オペレーション・メコンの作品情報・感想・評価

オペレーション・メコン2016年製作の映画)

湄公河行動/Operation Mekong

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

タイ、ミャンマー、ラオスの三国に交差する巨大な麻薬密造地帯として知られる“黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)”。そこに接するメコン河で2011年10月5日に事件は起きた。航行中の中国船が何者かに襲撃を受け、乗組員13名が惨殺されたのだ。事態を重く見た中国政府は事件解決のために捜査を開始。その指揮に公安のカオ(チャン・ハンユー)が選ばれ特殊部隊と共に現地へと乗り込む。既に現地に潜入してい…

タイ、ミャンマー、ラオスの三国に交差する巨大な麻薬密造地帯として知られる“黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)”。そこに接するメコン河で2011年10月5日に事件は起きた。航行中の中国船が何者かに襲撃を受け、乗組員13名が惨殺されたのだ。事態を重く見た中国政府は事件解決のために捜査を開始。その指揮に公安のカオ(チャン・ハンユー)が選ばれ特殊部隊と共に現地へと乗り込む。既に現地に潜入している諜報員フォン(エディ・ポン)と合流。事件の背後に巨大な麻薬組織が関与している事を知ったカオは手がかりをつかむために無法地帯へと向かう。そこは誰も介入出来ない特区で全ての犯罪が横行する悪の天国として恐れられている場所だ。部隊を率いたカオとフォンは作戦を開始。立ち塞がる巨大な組織に戦いを挑む!

「オペレーション・メコン」に投稿された感想・評価

あつし

あつしの感想・評価

5.0
これはもうかなり面白い。中国映画の印象が大きくポジティブに変化した映画。ストーリー、アクションシーン、俳優、テンポ、没入させる力、全てがかなり高いレベルで洗練されている映画。アクション映画好きは絶対見るべき傑作。
まこ

まこの感想・評価

3.7
東南アジアの情報戦かっこよかった。
結局乱闘になるんだけど。
ゴールデントライアングルの麻薬組織が出てくる中国と東南アジアのアクション映画。すごく中国っぽいガンアクション。見ていて楽しい。
中国特警の装備はちょっとしか出てこず、最後のクライマックスはおもいっきり「サバゲー」なので、そういうのを期待しているのなら見ないほうがいい。
ワンちゃんがすごく有能でかわいいです。
シノ

シノの感想・評価

3.8
タイ、ラオス、ミャンマーを流れるメコン川に麻薬組織があり、ある日、中国船の乗組員が殺された事により中国を含む4カ国共同で麻薬組織を捕まえようとします…

実話を基に脚色した映画です。

組織に近づく為に様々なミッションがあり、潜入捜査などはスリルがあって見ていて飽きないないです。

全く有名ではないですが、掘り出し物でした。インファナルアフェアとか好きな人にはオススメです!

マイナスは最後のボートシーンは同じシーンが続くのでもっと短くて良いのと、一部のシーンはCGの合成が安ぽくって残念でした。
Jun

Junの感想・評価

3.8
アクション良し。
真剣に演技してるのだろうけど、中国語で見るとどうしてもふざけてるように感じてしまう。
でも良い作品でした。
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なかなかのアクション映画だった。劇場公開も限定的で残念だ。田舎は文化の恩恵を受けるチャンスが少ないな〜と恨めしく思ってしまった。ゴールデン・トライアングルでの救出作戦の展開に端を発し、拷問、銃撃戦、カーチェイス、斧やナタを振り回すバトル、少年たちのロシアンルーレット、階段落ちたら痛いよう、モールでのどんぱち、クライマックスのボートチェイスなどハラハラするシーンが散りばめられてました。警察犬の活躍もありました。全体的に見て、DVDよりも劇場で観たら更に良かったでしょう。最後に、子供を使った自爆攻撃は許せないと思った。
アクション見応えありました。
中国中心に諸国の三国問題とあって、
ロケーションにボリュームがあり面白かった!
ラストの銃撃戦は凄く良く出来てました。
あとエディ・ポンイケメンやなー。
くぅー

くぅーの感想・評価

4.0
2011年のメコン河中国船襲撃事件を題材にした本作、それなりにアレンジをしてそうだが、いやいや、これがダンテ・ラム監督の気合いがヒシヒシと伝わって来る大作の仕上り。
そう、舞台はあの麻薬の密造地帯として悪名高きゴールデン・トライアングルで、香港作品ながら東南アジアでのロケがハンパなく・・・ショッピング・モールでの銃撃やメコン河での追跡等、アクションに関しては圧巻でしかなく、スクリーンで見たかった。
ドラマ部分に関しても、因縁や絆に駆け引き等、思ってたより硬派で、飽きさせない見事な脚本っぷりでしたね。
しかし、子供達がソルジャーとして命を簡単に落とす環境はやはり切ないし・・・犬好きとしては、"哮天"には複雑な思いに。
キャストでは、チャン・ハンユーの熱演が光るが、ここでもエディ・ポンがタフに活躍し、最近の著しさをまた実感。
aaaaa

aaaaaの感想・評価

4.0
ダンテ・ラム監督、チャン・ハンユー、エディ・ポン主演、アクション超大作。

タイミャンマーラオスに属する、麻薬密造地帯「ゴールデントライアングル」を舞台に、中国特殊部隊と麻薬組織との死闘を描く。

何と言ってもアクション設計が素晴らしく、ダンテ・ラムは香港アクション映画の
新しい可能性を開拓したと思う。タイのショッピングモールでの、アクションや構図はなかなかの物。

血で血を争うまるで戦争映画の様な、殺伐とした作風の中にも、ちょいちょいギャグを、挟んでくれるのが嬉しい。
ゴールデントライアングルを舞台にしたせいか、ジャッキーのポリスストーリー3と少し印象がダブる。

エディ・ポンの問答無用のヒーローっぷり、麻薬捜査犬とのやり取りもgood!

ダンテ・ラムの最新作「紅海行動」が間も無く、中華圏で公開されるが、何とジャッキーがゲスト出演するらしい。

僕はこの作品を東京国際映画祭で鑑賞し、
ダンテ・ラムのティーチインも聞くことが出来た。実話を基にはしてるが、映画自体はかなり脚色はしてるとの事。
上映終了後にダンテ・ラム本人と、写真を撮ってもらい、非常に思い出深い映画鑑賞になりました!
なんだこれは!
リリースされるまで全く存在を知らなかった映画ですが、かなり面白かった!
Filmarksの点数を参考に借りましたが、おかげさまで掘り出し物を見つけられました。本当に感謝!

実話ベースとはいえ、大部分はエンターテイメントとして脚色してると思います。
それでも、結果映画としてこれだけ面白い作品に仕上がっているので無問題。
特にアクション、近接戦のクオリティはハリウッドと勝負できるレベルじゃないでしょうか。

DVDをレンタルして観ましたが、欲を言えばブルーレイもリリースして欲しかった!
あぁ、日本の映画界が世界からどんどんと置いてけぼりにされていくのをひしひしと感じますね…。
>|