ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌の作品情報・感想・評価

「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎哀歌」に投稿された感想・評価

MASA

MASAの感想・評価

3.5
テルの喋り方、みんな真似したなぁ。笑
最後の海の近くのレストラン(?)での乱闘、あんなの実際にあったら大問題だよね。
久しぶりにみたけどパンチライン多いなぁ
テルはシリーズでも屈指の敵キャラ!
ラストのドライブイン、ポセイドンでの戦い面白すぎます
とも

ともの感想・評価

3.8
成田三樹夫の「ん゛へっ!」で笑う。
お前ら仁義の文太と松方のやりとり覚えてるか…?
洒落も面白い!
松方弘樹の3本立て観たいなー!
自分が小学生の頃、校務員のおじさんが学生時代にロケット花火をうちあう喧嘩した話を聞いたのを思い出せたのが味。
Chiaki

Chiakiの感想・評価

3.0
ただただ中山美穂がかわいい。
セットの破壊や、演技の寒さもあったり、今の時代にはない画だった。
地井武男がかっこよかった〜
りす

りすの感想・評価

3.6
2017年288本目、12月1本目の鑑賞

ビーバップハイスクールの実写映画
仲村トオル主演


このなんでもありの世界観が好き
そして2人がカッコ良くて、ヒロインが可愛くて、こんな高校生活にどこか憧れがある
現代とはあまりに違いすぎる

映画的な話をすればセットを組んでのなんでもありのアクション、セットはどんどん壊れていく
これは何回で撮影したんだろうっていうシーンが多々ある
1発で撮れなかったらそれだけで撮影日数が大変なことになりそうなシーンのオンパレードだった

この2人ならそりゃ舎弟がいくらいても驚かない

今ビーバップの実写映画を撮ったら全然テーストが違うアクション大作になってそうなのが嫌だ
本当にセットを細かく組んでアクションする時代にビーバップハイスクール実写化をやってくれていて良かったと心から思う
シリーズ最高傑作ったら本作だろっ!!ってことでこれも二十年以上ぶりに鑑賞

当時親父がどこぞで仕入れてきたベータのビデオで何回見たことか…!!
兎に角テルテルテルのテルパレード!!
"チンチンするかぁ〜?"
"シャバ増がぁ〜"
などのテル語を遺憾なく堪能できるなど、兎に角テルテルテルのテルパレード!!

前作、本作でトオルの使用する特殊警棒があまりの売れ行きに以降シリーズから出なくなったことでも有名ですね

んんー成田三樹夫の御本尊を拝見できるのもなかなかどうして最高だなぁ
シリーズ第2弾はアクションシーンがパワーアップ!最後の大円団はお見事。車も登場するし、あれだけ派手にやってくれたら楽しいわいな。浅野ゆう子が色っぽく出演。‬
2作目

今回の相手は 城東(上等)だぁコラー❗❗

愛徳が女子高生に声をかけ、そこに城東の連中が入ってきて揉めたのが大きな喧嘩となった原因です。
城東の学生服の色は水色か青色でどちらともいえる。彼らのボンタン狩り。どの作品か不明の場合、これも目印の1つになりそうです。

加藤も中間もなんとかなるだろうと城東を舐めてたけど、考えが甘く痛い目にあいます。映画だと知りつつ悔しかったですよ、ほんとに。それに相手が多すぎるんですよ。よくあるパターン。それでも愛徳の仲間は少ないのによく頑張れるなと。ツッコミどころも満載な映画でもあります。

しかし一番の問題は決戦の場となったドライブイン ポセイドンのお店
中は破壊されまくってます
オープン 祝 ってありますね~・・・
おめでとうございます👏👏🎉🎉

1回目
ブルー長ラン共によるボンタン狩り!
数だけの連中だとナメていたらなんとトオルもヒロシも餌食になってしまう…
カッコよかったヤンキーがシャバってる姿は哀しいっすね。

今日子は厄介だったが、そんな彼女も今回の順子の説得によって2人のどうしても譲れねえモンを理解できてきたかな?

2人が決戦の場である店に向かう手段がダイナミックすぎて爆笑した。
オープンしたばかりの店で大乱闘するのは凄かった。ヤンキー最悪だな、迷惑すぎる。
敵のテルは刃物をすぐ使うイカレ野郎だったし、ケンカの緊張感はかなりのものだった。今となっては安っぽく見えるギリギリのアクションはほんとハラハラするんですよ。全員の超ビミョーな演技も最高。特徴的な言い回しの連続には飽きない。全然世代じゃないけどやっぱり自然発生した世代のヤンキー映画はおもしろい。