潜入者の作品情報・感想・評価

潜入者2015年製作の映画)

The Infiltrator

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:127分

ジャンル:

3.6

あらすじ

1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させ…

1980年代、史上最大規模とも言われる犯罪帝国を築いたコロンビアの麻薬王パブロ・エスコバル。当時アメリカに流入するドラッグのほとんどが、彼の組織を経由したものだと言われていた。そんな事態を重く見たアメリカ政府は、エスコバルの息の根を止めるため、大規模な潜入捜査作戦を計画する。それはベテラン捜査官のロバート・メイザーを架空の大富豪に仕立てあげ、その財力を持って組織に取り入り、内側から組織を崩壊させるという大胆不敵なものだったー。

「潜入者」に投稿された感想・評価

お

おの感想・評価

4.0
描き方が実にうまいと思った。
悪に潜む主人公、現実と虚構が曖昧な狭間での結婚式、最後にどういう感情で世紀の逮捕劇を目の当たりにするのか。
哀しい結末?僕は哀しかったです。
なにをもってして悪なのか。
完璧な人はいない、なら1人の人間のうちに潜む悪の割合で悪人かどうか決まる?
それともなにをしてるかによって悪人かどうか決まる?
家族がいて愛し愛されてる人は悪人ではない?
そして友を裏切る自分自身は、何者なのか。

これに家庭と仕事の両立まで求められるんだからたまったもんじゃないな。

このレビューはネタバレを含みます

アメリカ麻薬取締局の大成功した潜入捜査官を
主人公にした映画。

結構話は中だるみっぽくなりつつ、でも最後の結婚式直前が
ぐっとドラマが入って魅力的になった。
潜入捜査官というとキケンそうなイメージが強かったけど、
それももちろんあるけれど、
悪者だろうとなんだろうと、友の結婚は笑顔っていう
あのワンシーンのための映画なんだなと思った。
んーーーー?
結局パブロ・エスコバルは???
最後の最後まで潜入捜査官の気持ちに感情移入できひんかった。最後にやっと、って感じ。
登場人物がよく分からんしややこしくて…
潜入系ならインファナルアフェアが最強ということが分かりました。
壺尊師

壺尊師の感想・評価

4.0
潜入捜査官の実話。面白かった!
たぶん、パケ画で損していると思う…。
思わぬところで泣いてしまった。
潜入捜査とはいえ相手に情が移るときつい。おまけに死と隣り合わせでドキドキした。
なんて大変な仕事なんだ。怖すぎ。
強い正義感がないと出来ない困難な仕事。
自分ならどこかで失敗するだろう。
keko

kekoの感想・評価

3.6
アメリカ史上最大の麻薬組織を壊滅に追い込んだ、潜入捜査の実話。

潜入捜査官メイザー
(ブライアン・クランストン)
メイザーの婚約者役潜入捜査官キャシー(ダイアン・クルーガー)
メイザーの相棒潜入捜査官エミール
(ジョン・レグイザモ)

潜入捜査って、バレないか心配で
ずーっとハラハラ💦
ブライアンの演技もまた緊迫感あって、ハラハラさせられた。
しかし、潜入捜査官ってツライ仕事だな。
仕事とは言え、騙して信頼を得て、最後の最後に裏切らなければならない。
そして、その家族もツライ。
メイザーの奥さんも、わかっていても
婚約者役のキャシーとメイザーの仲を疑ってしまうし。

劇中は2時間強だけど、調べたら5年も潜入していたそうです。
ゔーーーっ😖長い、、、ほんと仕事とは言え、、、バレたら殺されるかもしれない立場を5年も演じなきゃいけないなんて、、、😖

ラスト、潜入捜査の締めくくり。ほとんどが逮捕されるけど、親しくなった相手からは罵声を浴びせられ、捜査の成功を手放しで喜べない、複雑なメイザーとキャシーに切なくなりました。

いつの時代も、このような仕事をされてる方がいるのだと思うと、心から敬意を表します。
実話に基づいたお話。
潜入捜査官の家族と潜入捜査対象との距離感が驚くほど近いシーンがいくつかあって、そこだけは事実に基づかない創作の香りがプンプンするけど、それ以外は程よい緊迫感を楽しめる。

がっつりお話に絡むわけではないがバリー・シールも登場するので、トム・クルーズ主演の「バリー・シール」を観ておいてCIA側の事情やメデシン・カルテルを理解しておくと当作をより深く楽しめるかも。それにしても当作でのバリー・シール役があの【その昔一世を風靡したイケメン俳優】マイケル・パレとは・・・昔の面影ゼロの役作りに感服。
ベンジャミン・ブラットも組織の大物として登場。こちらは【さわやかインテリワル】という一癖ある役をしっかり演じていてステキ。
ダイアン・クルーガー、相変わらずお美しい・・・
いろんな作品で脇をしっかり固めるジョン・レグイザモもいて、配役が絶妙な印象。
Ken

Kenの感想・評価

3.5
潜入している割には、微妙に脇が甘いところがたまにあるので、息苦しくなり過ぎずに見ていられる。リアリティーを追求すると怖すぎて楽しくなくなるのだと思う。悪い奴らがエグ過ぎず魅力的なところも面白い。
良い映画だと思いました。
ryom

ryomの感想・評価

-
どんな映画か知らずに観たら、麻薬カルテルか、レグイザモ出てたらよいな、て思ったら出てきた。「憎しみ」のサイード・タグマウイも出てきて、久しぶりに見たな。大人しい役
なかなかドキドキ ハラハラ
させられる映画ですね!!

実話モノで
マフィアの内部まで潜り込む
覆面捜査官!!

派手さは無いけど
観入る内容だね

ホントに少しの気の緩みで
生きるか死ぬか

重みもあって
良い作品でしたね
>|