大脱走の作品情報・感想・評価

「大脱走」に投稿された感想・評価

ryodan

ryodanの感想・評価

5.0
2015-10-24

言わずと知れたハリウッド映画の傑作。すでに一人歩きしている有名なテーマ音楽。昔見たのが、中学生だったかな。完全に話にのめり込み、ハラハラドキドキしたもんです。今見てみると、結構無理がありました。どうだアメリカ至上主義みたいのが見え隠れして。ヤンキー魂全開のS・マックイーン。もう無茶するんだ。連合国対ナチスドイツ。誤解のないように言いたいですが、戦争なんですから善悪をつけるのは良くないです。映画の良くないところ、まぁ特にハリウッドだから仕方がないけどね。あ、あとちょっと男色っぽい演出。これは新しい発見でした。マックイーンのバイクアクションは、ホントカッコよかった。
s

sの感想・評価

4.3
脱走準備のシーン 何時間でも観れる気がする
ナチにしては緩いなとも思ったけど、コミカルだけどロマンたっぷり
mushikera

mushikeraの感想・評価

4.8
記念すべきレビュー200作品目㊗️

何にするかは、少し前から決めてました^_^

古い作品ながら、私の中では、今だに脱走ものの最高傑作と思っているこの作品👍


刑務所ではなくて、戦時中の捕虜収容所からの脱走劇です。

戦時中というのは、捕虜にされた後も、収容してる側(つまり敵側)の兵力・労力・資金等を消費させたり後方撹乱させ、少しでも前線を手薄にさせるために脱走する。というのには納得。

そしてこのお話は、脱走の常習犯を一箇所に集めて厳しく監視しようとしたが、脱走のスペシャリストが団結して、かってない規模の『大脱走』に挑むという内容なのだが、、、

とにかくスケールがスゴイ‼️

こんなスケールで、さらにドラマティックな手に汗握るストーリーが、なんと実話というのだから驚き😳😳


スティーブ・マックイーンは、ストーリーの中心に居たり居なかったりする感じだけど、シブくてカッコいい。存在感スゴイです^_^


戦時中の捕虜収容所が舞台ではあるが、重くるしい雰囲気はあまり感じさせません。耳慣れた軽快な音楽も心地良いし、3時間という長編作品ではあるが、長さは全く感じずに楽しめる作品です👌👌👌
Emiii

Emiiiの感想・評価

3.3
第二次世界大戦中のドイツのとある収容所。そこには脱走に長けている者たちが集まり、総勢250人の脱出計画を立てていた。
その方法は地下に3本のトンネルを掘り、木が生い茂るところまで到達させて脱出を図る。
しかし3本のうち2本は途中でバレてしまう。

いざ決行の夜。身勝手な行動する人間や停電など予想外のハプニングが続くがーーー。


群像劇であり、名作と言われる作品である。
群像劇にはつきものであるが登場人物を覚えきれず、途中まで中だるみな印象。
ただ、掘った土砂をどうするか問題のアイデアが秀逸。ひもでまとめて、翌日のおさんぽ時にそれとなくズボンのすきまから落とす。
のちの名作、『ショーシャンクの空に』でも使われている。
ノンフィクション作品であるから、まあクライマックスはそうなるよね、となんとなく。
これぞ映画、これぞエンターテーメント。
昔の映画はスケールでかいなぁ
168分という長さから、観るのに根気がいるかと思って手を出せずにいた作品。
結果、時間をほとんど感じさせないストーリー展開だった。
作戦を練って、役割を与えて、それを遂行し、そして無事に逃げられるのか?!というわかりやすい展開で、ドキドキしながら観られた。
ハチ

ハチの感想・評価

3.8
面白いんだけどとにかく長すぎる
スティーブマックイーンカッコよい
GTtrisた

GTtrisたの感想・評価

3.8
序盤誰が誰だかわからなくて「???」って感じで完全に古い映画アレルギーが出かけたけど、すぐに解消
キャラがすごく面白かったからかな?
結局終盤までこいつなんだっけ?とか、見分け付いてなかったキャラもいたけど。笑
とにかく主役の人がおもしろい
オーシャンズ250みたいなテンションで観れた
意味深な意外なラストに色々考えたけど…ノンフィクションだからか!笑
rikaz

rikazの感想・評価

4.6
スティーブマックイーンの格好良さが際立っており、この映画をキッカケに数多くみることになった作品。
脱出にワクワクし、音楽も素晴らしく、俳優陣も皆一癖ある最高のメンツだった。
sakapon

sakaponの感想・評価

4.3
子どもの頃TV映画で放映の度に観てました。小学生の時に、スティーブ・マックイーンがカッコよくて、この映画で映画ファンになった様な気がします。オープニングの曲からワクワクします。
>|