デーヴの作品情報・感想・評価・動画配信

「デーヴ」に投稿された感想・評価

1993年間の映画だが、とても面白く見れた。替え玉大統領が政治的に良いことをするのは、見ていて楽しい。後、今更ながらシガニーウィバーって美人だなぁと思った。
すげー面白かった。見終わって人生が少し豊かになった気分になれる、娯楽映画のお手本みたいな出来。
同じようにめちゃ面白くて好きな娯楽映画の「恋はデジャ・ブ」も同じ年の作品なので、この年代の娯楽映画好きなだけかもしれないけど。
nanchan

nanchanの感想・評価

4.0
何度見てもいい。
最後の “I’d take a bullet for you” でジーンとくる。仕事しようって気になる。
ar1shi

ar1shiの感想・評価

4.0
めっちゃ誠実で良い人!
久々に、あ!良い映画見たな〜て気分!
jiminyC

jiminyCの感想・評価

4.0
【信念が人をかえる、そんな映画】

大統領に顔が似ているという理由で
影武者を任された男性が、持ち前の優しさで
人のため、国のために、
大統領になっていく、そんなお話。

個人的に好きなのは、
シークレットサービスのお兄さんに、
「(本当の大統領じゃない)僕のためにも死ねるのかい?」
と問いかけた質問にラスト、お兄さんが答えるところ。
グッと来ました。
お兄さんの中で、デイブさんが本当とか関係なく、
守るべき人に変わったんだなって実感でした瞬間です。

クリスマス前とかに観たいかもしれません。
もえ

もえの感想・評価

3.9
登場当初は間抜けな感じが否めずあんまりカッコよく見えなかったのに、ラストスパートはカリスマ性をしっかり発揮していて、後半はスカッとさせられた。

非現実的だけど一般庶民の視点を持ち、常にポジティブな彼だからこそやり遂げられたんだと思う。うーん、立派。

段々と距離が近づいていくSPとの車内での言葉がじーんときた。
最後の倒れる前の演説シーン。

国民にとって大統領とはこうあるべき、という願いを替え玉ながら語るところは監督が最も伝えたいことなのかも。

デーヴが一般人に戻る時、ボディーガードの言葉が何とも言えず素晴らしい!
Yu

Yuの感想・評価

3.9
大統領の影武者として政府に一夜雇われることになった大統領にそっくりな男デーヴ(ケヴィン・クライン)
しかし、大統領が脳卒中で倒れ、デーヴは本当に大統領職に就くことに


前半は側近以外にばれずにうまく大統領になりきり、やりぬこうとするデーヴが面白い

後半は本当に国民のため、生活が困難な人々を救おうとして予算を捻り出したり、法案を提示するデーヴに感動しました

庶民の感覚が政府に入り、リーダーが本気でやり抜こうとすれば、閣僚や国民がついてくるという、希望が見える映画でした
sun

sunの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

何となく見始めたが、良い!とても良い!気分が明るくホッなれる作品だった。
無茶な設定だと思うのは否めないが、それには目を瞑り、主人公の困難に打ち勝とうとする前向さ、皆んな良い方向へと巻き込むパワフルさとか力がみなぎってくる感じがして良かった。それにあの様な政治家がいたらどんなに社会は変わり良くなるだろうにな… と夢を見ているような展開だった。いや、まさか単なるラブコメかと思ってたのもあり風刺が効いていてびっくりもした作品だった。
REIKAZUM

REIKAZUMの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

大統領のそっくりさんが、一瞬だけ代役を務めるはずが、本物が倒れてしまって代行を続けることになるお話。

まともに考えればあり得ないことの連続のストーリーですが、政治ものは黒くて暗いというイメージが多い中で、たまには単純に楽しめて後味の良い作品があっていいと思いました。大人のおとぎ話のような心温まる作品です。

劇中に散々出てくるホワイトハウス内部ですが、撮影許可が降りず(それはそうだろう)現物を忠実に再現したセットで撮影されているのだそう。

話はぜんぜん変わりますが、主演のケビンクラインはフィービーケイツの旦那さんなんですね。フィービーケイツは現在は家事に専念するため引退状態とか。
お幸せで結構なことです。
>|