シャンハイ・ヌーンの作品情報・感想・評価

「シャンハイ・ヌーン」に投稿された感想・評価

好き!これ好き~♡
ジャッキースマイルいっぱいの素敵な作品だった!!!

弁髪に宮廷衣装なチャイナVer.とロン毛にカウボーイ衣装なウェスタンVer.、どっちのジャッキー様も似合ってて超カッコイイ!あのコスプレ感たまんなかった~♡

わりと長めの入浴中のシーンは一つの大きな見せ場だね。2人のおかしな掛け合いに大爆笑だったなぁwww 酒場の大乱闘ファイトも笑えまくる。ほんと最高だったよ!大傑作!

他のシーンでもチョイチョイ可笑しくて爆笑して見てた。私なんかオーウェンさんの初登場シーンから笑いが止まらなくなったもん!だから「この作品はイケるぞ♪」って確信が持てた(笑)

全体的にゆる~い雰囲気が漂う作風なのが凄く気に入ったんだよね♪なんか地球に優しい感じがした。相棒役のオーウェンさんの持つ独特のアンニュイさ?のおかげもあるかも。

あと、広々と続く絶景アメリカの大自然!カントリー風なけだるさがとっても心地が良い。インディアンにウェルカムされちゃうジャッキー様も大好きすぎる。原住民にとけ込む彼を見ていると平和を感じるんだ。

長槍、三節棍を手に持ってバトルするジャッキー様のお姿に身震い!!超興奮した~!あんなカンフー映画さながらのファイトがあるなんて~!それだけでポイント高し*☆

他にもロープを巧みに操るアクションも凄かった!そうやって今まで見たことのない新しいジャッキー様に会えて嬉しい。

相変わらずのおとぼけ具合もなんとも微笑ましくて可愛いし、強くて優しく内面的柔軟性のある彼らしい役どころも凄く良い。

おなじみのエンディングNGも最高!!ルーシーさんとじゃれあうジャッキー様が極上に愛しすぎて悶えまくった!!!なんだあれ~♡超かわいい♡キャピキャピ

笑い、アクション、ストーリー、登場人物、題材、雰囲気、感動、と色々バランスのとれた良作なんじゃないかな。ラストもほっこり♪

文章で並べられない程、見どころ満載!!!

めちゃめちゃ楽しかった♪
私はかなり好きだぁぁああ♡♡♡

*☆Keyword*☆
『Let's ウノ・マ~ス!!!!?』
shiori

shioriの感想・評価

3.0
オーウェン・ウィルソンもわりとよく見てるかも。 ジャッキーのアクション、中学生の時から好きなんです☆見てて気持ちいいから。
ヌーン&ナイト安かったからポチったよシリーズ♪

懐かしいですねぇ~
これでオーウェン・ウィルソンを知った…
と思っていたけど『ホーンティング』が先でしたw

ジャッキー・チェンも若くてピチピチで、調度良いコミカルアクション!
ルーシー・リューも可愛い(〃∇〃)



1881年。
中国のペペ姫(ルーシー・リュー)が拐われた。
犯人は、アメリカのカーソン・シティでの身代金受け渡しを要求。

近衛兵チョン(ジャッキー・チェン)は、途中出会ったならず者ロイ(オーウェン・ウィルソン)と共に、姫奪回に向かうのだが……



安定のNG集あり♪
これがあると安心するなぁ~w

中国、西部劇、インディアン…と散らかしてる感はありますが、ジャッキーのアクションで上手くまとまってますね!

ラストのボス戦は凝ってるし迫力もあり☆

射撃の下手過ぎるオーウェンもウケる(笑)
インディアン族長の娘の万能さも良い!

あとはとにかくアホ展開ですね( ´∀`)

小便布で脱獄したり、馬が言うこと聞かなかったり…
お風呂でイチャイチャするジャッキーとオーウェンが最高でした♪

アクションとコメディの配分が調度良い、さくっと楽しめるシリーズ☆
yamashit

yamashitの感想・評価

3.0
ジャッキー・チェンとオーウェン・ウィルソンという異色の組み合わせなアクション映画。ジャッキー節全開。
ニニ

ニニの感想・評価

3.5
私がオーウェン・ウィルソンが出てるだけで可笑しくなっちゃう病になったのは、絶対この映画のせい。
ジャッキーのせい。
bopapa

bopapaの感想・評価

3.0
2018年 74本目 ジャッキー映画は基本長くなる。

ひっさしぶりに観直した!単純なアクションコメディーですね、安心して楽しめます!主役2人の名前設定にかなりの無理がありますが(本名はワイアット・アープなんだ、とかチョン・イェンでジョン・ウェインとか)、そんなの抜きにして楽しい映画でした。


ジャッキーだけでなくジェット・リーやドニー・イェンなんかもそうですがハリウッド作品の時は向こうのスタントとスピードの感覚が違い過ぎるらしく、ハリウッド作品の時はひとつひとつの動きのスピードを抑えていると聞いた事があります(普段の動きそのままにやると速すぎてスタントがついてこれないのだとか)。

確かに、香港映画のジャッキーとハリウッドのジャッキーだとコマ落とししてるとか以前のレベルでスピード感が違うように感じるんですよね。

なのでアクションとしてはそんなに面白い発見は無かったのですが、オーウェン・ウィルソンとのコンビはかなり良いですよね、どちらも適当という。適当野郎コンビなので全部がユル〜いから何だか笑ってしまうという。

あれだけ銃の腕前ヘタ設定なのにラストの教会でのあのマグレ勝ちとか、全体に主人公補正が激ヤバなのですが、ジャッキー映画だから別にそれでも良いじゃん!と思ってしまうのですよ、ジャッキーファンとしては。

ともかく力技で強引なハッピーエンドに持っていく映画、まあ楽しいし素敵ですよ。
このコンビ、面白くないわけがない!
更にルーシー・リウ。そばかすが可愛いんだよね。

ジャッキー節のウエスタン版。アクションも相変わらず爽快で言うことなし!
Akiko

Akikoの感想・評価

3.4
こっちも久しぶりにみた!

チョンとロイの友情がよくわかる!
いいコンビ!

この頃のオーウェン好きだなぁ
これ見て初めて気づいたけどオーウェンって左利き?なのかな?

インディアンのジャッキーの嫁役の子美人さんやった
c

cの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

オーウェン・ウィルソンいいキャラ
ルーシー・リュー若い
インディアン役の女の人かわいい

サタデーシアター 吹き替え 録画
竜平

竜平の感想・評価

4.0
時は1881年。ひょんなことからアメリカへ連れ去られてしまう中国の王女を救うべく、国籍も文化も考え方も異なる二人がこれまたひょんなことからタッグを組み奮闘する、ジャッキー・チェン印のアクションエンターテイメント。
ジャッキーの持ち味であるコミカルで軽快で爽快なカンフーアクションは相変わらずで、今回の舞台はウエスタン。まぁ言うなれば『ラッシュアワー』の西部劇版、といったところ。それぞれちゃんと得意分野がありつつ、お互いの出来ることで出来ないことを補い合う、これぞ凸凹コンビという感じ。オーウェン・ウィルソン演じる腑抜けキャラのならず者ロイ、容姿から何からハマりまくり。そしてジャッキー、中盤の何あのロープと鉄の重りみたいなので作る即席の武器、かっこよすぎるだろ。公開当初、まだ少年だった頃に真似してロープ振り回してたのを思い出した。ここだけでも見る価値あり、と個人的には思うほど。今作での長髪を活かした立ち回りも華麗で素晴らしいし、インディアンが出てきたり悪徳保安官が絡んできたりの飽きさせない展開も非常にグッド。
ジャッキー好きはマストで、あとはアクション好きや息抜きしたい人にも最適な娯楽作。西部劇好きにはちょっといろいろつっこまれそう。この作品においては、そーゆー細かい部分は気にするべからず。
>|