機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-の作品情報・感想・評価

「機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-」に投稿された感想・評価

mitakosama

mitakosamaの感想・評価

2.6
Zガンダム3作目だが、これもグダグダ感は否めないなぁ。

アクシズ登場による、ティターンズ・エゥーゴとの3すくみが始まったは良いが、中盤まで政治交渉が長々続く。エゥーゴ一行がアクシズに乗り込み交渉しに行くクダリが2回。何故だ???1回に纏めぃ!!!

シャアがハマーンに頭を下げさせられるシーンは必要だが、だったらシャアのダカール宣言を削ったら絶対ダメじゃん!シャアの面目が潰されたまま終わっちゃう。
「こんなジオン臭いスーツ」をわざわざ新規作画にしてまでダカール宣言を削る必然性が何処にあった?
世論をエゥーゴ側に寄せ大義名分が移る大事なシーンなのに…

で、アクシズはシロッコ側に付きメールシュトローム作戦。
ジュリドはバウンドドックで超超・無駄死に。こんなことなら1作目で助けてあげるシーン要らなかったじゃん。
ヤザンにやられそうなエマを助けるため、ヘンケン艦長がラーディッシュで艦員全員を犠牲にして特攻するのも、改めて新規作画で見ると無茶苦茶だ。しかもエマも死んでこれまた無駄死に。

カミーユがシロッコに特攻する際の、女子達の幻想もTVのまんまだから変。映画版じゃロザミアが妹化しないんだから出て来たらおかしいじゃん。

まぁ、富野からしたらラストの変更だけが目的だったのかもね。
カミーユがラリパッパにならずにファと結ばれる。駅弁ハグが出来ればそれで良かったんでしょう。
Zの殺伐とした雰囲気も、富野がお爺ちゃんになって緩和されたってことだね。エマはテヘペロなドジッ子特製が付いちゃうし、修正してやるも無くなった。丸くなった富野が若手の居たりで作った作品を作り直したかったのも、時代の成せる技か。

Z3部作を、新劇エヴァの様にちゃんとリメイクしてくれれば、ZZやVの3部作映画などのビジネスモデルに成り得ただろうに。勿体なかったな。
おーば

おーばの感想・評価

3.0
今年18本目。昨日に引き続き新訳劇場版を鑑賞。
この辺のストーリーはテレビシリーズでは訳分からなかったけど、ざっくり整理されたおかげで分かりやすくはなってる。
ただしガンダムファン向け総集編であり、一般の映画ファンにはおすすめできないけど。
新作画シーンは見てて気持ちいいな。
はじめ

はじめの感想・評価

3.0
バーザムの活躍は無し…。

ヘンケン艦長とエマ中尉が付き合ってるように見えるんですけど…。
エマ中尉とヘンケン艦長この二人には泣かされる。

榊原さん(ハマーン)の演技が凄い…。
ハマーンの威圧的で好戦的な所はゾクッとする…。

新規作画のジ・O、キュベレイの動きはカッコいい!
ガンダムシリーズで一番残念なライバルのジェリド…やられ方があっさりしてるのは劇場版も一緒…。

TVアニメ版とは違い精神崩壊をせずにファとイチャイチャする終わり方は違う意味で辛い。
ジ・Oがかっよすぎる映画。
あんなずんぐりとしていて、腕複数とかやばい。

あれ?ラスト変わったんだろうか。
昔、友人に聞いたものと違う気が。

ユニコーン観たあとだと、ミネヴァ様が綺麗に成長したんだなと謎の感動。
Massan

Massanの感想・評価

3.0
コロニーレーザーでの戦闘シーンだけが唯一評価できるところ
新訳の終わり方も嫌いじゃない
惰性で見たので感想も惰性。相変わらず質量を持った残像が残りそうな超スピード展開。そのくせ複雑な人物関係は整理再構成しようという気すらないようだ。ティターンズにそれが顕著。隙あらばジャミトフに反旗を翻さんとするシロッコがいて、ジャミトフ陣営も超武闘派のバスクと牽制していて、そのバスクへの獅子身中の虫としてヤザンがいる。シロッコ陣営にはエゥーゴから離脱したレコアが加入。レコアの心変わりをこの映画だけで理解するのは女心が分かりすぎていなければ難しいだろう。シロッコ並の女たらしスキルが求められる。レコアの死に様はエマと出会った直後に即死で高速に磨きがかかっている。あーそうそう、ジェリドもまだいましたが最早なんのために存在したのか分からないレベルの雑魚。ネタになった最期の台詞すら言わせてもらえない。何なんだコイツは本当に。こんなゴミに殺されたいぶし銀のアポリー兄貴が不憫だ。知らない内に消えてた相棒と違って死んだ時はその場の知人全員が衝撃を受けてた影響力。ちなみに一年戦争時代からの上司は無反応。レコアもあんな情のない赤フェチより兄貴に近づけば良かったのに。


ハマーンはそれほど変わった印象がない。短い時間でコロコロ同盟相手を変えるのでレコア以上に裏切り女のイメージが強いがZに置ける役割としては妥当。しかしエゥーゴが壊滅って程でもないので漁夫の利を得られたかというと疑問でZZを待つまでもなくジリ貧で終わりそう。ミネバの声がとっても棒読みなのは傀儡にされた子供を演出してなのでしょうか。分からない。ニュータイプじゃないのでサッパリ分からない。

本作の最大のポイントはTV版とは異なる結末。このためだけにあると言っても過言ではないが、そうなるための過程をすっ飛ばして直行なので全然納得できない。映像特典の別エンディングを差し込まれたかのよう。好意的に解釈すると「人の死の重さに引っ張られるなんてナンセンス。切り替えられる心の持ちようが大事」ということなのかもしれません。Zイタコアタックに映画ではほとんど関係がないロザミアがちゃっかり混ざっているのはツッコミ待ちなのでしょうか。まるで分からないので私はオールドタイプで良いです。ニュータイプなんて大体がロクでもない奴らだし。私はZZ否定派でしたがこれよりはZZに続かれた方がまだマシです。なんでこんな映画作ったのかなあ…
駆け足なのはしょうがないけど、それにしても何がどうなっているかよく分からない三部作であった。
ビームコンフューズ!!じゃねえよ!そんなチャチャな攻撃すな。ガキくせえじゃねえか!
そしてラストのカミーユの精神がバグってねえ!いい感じに終わらせやがって。許さん
Yま

Yまの感想・評価

2.0
ラスト以外はほぼTV版と一緒。
コロニーレーザーの戦闘シーンを作画し直してるところだけは評価できる。
理沙

理沙の感想・評価

4.5
最初に観たときは新旧入り乱れの映像に酔って第一部でリタイアしてしまいましたが、改めて観ると傑作でした。
劇場版の方が気持ち良い終わり方だけど、個人的にはTV版のラストの方が好き。
>|