潜入者の作品情報・感想・評価

潜入者2015年製作の映画)

The Infiltrator

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させ…

1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させるという大胆不敵なものだったー。

「潜入者」に投稿された感想・評価

トム・クルーズの
『バリー・シール/アメリカをはめた男』を
ご鑑賞予定の方は
そちらをご覧になってから
こちらを観ることをオススメします

僕はバリー・シール観てないのですが
そう思いました😁


🕶 💼 👨‍👩‍👧‍👦 👨‍👩‍👧 👰🤵


似たようなサングラス
似たようなヒゲや髪型
似たような南米ネーム

みんな似てる!
これは困りますね〜(>_<)

序盤、何度も巻き戻しながら
登場人物の把握に努めました🧐


その甲斐あってか
物語にどっぷり浸かりました

潜入捜査がバレるんじゃないかという
ドキドキ感
クライマックスに向けて加速する
ヒリヒリ感

ぁあ胸が痛い
犯罪者に同情するわけではないけど
非常に胸が痛い😭


エンドロールで明かされる
主人公のその後を知って…

メイザー夫人が「次は私が決めるわ」
って言ってたのに
あんたって人は(´・Д・)」ォィ
と思いました😅
潜入捜査官の妻は大変そう(゚o゚;;


ーーーーーーーーーーーーーーーー

海外ドラマのあの人

『ブレイキング・バッド』
ウォルター役
👉🏻ブライアン・クランストン

ドラマと逆の立場で面白い👍🏻✨
Haruka

Harukaの感想・評価

3.8
実際の潜入捜査をもとにした映画。
犯罪者たちと親しくなり摘発する仕事の潜入捜査官だが、悪いヤツでも人柄を知っちゃうと憎めない。でも彼らを裏切ることが仕事。
正しいことをしているのに、良心が痛んでしまう捜査官のつらさが描かれます。染みたわ。
何で食っていても、人は人だから、そこには信頼や友情めいたものが生まれる。
ワルいヤツらの人情はなかなか熱い。最後のシーンは寂しくて切なかった。

またこの捜査官も、きっと人に好かれるいいヤツだったんだろうなぁと思わせる、ヒューマンドラマでした。
演技も良かった。渋い映画だ〜。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.0
2017年11月12日
『潜入者』 2015年制作
監督、ブラッド・ファーマン。
他に『リンカーン弁護士』の監督作品もある。

1980年代。
ロバート・メイザー(ブライアン・クランストン)
はアメリカの麻薬捜査官。
ボブ・ムセラという偽名を使って潜入捜査をする。
メイザーは次第に大きな組織に潜入。
麻薬の資金洗浄の実態を暴く。


いつ、何時、誰が殺されるか⁉ 拳銃で
撃たれるかとヒヤヒヤ、ハラハラし通しだった。
主人公のそばにいる人が突然撃たれたり、
殺されたりの場面が何度も!

こんな世界に身を置いていたら緊張しっぱなしで
おかしくなって発狂しそうだ。

皆、俳優人は演技達者❗
演技で魅せる映画🎬だ。

一つ疑問。
メイザーが実業家で金髪の婚約者がいる設定に対し、
本当は妻と子供二人がいて、ごく普通の暮らしぶり
だという事実がよくバレなかったものだ。
自宅に帰るときはどのようにして帰宅をしていたのだろうか?
後を付けて尾行する敵はいなかったのだろうか?


この映画は、ロバート・メイザーさんの回顧録が原作
とのことだ。
というと実話‼
エンドロールで、各々の人物のその後が記される。
メイザーさんはその後も潜入操作を続け、また
結婚生活も継続らしい。
piyo

piyoの感想・評価

3.3
タイトルの通り、潜入ミッション!ということで緊迫感の演出は他を差し置いて傑出している。しかも実話ベースとは。
しかし、出てくる奴が意外とみんなイイヤツ、敵側にしてもイイヤツで微妙に和んでしまうような場面も。
こんなお仕事、大変すなー
naocintosh

naocintoshの感想・評価

4.0
面白かった。
ちょっと2時間では足りなかったかなー。
もっとジワジワと精神的に追い詰められるような展開で、ドラマ化しても良いんじゃないかな。
潜入捜査は大変だ。精神的にも体力的にも。
KMN

KMNの感想・評価

3.7
全編通じて、殆ど緊張感を途切らせてもらえなかった。

潜入捜査員らしからぬキャラクターのせいで、緊張感と同じ位の切なさもある。

終盤の「家族や友人がいない世界では生きていても仕方ない」というセリフには複雑な気持ちにさせられた。
コリ

コリの感想・評価

4.0
麻薬組織を崩壊に導いた捜査官の奔走を実話に基づいて描いたサスペンス。
内側から組織を崩壊させるという大胆な潜入捜査を計画するが・・・。

実際に、こんな命がけの恐ろしい潜入捜査が行われていたことに驚きました。
一歩間違えば殺されておかしくない過酷な状況は緊張感が半端なく凄い!
いつか潜入捜査がバレないかと冷や冷やでした。

本当の妻と結婚記念日に外食に行くが、潜入捜査がバレそうになり、あの行動は可哀想・・・。
結婚記念日のケーキが・・・(泣)

結婚式のシーンは達成感もありますが、何とも言えない寂しさと切なさも残ります・・・。
Goodman

Goodmanの感想・評価

1.2
ブレイキングバッドの呪縛がありすぎて、実話ベースのドラマに入り込めんかった
実話の、重みだろうか丁寧に描かれているせいか麻薬カルテルの人間の方が良い人に見えてくるから困るね!静かな緊張感とラストの喪失感がなんとも言えない。
毒を持って毒を制すという言葉を思い出した。
Nash

Nashの感想・評価

4.1
数ある潜入捜査ものでもトップクラスの作品。バレるバレないの緊張感もさることながら、犯罪グループに入り込む過程と葛藤が丁寧に描かれていて見応えありました。
>|