プロテージ/偽りの絆の作品情報・感想・評価

「プロテージ/偽りの絆」に投稿された感想・評価

rikkorason

rikkorasonの感想・評価

3.5
この手のお話はあまり得意ではないけどアンディが出てるので。悪者でもかっこいい。
チィ

チィの感想・評価

3.5
結構好き。香港の裏社会が舞台、麻薬組織のボスと潜入捜査官。
この設定でアンディラウ劉德華だと、インファナルアフェアがよぎるけど、すんなり馴染めた。テンポがいいからなのか、演者がいいからなのか、暗くても飽きない。

アンディがボス。病気持ちで後継者に捜査官のニック(ダニエルウー吳彥祖)を選び、仕事を教えていく。ニックのお隣さんは麻薬中毒者のシングルマザー。美人だし、子供がまた可愛い!

話はありきたりかもしれないけど、アンディとダニエルの2人がかっこいいので、それだけで満足。しかもいい身体。
アンディのラストシーンがまた迫真です。
ダニエルのラストはちょっとヒヤヒヤしたけど、良かったわ。なんか、とても良かった。
別のパターンがあっても、それはそれでありと思ったかもしれないけど。

ダニエルウーさんが、シルエットがどことなくエディポン彭于晏に似てるんだな。しかもハウィックラウ劉愷威にも似てる。
かっこ良かった。
shell

shellの感想・評価

3.2
どんなに虚無っても薬はやらないぞ!という強い気持ちを持てます。あとヘラヘラした悪人アンディめっちゃかっこいい。
このネタにしては緊張感あんまりなかったけど、最初のシーン面白かったしダニエルウーがかっこよくて好き。アンディラウが、吹き替えにしたら関西弁喋ってそうな感じで良かった。
ten47

ten47の感想・評価

3.3
潜入捜査官×麻薬はありがちな内容だけど、最後に主人公の取ってしまう行動にはグサッときてしまった
オチはあえて凝らない撮影であの結末は好き
マサ

マサの感想・評価

3.0
薬物中毒者は薬のためならどんな嘘でもつく。う~ん、嫌な嘘をついてくるな。薬は虚しいからやるんだよって最初のシーンと最後のシーンこそとても虚しい。見終わった後の虚脱感が…。子供がかわいそすぎる
LEE

LEEの感想・評価

4.0
何故人は薬物に手を出すのか…という題材を描いた一本

こう聞くとお説教っぽいと思う人もいるだろうし実際そう感じる場面もある(やたら麻薬精製の過程が描かれたり
でも呉彦祖の潜入捜査描写などエンタメ作品としても楽しめる部分も確実に用意されていて個人的には楽しめた
更にキャストも呉彦祖、アンディラウ、ルイスクー、アニタユン、リウカイチーと豪華演技派キャストが出演しているためそこんところはバッチリ
イートンシン監督も地味に出てたり笑
ラストの結末も心に響くものがあって良かった


しんどい話ではあるものの見る価値はある一本だと思う
オススメ
Canape

Canapeの感想・評価

4.0
男前が見たい!アンディ・ラウ×ダニエル・ウーの麻薬潜入捜査もの。なんだけど!麻薬犯罪の裏の裏の家族や中毒者を抱える葛藤、関わった人全ての身も心も蝕む麻薬の恐ろしさも盛り込まれ、ハラハラだけじゃない深さ。1000円カットで切ったみたいな髪型にテロテロの服もかっこいいなんてこの2人の男前の破壊力は凄いね。象の背中で踏ん反り返るアンディ・ラウ見れただけで得した気分だけど、一番の衝撃はこの悲壮感を100倍増しにする子役の女の子!(役名はジンジンだけど本名が分からないのが残念)ぱたぱた走る後ろ姿に首に抱き着く姿は、この年齢ならではの天性の可愛さと何とも言えない雰囲気はアジアの秘宝!目が離せない展開。情と任務に揺れ、皮膚のようにまとわりつく虚無感。ラストの予想しない展開に思わずふーっと空を見たよ。香港の街並みや絵になるカットも多く見どころも楽しみ方も多様。隠れた名作。男前シリーズ化しようかなー。ジンジンと男前効果で点数高め。
ぐう

ぐうの感想・評価

2.9
シリアスな感じかな、と思いきや笑ってしまうシーンもいくつかあり
潜入捜査官を7年もやるってすごいね
日本には馴染みのなさそうな設定でした 

途中でてくるタイ、チェンマイのホテルが豪華で気になったけど、どこだっけ
しっかりクレジットロール見ておけば良かった…
afyua

afyuaの感想・評価

3.8
冒頭と末尾で発せられる問い
「薬物が悪いのか虚無感が悪いのか」

生きるため幸せになるため正義のため、みんな嘘をついて
でもその嘘の先には文字どおり虚ろしかない

でもまだ嘘を知らないおチビさんの傍らにだけは…

最初と最後の同シーンの演出に溜め息
個々の「情」の描き方がよかった
あと、アンディ・ラウ渋し
>|