オーガズモの作品情報・感想・評価

「オーガズモ」に投稿された感想・評価

しか

しかの感想・評価

-
意外と真っ当な映画でジョークも控えめだったので途中で意識が飛んでしまった。

サイドキックの男の子の声にいちじるしく聞き覚えがあるぞ
ポルノ版スーパーヒーロー。
必殺技は絶頂ビーム。
相棒はおちんぽロケットを使う。
レンタルに無いから買ってしまった。トレイマットはまた顔出しでこういうの作って欲しいな。カンニバルミュージカルで見かけた役者だらけだった。チン坊が「ジーザス!」と言うたびトレイが「えっどこ!」と言うのがウケた
モルモン教徒の布教をする男が、誤ってAV撮影現場に布教をしてしまい、なんやかんやでAV男優になる話。アホすぎて所々で笑える。宗教をネタにした映画を作るのってすんごい勇気がいることだよなあ。意外と直接的なエロシーンが少ないことには驚いた(下ネタはまあまあ多め)。
サウスパークハマる前に観たけどこの感想はハマったあとに書いております。
モルモン教がAV男優になるというギリギリアウトな話。トレイはモルモンの本も出してるしサウスパークでモルモン教のエピソードがあるしどんなけモルモン好きやねん。
コロラドの大学時代からの友人ディアンがチン坊とかいう頭にディルドをつけたイカシたキャラ。正直トレイ&マットの映画の中で大体いつもディアンが一番輝いてる。
ザーメン大王はマジモンのポルノスターでもはや本物のザーメン大王らしい。すげえ。
DTAK

DTAKの感想・評価

2.0
【ネタとして一度は観てみるのをオススメする】
この下ネタドラえもんの道具を手に入れ、通行人に片っ端から試すシーンが抱腹絶倒。そして最後のライバルの誕生がクソ面白い。
敬虔なモルモン教徒がひょんなことからAV男優になってさあ大変

品性下劣で面白かった
Javier

Javierの感想・評価

3.6
バカ映画の教科書。
いや、バカ映画の名作。
本当にくだらない。
設定もモルモンdis的で、ジャパンリスペクト?有り、Japanese Pスターも出演。
まさに最高峰のバカ映画。

個人的には憧れのスターのジュリー・アシュトンが出演しているので大満足。

DVD輸入したくなる作品かな。
トレイパーカーにときめきB級映画
彼の若く輝いてる時が記録に残っててよかった…と映画というメディアに感謝
B級でチープだけど飽きない
今見るとブックオブモルモンの片鱗がある
テーマ曲の翻訳がなかなかにひどい
「変態は良い、ただし暴力はダメ!」っていう、リベラル極まりない映画でした。『チーム・アメリカ』もそうだったけど、どんなゲスいことやってても根底に優しさがあるよなあ。
>|