劇場版∀ガンダム II 月光蝶の作品情報・感想・評価

「劇場版∀ガンダム II 月光蝶」に投稿された感想・評価

急すぎる転換がスペクタクル的であると同時に、劇的高揚のスペクタクル対しては冷淡であり、その曼荼羅的な巨視感が良かった
また、徹底した命に対する扱いの軽さが、死を劇的な出来事として特別扱いしないのも良い
影響論を持ち出して何かを語った気にはなりたくないが、手塚治虫作品に近いヒューマニズムと冷徹さがある
映画人

映画人の感想・評価

4.0
最後はいつもの第3勢力の出現でメチャクチャな争い。とっても政治色が強い内容だと思えました。かっこいいメカが無いのはシナリオを大事にしてるんでしょうね~
これも「おさらい」としてはまぁギリギリいいんですが、最終決戦から黄金の秋(ラストシーン)までの熱量があまりにも抑えめになっていて残念すぎる…
summeri

summeriの感想・評価

3.3
かいつまみすぎ、無理に映画化する必要なし。 TVアニメは素晴らしいのでそのままで。
設定が面白い。ストーリーは綿密でガンダムの世界感をいい意味で裏切ってくれている。
ターンXがカッコ良すぎ。
ユニバァァァス!
でもTV版の方がやはり良い。
最初からあまりにも駆け足で飛びすぎちゃって話が分からない。
のんびり三部作にわけてもよかったのでは…
んーんんんんー♪
みなみのしーまはあったけぇー
あたまポカポカ
アホばっかー♪

もう、なにがなにやらw

きーたのしーまはさーむーいー♪
あたまブルブル
アホばっかー♪

「アホばっかの唄」ルフィ
ワンピース28巻p.43


そういえば
ターンXってバギーっぽいし、
カプル合体はパイレーツドッキング6巨大ロボ戦士っぽい。
いろいろググってたらターンXは外宇宙から流れて来た機体とか。
ぬぬぅ
そういえば、ワンピースにもエネルと共に宇宙人が出てくるっぽい。
時代はワンピースか(ヤケ)

調べたら、キャラデザの人はストリートファイター2の人ですかー。
どうりでどこかで見たキャラだと思った。
べっぴんさんですねー。
音楽は菅野よう子。
なるほどよかったw
電気羊

電気羊の感想・評価

4.4
先の大戦であらゆる兵器を破壊する∀ガンダムの月光蝶システムを逃れ、マウンテンサイクルの地中奥深く眠っていた古代遺跡として発掘されたモビルスーツと宇宙戦艦。地球人はムーンレイスとの和平を求めるため、宇宙戦艦で月の首都へと向かう。だが、そこで待ち受けていたのは安定した平和は何も生み出さない停滞であり、戦争こそが進化への唯一の道であると信じるギンガナム一派であった。アメリア大陸(旧アメリカ大陸)の一地方の領主であるグレンは、ムーンレイスの高度な文明に接し、これを地球にもたらすためギンガナム一派と和平協定を結び、あえて再び地球を戦場と化す。月の支配者であるディアナは黒歴史を繰り返すことを防ぐため、ロランと∀ガンダムに全てを託し、ロランはギンガナムの駆るターンX(月の遺跡から発掘された人類と地球外生命体との戦いで使われたモビルスーツ)と一騎打ちの果てに月光蝶を発動し、兵器の無力化に成功するのであった。これにて月の住人であるムーンレイスと地球人は黒歴史の封印に成功し、地球の平和維持を成し遂げたのであった。大団円に涙。
yappy

yappyの感想・評価

3.7
機体とかキャラのデザインに抵抗あって観ずに来たけど、観終わってみたら、世界観良し、BGM良し、ストーリー良しの神アニメだった。総集編の映画版だけでなくテレビシリーズも観てみようと思った。
mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.5
詰め込みすぎ∀映画の後編。まだ前半よりかはまとまってたかな?

アデスカのエピソードはごっそり削除。マヤリトも未登場。月に行きアグリッパメンテナーの野望を阻止し、ギムギンガナムと戦う。

アデスカくだりが無いので「剣で戦ったことは?」「ありません」に変更されちゃう。あれは吹いたな。
∀とターンXとのラストバトルは泣けるほど格好良い。テレビシリーズで、ロラン役の朴璐美が感情移入し過ぎて「遅いっ!」が裏返ってるのだが、再録したこの映画でもひっくり返ってるんだよな。

ターンエーガンダムは、テレビシリーズはファーストに匹敵する完成度だったが故に、映画の出来は残念だったな。
ハウス名作劇場的な世界観にミードのインダストリアルデザインが映えた傑作だった。
個人的にはボルジャーノンやカプルも世界観に合わせリデザインして欲しかった。
>|