グロテスクの作品情報・感想・評価

グロテスク2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:73分

2.7

「グロテスク」に投稿された感想・評価

ワキ臭のキツイ変態お医者さんが、仲睦まじいカップルをハンマー殴打で拉致って、拷問部屋でいろんな痛い拷問をしちゃう映画。そんな内容なので中身はさほどない。
男の子、女の子、交互にとても痛い拷問をするんだけど、変態お医者さんの目的はこのとんでもねぇ苦痛に耐えるふたりを見て愛を感じて感動すること。なんてやつだ。
彼氏の指で作ったネックレスやら、精巣に釘打ち、男性器チョッキンやら比較的、彼氏のほうが痛そうでかわいそう。
彼女も腕なくなっちゃったけど。
淡々と喋りながら拷問する変態お医者さんの演技にいちいち笑っちゃう。

ある程度痛めつけたら、必死の形相でふたりを助ける為に処置を施すんだけど、
助かったふたりが放送禁止用語を普通に吐き、あの変態お医者さんいい人じゃん
みたいな事を言いだした時は真顔になってしまった。
こいつら大丈夫か。

その後、回復したふたりを再び拷問地獄に落とし、彼女救出不可能な無理ゲーやらされたシーンは大笑いした。
だって指ないじゃん。しかも切れないように作ってあるじゃん。
ここはぜひ観てもらいたい。

ラストはまさかの超展開。
ぽかーんとした後に少しづつ笑いがこみ上げてきて、ツボってしまった。
白石晃士だいすきです、ぼく。

ちなみに、R-18指定。
とんでもなくグロいってネット等で話題になったみたいだけど、低予算ゆえに作り物感満載なので、それほどまでグロくはないです。
痛みを想像しちゃうと少しキツイかもしれないけれど。特に男性は。

ワキガ医者「感動したっ!」
鑑賞メーター
http://video.akahoshitakuya.com/v/B003VL3UR0
痛い映画である点は、ホステルに近いだろうか。
タイトル通りひたすらにグロテスク。

やっている事をどう痛そうに演出するかというよりは、どんな痛そうな事をやるかに注力されていて、演出自体は「リアルに映す」といった感じ。

陰嚢に釘打ったり、乳頭を鋏で切ったり…。
この辺をこれでもかとリアルに描写してくる。
あとは、指ネックレスとかぺニス切断とか…。インドにそんな神様いたな。

ヒロインはav女優だそうだが、演技が意外にも上手で驚き。

とても悪趣味な映画です。
Unco丸

Unco丸の感想・評価

1.0
グロの工夫は良いんだけど、チープさが全部悪い方へ爆発してる。
おにく

おにくの感想・評価

1.3
腋臭の男のキャラが淡々としていたのが個人的には物足りなかったです。
グロも指などが作り物感があってイマイチでした。
被害者のカップルもあんなにやられたのに手当てしてもらってちょっと面倒を見てもらっただけで良い人だなどと浮かれています。それを再びどん底に落としたのは面白かったです。
コワすぎを何本か見てたから、すぐ分かったけど、工藤Dやないかい!
本家コワすぎよりこっちの工藤Dの方がコワすぎやないかい!
いやー邦画でここまでグロいのは珍しさと変な気持ち悪さのユーモアセンスでやられた。乳首切ったり、チ○コ切るのはあかん!個人的にはオープニングでやられた。いろいろやられまくり。
tyapioka

tyapiokaの感想・評価

2.8
容赦ないグロテスクな映像はよいが、どうして最後ふざけちゃったのか。カタルシスなんかなくても良かったのではないか。痛がり方も工夫があればもっと「痛い」映像になったと思う。しかし、ワキ臭設定はよい。
うさき

うさきの感想・評価

1.9
医者が本当に感動して、二人を解放していたら、まぁまぁ良かったかもしれないけど……
この監督は名前を聞いた事が有るんですが、何か良く解らないですね?
まぁ…大学生の卒業制作作品みたい。
ただ、映画に関しては好みも当然有りますし、僕は好きでは無いですね。
他の作品は観た事が無いので何とも言えないのですがね。
仁

仁の感想・評価

3.0
ひたすら痛々しい、ひたすら胸糞、それは良いのだがラストはキングスマンか!と笑ってしまった。キングスマン見た人なら大ウケ間違いなしwwwそしてオチもギャグ漫画か!みたいな終わり方でマイナスポイント。
>|