ある優しき殺人者の記録の作品情報・感想・評価・動画配信

「ある優しき殺人者の記録」に投稿された感想・評価

りゅう

りゅうの感想・評価

3.8
とにかくヤバい作品。
ワンカットにしてはよく出来すぎてる。
POV作品もっと観たいな。

白石監督あっぱれ!
悪い意味で無意味な殺し合いになったあたりで無理を感じはじめる。サスペンスからトンデモホラーへ切り替わるシーンが気持ちよく決まっていれば違ったのかもしれない。
絶対途中から楽しんでるし、やっぱり1番の変人は田代。
「ノロイ」「貞子vs伽椰子」等の白石晃士監督作品


障害者施設を脱走して18人を殺害した容疑で指名手配中のパク・サンジュン
彼の幼馴染みのソヨンはマスコミ関係で逃走中の彼から取材依頼を受け知人の日本人カメラマン田代と共に廃墟のビルに呼び出されるのだった。。






以下ネタバレ




台本が有りながらドキュメンタリー風に撮影していく手法モキュメンタリー
偽ドキュメンタリーというと言葉が悪いかも知れません

この手法で多くのホラー作品を手掛けている白石監督
今回は韓国映画のプロデューサーからの依頼で韓国ロケで撮影された作品
ワンカット風で撮られていて実際は何カットか切れているらしいですが僕は全く分かりませんでした😅

カメラマン田代を監督自らが演じ監督の他作品の「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」の世界観とも共有されている

プロデューサーの要請でハッピーエンド的にタイムループで終了
監督は「すばらしき哉、人生!」を意識したとか😁


緊張感半端無く次々と色々なことが起こりてんこ盛りのお腹一杯😆😆😆
嘘だと分かっていても怖い。。
頭のおかしい殺人鬼の妄想だと思いきや以外な斜め上行く展開へ👾

最後は時空を越えて行く😆
監督の作品にしてはハッピーエンドかな😁
きつね

きつねの感想・評価

2.8
白石監督作品は昔「コワすぎ!」シリーズを鑑賞したことがあります。

この作品、滑り出しはとても惹きつけられましたが、日本人のチンピラ夫婦が登場するあたりから冷めてしまいました。

日本人夫婦の演技力云々もあるけれど、急にこんなことに巻き込まれたのに、強気すぎない?と2人の行動に全く共感できませんでした。

殺人者役とジャーナリストの韓国人役者の2人の演技は見事でした。

ほぼワンカットなのにあの演技はすごいと思います。

ただ、これラストとそれまで見てきた過程をどう解釈すれば良いのかよくわかりませんでした。

えっと、奇跡は起きたってこと?
けむり

けむりの感想・評価

2.1
昔見たのを思い出してレビュー。

当時白石監督の作風をよく知らずに鑑賞したので、終始何が起こったのかよく分からないまますっきりした気持ちで鑑賞を終えた記憶がある。
すでに起こった事実から逆算して物語を理解していく仕組みでより面白かった。
〓映画TK365/052〓
◁ 2021▷
     
▫️ある優しき殺人者の記録
▫️DVD
▫️Yahoo!映画★★★☆☆2.9
▫️T K評価: ★★★☆☆2.9
▫️映画TK通算:1155本
凄いなあ、この脚本。そして、これは、明らかに好き嫌いが分かれる作品。

かく言う自分も、数年前にレンタルした際は、退屈で退屈で途中でリタイア。今回、Amazon Prime Videoで無料配信されている事を知らなければ、二度と視聴しようとは思っていなかっただろう。

5人(POVの役割を担うカメラマンを含め)だけで成立する舞台劇のようなものなのだが、あたかも1カットで撮影しているかのような編集で見せる緊張感、そして、奇想天外とはこのこと、あの、何とも素晴らしいエンディング。浅薄なのか深淵なのか見る者に問いかけるテーマ。

白石晃士監督の他の作品は見た事ないが、日韓合作を謳う作品の中では、一番の出来じゃあないかな。

にしても、ここでも、無名ながらも、韓国人俳優陣と日本人俳優陣の力量の差、見せつけられたなあ。連続殺人犯を演じた韓国人俳優は、よくもあれだけのセリフ量を、緊迫感を保ったまま演じられたもんだ。対して、日本人カップルよ・・脱ぎの女優は仕方ないにしろ、もう一人の若い男の俳優、声だけ張ってれば、そこそこの演技として成立してると勘違いしてしまっている典型的な舞台役者。

また、この作品が「ホラー」のジャンルに入っているのは、大きな誤解。強いて言うなら哲学・宗教学の分野だな。
はる

はるの感想・評価

3.9
戦慄最終章ばりに頑張る田代カメラマン。

ものすごーいワンカットだった。
白石作品・フェイクドキュメンタリー・ワンカットという観点からすると凄く良く出来てるなと思った

けど日本語が悪い意味で演技臭い、、
エロシーンはもっとガッツリエロに振り切って欲しかった、そこだけ安いAVみたくなっちゃってる

ただ白石作品を見ると勇気がもらえる、という点においては今回も良かった
桑原

桑原の感想・評価

4.0
単体で見たら普通かもしれないんですけど、これは白石オカルトバースを全部観ていると、非常に楽しめるし、珍しく気持ちのいいオチ(これが監督自身の意向なのかは置いておいて)なので、それ自体の裏切りも気持ちいい。

長期連載モノの終盤を見ているようなものなので、単体で見てピンと来ないのもよくわかる。

特殊性癖夫婦に関しては、狂ってるとしか思えないんだが、白石オカルトバースは狂人ばかりなので、普通に見てしまったよな。
受け手の感覚がマヒしてしまっているのが、ある種のホラー。

さて、これで恐らく白石オカルトバースは全て見たので、何かしらの続きを見たいものです。儲からないんだろうなぁ...
>|