キャスト・アウェイの作品情報・感想・評価

「キャスト・アウェイ」に投稿された感想・評価

shintarock

shintarockの感想・評価

3.0
初見の時はロバート・ゼメキス監督ということでハードル高めでみたせいか、あまり感情移入できず、記憶に残るのはバレーボールと友達になるということ。
もう1度観たら恐らく感想が変わる映画。

このレビューはネタバレを含みます

映画の大半がトムハンクスの無人島でのサバイバルシーン。ここまで感情移入出来たのは、何も無い無人島で生き抜く為に四苦八苦する姿が丁寧に描かれている事とトムハンクスの演技力ですかね。そして何よりもウィルソンの存在が大きいですよね。無人島での唯一の話し相手であり友人であるウィルソン。別れのシーンはこちらまで悲しくなってしまいました。。
最初は魚1匹捕まえるのにも苦労してたのに、4年も経つと1発で仕留めてる姿には笑ってしまいましたが。(笑)

ラストシーンには色々な意味が含まれてるようですね。自分の居場所が無くなり絶望するもののまだまだ道はある、可能性があるってことを教えてくれているような、そんな希望を持たせてくれるようなラストでなんだか爽やかな気持ちになれました。
無人島で生きる希望捨てなかったサバイバル生活。
生還し社会に戻り再スタートを決意するラストは感動した。
墜落シーンめちゃくちゃリアルですごく怖くて叫んだ。海嫌いだからこれ映画館で観てたらやばかった。
あれから4年ってなったところめっちゃ笑った。野生感分からんくて笑える。
ウィルソンちょいちょい消えて画面の隅っこに漂ってる感じめっちゃ笑える。ウィルソンいいわあ。いい存在だわあ。
おもしろかった
noroyu

noroyuの感想・評価

3.8
だいたいこんな映画だろうなと思っていままで観てなかったんだけど、観たらだいたいそういう映画だったw

とはいえこの話し考えた人、主人公をフェデックスの人にしようと思い付いたとき「っしゃぁーこれイケる!」って感じだっただろうな。

ラストのトラックの〇〇、あれ意外と説明されないとなんのことかわかんない人普通にいそう...。撮り方あんまよくない。もっとアップにしてくれ。
宮本

宮本の感想・評価

3.6
シンプルなストーリーですがハラハラしたり真面目だけどツッコミどころがあったり、個人的に面白かったです。トム・ハンクスさんの演技もさることながら、体型の変化がすごい。HAPPY ENDといえるかは微妙ですが、締め方や最後のシーンは爽やかな余韻の残る作品でした。
せいき

せいきの感想・評価

4.0
ほぼ1人芝居。

なんか切なくなるよね(´ω`)
ラストシーンの為にある映画。
pongo007

pongo007の感想・評価

5.0
 無人島から帰還して、かつてのフィアンセに会うシーン、泣いた。本当にお互いに愛しあっていたんだなあ、ととても切なくなった。でも、最後は、なんとなく希望が持てるカットで、見終わったとき、すこしすがすがしい気持ちになれた。
Jin

Jinの感想・評価

3.6
”これからどうするか?息をし続ける。”



配達業者で働く男の乗った輸送機が、太平洋上空で墜落。一人、無人島に流れ着いた主人公が島で4年間を過ごし、家に帰るまでの物語。


「人生なんとかなるさ!」ってことを、超スケールで映画にするとこれになる。

ロバート・ゼメキス監督とトム・ハンクスの「フォレスト・ガンプ」コンビの作品。
物語自体は、ただずーっとトム・ハンクスの過酷な無人島サバイバル生活を描いている。でもその中に、遊び心とか人間の本質が散りばめれれていて面白かった。


単純に人間が自然の中で進化していく様子が見れて面白かった。道具を作ったり、火を起こしたり、服を作ったり。学び、覚えて、成長していく人間らしさ。

そして思考の循環。「時間に追われる」配達業者が、無人島から脱出するときにはまた時間に追われる。
島で絶望し、希望とともに帰還しても、妻が他の男と結婚していて絶望する。
人生はその繰り返しで、不幸にも幸福にも理由はなく、時間が経てばなんとかなる。

最後の「生き続ける」っていう終着点おもしろいし、「人生の選択肢はまだたくさんある」っていう描写も素敵。


ロバート・ゼメキスの映画は暗い話も必ずどこかに希望があっていい。バレーボールの「ウィルソン」のキャラクター設定も面白いし、所々に笑える要素があるのが楽しい。

最初と最後のつなぎとか、無人島生活と帰ってきてからの対比とか、感心した。何も起きない映画だけど、しっかり見所がある。

トム・ハンクスの演技いいなあ。この映画中に22kgも体重調整したらしい。中盤ほぼ一人でセリフも多くないのに魅力的なキャラクターにしていた。

サバイバルのシーンって冒険心くすぐられる。
このくらいの年代って「大きな展開なくただ映し続ける」みたいな映画が多い気がするけど、気のせいかな。
アル

アルの感想・評価

4.2
見初めて約20分は
おお良さげな恋愛映画やなと思いそこから→→→えぇえええってなりますw

フィクションらしいが
内容自体はなかなかリアル。BGMがないのが臨場感をUPさせていた。
映像だけで見せる絶望感、ワクワク感が素晴らしい!
淡々としてるが惹きつけられます

どんどん適応能力が上がっていくトム・ハンクスは観ててなかなかに面白い。素の知識力も凄いが

孤独の中どう生きていくか、この便利になりすぎた世の中何もなくなった人間はどこまで強くなれるのか…
ラスト30分はなかなかに深い内容だった。

マイナスポイントとしてはちょっと怪我のしすぎで感染症なって死んでしまうなというのといきなり四年後はやりすぎと思った。

最後にみんな歯医者はちゃんといこうね!
>|