プロテージ/偽りの絆の作品情報・感想・評価

「プロテージ/偽りの絆」に投稿された感想・評価

くぅー

くぅーの感想・評価

3.7
ちょっと切り口を変えた重厚な潜入捜査モノで、程良い緊張感を終始演出し、飽きさせない…ジャンキーな隣人母子とのエピソードに、タイに話が飛ぶ後半も巧みに絡ませて来る。
実は虚無感からのドラッグへの逃げもポイントになっていて、やるせなくも光明のあるラストはなかなか。
ダニエル・ウーが持ち味を生かした熱演で、白髪混じりのアンディ・ラウの悪役っぷりも興味深く、チャン・チンチューと美と醜の演技やルイス・クーの壊演も印象的。
はま

はまの感想・評価

3.8
毎晩夕飯時に家族で観ている香港映画、ここ最近は何故かダニエル・ウー縛りになってきている…(笑)
しょうがないよね、かっこいいし。家族全員好きなので。

今作はそんなダニエルが、香港にのさばる麻薬を取り締まるため組織に潜入している捜査官を演じる、重い作品。
組織のボスを演じるのはアンディ・ラウ。

…私、その日に観る映画を決める時に出演者以外気にしないので、公開年がいつなのかとか知らないまま観るんですけど、ダニエル・ウー&アンディ・ラウって、香港の二大「歳取らない俳優」なので(笑)観てても全然分からない←

途中で出てきたルイス・クーの感じが『プロジェクトBB』っぽかったので「2007年ぐらいかな」って思ってたらビンゴだったのもちょっと面白かった(笑)
今作のアンディ・ラウは老けメイクしてるのに若く見えるから意味が分からない


とある女性が亡くなる描写から始めるところからして、非常に重い作品だということが分かる。
暴力や愛の表現も生々しくて、ウワーッ!ってなるところとか性的描写は家族鑑賞には向いてない系だったけど、映像以上に考えさせられる部分が多くて気まずい雰囲気には全くならなかったです。

私の家族以上に、画面の中で子供がそれを目の当たりにするシーンもあるから…。
「人はなぜ麻薬を手にするのか」
という問いかけから始まる物語は、最後にしっかりその答えを身を以てして証明してくれる内容で、悲しくもありつつ、希望もありました。

潜入捜査官ゆえの葛藤、それをブンブン揺さぶってくるアンディ・ラウの流石の存在感… だけど、主人公はどう見てもダニエル・ウーでした。
ルイクーはそこまで出番なかったけどめちゃくちゃインパクトはありました。爆弾落としていったしね……。

正義の男、ダニエル・ウーがハトにエサやってるシーンは最高に癒された…🐦💕


どうでもいいけど母が相変わらず俳優の名前を覚えられない←
アンディ・ラウはさすがに分かるんだけどダニエル・ウーは「よく泣く人」でルイクーは「赤ちゃんの人(←プロジェクトBB)」っていっつも言う。覚えて。
Keity

Keityの感想・評価

2.4
2009,5 シネマート六本木
麻薬密売と他国で栽培アジトのボスのところに潜入する話しだっけ?ピリピリしてるのに栽培してる人達はのんびりしててギャップがあった。
りん

りんの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

潜入捜査官の話

麻薬撲滅のために長年かけて信頼させ、後継者にまで登りつめる
ボスに情も出てくるが、
やっぱり、麻薬の恐ろしさに正義感が燃え、逮捕するが、ボスは自殺してしまう…
昇格するも、自責の念にかられる

この手の話は香港映画の定番
見てて安定感が半端ない

ひとつだけ、アンディの嫁もっと美人なキャストにしてほしかった…
そっちが、一番気になった








でも、見てて安定感半端ない
なぜ人は麻薬に手を出すのか?

二人の死で分かった

きっかけは“虚無感”なのだ

ならば本当に恐ろしいのは麻薬なのか?虚無感なのか・・・?
___

冒頭と最後に出てくる台詞だが、これゎあくまでストーリーからの台詞

本当に恐ろしいのは、小さな小さな《好奇心》ご注意あれ

___

アンディ ラウゎいつ観てもカッコいいなぁ
ちくわ

ちくわの感想・評価

3.2
2015/09 hulu

香港の麻薬市場の半分を牛耳るクァン(アンディ・ラウ)の元で、7年間潜入捜査を続けるニック(ダニエル・ウー)。病にかかっているクァンは、ニックを後継者に育てようとしていた。ニックの部屋の前に住む、フェン(チャン・チンチュー)とその娘ジンジンは頼れる人が全くいない。そんな2人を見兼ねたニックは、親娘を気遣い食事を幇助し、徐々に距離を縮めていく。そんなフェンの腕に醜い注射痕が。麻薬をやめさせようと尽力するニックの前に、フェンの前夫(ルイス・クー)が現れる。そんな中、少しずつ麻薬密売の真相に近づいていくにつれ、クァンの絶対的信頼に対する自分の裏切りや、麻薬を取り巻く真実に、少しずつ分からなくなっていくニック。麻薬の真実が今暴かれる(Amazon)

************

ダニエルウーが男前❤
アンディラウは横顔が本当に美しいなあ。

しかし何だかよく分かんない作品だった…売ってる人間も普通の人だよ、なのか人の虚無って怖いわ~なのか説教の方向性が見えてこない…

薬はビジネスだと言い切るボスと薬をやめられないジャンキーの女。
どちらも主人公とってには生身と情を感じる存在で、問題は薬ではなくて虚無だと考えだす…そういう流れだとは思うけれど、タイでの描写が丁寧すぎてなんだかバランスがおかしい…
それにしてもヒロインの元旦那も元々は悪いヤツではなかったりするしなんだか救われん話だなあと思います。

イートンシン監督だと思って期待しすぎたかも…
セル版買ってインタビュー見てみるかなあ

17/45/62
君子

君子の感想・評価

3.3
一度観る分には面白い。
潜入のダニエル目線でハラハラする所もあるし、クスリ使ってるシーンは観ていて怖いくらいの迫力。腕が落ちる、という痛いシーンもあるし。

だけど、健康そうなアンディさんが糖尿病で、鍛えてる感じの古仔が薬中ってのは無理があるかも…笑

あと、イー・トンシン監督わざわざ出なくて良かったのに…画面に違和感がある笑
ONDEN

ONDENの感想・評価

3.8
香港ノワールの王道を踏襲しているため、俳優の演技力が全てな映画。そういう意味で素晴らしい配役とその与えられたキャラを忠実に演じる名優たちが素晴らしい。子役に泣かされる映画。
茻

茻の感想・評価

2.0
ショックなほどにエンタメ性がない。ダメ、ゼッタイ!という講習会ですかこりゃ?!