潜入者の作品情報・感想・評価

潜入者2015年製作の映画)

The Infiltrator

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:127分

3.7

あらすじ

1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させ…

1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させるという大胆不敵なものだったー。

「潜入者」に投稿された感想・評価

Yu

Yuの感想・評価

3.9

最近filmarksがおろそかになってるので、レビュー後追いでpostだけ先にしてきます🙇
(一応インスタレビューコピペだけしときますw)

#ブライアンクランストン
#ダイアンクルーガー
実話
ロバートメイザー
この事件で引退せずに続けたのが凄い
ロベルトの泣ける名言
家族や友人のいない世界に生きていても仕方がない
また誰かの人生と繋がれた
2017年9月20日
新文芸座にて鑑賞。
コロンビアの麻薬王エスコバルの組織に潜入捜査を行った捜査官ロバート・メイザーを描いた作品。
実話ベースだけあって、派手なシーンはそれ程無いけれどそれが実にいい。
いつばれるか分からない潜入捜査の展開に常にどきどきしちゃいました。
papigiulio

papigiulioの感想・評価

3.7
I enjoyed this. Nothing really special, it wasn't great but certainly not bad.

Not much to say about this other than it being an enjoyable movie starring Bryan Cranston and John Leguizamo. I was also happy to see Benjamin Bratt again, who I think needs to do more badguy roles.

普通に楽しかった。もっとサスペンスあれば良かったけど。ブライアン・クランストンとジョン・レグイザモの演技が良くて面白かった。ベンジャミンはもっと悪役やって欲しい。
ryo

ryoの感想・評価

4.5
1980年代、当時のアメリカに流入するドラッグのほとんどの流通経路を握っていたという麻薬王エスコバル。彼を押さえるための潜入捜査作戦は史上最大の成果をあげたと言われている。その最前で活躍した引退間際の潜入捜査官ロバート・メイザーをブライアンが演じている。

やっぱりブライアン・クランストンは間違いない…。おでこのシワすら味わい深い…。ほんとすき。トランボで惚れ込んだ私に間違いはなかった…

資金洗浄を請け負う大富豪に扮して組織に入り込むロバート。裏の世界の富豪を演じる姿がまた似合いすぎる。

家族をも巻き込む可能性をはらんで死と隣合わせの捜査官。捜査相手といえど信頼関係を築いてしまったゆえの葛藤。警官らしくないかもしれないけれど、その感情の揺れがなんともいえなかった。

大富豪の結婚式でホシたちを総ざらいで確保する、というラストの包囲突入は鳥肌たったし、感情がうずまいて涙でそうになった。何の涙かうまく言えないけど。

相棒のエミールを演じる役者さんもよかったなぁ…。そのへんの輩っぽい感じといい。
富豪の婚約者を演じる新人捜査官は結構でしゃばってくるからバレないかヒヤヒヤした。最後まで。

組織側も個性的な面々で、ラテンな人は私もすきだよ、と思ったりしたけど、途中の占い儀式のシーンだけ、なんだこれ、ってなりましたね。鶏?血?コクソンか?と。

パナマ、バリーシール、という聞き覚えのある単語や、最後の実際の写真をみると、実話だということを思い知らされてまた鳥肌が立ちました。
ブライアン・クランストン主演で、マネーロンダリング調査、エスコバルの元に潜入捜査をした男を描く、ごりごりの社会派クライムスリラー。ブライアンがとにかくいいんだよ。これ彼の代表作になるんじゃないかという予感。監督は「リンカーン弁護士」のブラッド・ファーマン。
ねこ

ねこの感想・評価

3.1
登場人物の見分けが付かず、もやもやしたまま終わった。敵と信頼し合う程になるまでの流れがイマイチ薄い。捜査官を持つ家族の辛さが切なかった。
mayo

mayoの感想・評価

-
Muy interesante
心が壊れてしまわないのだろうか

誰が信用できるの分からない中での緊張感がよかった
刑務所から出てきた奴らに仕返しされるんじゃないかと心配になる
実際どうなんだろう
>|