オペレーション・メコンの作品情報・感想・評価

オペレーション・メコン2016年製作の映画)

湄公河行動/Operation Mekong

上映日:2017年05月27日

製作国:

上映時間:124分

3.7

あらすじ

タイ、ミャンマー、ラオスの三国に交差する巨大な麻薬密造地帯として知られる“黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)”。そこに接するメコン河で2011年10月5日に事件は起きた。航行中の中国船が何者かに襲撃を受け、乗組員13名が惨殺されたのだ。事態を重く見た中国政府は事件解決のために捜査を開始。その指揮に公安のカオ(チャン・ハンユー)が選ばれ特殊部隊と共に現地へと乗り込む。既に現地に潜入してい…

タイ、ミャンマー、ラオスの三国に交差する巨大な麻薬密造地帯として知られる“黄金の三角地帯(ゴールデン・トライアングル)”。そこに接するメコン河で2011年10月5日に事件は起きた。航行中の中国船が何者かに襲撃を受け、乗組員13名が惨殺されたのだ。事態を重く見た中国政府は事件解決のために捜査を開始。その指揮に公安のカオ(チャン・ハンユー)が選ばれ特殊部隊と共に現地へと乗り込む。既に現地に潜入している諜報員フォン(エディ・ポン)と合流。事件の背後に巨大な麻薬組織が関与している事を知ったカオは手がかりをつかむために無法地帯へと向かう。そこは誰も介入出来ない特区で全ての犯罪が横行する悪の天国として恐れられている場所だ。部隊を率いたカオとフォンは作戦を開始。立ち塞がる巨大な組織に戦いを挑む!

「オペレーション・メコン」に投稿された感想・評価

疾風スプリンターと連続で観たがこっちは普段のダンテ・ラム作品に近い重苦しいシリアス路線のアクション映画

疾風スプリンターでは明るく爽やかな作品だったが今作では打って変わりかなりヘビーな展開が多くリアルで暗い世界観でその随所にダンテ・ラムお得意の壮絶アクションが用意されるお馴染みのパターンが今作はほぼ全編繰り広げられるのでダンテ・ラム作品のファンなら楽しめるはず!

主演は「マンハント」のチャン・ハンユーと「激戦ハート・オブ・ファイト」と「疾風スプリンター」ですっかりダンテ・ラムに気に入られたエディ・ポンが今作では影のある諜報員を見事に演じていてこんな暗い役もやれるんだと関心しました!

ダンテ・ラムらしい大掛かりなアクションの数々に圧倒されるし彼の作品でもトッブクラスに緊張感があり特にショッピングモールのシーンは緊張感とド派手なアクションそしてヘビー展開が見事に演出されていてさすがダンテ・ラムでした。

ただ展開はアクションは良いんですがこれもダンテ・ラム作品お馴染みだと思いますが(汗)色々な要素を詰めすぎていて全体的に駆け足になってしまいダイジェストに感じてしまったり
CGがメチャクチャ雑だったり相変わらず細かい部分をすっ飛ばしてしまう彼の作風は一種の作家性を感じながらも少し冷めてしまう自分がいました(´;ω;`)

主演のチャン・ハンユーはマンハントの時にも感じたが実際に強そうな顔をしていて良いんですがごめんなさい🙇ぶっちゃけ2時間越えの映画で彼を主演で持たせるにはちょっとキツいと感じました。

しかしショッピングモールのアクションやカーチェイス、敵のアジトでの壮絶アクションで最後は強引に納得させるところがダンテ・ラムらしくてやっぱりなんだかんだ言っても好きな監督なんだなぁって思いましたよ( ´∀`)
チャン・ハンユーとは何者なのか?を確かめるべく、『マンハント』の前に出演した本作を鑑賞。

スタントダブルは多いものの、ちゃんとカンフー・アクションするハンユー。
変装して敵を欺くハンユー。
隊長として隊を指揮するハンユー。

と、『マンハント』に比べ、主人公=ハンユーが成り立っている作品だった。

特に中盤、モールでの緊張感あるせめぎ合いからの大破壊アクションと、クライマックスの30分近くあるアジト強襲シーンは見所・熱量・火薬共に満載!!
ジェットコースターで延々とカーブやアップダウンを繰り返しているような、盛り沢山すぎる展開に、富士急より疲弊すること間違いなし。

そして、本作もまた"ベスト・オブ・犬映画"の1本に数えられるだろう。
犬の活躍は、あまりパッとしない隊員たちより、何ならハンユーのアクション以上に盛り込まれ、映画史上最も犬を労うシーンまである。

そんな、魔のゴールデン・トライアングルでぶつかり合う男たち with 犬の活躍…。
リュック・ベッソンの『ネイビーシールズ』より派手なネイビーシールズものが見たければ、本作をオススメする!
Hagiwara

Hagiwaraの感想・評価

3.0
中国の船員が麻薬マフィアに襲われ惨殺された事件をもとにしているというが、導入部とマフィアが捕まったという部分以外はフィクション。
実際、中東とかもそうだが金三角と言われる地帯は子供もゲリラやテロリストとして養成されているという事に戦慄を覚える。
このテーマを深堀した方が良さそうなのだが、あくまで1シークエンスの扱いで、全編ひたすらアクション。
凄いけど、チョット飽きてしまった。
ダンテ・ラムだから期待してたんだけど、期待が大きすぎた。

高野 秀行の「アヘン王国潜入記」とか読むと金三角の周辺事情が理解できる。
NF

NFの感想・評価

4.2
ダンテラムのド派手アクション路線の到達点
怒涛のアクションと熱い物語の波状攻撃
中国映画の資金力すごいな
犬の、まあカッコいいこと
愛すべきバカその1

これよりも続けて見た最新作『オペレーションレッドシー』が中国版ブラックホークダウン的な感じでとてもとても頭が悪くて良かった。

どうせ日本で公開しないだろうけど、、、
Sugar

Sugarの感想・評価

4.0
フォロワーさんのおすすめで見たのですが、これは掘り出し物でしたね。

手に汗握るとは正にこの作品の為にあるような言葉。とてもシリアスで子供にドラッグをさせるわ、兵士にさせ殺しまでさせる本当に憎たらしいボスキャラ。
なんとしても捕まえる為に、芝居を打つもバレ、ショッピングモールで銃撃戦。部下を失うどころか、警察も爆破され苦労の末追い詰めた組織のアジトに乗り込む。このラストシーンは本当に力が入って見ていました。

アクションも派手だし、ストーリーも感情移入させられた、おすすめの作品でしたね
このアクションの波涛を!息継ぎ無しで泳ぎきれるか?!
無理!溺れる溺れるぅぅーっ!!

みどころ:
銃声、爆発、断末魔の三重奏
戦争×バディ×格闘で腹一杯
120分ほぼ休憩無し
もう少しドラマ要素に時間を
戦況がややこしい

あらすじ:
テロリストだ!特殊警察Go!
くらえ!どうだ!…何ぃ?!
畜生ぉーっ!うおぉーっ…!
…敬礼!

なんてタフなアクションだ!しかも多彩で綿密!これがダンテ・ラムか!アツいハゲだぜ!!
…ただまぁちょっとアツ過ぎて疲れたぜ。正直あと10分ほどドラマに割いて丁寧にしてもよかったんじゃ…笑

しかしよくも可愛い哮天を!また怒りがこみ上げてきたぜ!良作!!
イイナ

イイナの感想・評価

3.5
てんこ盛りなアクション、絶えず動くカメラ、アジアの山岳の深い緑、激しいカーチェイス、
とにかく予想に反して予算がかかってるであろう
作品でした。なかなか掘り出し物!
temmacho

temmachoの感想・評価

3.6
ドンパチアクション凄いんだけど、どことなく香港ノアールの風味あり。
中国映画も頑張ってます。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.5
結構アクション凄いです。
ショッピングモールで一般人居るの御構い無しに発砲します。
日産がスポンサーなんじゃないかってくらい古くて綺麗な日産車使われてます。
そして壊されます。
フォンと隊長がデニスとゴルゴに見えます。
シャクレ2人目立ちます。
犬が1番優秀でした。
>|