機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-の作品情報・感想・評価

「機動戦士Zガンダム III -星の鼓動は愛-」に投稿された感想・評価

カミーユの心が壊れなくて良かった…それだけでも意味があるんじゃないでしょうか…二十年も前の旧作画と新作画をごちゃ混ぜにするのは酷い
Ken

Kenの感想・評価

3.8
戦局が把握できなかったので、予習して観ました。流れが分かるととても面白いです。ミネバ様が不憫です。
かわぐ

かわぐの感想・評価

2.5
Zガンダム3部作の解決編.やっと戦いだした.三つ巴の戦いだが一機だけ地味なのでやられそうだなと思っていたらやはりやられた.てかこれで完結なのか.なにも解決していない気がする.
この終わり方の方が好き。ダブルゼータには繋がらないが、星の鼓動は愛ですね。
古い映像と新しい映像が入り乱れるのはあまり好みではなかったなぁ
凛太朗

凛太朗の感想・評価

2.7
マイルドカミーユ&カツ、お前がそれを言うか?っていう。

はい、エゥーゴ、ティターンズ、アクシズの三つ巴となる戦闘シーンは非常に見所満載でカッチョいいです。
遂にハマーン様登場ですしね。まぁスゲーいきなり登場するもんで、は?ってなるんですけど。
カッコいいだけに、全編新作カットで観たかったなぁと思います。新訳っていうなら尚更ね。

そして、新訳ということでラストが変わってくるわけなんですけど、これは個人の好みの問題なんでしょうけど、私は「は?何やこれ?」って思っちゃった人です。
いやいや。そんなんいらねぇから。カミーユ大人しく精神崩壊しとけやと。
何マイルドになってんねん。アムロやハマーン、シロッコを上回る最強のニュータイプだからこそ、カミーユは極端にセンシティブであるべきだと思います。
このエンディングに持っていくために大事なところカットしまくってたんやったら、それこそ残念です。
終盤怒濤の絡み合いを見せる各陣営の思惑!誰がなんのために戦うのか?意図的なまでに分かりにくいッ!まるで戦場での混沌をそのまま体現したかのような作劇にグイグイと最後まで引っ張られる。そんな混乱をよそにしたり顔で戦場を駆けるシロッコとハマーンの強さに痺れる。

そしてラストについて。
この3部作は”新訳”であり、ZZ、逆シャアの流れからは独立した作品群なのだ。だからこその今作の結末。正直言うと涙なしに見れなかった。
テレビ版Zはシャアの奮起そして「逆シャア」へと続く立志の物語であった。だからこそあのテレビ版のラストは意味があるものだった。
しかし、劇場版の主人公は完全にカミーユであり、これは数十年越しの救い(それは作品全体に対しても)の物語なのだ。1人の少年の”真っ直ぐ”な成長譚としての3部作。これをハッキリと示した結末に監督の強い意志を受け取った。

と、いうか!宇宙空間での抱擁!回転!漂うボロボロの機体!これがバッチリと描かれただけで100億点!
fusemasa

fusemasaの感想・評価

3.3
今三作はシャアにユーモアがプラスされていてクスッとしてしまう
kwsk

kwskの感想・評価

3.4
クワトロ、ハマーン、シロッコの三つ巴の戦いが全て。

見たかった名シーンがちょちょいカットされてたりストーリーが悪い方向で変えられてたり、作画が綺麗なものと古いものとごちゃ混ぜでひどい。
酷評多いけどバトルシーン最高だから問題なし!
ガンダム無双かバーサス買うか迷うなぁ、、、
>|