スペースボールの作品情報・感想・評価

「スペースボール」に投稿された感想・評価

Toshiya

Toshiyaの感想・評価

4.0
スターウォーズを徹底的にパロディした腹筋崩壊コメディ
ピザ・ザ・ハットとか最高
C3パロディの金ピカのは『ハンソロ』のL3に見えてきたりハンソロが主役ってこともあり今見て面白い大傑作。
最大のギャグはルークの不在と美人なレイア姫
Daichi

Daichiの感想・評価

4.0
メルブルックスのメルブルックスによるSWパロディ映画スペースボール!
ピザ・ザ・ハット!
全員アホ!
シュワルツ!
最高。笑けた。

このレビューはネタバレを含みます

○えらく安っぽいスター・ウォーズのパロディ映画。決してつまらないわけでもないが面白くもない。

○スター・ウォーズを観ていれば多少は楽しめるが、繰り返し鑑賞するほどのものではない。
スターウォーズのパロディー映画。
レイア姫に当たるお姫様役がフライ2の女優さんらで良かった。
古典的すぎて面白くないギャグも多いですが、手数が多い
常にギャグを挟もうという気概が感じられて嫌いにはなれません
全部つまらないというわけでもなく、暗証番号を言うくだりなど、ちょいちょい笑えました
スターウォーズを徹底的にパロった、特撮は見応え十分、ストーリーは緩い作品。見ればわかる、面白い。シュワルツと共にあらんことを。(レビューになってない)
コメディ映画ばかりを製作してきたメル・ブルックスによる『スターウォーズ』を徹底的にパロディ化したコメディ映画。

この作品では、監督・脚本・出演を兼ねているが、最近は監督作品は聞かなくなってしまった。

物凄く精密に特撮が作られていたかと思うと、思いっきり安っぽいメイクや小物類が登場するギャップが楽しい。

メル・ブルックスは、アカデミー賞、エミー賞、トニー賞、グラミー賞の全てを受賞している数少ない一人である。
メル・ブルックスのゆる〜いパロディ映画。ビル・プルマンが後に大統領になって宇宙人と戦うのを考えると感慨深い。
ロク

ロクの感想・評価

3.8
ワープした昔、遥か銀河系の彼方にあるスペースボール星を納める悪名高き大統領は薄くなってしまった星の大気を補充するために近所の星ドルイデアから国王の娘であるヴェスパ姫を国王の愛車と共に誘拐し姫の身柄を盾に大気を盗み取ろうとする。困り果てた国王は銀河の流れ者ローン・スターと半人半犬の相棒バーフに娘と愛車の奪還を依頼する。かくして銀河を舞台にローン・スター達とスペースボール星人との不毛な戦いの幕が上がることになるのだった...本作はパロディ映画の巨匠メル・ブルックスが「スター・ウォーズ」、「スター・トレック」、「2001年宇宙の旅」から「猿の惑星」や「トランスフォーマー」などSF映画の世界を徹底的にパロった爆笑コメディでヨーダならぬヨーグルトやダース・ベイダーならぬダーク・ヘルメット、ジャバ・ザ・ハットならぬピザ・ザ・ハットなどスター・ウォーズキャラクターをおちょくりまくった名前もさることながら場面の随所に散りばめられた数々のパロディにはスター・ウォーズファンでなくても腹を抱えて笑えること必至です。詳しく書くとネタバレになるので是非とも作品を見て大笑いして下さい!
abdm

abdmの感想・評価

4.0
今回メルブルックスの餌食となった映画は主に『スター・ウォーズ』。
新たなる希望の冒頭のスターデストロイヤーが画面上から延々と登場する衝撃シーンをメルブルックスが扱わないわけない!
本家の何倍もの大きさの宇宙船を延々と延々と延々と流し続ける。
ダースベイダーに酷似したキャラを演じるのが映画史上一番怖くない俳優だったり(個人的にはそう思います)、レイアの髪型ももちろんイジる。
かと思いきや不意にスタートレックやエイリアンをパクったりとやりたい放題。
どれもこれも本家顔負けの演出がうまいから観てられる。映画的な技術も素晴らしい!
下手なコメディ観るならこちらを。
>|