ドロップの作品情報・感想・評価

「ドロップ」に投稿された感想・評価

はべ

はべの感想・評価

2.6
思ったほど悪くなかった、という印象。

何度もある喧嘩シーンは派手な描写もあり、面白い。

後半にかけていい話にまとめようという動き(遊助のエピソードとか)が、本編と連動してなくて、取ってつけた感。

それと、誰を見ても中学生には見えない。
takanabe

takanabeの感想・評価

1.6
脚本がダラダラしてて、見るのがしんどかった。アクションシーンの音楽の入れ方とか、壊滅的にダサかった。

配役とか、構図とか、悪くないと思うんだけどなぁ。

そっかー、中学生の設定なのかー… そっかー…。
8I

8Iの感想・評価

2.5
私の時代はこんな酷くなかったけどこれとクローズ見ていきってた人いっぱいいた(笑)

芸人さんのやからめちゃくちゃコメディ強い(笑)
seira

seiraの感想・評価

2.8
頭を使わないでそこそこ楽しめる作品。
ただ、何度も観たいと思えるほどではない。

このレビューはネタバレを含みます

(2011年5月のレビュー)
監督が品川ヒロシで吉本興業が製作なんで、 芸人さんがたくさん出てきて、小ネタを披露しています。

終盤では上地雄輔が、 お涙頂戴のために犠牲になります。 取ってつけたようなこの展開は全く必要ありませんが、 女子高生とかにはウケそうな感じです。

品川ヒロシはうまくターゲットを見極めてますね。


あと、 人を金属バットで殴っておいて
「人は簡単に死なねぇよ」と、カッコつけるシーンが何度もありますが、 簡単に死んでしまうこともあるので、 こういう事を多くの中高生が観るであろう映画の中で言うのは、やめて欲しいです。


製作:2008年(日)
監督:品川ヒロシ
出演:成宮寛貴、水嶋ヒロ
懐かしいなぁ。
小学生の時に友達と見に行って
「あぁ、中学生になったらこーゆー中学生になろう。」って思って黄金魂聴きまくってたの思い出した笑笑

最後の戦い?喧嘩に行く時のビッビッてねーじゃん。ビッビッてるよのくだりが最高にかっこよく好き。
友達のために行動できることははすごいカッコいいことなんだとと教えてくれた映画だ。

一番好きなキャラは河本の宅配便の人
成宮くんだったから最後まで見たけど、って感じ笑
設定が中学生だからちょっとチープな描写になってるのかな
マ

マの感想・評価

-
本当に面白くなかった。
成宮君と水嶋ヒロのかっこよさで最後まで観れた。こうゆうB級ぽい映画が好きな人にはハマるんじゃないかなと思う。
ヤンキー系作品は、心の何処かにある自省だったり、恥ずかしさだったり、そういうのが無いと前提として成り立たない。

これじゃあ単なるクソバカがオナニー 的に語る武勇伝と変わりない。
かつ

かつの感想・評価

4.0
笑える おもろかった
オチ?というか定番すぎるとこあるからそこだけだるい
>|