機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編の作品情報・感想・評価

「機動戦士ガンダム III めぐりあい宇宙編」に投稿された感想・評価

凛太朗

凛太朗の感想・評価

4.0
『本気』と書いて『マジ』、『宇宙』と書いて『そら』と読む。
劇場版三部作最終章。
ホワイトベースはジャブローから宇宙へ。
リック・ドム12機中9機を撃墜するアムロ。NTとしての自覚と覚醒。
同じNTであるララァとの出会い。

ソロモンにてIフィールドを展開するビグ・ザムにコア・ブースターで特攻するスレッガー。

スレッガー「悲しいけど、これ戦争なのよね。」

かっこよすぎるよスレッガーさん。だけどミライさんとのあんなやり取りがあった後で直ぐにこれは、悲しすぎるよ。
対する大型MAビグ・ザムを操るドズルもドズルでかっこよすぎるよ。
愛娘ミネバを妻ゼナと共にソロモンから脱出させ、ビグ・ザムは私が預かると言って単騎で突撃。ソロモン陥落を悟ったのか、あまりにも武人すぎる。理想の上司像の一つなんじゃなかろうか。

ドズル「ジオンの栄光。この俺のプライド。やらせはせん。やらせはせんぞぉ!」

ララァにとっては遅すぎた、アムロにとっては突然すぎた二人の出会いと戦い、そして別れ。
ララァはシャア以上、もしかしたら自分以上のNT能力を持ち、共感しあい惹かれ合うアムロと出会ったことで、シャアより先に出会えてたら戦場で戦うこともなかったかもしれないという思いからの遅すぎたという発言なのかな。
アムロにとっては、共感しあえたり惹かれ合うということがそもそも初めての体験。突然すぎたと感じるのも分かる気がする。

ア・バオア・クーにて、連邦対ジオン最終決戦。
アムロとシャアの戦いにも一応の終止符が打たれる。
最後の脱出シーンは、何回観てもいいですね。

アムロ「ごめんよ、僕にはまだ帰れる所があるんだ。こんなに嬉しいことはない。わかってくれるよね?ララァにはいつでも会いに行けるから。」

この台詞、裏を返せばホワイトベース隊の元以外には帰れる場所がないし、戦争によって帰る場所を失った人間は山ほどいるってことで、とても感動的てすけどとても悲しい。

テキサスコロニーでマ・クベのギャンとの対決がなかったり

「あれは、いいものだぁ」

が聞けなかったりもしますが、三部作最終章もやはり面白い。
ミラとブライト、カムラン、スレッガーという3人の男とのやり取り、シャア(キャスパル)とセイラ(アルテイシア)の関係、ハヤトのアムロに対する本音、シャアとザビ家の確執、アムロ、ララァ、シャアの三角関係等々、相変わらずのヒューマンドラマっぷりにも目が離せません。
Dグッチ

Dグッチの感想・評価

3.5
久し振りのガンダム。
ラストシーンも子供達のニュータイプ振り。
スターウォーズと似ているなと今更ながらに思う。
将来につながるそういうところも、良いのかな。
TOYOSU

TOYOSUの感想・評価

4.9

このレビューはネタバレを含みます

感動。ララァの存在が登場人物の関係性を美しくしてて最高。この新キャラを登場させた富野は天才。最後の戦いの精神描写はあらゆる日本のsfに影響を与えてる。ラストシーンの子供がニュータイプになってたシーンで泣きそうになった。音楽もいい。これがsf。

このレビューはネタバレを含みます

本編の一番重要なエピソードは
やはりアムロとララァが
心を交えるシーンだと思うが
その真の意味までは
あまりに抽象的に表現されているため、
当時十代前半だった自分にとっては
どうも理解ができなかった。

でも、ガンダムの公式ページに
アニメ評論家の下記の解説(TV版)
を読んで、やっと腹落ちしました。

プラトニック・セックスだったとは…
ホントに大人向けの作品です!


https://www.gundam.info/special-series/native-gundam-remastered/special-series_native-gundam-remastered_20080429_192p.html
------------
出撃直前、シャアに抱擁されキスを受けるララァ。
大佐への心配をノーマルスーツの着用を願うことで表現する。
そして、唇に残った感触を手で確認するララァ。
本作で主眼となるララァの悲劇は、アムロと精神的には交歓できたものの、結局はシャアとの肉体関係を優先したことが原因だ。
落着点への伏線は、この「肉体的接触」で自然に埋めこまれているのだ。

アムロとララァの殺意の交流は「思惟の直結」を招き、最終的に「愛の交歓」に近しいものに変化する。
Bパートで「2人の世界」は「光の充満」で描かれるが、「歓喜」あるいは「エクスタシー」に通じると見れば分かりやすい。もうひとつ生命の源流「海」のイメージが重なっていることにも注目。
全体が「プラトニック・セックス」とでも言うべき状態であることも、こんな積みかさねから分かる。
シャアの「戯れごと」という言葉も、その方向性を示唆している。

ララァの立場はアムロとシャアの三角関係の頂点であるが、これは「精神と肉体」あるいは「バーチャルとフィジカル」のはざまに置かれたと見ることができる。
アムロがシャアを滅ぼすことを恐れた彼女は、アムロの刃を自分の身体で受け、関係に決着をつける。
結局、肉体がなければ人の思いさえも存在しえないというのが結論なのだが、それはララァの肉体の崩壊という代償をともなっていた。
悲劇はその引き裂かれた関係性に生まれる。

「ああ……アムロ。刻(とき)が見える」ララァの肉体が蒸発する寸前にアムロへ残した言葉である。
「時」は自然界に流れる時間だが、「刻」と書けば人間が時間に意味を与えたものとなる。
「時間が来た」と「その時刻を迎えた」では意味合いが異なるわけだ。
そんな哲学的な思索のための素材が、このエピソードには充満している。
「人の縁は大切にした方がいい」と言葉を漏らす。

それが本心かと鋭く問うミライに動揺しながらブライトは答えた。

「俺だって生きている間ぐらい、人並みに上手に生きてみたいと思うけれど、不器用だからな」

映画に追加されたシーン。高倉健よりも先である。
Mac

Macの感想・評価

3.2
この後、アムロは、シャアは、連邦は、ジオンは、どうなったのか?
続きが気になる。
緑雨

緑雨の感想・評価

4.5
小学生の頃、この3作目だけは劇場で観た記憶がある(確か、今は無き赤羽オデヲン座で)。
当時、ララァというキャラクタがどうも好きになれなかった。突然物語に現れ、わりとすぐに退場するにも関わらず、アムロとシャアにとってとてつもなく大きな存在として描かれることへの違和感が。
40年近く経った今再見すると、その違和感こそが、ニュータイプというわかるようでわからない概念をぶちこんだことと合わせて、製作陣による画期的なチャレンジだったのだと理解する。

戦闘中にアムロとララァがチャネルする場面のダイアログを、長くなるが以下書き起こしてみる。

ーあなたはこんなに戦えるじゃない、何故なの?あなたには守るべき人も守るべきものもないというのに
ーなんだと⁈
ー私にはわかる、あなたには故郷もなければ家族もない、人を愛してもいない
ーだから、だからってどうだっていうんだよ!守るべきものがなくて戦ってはいけないのか?
ーそれは、不自然だわ
ーではララァはなんだ?
ー私を救ってくれた人のために私は戦っているの
ーたった、それだけのために⁈
ーそれは人の生きるための真理よ
ーでは、この僕たちの出会いは何なんだ?
ー何故なの?何故私は遅れてあなたに出会ったのかしら?
ー運命だとしたら、ひどいもんだよな、残酷だよな…
ーあなたと出会ったからってどうなるの?どうにもならないわ、どうにも…
ーしかし、これは事実だ、認めなくちゃいけないんだ
ー認めてどうなるの?出会ったからって、どうにもならない出会いなのよ!出会えばわかりあえるのに、何故こういうふうにしか会えないのかしら、あなたは私にとって遅すぎて…
ー僕にとって、あなたは突然すぎたんだ、人同士ってこんなものなんだよな…

なんと観念的で哲学的な会話なのだろう。というか、会話としてほとんど成立していない。こんなものを子供向けアニメにぶっこむなんて常軌を逸している。
大人が大人として成立していた時代だったのだな、と感じる。

この「めぐりあい宇宙編」は、アムロとララァの物語であると同時に、セイラの、ミライの物語でもある。ラストは感動的だ。ニュータイプの覚醒というテーマを通じて、人間が「変わる」ことで、死と破壊が渦巻く戦争の悲劇を克服することができる、という邪気の無い楽観と希望を、幸福な余韻として残してくれる。
びっくりするほど面白かっためぐりあい宇宙編。今のおじさんみんな好きな理由がわかった。
やっほ

やっほの感想・評価

4.0
“ニュータイプ”…結局どういう者を指すのか?
“超能力者”って…時代や作品によって様々な概念のもとに“変化”していくが…。
まずは時代の先端に合った“素養”に始まり…それだけではない何らかの“気づき”が起こり…“戦闘状態”という特殊な状況下におかれる中での“覚醒”…でも何故“木馬”に集中したのか?ニュータイプが新たなニュータイプの“覚醒”を促すのか…。
単なるテレパスとは違い“共有意識体”にでも成ろうかという未知の能力には“ときめき”を感じる。
でも“家柄”“エゴ”による“権力欲”“支配欲”に固執する旧い者たちとの永い戦いのための“道具”の一つで終わってしまったのでは…ないのだろうか…。
続編はどうなっていくのだろう…
記録

ガンダム、蓋を開けたらガンダムだと思ってたガンダムではなかったです…

戦争だった、、

あとアムロが後半ものすごい大人になってた…
セイラさんも今までの勝手なイメージと全く違って人間だった、、
ホワイトベースの中にはいろんな人の気持ちがあったな、、

これを青春時代に謳歌した母、
羨ましすぎる

総集編ではなくて全話観たい…

あと、人の心理描写とか震えるほど好きなのですが(エヴァとか2001年宇宙の旅とか)まさかそれをガンダムで観れると全く知らなくて、感動した…ガンダムはすごかった…
>|