パピヨンの作品情報・感想・評価・動画配信

「パピヨン」に投稿された感想・評価

WOWOW録画鑑賞
アンリ・シャリエールの原作・実話の映画化。リメイク版。

2017年米・セルビア・マルタ・モンテネグロ合作
監督 マイケル・ノアー
脚本 アーロン・グジコウスキ
原作 アンリ・シャリエール『パピヨン』『パピヨンは死なない』
主演 チャーリー・ハナム レミ・マレック ローランド・ムーラー トミー・フラナガン

1931年フランス・パリ
胸に蝶『パピヨン』の刺青をしていることからパピヨンと呼ばれる金庫破りの主人公(ハナム)は金庫破りの一仕事を終え恋人と過ごしていた。
組織に殺人の濡れ衣を着せられ南米ギアナの孤島の刑務所へ移送される。
護送船内で知り合った国債偽造犯ドガと知り合う。
大金を隠し持ったドガの警護を条件に脱獄に必要な資金を出すことで二人は次第に友情が芽生えてくる。
脱獄のチャンスを伺うパピヨン。
ある日、脱獄したが捕まる時に2人を殺した友人の死刑が執行される。執行後、死体運搬をさせられる2人だが、警備の隙を見てパピヨンは脱走するが・・・

独房へ懲罰として1年閉じ込められるところは、前作の方が悲惨さがあり、生きる為に虫を食するなど生への執念を見せつけられるシーンも無い。

パピヨン、ドガを演じた2人、ハナム、マレックの演技は良かったが、前作のスティーブ・マックィーンとダスティン・ホフマンの熱演は超えられなかったと思う。
マレックの特徴的な目は、どうしても絶望感を感じなかったのは残念。

本作品は、
映像が綺麗、ギロチンのシーンは少しグロい描写だが、他にはあまり残酷な場面は少ない為、刑務所の陰湿さ、悲惨さが薄い様に感じたが、2人の友情は前作同様に熱く描かれていた。

パピヨンが脱獄に成功してからのシーンがあり興味深く観られた。

どちらの作品も観比べて楽しんで下さい‼️
karen

karenの感想・評価

3.7
ラミマレック目当てで鑑賞。
あのスティーブンマクィーンのパピヨンのリメイク版らしいけれど、私にとってはこれが初鑑賞。

壮絶過ぎて、正直私には2回見る勇気はない。
あんな絶望的な状況の中でも諦めず突き動かすものって何だろう。
執念なのかな。
実話ベースということもあり目を塞ぎたくなるシーンも多々。
果たしてどこからどこまでが実話なのだろう。
neeko

neekoの感想・評価

4.0
ラミマレック目当てで鑑賞
無実の罪で終身刑を言い渡されたパピヨン。人権を無視した地獄のような刑務所から脱獄を繰り返す
これが実話かと思うくらい悲惨なシーンが続き独房シーンはこちらが発狂しそうなくらい絶望感を味わった
パピヨンの生に対する執着というか生命力がすごい
公開当時に鑑賞してずっと下書きに残っていたものを今更投稿。



今では監獄跡地として観光地になっており、フランス史上最悪と言われた悪魔島(デビルズアイランド)を流刑地として使っていた1930年代に、実際に服役していたアンリ・シャリエールの自伝が原作の脱獄劇。

自伝も、73年公開の同名作も未鑑賞。
鑑賞後に史実を調べてみたら、本作では登場人物の役目などを少し変えているらしいので、史実を正確に知りたい方は自伝を読んだ方がよさそうです。


盗みで稼ぎ、胸に蝶の刺青を入れていることからパピヨンと呼ばれるアンリ・シャリエールが、組織に嵌められ殺人の罪をなすりつけられ、無実の罪で悪魔島の監獄に収容されてしまい、悪魔島で出会った紙幣偽造の天才ドガと脱獄の計画を立てる。

しかし、脱獄に挑戦するも失敗を繰り返し、失敗する度に厳しい懲罰を受け、過酷な環境により仲間を失いつつも、残っている仲間を信じ、新たな計画を立て、自分も役割をこなし挑戦する。

パピヨンは殺人は無実とはいえ、普段から盗みはしているので、捕まるのは自業自得であり、脱獄というのも普通であれば容認できないことですが、13年間で9回もの脱獄に挑戦する意志の強さ、脱獄にかける男達の熱い物語に、途中からは成功を祈る想いで、計画の途中途中に起こるハプニングの度にハラハラし、自分も脱獄仲間になった気分を味わえてとても面白かったです。


パシフィック・リムで好きになったチャーリー・ハナム目当てで見ましたがめちゃくちゃカッコ良かったです。
nutaki

nutakiの感想・評価

3.3
あの『パピヨン』をリメイクですと?首を横に振ってあり得ないと思ったよ。だってあの名作、パピヨンはマックィーンですぞ。しかもアンリ・シャリエールの書いた自伝、実話だからそう変わった内容に出来るわけもなく‥。
リメイクするの?と思ったのは『太陽がいっぱい』の『リプリー』も!でもこれはリメイクではなかった。むしろこちらの方がパトリシア・ハイスミスの原作本に忠実だった。そして今はすっかり薄い毛のジュード・ロウがドロンには及ばないがイケメンで素敵!マット・デイモンも良かった。そして最近では『オリエント急行殺人事件』これはもうクリスティファンには多分論外だった😓でもこうして古い作品がリメイクされて新しい世代に観て貰えてそれをきっかけにオリジナルも観る、というのは良いことなのかも?と最近思って温かく見守っておりやす。
前置きなげーよ!でこちら作品、何でも73年版のファンも納得の出来だとか目にして、まあチラっと観るか、と。私としてはマックィーンのパピヨンが大好き、あの太陽を眩し気に見上げるあの渋い顔!太陽のようにギラギラして我が道を行くタフな男。最高過ぎる!小学生で『大脱走』で惚れて、一時期はポスターを天井に貼って悶々としていた我が愛しのお方♡ですもん。そしてあまり好きではないダスティン・ホフマンがこのドガでは素晴らしくて彼の出演作品の中では一番だと思ってる。
これをどうリメイクしようとも超えることは100パーないけど、どれだけ納得度が得られるのか、いざ!
パピヨンにチャーリー・ハナム。あれ?知らない俳優。ちょっと綺麗過ぎるな顔が。背も高くシュッとしてる。お坊ちゃんのようだ。雰囲気は悪くないが、個性がない。
ドガにレミ・マリック。メガネを掛けてもやっぱりフレディ。でもボラプの前にこの作品に出てるのね。顔はもちろん個性的だけど、演技は普通。
収監される前を描いたりしてるからか、尺が73年より短いせいか、独房内の汚い辛い日常や苦労があまり描かれていない。何もかもが結構キレイ。そして、この2人も最後のシーンまで、健康的で、やつれていない。ロクなもの食べてないはずなのに痩せていない。服もボロボロでないし。とってもきれいな囚人だ。リアルでないなあ。
とはいえ、悪くはない。73版とは比べなければ、これはこれで面白かった。
でも、どうなんだろう?ラストシーン。あれはやっぱりあのシーンで終わるのが良いよね。撮影秘話いわくつきのラストシーンが忘れられない。こちらは蛇足だな。
結論としては‥観なくても良かったかな。やっぱりマックィーンだわさ!
これを観たら、観たくなる、あのスティーヴ・マックィーンのパピヨンを。ただ長いので飛ばしながら観ようかな~。
swag

swagの感想・評価

4.0
ちょっと引くシーン多めでしたが、
実話が元の映画って容赦なく描いた方がインパクトに残るし、これから馬鹿げた映画ばかり見る人が出てきた時に、こういう映画って人にとって見る必要があるんじゃないかと感じました。


何度も見る勇気は私にはありませんが、
それくらい印象的で頭に残ります。


あと、一つ言わせてください。

主人公…イケメン。
ひでみ

ひでみの感想・評価

3.8
73年版のは?な点がいくつかあったけど、ストーリーが分かりやすくなってた気がする。
yuya

yuyaの感想・評価

3.8
パピとドガの友情にグッとくる。脱出のハラハラ感より人間ドラマの部分がしっかり描かれている印象。
実話ベースなの知らなくてビックリ。
きょう

きょうの感想・評価

3.9
無実の罪で投獄された男性が、仲間とともに自由を求めて脱獄を繰り返す。ボヘミアンラプソディのラミマレックの違った魅力も観れます。スティーブマックィーンとダスティンホフマンのバージョンも観てみたい。
凄い人。人間こんなに強くなれるんだね。到底普通の人には出来ない。

1973年版より先にこちらを鑑賞してしまったが、私はリメイク版の方が好きかな。ラミマレックやっぱり良いね。
>|