俺たちホームズ&ワトソンの作品情報・感想・評価・動画配信

「俺たちホームズ&ワトソン」に投稿された感想・評価

この作品をラジー賞に選ぶなんて全くセンス無さすぎ
マジでびっくりするほどつまらない!
ギャグの上滑りが痛い

最初から最後まで一個も面白いところがなかった映画にめぐりあってしまった

なんかおバカ映画として突っ込めるならいいけどただ苦痛なギャグを見せられて全くダメだった

ラジー賞って壮大に外しちゃった作品へのシャレが効いてる賞かと思ったんだけどホントにつまらない映画に与えないでくれ
nana

nanaの感想・評価

2.8
なんだこれは…
下品なコメディかな。
後半いきなり歌い出して驚いた。
そして猫に育てられた子の声の低さに驚き。
片手間で見るくらいが丁度いいかも。
Meg

Megの感想・評価

1.3
ヒュー・ローリーとケリー・マクドナルドが出ていました。

ワトソンで2回くらい笑った。
この手のコメディで笑ったことないから、2回「も」笑えたということは私に合っていると思う。
kid

kidの感想・評価

2.5
なんでウィル・フェレルのコメディの邦題は毎回 “俺たち” ってつくんだろう

今作もおかしかったですー!
あっはっはの連続
くだらないのって大好き

女王殺しの隠蔽の仕方😂
不敬罪じゃん

ミリー初めて声出したと思ったらめっちゃいい声だった
naokit

naokitの感想・評価

3.0
ウィル・フェレルとジョン・C・ライリーのコンビが、相変わらずワチャワチャしていますが、今作はハマりませんでした…「ステップ・ブラザース」はオモロかったのに、残念。(~_~;)
わかっちゃいますが、やはり出演者同じでも脚本や演出でハッキリ違いがですものですね…同じ様なおバカでお下品な作品でも、キレや爆発力に大きな差を感じました。勝手にハードル上げ過ぎてた自分が悪いのか、或いは単に好みの差なんすかね。グスン(T ^ T)
ゆん汰

ゆん汰の感想・評価

2.8
冒頭のテロップが、偉人の言葉かと思ったらハンナモンタナからの引用で笑った。

でも正直、そこがピークだったかなー、ウィル・フェレルとジョン・C・ライリーのコンビは素晴らしいんだけど、くだらなさが結構きつい。

下ネタやしょうもないコメディのオンパレードでかなりもったいなかったなぁ。

ホームズとワトソンに、宿敵モリアーティ教授が女王暗殺を画策してるという内容の手紙が届いて事件を解決するために奔走する2人だけど、事件はマジでどうでもいい。
僕はウィル・フェレルとジョン・C・ライリーがいちゃついてるのを見たいだけだから、マジでどうでもいい。

タラデガ・ナイトとステップ・ブラザーズ同様、お互い大好き同士のくせにいつも通り相手といがみ合ってライリーを窮地に追い込むウィル・フェレル。
ラジー賞四冠も納得のくだらなさだけど、たぶんウィル・フェレルとジョン・C・ライリーのふたりにはどんな賞よりも価値があるものなんだろうなと思う。

ローレン・ラップカスも出てきて、相変わらず絶妙に変な役。
いろんな映画のオマージュまでして、全てを台無しにする感じ。
色んなところに怒られても仕方ない。

冒頭の格言の引用で開始3秒で爆笑した。

The Herbaliser / Just Won't Stop
Dub Pistols Feat. MC Navigator / London Calling
とり

とりの感想・評価

3.0
ウィルフィレルがシャーロック!!と。
今までロバートダウニーJr.のシャーロックホームズしか見たことないので比べられるのはそれだけですが、別物として見た方が楽しめるかなw
パロディ?とまではいかないけれど。

グルメトリップ好きとしては、スティーヴクーガンと、ロブブライドンに大興奮ww
ロブブライドンが小さいのか、ウィルフィレルでか!!と思ったw

そして、僕のミッシーの、ミッシー!!!w
今回もまぁ、可笑しな役でw

急なミュージカルww
最近は、こういう終盤に急にミュージカル入れてくるのが流行っているのでしょうか?

シャーロックが脳内で数式とか考えるシーン好きで、今回もそういうシーンあったのですが、結局その通りにはならずw

下ネタひどいかなーとは思ったけど、個人的にはまぁまぁ面白かったw
ウィルフィレル好き、ステップブラザーズコンビ好きには是非w

玉ねぎ丸ごと生で食べちゃうシーンは、おぅ…となりますw

2020/196
1881年ロンドン
従軍したアフガン戦争で脚をやられ、人生に絶望した医師ジョン・ワトソンは屋根から飛び降りようとしていた
そこの真下で畑の手入れをしていた探偵シャーロック・ホームズは、野菜を潰されないように別の方法で死ぬことを提案する
しかし上手く声が届かず、ワトソンは自分が励まされているように勘違いして自殺を止めるが脚を滑らせて落下、何とか野菜をクッションに助かるのだった
運命的な出会いを果たした2人はそれ以来 様々な事件を相手に活躍し、大英帝国を揺るがす大犯罪者ジェームズ・モリアーティ教授を逮捕する
モリアーティの裁判の日、法廷は揺れていた
何故か証言をするはずの証人は皆 殺されたか行方不明になっていたのだ
このままではモリアーティは無罪になってしまうと考え、誰もがホームズの登場を待ちわびていた
しかしその頃ホームズは、自宅でどうしたらカッコいい登場ができるかをワトソンと議論をしていた
そこにホームズ宛の小包を持ったハドソン夫人が現れる
中には蚊が1匹入っていたが、ホームズはそれが伝染病を持っていると主張して大騒ぎ
退治しようとした2人は誤って保管していた殺人蜂を解き放ってしまい、辛くも窓から飛び降りて助かるのだった
2人はそのまま大遅刻の末に法廷へたどり着くと、ホームズは独自の推理を披露する
彼は事件現場に残された指紋が、モリアーティにしては余りに稚拙に残されていることを指摘
ここにいるモリアーティの正体は、替え玉のマスグレーヴという男であり、本人はアメリカへ逃亡したと見抜くのだった
事件を担当していたレストレード警部はモリアーティへ迫れる手がかりとなる男を釈放することになると、ホームズの推理を非難するが、ホームズはそのまま無罪を主張し、マスグレーヴは自由の身となってしまう
しばらくして、宿敵を失ったことで悲観に暮れるホームズの元に一通の手紙が届く
ホームズは高貴な出の者が送ったと推測するが、その通りそれはヴィクトリア女王からの招待状だった
女王に謁見したホームズは、興奮した様子のワトソンをなだめながら要件を聴くが、実は警察関係者なども含めたホームズの誕生日パーティーのサプライズが待っていた
大喜びのホームズは、用意された巨大なケーキにナイフを入れるが、なかなか刃が通らない
ワトソンにも協力してもらいながら無理やり刃を入れると、中から男の死体が飛び出して来るのだった
レストレードは彼がモリアーティの裁判で証言するはずだったグルーバーだと断定
その手には、4日以内に事件を解決しなければ女王の命はないというモリアーティからの手紙が握らされていた
ホームズとワトソンは、復活を果たしたモリアーティから女王を守るため、新たな事件に挑むが・・・



シャーロック ・ホームズを題材にしたコメディ映画

名探偵、まさかのコメディ化
ホームズをウィル・フェレル、ワトソンをジョン・C・ライリーが演じるという出オチ
聞く人が聞いたら製作者が滝壺行きになりそうな内容を映像化してしまった作品

どう考えても薬やってるよりヤバいホームズなのに、相方のワトソンも猿にしては賢い程度の知能という有様なので、ロクなことが起こるはずがない
ツッコミ不在の主演陣を前に、ミステリーが脆くもカオスとなっていくのを楽しむタイプの映画
しょうもないギャグに、お茶の間を凍らせる下ネタ、モラルが薬でぶっ飛んだ不謹慎さもあって、相変わらずの暴走具合
素直に笑えるはずはないけど、あまりに馬鹿馬鹿しすぎて変な笑いが出る

案の定というかラジー賞4冠に輝く(不)名誉を授かっている
褒めるところといえば、何故か出演してるレイフ・ファインズがカッコいいモリアーティを演じてるくらい
もはや小ネタやあちこちの描写に至るまで、世界的名作に唾を吐いて踏みつけながら「リスペクトです」と叫んでいるようなものなので、真のシャーロキアンにはオススメできない
この手の映画を観るためには、パロディやパスティーシュのホームズ譚を許容できる広い心が必要なのだ、友よ
シャーロキアン諸兄には、公共の利益のために死を受け入れたりしないようにしてほしい
torakoa

torakoaの感想・評価

1.5
これはどうしたことか。ジョン・C・ライリーとノア・ジュプくんが出てる!とわくわくして借りたのだけど、驚くほど面白くなかった。才能の無駄遣いというか何というか。いい役者なんだから堪能させてくれよもー。
>|