キャスト・アウェイの作品情報・感想・評価・動画配信

キャスト・アウェイ2000年製作の映画)

Cast Away

上映日:2001年02月24日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

「キャスト・アウェイ」に投稿された感想・評価

oyasumi

oyasumiの感想・評価

2.8
主人公が飛行機の事故で島に漂流してからの生活がメインで描かれてる作品。島で試行錯誤して生き延びようとする姿によって〝人類の進化〟を彷彿とさせられたけど、個人的には刺激が足りひん作品やった。島で1人のシーンがほとんどやからそう感じたのかも(?)
ino

inoの感想・評価

-
すこし切なくなりましたが、いい映画でした!

ウィルソン大好き!!
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます


散々無人島シーンがあった後、
唐突に「4年後…」
ジョークなのか本気なのな分からないが
クスッと笑ってしまった。

無人島を脱出し元の生活に戻った後はリアリティーがあり、やるせなさも感じたが、そこがまた良かった。
無人島での生活を経て、チャックは一人で生きられる程強くなったが、そこに悲しみを感じる。元恋人を家に帰すよう促すシーンもグッときた。

最後、道の真ん中に立ちながら行先を見つめているシーンは少しチャックの未来に希望がもてるため良かった。

このレビューはネタバレを含みます

人生って皮肉だなぁ、って思う映画ですがしかし観てよかったとも思える映画でした。

その昔、自分が某大手レンタル店でバイトしてた頃、キャストアウェイの感想を書いたフリー雑誌があって"ひたすら長い、だらける"的な事が書いてあったので今日の今日まで避けてたのですが、充分に睡眠時間をとってトライしました笑

最初に皮肉だと書きましたが、人間の運命なんて一瞬のうちに変わっちゃうし、後になってみないと分からないものです…

結果…あのフリー雑誌書いてたやつ、沈黙シリーズかワイスピシリーズだけ見とけし!

時間も長く感じなかったしだらける要素もありません。過酷な運命に翻弄され、それでも絶望しないで生き延びて島から脱出し生をつなぐ場面はハラハラさせます。

最後の道に迷った主人公といくつもの道に繋がる道路は人生の可能性を感じさせてくれる名シーンではないでしょうか。

このレビューはネタバレを含みます

無人島から脱出する映画
と思ってたら脱出してからもそこそこあった
トムハンクスの映画ってなんかこうすっきりするようなしないようなビターな気持ちになる
Fedexよく協力したなー。
日常からのサバイバルへの転換、そしてさらに日常への帰還とそれぞれを上手く描いていた。
帰還した日常の変わりようは色々在ることは想像に難くないが、あくまで元恋人との関係だけを切り取っているのが印象的だった。
最近周りが皆遠ざかっているような気がして孤独を感じてたけど、周りを遠ざけてたのは自分で自ら孤独を選んでたんだと気付いた。自分の話ね。
フォレストガンプもそうだけど残り香が程良い映画。グッバイウィルソン
のりこ

のりこの感想・評価

3.9
たった一人で無人島に漂着するというお話。至ってシンプルだが、本当に上手く描かれていて感激!無人島での生活は、生きるか死ぬかの戦いであるが、それよりも孤独との戦いであることが本作を観ればわかる。ウィルソンよ…。
徐々に痩せていき、野生の生活に慣れていくトムハンクスは見応えありすぎ!会話がないのにここまで演じられるのはあっぱれの一言です。漂着した荷物をすぐに開けないあたりも仕事に忠実な様がわかるし、終盤の展開も至ってリアル。

サバイバル系だと他にはディカプリオ主演の「レヴェナント」も印象的。どちらも生死を彷徨いながらも、必死に生きていく様を演じる俳優の謂わば真骨頂を拝められる(そして演じている俳優たちも「本気出せる!」と意気込み、いつも以上にやりがいを感じるのかもしれない😂)。

2021 #217
人生何があるかわからないね。島に漂流してからはすごく寂しかっただろうな。バレーボールのウィルソンが可愛いく見えてきた🏐帰ってから彼女が結婚しちゃってて寂しかったなぁ、、、最後のシーンはどう解釈して良いかずっと悩んでる。🤔モヤァ〜
イソノ

イソノの感想・評価

3.7
波の音と木のきしむ音が印象的。

無人島サバイバルシーンは、サバイバルドキュメンタリー番組を見ているとフィクションっぽく感じてしまうかも。水とか日焼けとか病気とか島の資源とか。

無人島にいるときも帰ってきてからも呼吸をし続けることが目標なのは変わんないのがよい。
>|

あなたにおすすめの記事