機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-の作品情報・感想・評価

「機動戦士Zガンダム -星を継ぐ者-」に投稿された感想・評価

もうり

もうりの感想・評価

2.5
TV版未視聴。だいぶ端折ってるんやろうなぁ、全然流れ掴まれへん。昔の絵と新たに描いた絵がコロコロ入れ替わって違和感。アムロとクワトロ(シャア)の再会シーンはにわかでも興奮する。まぁこれを観た後にTV版に行くっていうのも良いのかもしれませんね。
ロビン

ロビンの感想・評価

3.5
TV版の古い作画と2005年当時の作画があんまり違和感を感じず上手く切り貼りされていて観ていても不快感は無かった。ただストーリーを端折り過ぎてて何が何やらな展開ではある。
MoD

MoDの感想・評価

2.0
端折り過ぎてヤバすぎる。いきなりティターンズに拘束されてるカミーユ。キレて機体盗難・対人にバルカン発砲って原作としてることは変わらないけどヤバさが1ステージ分上がってる感じ。
作中経過時間が全く伝わってこないからクワトロがいきなり百式入手してるしMk-2がいきなり白になってるし、Mk-2強奪からジャブロー降下まで1日だったんじゃないかみたいな感覚。それ故に戦闘が多過ぎて嫌になってくる。あと新規作画は作画のレベル合わせてないから違和感しかなかった。Z、元々嫌いだけど映像作品としてウンチすぎる。
古い映像と新しい映像が入り乱れるのはあまり好みではなかったなぁ
かわぐ

かわぐの感想・評価

2.5
Zガンダム劇場版3部作の1作目.教養と思ってファーストをみてからずいぶん時間がたった.ファーストもテレビ版で見てたけど昔のアニメあるあるの引き伸ばしが長すぎて途中から劇場版で.Zも劇場版で行こうと一念発起して視聴開始.
ファーストの最後でシャアってどうなったんだっけ.当たり前のように軍(しかも地球側?)に馴染んでる.ティターンズとかエウーゴとか地球連邦軍とか全然立ち位置も思想もわからない.ブライトさんはなんであんなに足蹴に扱われたのか.カミーユの母親を殺しただけで心が揺らぐ軍人もいかがなものか.アムロも出てくるんやね.そしてZガンダムって出てこないんやね.モビルスーツとモビルアーマーの違いもわからない.シャアとアムロなんて再開と同時に殺し合うのかと思ったが全然そんな雰囲気もなく終了.現状把握すらできぬまま1作目が終わってしまった.テレビ版視聴が前提なのかもともとこんな感じなのか.分かりづらい.
Kaz

Kazの感想・評価

2.3
テレビ放送版DVDを借りて観た延長上で借りて観た
ファーストガンダムほど愛着が無いのでどちらもながら見、流し見
従ってアニメ映画版特有の書き下ろし継ぎ足しの確認は出来ず
凛太朗

凛太朗の感想・評価

3.3
一年戦争終結から7年後の宇宙世紀0087。
ジオン公国に実質的勝利を収めた地球連邦は、ジオン残党狩りを目的とし、地球出身者で固めた精鋭特殊部隊ティターンズと、ティターンズの対抗勢力であり、スペースノイドを中心に結成された反地球連邦組織エゥーゴに二分。

ということで、機動戦士Ζガンダムというのは、連邦対ジオンというわかりやすい図式は成り立たず、ファーストと比べると少し複雑。ティターンズとエゥーゴだけでなくて後からアクシズというジオン残党勢力が出てくる上に、登場人物も多ければMSやMAも次から次へと出てくる上、似たようなMSもいっぱいあるので、より複雑に感じるかもしれない。

TV版からおよそ20年の時を経て作られたこの映画版ですが、ファーストを観てることは勿論前提です。
ファーストを観ていないと、意味もわからないし凄く感動的なところで全然感動できないと思います。
まぁそれはイイとして、TV版のΖガンダムも観ていないと、やっぱり意味わからんのじゃないかっていう。
原作カットしすぎてて、何故唐突にそうなった?ってなったりすると思います。
カミーユやクワトロ始め、ファーストのアムロ、ハヤト、カイ、ブライト、フラウ、カツ、レツ、キッカ他魅力的なキャラがティターンズ、エゥーゴ問わず山程出てくる&新規MS/MA多数なのに、編集が荒すぎて高速展開になってるお陰で、頭ん中ゴチャゴチャになっちゃうよと。
更に20年前の映像と新しい映像も入り乱れているため、統一しろやと思いましたね。

とは言え、ファーストもTV版Ζガンダムも観ているものとしては、アムロとクワトロ(シャア)の再会シーンなどはとても感動できたりするわけで、全部が全部悪いってわけでもないんですけどね。
ジェリドがかませ犬すぎるけど。
ほんの一瞬新規作画か否か迷うぐらいには馴染んでるから問題なし。というか新規作画が素晴らしいのは勿論、驚かされるのは原作カットのクオリティの高さ。あれだけ交互に提示されても成立するだけの密度があるのは間違いない。TV版Zガンダムがどれだけリッチな作品だったかが分かる。

多くの制約、原作視聴済み前提などを念頭におけばかなり巧みに編集されてる。めまぐるしく事態が動き続けるのでむしろ映画としての牽引力は増している印象。なのでかなり好みな構成。

音楽そのものの厚みが増してることもあり劇伴との演出がキレてる。特にラスト、シャアとアムロの再開は富野ガンダム屈指の名シーンとしてアップデートされている。
超絶大傑作です。
アムロとシャアの艦内での話いれこんで終わって欲しかった。゚(゚´Д`゚)゚。
barrel

barrelの感想・評価

3.5
女の名前なのに...なんだ男か

全編新規作画ならば...
本当に惜しい作品だった。Zガンダム自体、かなり好きなガンダム作品なのでせっかくだから完全新規作画で観たかった...

今回はテレビ版とは全く違う、ということはないんですが、台詞とか言動が少し変わってます
両親に親を云々でクワトロがこれ見よがしに自分の存在チラつかせてきたテレビ版とは結構違ったり、カミーユがテレビ版よりおとなしめになっていたりとかですね。相変わらず暴れん坊ですけど

MSは相変わらずかっこいい!
メッサーラやアッシマーを最近の作画で観られるのは本当に嬉しい!
...一部だけだけど
>|