ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価

ショーシャンクの空に1994年製作の映画)

THE SHAWSHANK REDEMPTION

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

4.2

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

5.0
過去の午前十時の映画祭を含めるとスクリーンではかれこれ四度目の鑑賞

全てわかっている

全てわかっているんです


大抵のセリフも

自分のお気に入りなシーンも

時にはゆっくりと、また時にはスピーディーに転がっていく展開も

そしてあの結末も


それなのに涙がこぼれるのは一体なぜなんだろう

自分の身体の反応が自分で理解できないし、コントロールできない

ただただ胸の奥の部分が締めつけられる

心の芯の部分が揺さぶられる

眼に映る全ての情景が脳のファイルに次々と保存され、絶対に消えてしまってはいけないように次々とバックアップが取られていく

その身体の反応が心地よくて全身を預けている自分がいる

観終わってからも

余韻が呆れるくらい尾を引き

未練は情けないほど残る


どの時代でもどの場所でも傑作になる作品

そう断言できるほどの普遍性もこの映画は兼ね備えてる

素晴らしいヒューマン映画だと思う

そう思うけど、この映画をジャンル分けする必要なんてないのかもしれない

ジャンルは「ショーシャンクの空に」

映画界において極めて特別な存在であり、他の追随を許さない位置にいつまでも君臨させ続けておきたい



一番美しい夕焼けと一番美しい海は、奇しくも同じ映画におさめられている
Yutty

Yuttyの感想・評価

5.0
残り20分からの爽快感が素晴らしい。
伏線一気に回収するし、希望を持って必死に生きることに決めてくれたし。
好きな映画の1つになりました。
伏線が気持ちいい
hyde

hydeの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

最高傑作。
人間模様が最高に痺れるし塀の中での生活、そして外に出た時の生活に考えさせられたり心を揺さぶられたりする。

モーガンフリーマンが素晴らしく良い味を出しており流石としか表現し難いものがある。
また、脱獄シーンは手に汗握るため時間を忘れる。

作品を通じて「友とは何か」「生きるとは何か」
これを真剣に考えるきっかけをくれた作品であり、永遠のテーマを与えられたような感覚を得た
未来永劫この作品を超えるヒューマンドラマはないだろう
今の自分と被るものもあり駆け出したくなる作品です!
あお

あおの感想・評価

4.8
前半は目を覆いたくなるようなシーンもあって借りなきゃよかったと思った
でも途中から自分を忘れずに必死に生き抜こうとしている姿にひたすら泣いた
後からとても有名な作品だと知ってひどく納得できた
かな

かなの感想・評価

4.5
とても感動した。
希望は捨てなかったら叶うんだと思った。
非の打ち所がないほどよい映画だったなあ。なぜ今まで見なかったのか。V・E・フランクの本を思い出すような内容だった。どんな状況に置かれても、自分で人生の意味を問うのではなく、問われている立場で、そこで人間の真価が問われる。そんなことを感じた映画だった。
太郎

太郎の感想・評価

4.2
超有名作品だが初めて観た。
最後のアレングリーンは誰だったのか気になって調べてみたら、一気に重く深いものに感じた。

記憶のない海。
今までの罪を洗い流すくらい綺麗な太平洋。

はじめは危険で不穏な空気が流れる刑務所だったが、主人公のおかけで図書館が出来たりなんか明るくなっていった印象。

刑務所には安定はあるけど希望はない。
安心して生活できる刑務所。
何かに必死にならないと生きていけない一般社会。
出所したくないものもいれば早く出所したいものもいる。
出所してから希望を持ちながら生活できるものもいれば、毎日絶望や嫌悪感を感じるものもいる。
この差ってなんなのだろうか。
最後には刑務所は悪いとこじゃないとさえ感じる。なんか不思議な映画だった。
>|