劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイターの作品情報・感想・評価・動画配信

  • Filmarks映画情報
  • 日本映画
  • 劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイターの映画情報・感想・評価・動画配信

劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター2019年製作の映画)

上映日:2019年11月29日

製作国:

上映時間:96分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「劇場版 ガンダム Gのレコンギスタ I 行け!コア・ファイター」に投稿された感想・評価

Lope

Lopeの感想・評価

3.5
2022年 110本目

レコンギスタ1作目。
テレビアニメで途中断念した作品。
わからない単語が乱立して諦めたが、改めて見るとハマれた。
2作目、3作目と観ていく度にハマれそう。
アマプラでの鑑賞です。

TVでは一応見ていたけど、内容がよく理解できなくてガンダムのアニメでは印象薄い作品だよね。

キャピタルアーミー
キャピタルガード
トワサンガ
クンタラ
などの
観ながらググらないとわからないな~

観て疲れる作品だな。
うどん

うどんの感想・評価

3.7
半券出てきたら日付直す
ここは割とTV版の再編集再録音って感じだけどバトルがテンポよくはさまっててよい
TAKEZOH

TAKEZOHの感想・評価

3.0
富野由悠季から今を生きる人へ託した未来へのメッセージという名の宿題
この物語は突然始まり、世界情勢、差別と格差……何がどうなってこのような状況になっているのかわからないままものに放り込まれとても不親切である……しかし、
この世にはまだまだ知らないことがたくさんある。知らない分からないということは理解の第一歩である……ということを教えられた気がした。
りーん

りーんの感想・評価

3.6
せっかく観てたのだから記録!

高校生の頃にTVシリーズ観てたけどついていけてなかった記憶。
あらためて劇場版で今観ると、ベルリけっこうしんどかったんだなと再確認。
会話劇とか「やめなさいよ」とか、富野監督だ〜って感じられる部分が楽しい。

当時もだったけど、やっぱりクリム・ニック好きだ。見た目に反して上品じゃない笑い方とか特に。
izumo

izumoの感想・評価

3.6
TVシリーズを再編集して劇場版にした「Gレコ」の第一章。
とにかく人を選ぶであろう要素が
全編通して繰り広げられる富野節全開で、かつ専門用語満載の会話シーン。
富野監督のセリフ回し、言語によるやり取りって
「言葉にすべきところを言葉にせず、言葉にしなくていいところを言葉にする」「主語と目的語の使い方が普通の日本語と違う」「テクニカルワードが説明無しに当たり前のように冒頭から組み込まれる」などのファクターがある。
正直、表現としての日本語のコミュニケーションとしては完全に破綻しているのだけど、会話のテンポ感が良くパワーと勢いもあるので、絵も含めたシーン全体の流れで、何が起きているのか、何を言わんとしているのかがなんとなく理解できてしまうという、常人にはまず作れないものになっている。
そのためそこに気持ち悪さ、わけのわからなさを感じてしまう人は
早々に一章で脱落してしまうんじゃないだろうか。

ただ、その問題を放棄する、あるいは受け入れられる人にとっては
面白い作品であることは間違いない。
ロボ好きにとっては、MSがぐりぐり動いているだけでもう楽しい。
まとまった時間がなく、3回に分けて観た所為か、
ワケわからなかった…
けど、なんか楽しい。

ジムみたいなモビルスーツがシンプルなぶん、Gセルフとかメインどころのモビルスーツがカッコよく思える。

モビルスーツをCGで描いてないから、手描き感が味があって、世界観のほのぼの感と合ってて良かった。
4、5章は劇場で観たいなーと思ってたら4章封締め間近に気付きアマプラで視聴
まさかのオープニングからテレビ版だってりして驚くけど、そうそうGレコってこんな感じだったわとリハビリ的に楽しむ
2秒前

2秒前の感想・評価

-
マジで話が話がわからんし、主人公が色んな勢力を行ったり来たりするからますますこんがらがるんだが、そんなことは面白さに関係ない。贅沢。
HxMxYxSx

HxMxYxSxの感想・評価

3.0
なんか命を賭けて戦闘してるとは思えないくらいほのぼのしてますね。
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品