ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.2

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

5.0
過去の午前十時の映画祭を含めるとスクリーンではかれこれ四度目の鑑賞

全てわかっている

全てわかっているんです


大抵のセリフも

自分のお気に入りなシーンも

時にはゆっくりと、また時にはスピーディーに転がっていく展開も

そしてあの結末も


それなのに涙がこぼれるのは一体なぜなんだろう

自分の身体の反応が自分で理解できないし、コントロールできない

ただただ胸の奥の部分が締めつけられる

心の芯の部分が揺さぶられる

眼に映る全ての情景が脳のファイルに次々と保存され、絶対に消えてしまってはいけないように次々とバックアップが取られていく

その身体の反応が心地よくて全身を預けている自分がいる

観終わってからも

余韻が呆れるくらい尾を引き

未練は情けないほど残る


どの時代でもどの場所でも傑作になる作品

そう断言できるほどの普遍性もこの映画は兼ね備えてる

素晴らしいヒューマン映画だと思う

そう思うけど、この映画をジャンル分けする必要なんてないのかもしれない

ジャンルは「ショーシャンクの空に」

映画界において極めて特別な存在であり、他の追随を許さない位置にいつまでも君臨させ続けておきたい



一番美しい夕焼けと一番美しい海は、奇しくも同じ映画におさめられている
hiroka

hirokaの感想・評価

5.0
お父さんからみるように何度も勧められていたけれどなかなかみれていなかった作品。

本当に素晴らしい名作だった。なんでもっとはやくみなかったのだろう、と思うぐらいに。

度重なる不運に見舞われる主人公の現状に何とも言えない歯痒さを感じながらも、彼自身から必死に生きることの大切さを教わった。

モーガンフリーマンが出ている映画は心にジーンと響くものばかりだな。
K3IJ1

K3IJ1の感想・評価

5.0
最高ですね。感動
海苔

海苔の感想・評価

4.8
中1くらいで見たときにはあまり感動せず、大学生になってから英字幕で再鑑賞したらとてもよかった。

まず物語として、囚人仲間にビールを振る舞わせる場面に象徴される、アンディが監獄コミュニティで認められていく過程や、看守たちを痛快に出し抜く最後などはとても見応えがある。

さらにこの作品を不朽の名作としている所以は、節々で感じられる人生への深い示唆だ。特に、刑務所の中では尊敬される地位を築いていた囚人が娑婆に出て自由になった途端、なんの地位もスキルもない孤独な落伍者として不幸になってしまう場面などは、幸せと承認、幸せと自由の関係などを改めて考えさせられた。自由の下での希望をまやかしだと否定し、娑婆の世界を恐れていたレッドが、" I think it's the excitement only a free man can feel. A free man at the start of a long journey... whose conclusion is uncertain." と、自由であるがゆえに不確かな人生を前向きに捉えるラストシーンも素晴らしい。Get busy livin' or get busy dyin'.
80s

80sの感想・評価

4.0
あのような状況下でも希望を持って生きることを諦めない主人公の強さと賢さには、ただただ頭が下がる思いだった。
めちゃめちゃ良い。余韻がすごい。

刑務所の中ってこんな感じなのかなっておもったけど、、、

冤罪で捕まったにもかかわらず、憎いはずの所長たちのため、周りの囚人のために働く凄さ。

まあそれもこれも結局は自分のためではあったけれども。

一度きりの人生、どんな境遇にいても自分の価値を見出して、必死に生きて、そんな感じがした。

レッドの語りにも引き込まれるし、ふたりの友情を超えた信頼関係にも惹かれるし。

必死に生きるか、必死に死ぬか。

今こうして自由に暮らせてるのだから、希望を持って生きなければとおもった。
pooyuzu

pooyuzuの感想・評価

3.6
やはりモーガンフリーマンは良い。
yuji

yujiの感想・評価

4.5
冤罪で牢獄に入る人の話で、思い願い続けることの意味を考えさせられる。
>|