ゴーストキラーズ 血塗られた少女の謎の作品情報・感想・評価・動画配信

「ゴーストキラーズ 血塗られた少女の謎」に投稿された感想・評価

血みどろのゴーストバスターズ。

再生数が伸びないYouTuberが本物の霊で再生数稼ぐ話。
霊のモチーフも日本でいう花子さんで、トイレの霊も世界共通なんだなって思った。

最初の事件からぶっ飛んだ血の量でそれは最後まで続く。
だが、話のテンポが悪くなって、もうなんでもありの下ネタ合戦になっている。

設定自体は悪くないのだが、キャラクターの掘り下げが弱かったし、展開も同じようなパターンだったのが良くなかった。
月

月の感想・評価

1.9
10月8日金曜日夜、ベッドに寝っ転がって鑑賞
獅子男〜〜〜〜〜✊✊!!
サイコーだったよ、バスター笑笑😂✨✨!!あの一打でノリにノッた西武打線爆発1挙4点……永遠に終わらない1塁3塁大好き過ぎて失神するかと思ったものね。消化試合とか誰が言ったんだ……!バカヤローー!!来年に繋がるからいい……っていうか普通に勝つと嬉しいからいいんだよーーー!!!

ハイテンションなYouTuber集団が学園を舞台に血みどろの戦いを展開
一攫千金を夢見るYouTuber集団と都市伝説“ブラッディ・メアリー”の対決を描いたホラーアクション。血まみれ、首切り、不気味な胎児など、独創的なグロ映像が目白押しだ。
豊富な専門知識と過剰な“やらせ”で心霊現象を調査&アップするYouTuber集団、ゴースト・キラーズ。ある日、彼らのもとに学園から心霊調査の依頼が舞い込む。いつものように軽いノリで現場に向かう一行だったが、そこには想像以上の恐怖が待ち受けていた。

おもしろかった〜🤣😂👏✨✨!
胡散臭さ&しみったれ度100%!!ゴーストキラーズが立ち向かうは学校の怪談……👻😱!
血塗れだわ死体を食うわうんこは垂れるわセックスはするわでなかなかの絵面の汚さなのだけれど😂✨、なんだか微妙にナンセンス映画にならないというか笑笑😂!!コメディの質が基本的になんか小学生が笑える系というか、友情も基盤になっているので(言うほどなってるか?)安心して爆笑しながら見られました〜😂✨!
ひとつひとつのユーモアが凄いツボで楽しかったのもあるし、凄くシンプルな構成なのだけれど個人的にはまったくだれず、ストーリーも意外としっかりしていてちゃんと見応えがありました☺️☺️✨!!たのしかった〜っ😂✨!
ただ欲を言えば美術室と音楽室にも言って欲しかったかな笑笑🥴🤣✨!トイレや階段と併せてテッパンなのは日本限定なのかな😂?

絶望のサノス

"何も起きない映像ってなかなか腹が立つでしょ?"
ムル

ムルの感想・評価

-
血塗れぐっしゃーだけど全然怖くないよ❣️
お下品めなホラーコメディでした💩
19

19の感想・評価

1.8
ホラーコメディ…全然怖くないし面白くないし。
バカが学校の中を逃げ回る。
途中で「もぅいいよ」ってなった。
ゴア映画。

前から気になっていたので。
長いこと観たい観たい思っていた割に、予想の数倍しょうもなかった。

ウンチやら精◯やら血やら飛び出すゴアキモ描写たちはイケてたけど、肝心の敵のビジュアルが安っぽい。
キャラクターたちもテンプレ野郎ばっかだし、基本的に暗い学校をバケモノ退治しながらうろちょろするだけなんで、画面に華がない。
コメディの中心がハンター達のくだらない会話なんだけど、制作陣がこれを面白いと感じたのか怪しいほどつまらない。ブラックジョークにもパンチ力がない。

極め付けラスト。エンドロールでしょうもないことするな。
すごくよかった。
けっこうしっかり作ってる!
緩急もちゃんとあってCGもグロ描写も良い。
巨乳先生があっさりだったのが意外。
そしてみんなしっかり痛い。
ラストのラストは意外。
ラストのラストのラストは最悪で最高。
また観る。
食事中には観てはいけない汚さ全開ホラーコメディでした。
ゴールデンな時間帯にレビューは危険なので、深夜帯ならオッケーかなと思いこの時間に。
終始かなりハチャメチャな展開でしたよ。
もう血みどろなのか、汚物なのか分からないくらいに身体中○○まみれな。
色々汚かったです。
気持ち悪い胎児とのバトルは一番笑いました。
ホラーよりもコメディ要素が強いため、何も考えずに笑えて楽しめる作品でした。

このレビューはネタバレを含みます

コメディホラーのテイで進んでいくけど恐怖シーンは結構真面目に作られてた。

それに心霊系ではなく憑依系のためゴアシーンが気合入りまくっていて(下劣なシーンも多かったにしろ)とても見応えあった。

「こんなの20分で終わったじゃねーかよ!」の通り、あと10分くらい短くてもいいような気もするけど、緩急つけた展開に最後まで面白く観られた。
ただ前述の通り下劣な場面やコメディ部分も結構人を選ぶので注意は必要(笑)
まちゅ

まちゅの感想・評価

3.7
グチャグチャ血みどろおまけに激キタナイ
なのにPOPで小ネタ盛り盛りちょっぴり怖み
これ嫌いじゃないのです。そう....好きなのです(小声) (´◠ω◠`)ニコッ
(お父さんお母さんこんな娘でごめんなさいpart2)

ブラジル映画って絵面がグチャグチャになりがちなものが多い気がしますが癖になりません?
好みは別れると思いますが。

今作は、血みどろでグロみもありますが
コメディーチックな掛け合いがクスリと笑えて
終わりの終わりまで楽しむことが出来ます(´>؂∂`)☆
(エンドロール後も見事にやられてます)

ブラッディー・メアリーが思いの外
色んなものに憑依しすぎて驚くのと、
クライマックスなのにバールでガシガシ目を
くり出すの逆にコワッ( •︠ˍ•︡ )

本当に好みが別れると思う作風なので
初めて会う人にこの作品が好みな方とは言えませんが、
逆に初めて会った人がこの作品が好みだと言って
いたら好感を持ってしまいそうな気さえします♡
まぁ...そもそも初めて会った人にこの作品の話を
する事はありませんね( ´_ゝ`)
これもブラジル映画の特徴といってしまえばそれまでなのですが、グチョグチョだったりドロドロだったりと終始絵面が非常に汚いです
それに加えてところどころという言葉ではおさまりきらないほど詰め込まれたギャグや不謹慎な小ネタの数々のせいで一部のマニアや好事家以外には支持されず点数を落としているかと思います

例えば胎児の標本が襲ってくるシーンでは小便をかけるどころか、ご丁寧にちんこをしごいてから精子と思しき液体を顔にかけてくるなど、良識と常識をお持ちの方々の逆鱗に触れること間違いない行為が満載です
とはいえ下品で不謹慎な掛け合いこそが魅力の一つでもあり、“ブラッディ・メアリー”という幽霊の過去のいきさつを聞いた主人公の最初の一言「よし、じゃあ殺そう」や“ブラッディ・メアリー”と相対した際に言われた「少女に負けてもいいの?」に対する返答「さっきは胎児にも負けた」などのやり取り、校長や教員が亡くなったことを生徒たちに告げた時の大歓声など緊張したシーンだろうと関係なくぶっこんでくるセリフや小ネタの数々は好きな方にはドハマリするだろうなと思います

まっとうなホラーではないため恐さは全くありませんしストーリーにも奥深さはありませんが、グチョグチョでドロドロで顔射が好きな方にはオススメします
生前の“ブラッディ・メアリー”がかわいい幼女というのも好ポイント
>|

あなたにおすすめの記事