ワイルド・ワイルド・ウエストの作品情報・感想・評価

「ワイルド・ワイルド・ウエスト」に投稿された感想・評価

B級と聞いてゆるーく見てみたら、楽しいB級だった。私はけっこう好き。

西部劇も好きだし、スチームパンクも好きだし、合わせるとこんな風になるのか!

ゴードンの頭脳派なのにどこか抜けてる感じいいなぁw
shiori

shioriの感想・評価

2.0
内容全然覚えてないんだけど。日曜洋画劇場的なドタバタ映画。全然性格違うコンビが 成り行きで一緒になって… みたいなかんじだよね、たしか。
シズヲ

シズヲの感想・評価

3.4
世にも奇妙なトンデモ西部劇。リメイク作品らしいけどオリジナルは未視聴。スチームパンクの要素を取り入れてるだけあって奇想天外な珍兵器が幾つも登場する。ラッパ型補聴器にハイテク車椅子、クソデカ蜘蛛型ロボットなどの変態ガジェット達は絵的にも奇抜でインパクトに溢れている。このへんの美術は見ていて結構楽しい。カウボーイスタイルのウィル・スミスもカッコいいし、悪役のケネス・ブラナーのエキセントリックなキャラクターなんかも印象的。

ぶっ飛んだアイデアを売りにした単純なストーリーの割に何処か勢いに欠ける印象。話運びは粗雑でぼんやりとしていて、その影響で緩急も弱いので物語が進んでも盛り上がりに欠ける。ナンセンスなコメディー要素は嫌いではないけど、話を引っ張るほどのパワーは感じなかった(個人的には蜘蛛型ロボットが西部の町を破壊する無茶苦茶な絵面の方で一番笑った)。バディ要素も同監督の『メン・イン・ブラック』程の魅力ではないし、ヒロインの存在意義も殆ど見当たらないんだよな。

それでもトンでもガジェットが飛び出す奇天烈な世界観そのものは何だかんだで面白い。ストーリーも薄味とはいえ娯楽作としてはまあ気楽に見れる。ガジェットの魅力にワクワクしつつ、適当になんかつまみながらノンビリ見るのが正しい楽しみ方かもしれない。どっちにしろ珍作感はあるけど微妙に憎めない、金かけて作ってそうなのに何となくB級っぽい、そんな奇妙な映画だ。エンディングで流れるウィル・スミス熱唱の主題歌はめちゃくちゃ好き。
yamashit

yamashitの感想・評価

3.0
あんまり覚えてないけど、首にシャンプーハットみたいなのを付けてたのはなんとなく覚えている。
めっちゃ評価低いけどめっちゃ楽しいじゃないですか。めっちゃ「めっちゃ」言ってますけどそういうIQ下がる感じの楽しい映画なんですよ!正反対のバディ物で、ウェスタンとスチームパンクの混ざった美術に関してなど、ツボる人はツボる映画だと思います。
Haruka823

Haruka823の感想・評価

2.0
SFウエスタンって感じの新しいジャンル。ウィル・スミスがだからこそって感じだった。
Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.1
ウィル・スミスのコメディ・センスとサルマ・ハエックのお色気を見るためだけの映画。ああ、アホらしくて楽しい。

これ、LA行く途中の飛行機の中で観て、下の字幕が中国語で、「血みどろ将軍」が「血浴将軍」となってて「気持ち悪いな~汗」と思ったことだけ覚えてる。あと、当時は「メン・イン・ブラック」に引き続き、ウィル・スミスの映画のタイトル・ラップから映画が始まって、それがやたらカッコよかった事だけ記憶にある。
犬

犬の感想・評価

3.3
砂漠

時は西部開拓時代
連邦特別捜査官ジム・ウェストは、“流血将軍”の異名を取るマグラス将軍を追いかけていた
もう少しで逮捕できるところを、同じく連邦保安官のゴードンのせいで取り逃がしてしまう
その後2人は、合衆国の命を受けてマグラス将軍の背後にいるラブレス博士を逮捕するためコンビを組むことになる

大コケ

ふざけすぎ
半ケツとか首輪とか

期待しない方が良いと思う

何も考えずに見れます
微妙に笑える

女装が多い

俳優陣は好きです
いおん

いおんの感想・評価

3.6
ウィルスミス!
端々が面白い、網膜とか、首輪とか、上半身車椅子とかカッコよすぎじゃん!
一応バディもの?お決まりのジョークもあり嬉しい
TAKUTO

TAKUTOの感想・評価

3.5
ぶっとんだ西部劇。
ストーリーも一本道で、コメディ要素もあり、気楽に観れます。
なにより、ウィル・スミスが西部劇でガンマンなのがかっこいい。
>|