空想科学任侠伝 極道忍者ドス竜の作品情報・感想・評価

空想科学任侠伝 極道忍者ドス竜1990年製作の映画)

製作国:

上映時間:70分

2.9

「空想科学任侠伝 極道忍者ドス竜」に投稿された感想・評価

大槻ケンヂファン DVD出てたんだ!しかも海外製 パッケージがカッコイイな笑 昔VHSのレンタル落ちを一万でこうたのに、、、
青二歳

青二歳の感想・評価

3.0
珍Vシネ。何故アニメweekを中断してコレかというと…記念すべき2112作目だから٩( 'ω' )وそれはみんなの友達ドラえもんの生まれ年だから(´,,・ω・,,`)
で、今作はなんと藤子F不二雄先生が出てるから✧ \\(°∀°)// ✧更に言うと永井豪が監督✧ \\(°∀°)// ✧おまけに主演はオーケン✧ \\(°∀°)// ✧

F先生だけじゃなくて、他もワラワラと永井豪人脈なのか沢山。カメオ出演のゲスト達ってば、まー人相悪くてまーガラの悪いこと。A先生が闇をさらけ出しても萌えるだけですよ、でもね、F先生のこれは怖いですよ。子供の頃からドラえもんの作者として親しんできたあの笑顔はなんだったの!?と恐怖でおののきましたよ…
「いつからそんなデカイ顔できるようになったんでぃ」って先生…棒読みはチャーミングでしたけども。
で…先生方みんな惨殺されるっていう。先生ーー!!ギャー!

敵の安岡力也も特殊メイクで殺陣をがんばるしなんかもうすごい。"ゼイリブ"顔負けのガチプロレスファイトが始まるし。なんかもうすごい。

どこでもドアを叩っ斬るオーケンはかっこよかった。飛んだり跳ねたりのアクションはもちろん無理ですが、殺陣を丁寧に頑張っておられて愛らしいオーケン。三人の中で一番忍者々々してましたし。殺陣指導には、ちゃんとした方がついたと思われます。(この辺を踏まえても、とても永井豪先生がメガホンとってたとは思えないんですよねー。)

北米版でリリースされてます。Amazonジャパンで買えますよ〜。リンク貼ってもらいましたが英題は“The Ninja Doragon”。
大槻ケンヂファン向け。とてもかわいい。
最高のネタ映画。かわいすぎる
オーケンさんのプロモーションビデオです。最後のオチの意味不感(最後だけでもないけど)がZ級映画に相応しい。ニコ動で観れるのでぜひ一度見て欲しい。
人非人

人非人の感想・評価

2.0
「すいません、終わりました」と、申し訳なさそうなオーケンに笑った。
M少佐

M少佐の感想・評価

2.5
 永井豪、オーケンの極道忍者活劇!

大恩ある親分の為、親分の娘さんを、お守りしやす!このドス竜が!

なんて台詞はありませんが、そんな話。
とにかく荒唐無稽、突き抜けたネタの嵐!
出演者も豪華なんだか義理で出たのかも解らない、おかしな面々。
監督が永井豪先生なんで、あの方の漫画がそのまま映画になったのを想像してください。
面白そうでしょ?これがなかなか見れてしまうのですよ。
もちろん25 年も前の作品なんでチープはチープなんですが、登場人物の異常さでカバーしているという(笑)

漫画やアニメ、オーケンファンなら、一度は見ても損は・・・するけど見てね。

でもDVD 無いそうです。
難しいかな。
監督 永井豪!!
主演 大槻ケンジ!!

普段はしがないチンピラだが、その正体は凄腕の極道忍者であるドス竜(オーケン)が、恩ある組長の仇である極道エイリアン(安岡力也)に狙われる組長の娘を守るために、仲間の忍者と共に戦うSF極道アクション!!

世はバブル時代。だからこそこんな企画が通って映画が作られてしまう。なんて良い時代だったんだろうか!
永井豪先生が監督っていうだけで、今はつぶれたビデオ屋でレンタルしたあの頃・・・
何故か主演が大槻ケンジですが、ずっと断っていたのを製作発表の前日にOKしたらしいです。
演技は、まあアレなんで・・・断っても良かったと思うんですけど、ネタとしてオーケンが極道で忍者っていうのは完全にアリだと思うので、結果的には適任だったんじゃないですかねえ・・・だって、この映画の全てがネタでしかないんだもの。
何故に永井先生が監督しているのかも全然分からないし(原作が永井豪ってわけでもない)、地球侵略を狙うエイリアンが手始めに日本の極道界を牛耳ろうと、藤子F不二雄先生や高千穂遥先生を惨殺、その暴挙に怒った古谷一行をやはり惨殺、更には極道忍者が集結してエイリアンと戦う・・・といったありえないにも程がある与太話を大真面目に撮ろうっていうのも気狂い沙汰すぎます。
完全に一部のスキモノ層を狙ったキワモノでしかなく、実際のところ内容もネタのてんこ盛り状態ですよ。
美人プロレスラーとして人気のあったキューティ鈴木なんて、レスラーだからもっと動けるんじゃないかと思いきやそうでもなく、仕方ないから敵役の尾崎魔弓と唐突にプロレスを始めますよ!忍者なのにレスリング!
さっぱりわけがわかりません。

でも、全てが大味ながらも意外とこれが楽しめるのが不思議。
こんなのがワラワラと作られていた時代が懐かしいですね。
大槻ケンジファンならマストだと思いますが、DVDはありません。海外版ならあるそうですが・・・
もしかしたら、ニコ動やゆうつべで観られるかもしれません。
力也さんの正体も必見ですよ(苦笑)


追記です。
キューティー鈴木と言えば、ゾンビ大国と化した日本から脱出するために悪役女子レスラーと戦ったりする「バトルガール」が外せないと思ったのですが、未だFilmarksには無いようですね。残念。
仲間となる役で、やはりオーケンも出演してゾンビにやられているんですが・・・


レンタルビデオにて