ショーシャンクの空にの作品情報・感想・評価

「ショーシャンクの空に」に投稿された感想・評価

まこと

まことの感想・評価

5.0
過去の午前十時の映画祭を含めるとスクリーンではかれこれ四度目の鑑賞

全てわかっている

全てわかっているんです


大抵のセリフも

自分のお気に入りなシーンも

時にはゆっくりと、また時にはスピーディーに転がっていく展開も

そしてあの結末も


それなのに涙がこぼれるのは一体なぜなんだろう

自分の身体の反応が自分で理解できないし、コントロールできない

ただただ胸の奥の部分が締めつけられる

心の芯の部分が揺さぶられる

眼に映る全ての情景が脳のファイルに次々と保存され、絶対に消えてしまってはいけないように次々とバックアップが取られていく

その身体の反応が心地よくて全身を預けている自分がいる

観終わってからも

余韻が呆れるくらい尾を引き

未練は情けないほど残る


どの時代でもどの場所でも傑作になる作品

そう断言できるほどの普遍性もこの映画は兼ね備えてる

素晴らしいヒューマン映画だと思う

そう思うけど、この映画をジャンル分けする必要なんてないのかもしれない

ジャンルは「ショーシャンクの空に」

映画界において極めて特別な存在であり、他の追随を許さない位置にいつまでも君臨させ続けておきたい



一番美しい夕焼けと一番美しい海は、奇しくも同じ映画におさめられている
Hope is a good thing
静かだけど盛り上がる映画
めちゃいい。
気持ちいい^ ^
sayaka

sayakaの感想・評価

4.5
何度目かだけどやっぱり大好き。アンディは本当にいい。嫌な人も酷い事もあるけど負けない。あーよかった、明日からまた頑張ります!!!
終わった瞬間、涙が出てきた。
初めて映画で号泣しました。

100本目に最適すぎ。
期待しすぎたかな、、、
数あるレビューで言及されているラストの感動があまり来なかった。
将来、年をとったらまた見直したいが、しばらくはいいかな
囚人も看守たちも、みんな人間で、いいやつだな、と思う瞬間もあれば、最低だな、と思う瞬間もある。だからその中でアンディの独特な力が、収容所全体の空気をいい意味でかき回していく前半はすごく見応えがあった。そもそもアンディって一体どんな人だったのか、人物描写が薄くて微妙に分からなかったけど、そのミステリアスな感じが逆に良かった。爆音でクラシック鳴らすところがピーク。
後半は何となく勧善懲悪な雰囲気になってしまって、ちょっと勿体無いかなあ。簡単にカタルシスを感じられるようなラストに逃げないで欲しかったな、という気持ち。
でも見れて良かった。
YOUTO

YOUTOの感想・評価

5.0
友人に勧められ、鑑賞。
とにかく、惹かれる。
モーガン・フリーマンの圧倒的な存在感
名作。
人生で一度は見るべき作品。
>|