スペースボールの作品情報・感想・評価・動画配信

「スペースボール」に投稿された感想・評価

SugarOnMe

SugarOnMeの感想・評価

3.7
TSUTAYAで借りてきました⑤

スター・ウォーズのパロディーかと思ったら、いくつかのキャラクターがそれっぽいだけで、エイリアンや猿の惑星も出て来た良質のコメディムービーだった。

ショボかったり、バカバカしいやり取りが随所にあってビール飲みながら気軽に見られる。

ゴーストバスターズ、ミクロキッズのリック・モラニスがダース・ベイダーのパロディー、ダークヘルメットで、その部下の一人にポリスアカデミーの声帯コメディアンのマイケル・ウィンスローが出演。お馴染みの芸を披露してくれて大笑いさせて貰った。

エンディングの曲が良かった。
BRUNOSENNA

BRUNOSENNAの感想・評価

3.0
メル·ブルックス監督兼脚本の「スターウォーズ」のパロディ作品。メル·ブルックスさんってパロディ作らせると手堅い面白さを持った作品を誕生させるから一時期好きだったなぁ。オープニングは大いに笑わせてくれるネタが目白押しで笑いが止まらない。中盤少しばかり中弛み。クライマックスで再度大いに笑わせてくれる。エンディングはシッカリした形で終わらせる。パロディとして出てくるのは「エイリアン」「猿の惑星」などなど... 。巨大ロボット登場シーンの新兵器は最強の面白さ。そのロボットが繰り出した技の締め括り方も最高!惜しいのは中盤の中弛み。ここさえ無ければもっともっと有名な作品になれたかもね!
トス

トスの感想・評価

2.5
久しぶりにコレ系の良い意味でくだらない映画観ました。昔はこういう映画沢山あった気が…。今もあるけど引っかかってないだけなのか…。

「スターウォーズ」好きで、時間が有り余ってるなら観ても良いかと。

あーくだらない(笑)けど、嫌いじゃない!
myclay

myclayの感想・評価

-
パロディ系統の映画を観るのは初めてだった。
クスッとなるところもあり軽く映画観たい時などにいいなーと思った。
【東京国際映画祭】にて。

ジョージ・ルーカス公認の「スターウォーズ」パロディ。

ダースベイダー風のヘルメットが、とにかくデカイ。

大人1人、小人2人なら雨宿りできます。
七夕の夜に、バカバカしいコメディを観た。
「羊たちの沈黙」の恐怖を払拭するべく。

バカバカしかった、まあまあ笑った。
クスッ、アハ、くらい。

「スターウォーズ」のパロディ映画。
ハン・ソロ的な、レイア姫的な、チューバッカ的なキャラクター登場。
あのキャラ、このキャラ。
極めつけは、ジャバ・ザ・ハットならぬピザ・ハット。

その他2、3のSF映画をパロったシーンには、ニヤッとする。

リック・モラリス、ジョン・キャンディ、
ポリスアカデミーシリーズのマイケル・ウィンスロー、
当時のコメディ役者たちだねー、懐かしい。

どこかで見たことがある、このハンサムな主役、、、
ビル・プルマン!
「インデペンデンス・デイ」のイケイケ大統領。
ヴェスパ姫役の女優は知らないけれど、かわいい。

今観ると安っぽい、しかし頑張って作ったのかなあ。
主にスターウォーズをパロったコメディ映画。
他にもチラホラとパロディが(オズの魔法使いやエイリアン等)あったり、メッタメタにメタな発言(発言というかなんというかw)だったりかなり笑った。
そして2人は幸せなキスをして終了。

ちなみにジョージ・ルーカス公認パロディ映画らしい。
引き続きスペース映画で、『Spaceballs』スターウォーズのパロディw

昔観た時は、『Star Wars』など観る前だったから、今回は前よりも笑えた。ずっとくだらないギャグが続く中、時々ブッと吹き出して笑える。

最初のStar Warsのオープニングクロールと、長ーーーいスペースシップがスターウォーズファンのツボにハマる。

何も考えず心身リラックスしたいと思うスターウォーズファンにお勧め。

最後の方にいろんな映画のパロディが出てくる。

スポイラーアラート↓





『エイリアン』のジョン・ハートが出てる!と思ったら、次の瞬間、あのパロディ。そして、エイリアンがLooney Tunesのカエルのダンスパロディ。

そして『猿の惑星』パロディ。

後半はほとんど覚えて無かったから楽しめた。

8/2/2020 Hulu.com
maco

macoの感想・評価

-
おバカだなあ。スター・ウォーズをはじめ、エイリアンや猿の惑星など、あらゆる名作SFを取りこんでいく貪欲さが素敵だ。
スターウォーズ第11章の誕生である

ヘルメット卿とか色々、よくこれ本家に怒られないな、いや怒られてるな笑

BGMとかアラビアのロレンスとかも混ざってる?
>|

似ている作品