ミッドナイト・エクスプレスの作品情報・感想・評価

「ミッドナイト・エクスプレス」に投稿された感想・評価

mk

mkの感想・評価

3.8
異国で罪を犯すということが、予想を遥かに超えた大罪になり得るということ。
当たり前やろと思いながらも、ラスト30分くらいから観てる側もキチガイになるんちゃうかと思うくらいみんなラリってる。
トルコ旅行中のアメリカ人青年ビリーは若気の至りからか麻薬を持ち帰ろうとして空港で逮捕される
裁判の結果約4年の服役となり、劣悪な環境に耐えながら出所まで残り僅かのところまで来たのだが
政治的な理由により裁判のやり直し、そして改めて懲役30年が言い渡される
絶望するビリーは脱獄を決意するのだが、、、

原作は主人公となるビリー・ヘイズ自身による体験本らしい
ってことでどうしてもビリー視点、自分のことをそんなに悪く描くはずもなく、実際事実と反して脚色多数らしいので、その点は差し引いて見るべきかと

正直主人公がどんなにかわいそうな状況になっていても自業自得感しちゃいます
これが無実の罪でとか知らない間に運び屋にされていたとかならまだ同情の余地はあるんだけど
自ら麻薬を持ち帰ろうとした事実があるし、後悔先に立たず、今更反省しても後の祭り

良かった点はトルコの刑務所風景、1970年代の雰囲気も興味深い
この頃のトルコの事情、アメリカとの関係なんかはよくわからないけど
やはりアメリカから見るトルコも、日本から見るトルコとそう変わらず、言葉は勿論、宗教や文化など様々な点で異なる異国の地って感じ

教訓として若気の至りでは済まされないこともあるって映画かなー
劇中刑務所でひどい目にはあうんだけど、その点があるからそれほど理不尽な気はしない

あとは、、、彼女との面会シーン、ラストカットなんかはなかなか印象に残りました、主演の方なかなかイケメンで熱演な点も良かった
dude

dudeの感想・評価

3.6
脱獄ものとしては行き当たりばったりで物足りないんだがジョン・ハートがぐでんぐでんで良い。
くのわ

くのわの感想・評価

3.6
めっちゃうまくいってなかったから最後またひっくり返るかと思った
MikuOshika

MikuOshikaの感想・評価

3.3
自業自得の監獄生活。
かなり脚色された実話とは言え
当時のトルコ刑務所の状況はリアリティに溢れ目を当てられない程。
鬼の所長がマジで鬼。
ラストではグッとくるものはあるけども
やっぱり自業自得…。
展開も見応えのあるシーンも多く、入り込んで観れる。緊張感もあって良い。トルコ語が多く字幕も出ないことでより「異国で罪を犯す」恐ろしさが伝わってくる。ただ、ビリーが魅力的であったり過去にガールフレンドに対して尽くしていたりするような描写がないため、ガールフレンドが気持ちを持ち続けたことには少し違和感を覚える。全体的にはおもしろい。

脱獄モノの名作。

とにかく異国で投獄されるという状況の恐ろしさを感じられる。
言葉もわからず、信用できる人も皆無。犯罪者への人権意識などまるでなく、環境は劣悪で、拷問は当たり前、囚人はゾンビのよう。

独特の音楽も、心拍数を底上げしてくる。

ただ主人公にまったく感情移入できず、あまりカタルシスを感じられなかったのが残念。
あんなにヤクを体に巻き付けてまさにテロ並の自爆っぷり。自業自得とクールに一刀両断されるのも分かる。でもどことなく若い時のカート・ラッセルに似たこの青年ビリーがカワイらしく見えてきてのちに可哀想になっていくというね。恋人との面会シーンは哀れで見てられなかったし、精神が蝕まれていくとこなんか。口は災いの元的舌切り雀の刑にはちょいチビった。先輩囚人マックス役のジョン・ハートは名演だったな。

獄中とはよく言ったものでまさに生き地獄。脱獄映画というより獄中映画ということで。今さらだけどトルコ政府からクレーム来なかったのだろうか?
ten47

ten47の感想・評価

2.8
なんでこんなものが名作扱いされるのか分からない
恋人が目の前にいるのに密輸で捕まるのはバカだし終始自業自得
そもそも収監された時はタバコ吸えてたし金も使えてたからそのまま大人しくしとけば良かった
Yoko

Yokoの感想・評価

-
もう一度見たいけど、ヘビー過ぎてなかなか手を出せない作品、その2。

レビューを読んで、自分がラストを勘違いしてたことに気づきました!そうか、そうだったのか。私の中では、トルコ=これになっちゃうくらい怖かった。
>|