3.0
 強くて正義感溢れる父バーフバリと、これまた輪をかけて真っ直ぐで真面目なデーヴァセーナとの恋物語。
 素敵な話だとは思うけど、ちょっと胃もたれした感じ。前編観てないので偉そうなことはいえませんが、後半だけしか観てない私には、バーフ(ジュニア)への感情移入は難しかったなあ。
 とにかくバーフ(父)がカッコよかった映画でした。
 
kendoboy

kendoboyの感想・評価

5.0
最高。文句なしで面白い。
権力を持つと人は変わってしまう。それが大きければ大きいほど、倒すのは難しい。でも、それはいつまでも続かない。運命という繋がりが必ずそれを打倒する。この映画が言いたいのは、そういうことではなかろうか。
キャラの立ち位置もはっきりしていて、物語が理解しやすい。所々流れる音楽も、映画を盛り上げている。
インド映画初鑑賞だったが、期待以上だった。
1を見てから見た方がより楽しめるかも。
nagisa

nagisaの感想・評価

4.2
180618 cinecitta cine-8 LIVE ZOUND
vanitas

vanitasの感想・評価

-
バーフバリ…… バーフバリ!!
追加されたかわいいクリシュナ神のシーンがゴージャスで美しくて最高だった…
伝説誕生の1000倍はおもしろい
戦闘シーンが圧巻すぎる…
腕を義体化して包丁とかで襲われても腕ではねのけたいという思いがずっとあったけど義体化しなくても鎖をまけばいいんだと分かって参考になった!(?)
最後に無常観をもってきたのがすごくよかったと思う
bara

baraの感想・評価

4.0
初代バーフバリの一騎当千、無双っぷりをもっともっと見ていたかった!!ジャイホー!!
>|