クローズZERO IIの作品情報・感想・評価

「クローズZERO II」に投稿された感想・評価

チィ

チィの感想・評価

3.3
三上兄弟のブレッブレの忠誠心の間に垣間見えるトキオリスペクト、兎に角トキオの体調を心配して尊敬してるセメダインブラザーズのファンになった。セメダイン、やるじゃないか!!
Damien

Damienの感想・評価

4.0
とりあえず世界観の完成度は前作で感動し尽くしたので落ち着いてみました
鳳仙との戦いを描いた今作は前作とのつながりを思う存分生かし2つで1つの映画であることがわかります
リンダマン強すぎンゴ

でもこのⅡはほとんど「げんじぃぃぃ」で構成されています
はにゅ

はにゅの感想・評価

4.2
確かに最高。
原作とは違った世界感だが、それでも最高は最高。
ask

askの感想・評価

3.0
よくもまぁここまで坊主集めたなぁ。一種のゾンビ映画かと思ったわ。
Ⅰよりも「本当の強さとは?」というところに焦点が当てられていて見応えはあったような、ないような。笑


以下、綾野剛好きの独り言

綾野剛がかっこよすぎてため息。最初映った瞬間おもわず「はあああ!」って声出た。鳴海に「凌!」って止められてしゅん(´・ω・`)ってなる顔が可愛いすぎる。狂戦士なのに、vs芹沢でころっとやられてフェードアウトしちゃうまだまだな感じはもはや愛しい。
個人的にヤンキー映画の中では群を抜いて面白いです。ラストの鳳仙高校の対決とかあそこだけなら何回でもみれます。
面白かった。校内で頂点を極めたあと他校との戦争となるとやっぱり燃える展開だと思う。
高1の頃に映画館で見たのだけど中高生の客が映画終わると上映前より2割増しくらいオラついて退場してくとこも魅力的です
ぴーと

ぴーとの感想・評価

3.0
おもしろかったですよ
学園内最強を決したあとは他学校と戦うというなんともわかりやすいケンカ漫画王道の展開…というかそれ以外に展開のしようがないとも思う。

1に続いてまたも差し込まれる黒木メイサのPV、監督の趣味なのかな…

身体も鍛え、友情も育み、そして無事卒業できた彼らに「卒業おめでとう」という言葉ともうひとつだけ言いたいことがあります。
…勉強いつしてたんや…
なんでみんなして喧嘩してんのかよくわかんないし、友達がいくからいくっていう主体性のなさであんな喧嘩してるなら、女子みんなでトイレいくやつとおなじやね。男やから知らんけど。
ずま

ずまの感想・評価

4.0
他校との抗争
クローズに影響されて弟にボディブローかましました。
今作品では鳳仙高校の漆原として出演しました。
殴っていいのは殴られる覚悟のあるやつだけだと言うことを肝に銘じました。
ちなみに暴力は犯罪です。やめてください。
yasu

yasuの感想・評価

4.8
どれだけの覚悟を持って決めたことなのかは知らないが、殴り合いで勝負をつけようとする世界に刃物という無粋なモノを持ち出すヤツは嫌いだ。

鈴蘭とは敵対関係にあるが、鳳仙の鳴海大我が言った「男は素手だろ」という台詞にはわくわくした。過去の悲しい出来事を忘れず自分たちの在り方をちゃんと考えてきたんだろう鳴海や芹沢多摩雄は、高校生ながら本当にかっこいい人たちだと思う。

終盤の大乱闘はもはや不良映画の定番だが、わかっていてもやっぱりその迫力には圧倒される。段取りを少しでも間違えると大怪我につながるシーンだからこそ、見事にやり遂げた役者陣には拍手を送りたい。主要人物のタイマン勝負も見応えがあった。

しかし鳳仙は学生さんの数が多いね笑。坊主頭がわらわらと湧いて出てきた時はさすがに滝谷源治に同情したわ…(´Д` )
>|