デーヴの作品情報・感想・評価・動画配信

『デーヴ』に投稿された感想・評価

ゆ

ゆの感想・評価

3.8
こころあたたか映画◎

影武者の蹴りの付け方、からのラストの展開が最高。

2022-108
シュワちゃんも登場!

ラストシーンが良かったです。

「君のためなら死ねる」by デュエイン・スティーヴンソン
大統領のそっくりさんがスカウトされ影武者を演じるが、本人が病気に倒れたことでその後も大統領を演じ続けることに。最初は言いなりだったが、持ち前の明るさとサービス精神で徐々に国民だけでなく周りの閣僚やスタッフの心も掴んでいく。
コメディだけどけっこうジーンと来る。ファーストレディとの関係も改善し(バレたけど)、悪役の補佐官以外みんないい人だった。最後のSPのセリフよかったなー
アメリカでは嘘が一番嫌われるとか、かつてそんな話を読んでなるほどと思ったものだった。映画では意識不明となった本物の大統領が実は嘘つきで、その替え玉そっくりさんデーヴは嘘を演じる。つまり、何も知らないデーヴと国民に対して二重に事実を隠さなきゃない。ところが本物以上に人気を集めてしまうデーヴ。嘘も方便、ならばどっちの嘘を選ぶか。
アイヴァン・ライトマンはそもそも「取り違え/なりすましもの」としてマルクス兄弟『我輩はカモである』を踏まえてるはず(鏡のシーンとか)。でも1人2役のケヴィン・クラインには持ち前の品があって、デーヴは根っから善人で野球好き、アメリカ人の好む明るくイノセントな“田舎紳士”タイプだ。
本物を真似してもデーヴはプロンプターを使わない、それだけで信頼には充分。取り締まり警官相手のミュージカルでも素で即興に長けているのがわかるし、人を喜ばせたい思いに嘘はないから愛される。やがて地位が人を作り、嘘から出た真が彼を本物にする。首席補佐官(今より若くて細かったフランク・ランジェラ)以外、夫人やSP、スピーチライターらホワイトハウスにも良心がある。
いちばん肝心なのは、大統領といわず政治家に求められる「責任」をきっちり果たす、デーヴの落とし前の付け方だった。そして嘘は嘘でも良心から出た嘘は裁かれない、何もかもめでたしめでたしなパーフェクト・エンディング。
フランク・キャプラ風お伽噺であり、これぞ大らかなホラ吹き話=アメリカ伝統のトールテール!当時の議員からオリヴァー・ストーンまでご本人が登場するんだから、シャレが徹底してる。本物大統領は当時のクリントンがモデルだろうけど、もはやシャレにならない今の時代こそデーヴが替え玉やってほしいよ。

このレビューはネタバレを含みます

○ 開始から引き込まれてワクワクする
○ 王道で鉄板ストーリー
○ メイン、サブプロットが綺麗に回収されて凄くスッキリする
○ デーヴが極悪な人だった場合も観たい
○ 内政じゃなくて外交にウェイト置いたパターンも観たい
○ キャラクターがみんないい味出してる
○ 綺麗なラスト
大統領が不倫中に卒倒💫、事態を隠蔽する為しがない大統領ものまねコメディアンが密かに彼の代理に・・・


普通に面白かった!キレイな起承転結の形式美。
コレでいいんですよ!✋
素敵なシーンもたくさん。

絶対どうでもいいポイントだけど、ホワイトハウスの観光ガイドのおねいさんが手馴れすぎてて怖かった。笑

2022.10.26
こんな名作を今まで知らなかったなんて。最近立て続けに面白い映画に出会えるので、Filmarks最高だな〜と思っている。「え?!もう終わり?!」と思うほど、最近の中で一番引き込まれて観ていた。


しかしなんて面白くて優しいんだ〜。現実にはこうも上手くはいかないだろうけど(笑)ギャフンと言わせるところが最高だ〜。最終的にはどうなるのかな?と考えていたけど、なるほどな〜〜上手いな〜。スッキリ終わるのも良かった!
文玧

文玧の感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

幽霊退治だけじゃない。

この作品めちゃくちゃ好きです。久しぶりに観たけどやっぱり良かった。スミス都へ行くみたい。い~い気分になる映画。大人のおとぎ話。音楽がもうベタっちゃあベタ。
都合いい展開かもしれない。でもだから何?
ケヴィン・クライン
シガニー・ウィーバー
チャールズ・グローディン(ホワイトハウスに呼ばれて大統領の椅子に座ってみろよいいよでわちゃわちゃやってるのが可愛いふざけるおじさんたち。)
フランク・ランジェラと好きな役者さんばかり出てる。
浮気相手ローラ・リニーだったんだーへー
ケヴィン・クラインのうまさが光る。歌えるし芸達者な方。なんでも出来る。顔も声も好き。
本当の大統領の時の冷酷さ。
不正をしてたのは自分だったのに
誠実な副大統領のベン・キングスレーに罪を着せる。
そして替え玉のただの国民。記念品をほしがる小市民。気の良すぎる経営者。
えらい無邪気。感じが良すぎる。お茶目でほんと素敵。
でも本当はキツかったことしんどいことを乗り越えての天真爛漫さなのかな。
もしかしたら奥さんが亡くなってるとか。
そしてシガニー・ウィーバーが瓜二つだったとか。
逆転。出木杉君か。
寝っ転がって犬と戯れる。いいひとに決まってる。
美味しそうなサンドイッチをパッと作って。いいひとに決まってる②。
好きな食べ物をサラッと言って用意させる。そういうの嬉しい。機嫌取ってる感もあったけど。いいひとに決まってるー③。
シガニー・ウィーバーとの雰囲気もすごく好きだった。お似合いの二人。
秘密の抜け道を使ってホワイトハウスを抜け出してデートする。公園でサンドイッチ(また)食べて。なんて素敵なデートなんだ。
シガニー・ウィーバーにいいとこ見せようと頑張るおじさま。
なんまらチャーミングでした!

デーヴ
君のためなら死ねる
なんだこの名作!面白すぎる♪
大統領が倒れて替え玉になった主人公が、政治に染まることない人を思いやる目線や行動で人を助け、それに周りも感化されるハートウォーミングなお話☆

中盤の大統領夫人に正体バレてからもう。。
心がほっこりしすぎて涙でる。
でもちゃんとピリっとしたクライマックスもあって、
でもまたグッとくる展開になって。
わかってたけどSPの『君のためなら死ねる』泣いちゃうよ。。
シガニーウィーバー美人すぎて目の保養がすぎる☆

そしてこんな素敵なラストあるかね!
最高すぎる☆

そして
ベートーベンのお父さんも出てる!シュワちゃんもでてる!

吹き替えでも見てみたい♪
友人のお勧めでなんとなく観てみた。
後半まではまーとおもって観ていたが終盤一気に畳みかけてきた。
シークレットサービスの言葉で一気に感動へ。これは観ていなかったが誰かに勧めたくなる映画だと思う。
>|

あなたにおすすめの記事