オーディションの作品情報・感想・評価

「オーディション」に投稿された感想・評価

R

Rの感想・評価

4.7
いやー、久しぶりにこんな怖い映画見た! ちょっと前にホラー映画?たくさん見てたけどこれピカイチ。てか、今まで見たホラーの中でもかなり上位の怖さ! Amazonプライムでタダで見れるうちに是非! 見たあと体がすごく疲労してて、ストレッチしたくなるくらい硬直してた笑 さすが、世界に名を轟かせる作品なだけあるわー。この恐ろしい恐ろしい映画は、主人公の青山が、病室でむごい死を迎える妻を看取るシーンから始まります。その7年後、最近しょぼくれてんじゃない? そろそろ再婚したら?と高校生の息子に言われ、それもアリか、と思う青山。彼は小さな映画会社をやってて、吉川という芸能関係の仕事をしてる奴に、映画企画のオーディションをやるついでにいい女の子探してみたら?と持ちかけられる。で、実際オーディションをしてみると、ロクな女がいない。このシーンは次々と現れる変な女たちの描写がユーモア満載でかなり笑える。そんな中にただ一人、育ちが良く薄幸そうな長髪の美女・麻美がいる。控え目な麗しさに心を奪われ、その後まんまと何度かデートを重ねるうち、彼女は青山に心を開き、青山もどんどんのめり込んでいくのだが…とここまでは結構コミカルでハハハハハと笑いながらこれます。ただ個人的にこいつはキツイ、と思ったのが、青山演じる石橋凌が麻美とテーブル越しに話してるシーン、喜びに緩みきった表情で、やさしい恋の視線を麻美に送ってるのを、真正面からカメラ目線でとらえたショット。石橋凌いい俳優で好きやけど、さすがにこれはオエップとなります笑 性的に好きな人にはたまらんかもね! そして、青山から電話が来るのを自宅アパートでずーーーっと待ってる麻美さん……あたりから、戦慄に次ぐ戦慄が! すべてのショットが陰影、アングル、色彩、あらゆる点で不穏さ、不気味さに満ち溢れていて、何度鳥肌がたったことか! すばらしいホラー演出の数々に圧倒され続け、すげーーーってなったあとで、まさかの! ふわーーーからの夢と現が入り混じったカオスな映像のめくるめく奔流!!! 恐怖のジェットコースター!!! 怖くて怖くて見終わったあと、暗い部屋に私はひとりでいることができるのか! と真剣に思ったくらい。その後のクライマックスは、逆に明確化したホラーの正体に安心したし、めちゃくちゃ楽しそうなキリキリキリキリにひいいいいい!!!イタタタタタタタ!!!となりながらも大爆笑してしまった。すばらしいです! 二度と見たいと思わないかもしれなくもないが、一度は絶対見ておくべき傑作ホラーだと思う! いや、2回目の方がネタわかってるから、今度は案外コメディとしてもっと楽しく笑えるかもしれない。ホントに無茶苦茶しますね、三池監督は。日本を代表する監督なのにあんまり見てないので、何かオススメがあれば是非ともお教えください。今んとこ見てるのはどれも結構好きかも!
kmk1020

kmk1020の感想・評価

3.6
イタァイ!
霊とか一切無しのホラーだから、そういう意味では引きずらない怖さだけど、不快感はなかなか.
婚活する前に一回最悪のパターンを見ておきましょう.
あと、友達の助言は聞けよな!
「仕事は来たもん順で受ける」とジャンルを問わず漫画原作でも何でも断らずこなす映画職人の三池崇史監督だが、いかに粗製乱造しても評価が高い理由は本作にある。ロッテルダムで「悪魔‼👿💢」と罵られたとか、アイルランドで映画協会の会員が倒れたとか、マリリン・マンソンが大ウケして「リメイクするなら俺に」と言ってきたとか、邦画で唯一TIME誌の「ホラー映画トップ25」にランクインしたとか、いろんな逸話を獲た、村上龍原作のサイコホラーの秀作。

主要人物は石橋凌、國村隼といったむさ苦しいオッサンたち(深刻な若いイケメン不足)。中華系ツリ目顔でボソボソ喋るヒロイン椎名英姫が異物感を漂わせる。そして「妻に先立たれた映画のプロデューサーがオーディションにかこつけ女漁り、サイコ女に復讐🔪される」というフェミニスト・ホラー的なストーリーラインと、日本国内より海外でウケる理由は大いにあるし、そして日本人は海外評に弱い。

今見ると90年代のJホラーらしいかったるい部分はあるし「主人公のオッサン、『幻覚でした~✨』って言うにはいろいろ見すぎじゃね?」と御都合を強く感じさせる部分があるのだが、「バラバラ殺人現場でなぜか人体のパーツが多い」等の生理的・精神的恐怖による追い詰め+陰気なヒロインが急に生き生きと楽しげにハイになる拷問描写できちんと怖がらせ痛がらせてくれる。
HK

HKの感想・評価

4.0
村上龍原作の小説を映画化。監督は後に「悪の教典」「13人の刺客」などの三池崇史。

三池さんと言えば、未だにハイペースで映画を撮り続けているまさに完全な映画職人である。それゆえに駄作と言われる作品も多い。そんな彼が唯一海外でも絶賛される作品を世に出した。それがこれ。

米雑誌TIMEの「Top25 Horror Movie」に「リング」や「呪怨」などの名だたるJホラーを差し置いてこの作品がノミネートされている。

三池崇史さんのフィルモグラフィーでは一番評価が高い作品と言っても過言ではない。

じゃあなんで、「悪の教典」より点数低くしてるかって?

理由は殺人鬼のキャラクターがハスミンよりも薄いから。あと、ハスミンがワイルドに打ち殺していくから爽快感があるのに対し、こっちはなんか女独特の粘着質でじわじわせめて行くところが却って気持ち悪いため。(でも大好きでっせ。)

映画的な気持ち悪さは断然こっちの方が良い。麻美に半殺しにされ布袋に閉じ込められた男が麻美のゲボのお粥を飲ませられるのは、目を覆ったよ。気持ち悪すぎる。

そして石橋蓮司の首チョンパ。あそこもじわじわと苦しめながらぶった切るシーンは爽快感より気持ち悪さのほうが勝っている。

後半の鍼灸拷問シーンは、バシリスクの陽炎を思い浮かべた。おのれ天膳!

他にも当時、世界系とか内面を強調する作風が流行ったせいなのか、主人公の精神世界を描くシーンも、赤いネオンを使ってすごく不気味にできていますよ。

でも怖いというよりはこの一言

気持ち悪い。(褒めてます。)

別に血がドバーってでるようなゴア描写はほぼないのに、あそこまで気持ち悪さを出せるのは良い。トレスポみたいなもんかな?

ラストはあっけない。もうちょっとインパクトある終わりがあればよかったのに。三池さんの映画って憶測だけどラストが酷かったり地味だったりするから視聴後の余韻が悪いのが残念。

でも三池崇史さんらしい作品にのため、ハードコアな人にはお勧めしたい。
象煮

象煮の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

若い女にとちくるった哀れな中年男の自業自得でしかないし女性が見てもあまり怖くないのでは?と思いながら鑑賞していたがそれにしても最後の20分が痛すぎた…パーツが足りないことよりも多い方が怖い人体パズル。高校の時に原作は読んでいたが細かいところはすっかり忘れてしまっていたので久しぶりに再読したい。
BDR

BDRの感想・評価

5.0
業界関係者なら思わず笑ってしまうようなリアルなオーディション。まさかそんな事を思う人も多いだろうが、往々にしてあり得るのが自虐的で良かった。愛する者を盲目的に信じてします男心、他の女はそうでも彼女は違うと信じるのが短絡的な男性心理を鋭く突いている。
イギリスでは発禁騒ぎになるほど衝撃を与えた映画。井戸から出てくる奴や、白塗りのブリーフ子供が出てくる奴よりも、構成も練られ、ミステリアスに描いている。それもこれも、その辺に居そうな女性を殺人鬼に配役したのが素晴らしい。そして、映画のクオリティをすこぶる下げる、アイドルやグラビア系の、女優もどきが出演していなのが一番良かった。石橋 蓮司さんは、いつもギスギスしているのが好きだ。
ネトフリで目に付き久々に鑑賞。このサイコな気持ち悪さ、キリキリキリが耳にこびりつくんだよなぁ。三池崇史はこう言うのだけ手掛けていて欲しいと思っちゃう。
編集のグルーヴ感は素晴らしいけど大人しいな、と油断してたら一気に畳み掛けてきて死んだ。落差がヤバい。マジで中断がよぎった。(片目を瞑って回避しました)曖昧さが観客を馬鹿にしているようにも感じたけど、それ含め映画的に思えたから支持します。
ホラ丼

ホラ丼の感想・評価

2.0
怖いと評判だけど、忘れてしもた。再見したい。

そして再見。
うわぁこんなにグチョグチョキリキリ怖かったっけ。途中で見るのギブアップしようかと思ったけど、最後まで頑張って観て良かった。
痛々しかった...

麻袋に入ってた男は何?(笑)

自分が思ってたストーリーではなかったオーディションって名前だけどオーディションはほんの一部の事でした。
>|