グロテスクの作品情報・感想・評価

グロテスク2008年製作の映画)

製作国:

上映時間:73分

2.7

「グロテスク」に投稿された感想・評価

スプラッター映画として
日本が参戦したような映画。

誰にもすすめない。
だけれど、日本にもこんな映画があるよってくらいのやつ。

このレビューはネタバレを含みます

可愛い音楽で始まる
ひたすらグロ、ゴアを映す映画。けどグロ軽減なのかカメラ動きすぎな印象。
途中の救済シーンの心理描写が雑 信用出来なくて薬飲めないでしょ
男の生命力が高すぎる 超人レベル
針金の絶望感はよかった
ラスト女優の演技よかったのに、その後の展開いらなかったでしょ…それで個人的には低評価

痛そう以外にあまり無かったので、それを見たい人向け。
こふく

こふくの感想・評価

3.5
ひぇ、大迫さん?の殺人鬼役が変態すぎる。内容はレビューより期待下。切断シーンも肝心な部分は映されてないからちゃちくてグロくもない。ラストのオチなんやねん。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
SAWでもホステルでもないし、血肉の華でもないとおもう。白石監督はリアルに「愛」を描いてみたかったんじゃないの?でもこんなのやっぱりどこの世界でも愛とか呼ばないし、不快感と不謹慎さの塊しか映ってないし。でも監督のその、「愛ってなんだ」って言う疑問というかなんかそんなのは伝わってくるわけです。不思議な映画です。役者さんは、特に長澤さんが素晴らしかった。褒めた割に点数低いのは、ノーカット版のラストで、犯人が狙った相手がこの映画としての意味をなさなくなってしまったからです。

このレビューはネタバレを含みます

2009年邦。感動を求める狂人がカップルを監禁し拷問する。直接的な描写は意外と少ないが、痛みは伝わってくる。この映画の真意(悪意?)を理解するには、日本における難病映画の隆盛(カップルのどちらかが最後に死ぬことにより感動を生み出す、いわゆる「泣ける映画」)という文脈を鑑みなければならない。犯人が冒頭、棒読みで「退屈な世界を面白く変えるもの、それは感動だ。僕は、感動を追い求める」と宣言するのは、邦画界のこういった傾向への皮肉だろう。しかし『超・悪人』と言い、白石監督にとっては◯◯◯を教えることが愛なのか?
しがい

しがいの感想・評価

3.1
エロのくだりはゲロが出そうだったし、グロいのも別に得意では無いので、序盤からかなり不快でした。
コメディ要素があったのが唯一の救い。
サイコ野郎が「感動した!!!」と叫ぶシーンが変態すぎて爆笑しちゃいました。
最終的にはやっぱり鬼畜で…
グロいことするにはするけど、取り出した腸がボロ布みたいなとことか低予算なのが目立つ。
胸糞悪いだけで終わったらつまらなかったけど、ヒロインの反撃がまた笑えるしスカッとした。
ななな

なななの感想・評価

3.3
感動したいそうです(´・ω・`)
チェーンソーと斧の使い分けって、空中に飛ばすためだけ?
サイコパスに、友達ができない理由教えてたけど、必要?最後にケアしてて、笑ったけど。
エログロにしっかり お笑い成分いれてます!


たしかに 北野武!
映画fan

映画fanの感想・評価

1.0
108円でレンタル
時給の相場が1000円として73分だから約1200円
しめて1308円損をした気分にさせてくれる映画。

このレビューはネタバレを含みます

邦画にしては珍しい本格的なグロさ満点のスプラッターホラー! 
雰囲気は「ホステル」の“痛さ”と「ムカデ人間」の“不気味さ”を掛け合わせた感じです💦
上記の2シリーズと同じく精神的にくる映画なので再見はせず初見時の曖昧な記憶を頼りに(笑) 

「拷問に耐えて私を感動させてくれたら解放します」という自称“医者男”のわがままな要求の下、拷問に耐えるシーンが延々と続く映画なので、観る人を完全に選ぶ作品ですが、この手のグロ系が好きな人には面白い程に吹っ切れた映画です^^; 
見せ場である拷問シーンの他に展開される物語によって緩急あるドラマ、そしてコメディに仕上がってます(笑) 
グロに強くてホラー好きな方は是非! 
「いい目だ…よし、目を先にやろう…。」
Tylor

Tylorの感想・評価

1.5
くそゴアなんだけどちょいちょいシュールなんだよね
刎ねられた首が噛み付くとかこれから殺されるかもしんないのにいきなり相手のワキガいじるとか
最期のシーンの余韻気持ち悪くて好き
>|