キャスト・アウェイの作品情報・感想・評価・動画配信

キャスト・アウェイ2000年製作の映画)

Cast Away

上映日:2001年02月24日

製作国:

上映時間:144分

3.8

あらすじ

「キャスト・アウェイ」に投稿された感想・評価

shin

shinの感想・評価

4.5
トムハンクスにハズレなし
無人島に行くなら何を持っていくか
答えはボール
よたそ

よたその感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

途中コメディかと思ったら全然違った。最後しんみりしちゃった。

見事なフラグ立てに見事なフラグ回収。

無人島で生き抜くために必要なのは、「愛する人の存在」と「イマジナリーフレンド」(と多少のサバイバル知識と刃物っぽいものと大量のヤシの実と雨風を防げる洞穴と生き物が豊富な環境)なんだな、って感動しました。

ウィルソンほしい。作ろうかな。
Kir

Kirの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

無人島でサバイバルして、なんとか帰ったらみんなびっくりしましたという話。

サバイバルから帰還するまでがピークかな。

ウィルソンとのやりとりのユーモアは好き。

助かってからの伏線回収に何も感じるものは無かったのが、残念。
モネ

モネの感想・評価

4.0
「トムハンクス×ロバートゼメキスなんて、絶対私好きじゃん」が大当たり

大きい波を乗り越えても、怪我をしても、関係なく次の波が来続ける絶望がリアル

とりあえず泳げるようにならないといけないし、急に自然災害怖くなって、Amazonで非常用バッグ調べた
誰も悪くないからこそ胸が苦しい
トムハンクスどこまでも名優だな、、
こつ

こつの感想・評価

4.3
フォレスト・ガンプはあんまりだったけど、この映画のゼメキス×トムハンクスはすごくハマった。主人公のチャックが必死に頑張るのが好き。

無人島サバイバーパートも、その後の人生パートも、どっちもめちゃくちゃ面白く見れた。無人島、都会の真ん中、チャックが心の底から孤独を感じたのはどっちだったのか。孤独とは何か考えさせられる。無人島時代の相棒バレーボールのウィルソンとの別れも切ない。

〝息をし続けろ〟というシンプルメッセージも、この映画だからこそ響いた。生きることさえ諦めなければ、いつかちょっとくらいいいことあるかもよって、背中を押してくれる映画。
Yuja

Yujaの感想・評価

4.4
前半は、ハラハラと、島の美しさで良い映画やね〜とただ思ってた。四年後の方がトムハンクスカッコよくない?とか思いながら。海の輝き、自然の鮮やかさと残酷さが交互に出てきて、ひき込まれた。この冒険譚だけでも十分だった。

思いがけず長い後半が始まって、この映画の見所が前半じゃないことを知った。そうだよね。誰も待ってられないよね。でも待ってた。
こんな夫婦になりたい、なりたくない。そこでお前か!クリスノース!!!なんかこの人はちょっと悪い人?役が似合うよね。なんとなく嫌いな(風に見せるのがうまい)タイプ。ぴー。

すごい映画だった。
勘吉

勘吉の感想・評価

4.0
無人島サバイバルと普通の生活の割合がちょうど良かった、
変わったユーモア
iu

iuの感想・評価

3.5
こっちまでウィルソンに愛着湧いてくる
島の生活が好き。帰ってからは割とありきたりかな〜って感じ
AiRi

AiRiの感想・評価

2.5
サバイバルものと言うより、サバイバル前後の部分がメインみたいな…
>|