ザ・コンヴェントの作品情報・感想・評価

「ザ・コンヴェント」に投稿された感想・評価

監督の「殺人狂 THE GUNS & KILLERS」が好きなので鑑賞
ライフルでぶち抜かれて飛び散る蛍光血しぶき!
ホラーコメディで描かれる
斬新でポップなゾンビとの闘い。
序盤のシーンはカッコよくて好き。
犬も中々可愛かった。


◇◇あらすじはコメント欄記載◇◇
おいおい…ってなった作品。悪い意味で。色々雑すぎて…。話のネタにはなったかな。
あぁ、なんて可愛い映画なんだろう!

ホラー映画なのに面白くて、
ゲラゲラ笑えはしないけど、
フフッと笑えてしまう映画。

色合いがホラーなのにちょいポップで、
クール過ぎず可愛過ぎず、怖くなく。

癒される映画でした。

エンドロールの曲がまたいい
riekon

riekonの感想・評価

2.0
ゾンビ映画なのに可笑しくて笑っちゃいました。
蛍光&音楽&チープさがいいね。
アホな若者達が心霊スポットに入り込みひゃっはーしたあげくゾンビに襲われる定番B級ホラー。

バイクに跨がるシスターのパッケージデザインが良い。
しかしそんなシーンは無かった気がする(アルバトロストラップ)
 
蛍光ゾンビが登場。
初め何かの間違いかと思った 笑
カラフルポップ。

一応ちゃんとしてるのと、ぬるーい笑いとテンポもそんなに悪くないので、だらだらと宅呑みしながら見るのに丁度良いおバカB級ゾンビホラー。

若い時分のクーリオが出演(早々に退場)しているのが個人的に更にウケた。
まぁ、そんなに悪くなかったような…うる覚え(笑)。
まず、このパッケージを見て思わず手に取ってしまった。
物語は一人の少女がショットガンとバットを持って修道院に現れるところから始まる。
少女は修道院にいたシスターや神官を殺しまくったあげく、ガソリンをまいて放火した。

時は流れて現代。
修道院の事件は「妊娠した少女が無理やり修道院で堕胎され、復讐のために皆殺しにした」的な都市伝説になっていた。

スッカり心霊スポットとなった修道院。
今日も馬鹿な大学生たちがやってくる。
しかし、修道院にいたのは彼らだけではなかった。
オカルトマニアの4人組が悪魔を召喚する儀式を行っていたのであった。

儀式自体はお粗末であったが、なぜが悪魔の召喚に成功。
そして悪魔が彼らを襲うのであった。

・・・・的な作品。

パッケージのクレイジーな感じが良かった。
尼さんとバイクの相性がこんなにいいとは思わなかった。

本編は過去の話もしっかり盛り込んでくるあたり、結構好みだった。
kaspar

kasparの感想・評価

4.5
2010.1.7
※オススメではありません。
マイク・メンデス監督の処女作にして最高傑作(個人的にね)のスーパーナチュラルバカ映画っす。
なんつってもナチュラルにバカなのがイイッスね!
最近のB級映画って、狙ってB級っぽく撮ってそれが評価される傾向にあるけど、この監督は単純にええ映画をとろーとして、結局バカになってる感じなんよね・・・
例えば、特に何の理由付けもなく、意味無くカクカクッカクッってゾンビが動いたり、意味無くゾンビの血が蛍光塗料で光ったり・・・
こんなあほな発想どこから出てくんの?←褒めてます
絶対にナチュラルにアホっしょ!?←褒めてます
エイドリアン・バーボー(←元カーペンター夫人やねー)をキャスティングするぐらいやから、監督はそーとーなホラー映画マニアやとは思うけど・・・こやつは元々の感性からいってもーてるわなー
この映画はどこがどう面白いとかゆーてもしゃーないんで、youtubeででもトレイラー観てみて、興味がある人だけ観てみてください!
ちなみに、自分は初めて観たときは、腹抱えて転げまわって笑いやした!
Nekubo

Nekuboの感想・評価

3.5
『デモンズ』へのオマージュを捧げたであろう、おバカなゾンビ映画。蛍光色のゾンビが出てきます笑

途中から出てくる悪魔崇拝のお兄さんが無駄に声高くて笑える。まぁ、全体的にコメディ。

テンポ良いし、ノリも良いから気軽に見れるゾンビ映画ですよ。おすすめ♪
思ってたより全然ちゃんとしてた
面白いかといえば微妙やけど
童貞がゲイの童貞に襲われるシーンとか
最後のワンコロのくだりとか
所々楽しめるシーンもある

ロバート・ロドリゲスが監督してたら面白くなったかもなぁ
そしたらフロム・ダスク・ティル・ドーンの後半と大差ないか?
>|