LBJ ケネディの意志を継いだ男の作品情報・感想・評価・動画配信

「LBJ ケネディの意志を継いだ男」に投稿された感想・評価

ケネディの陰に隠れてあまり注目されない人物だから、気になって見てみた
面白かったけど、アメリカンジョークが多くて見にくい感じもした、あとジョンソンの心情もコロコロ変わっている気がして実際はどうなのかな?って思った
けんや

けんやの感想・評価

3.3
ケネディ大統領暗殺後、大統領となったジョンソン副大統領にフォーカスをおいた作品。

特番や映画では暗殺がクローズアップされますが、その後について描かれた作品は珍しいと思いました。
映画「JFK」でケネディ暗殺がオズワルドではなく、ジョンソンによる陰謀説がありますが
この映画はジョンソンの陰謀なしに描かれたようですが、
逆にジョンソンがケネディを暗殺する動機がたくさんあるのでは?と思ってしまいました。
YouTubeチャンネル「シネマンション」で感想動画をアップ!

▼出演者
映画好きグラドル:RaMu
映画好き芸人:あんこギャラクシー/ジャガモンド斉藤

https://youtu.be/RuBZk2L9tuw
Shimogai

Shimogaiの感想・評価

3.7
アメリカの政治システムを理解していないので難解な部分もあるが、ケネディの暗殺により大統領になった主人公の、苦悩しながらも大きな決断を下す姿がカッコイイ。ラスト前の演説シーンは見応えあった。言葉の熱量って重要。参考にせねば。
sy

syの感想・評価

3.2
ウディを観るにはいい映画

脚本がイマイチ。退屈なのであまり集中して見れなかった
torakoa

torakoaの感想・評価

2.7
レンタルして観たはずなのにほぼ何も思い出せず『オール・ザ・ウェイ』鑑賞後Primeで観直した。ケネディ兄弟の添物みたいな人で、人気も人望もないから存在確立のために公民権絡みの法案を敢えて通さないようにして利用した人みたいに描かれてた。と私には思えて、本気で主人公として描こうとしてないように感じた。
ケネディ暗殺事件に至るパレードを小刻みに入れながら、しかも結構引っぱるので、時系列がわかりづらく話に入り込みづらく、LBJの能力や魅力は言葉で説明されるだけで実感させるようなものはほとんどなかったと思う。尺短いからしょうがないとこもあるんだろうけど、ケネディ兄弟とLBJのW主人公か?ぐらい。力入れて撮ったからパレード見せたいんだろうけどさー。正論を小声で言うのか、ってとこは痺れたしもうちょっといいとこ見せてほしかったなー。
あとクライマックスのスピーチが魅力に欠ける。多少高揚感あるかと期待してたら肩透かしだった。映画的に盛り上げようとはしなかっただけなのかもしれないけど何というか不発感。

ヤーボロー議員が大変イケおじだった。ビル・プルマンさん。
大統領になることが夢であっても、こんな形で就任したら複雑だろうな。しかもケネディはすごく人気があった大統領だし、弟のボビーからは好かれていないし。でもそんな中、サブタイトルにもあるようにケネディの遺志を受け継いで職務をこなした彼は素晴らしい。この映画を観るまではなんとなくどころか、全く知らなかったジョンソン大統領を少しでも知ることができてよかった。
元々はライバルであっても、考え方の違いがあっても、大統領に敬意を払い、政策を引き継いだジョンソンは素晴らしいリーダーだな。
ねこ

ねこの感想・評価

3.3
登場人物の誰にも気持ちが動かない
なぜならこれは、ジョンソンを持ち上げることやケネディとの対立を描くことに軸を置いた映画ではないと感じたから

政治家としてのあるべき姿
それを表現するために選んだのがこの出来事だった様な気がする

だが、それでも感じるものはほとんどなかった
おそらく自分が政治家を一切信用していないせい
綺麗事言ってんじゃねーよ…と心のどこかで思ってしまうのを止められない

ジョンソンには、世の中には愛されやすい人とそうでない人がいるのは仕方がない
でも君には弱味を見せられる相手がいる
どこにも寄りかかれず立ち続けた挙げ句、倒れてしまう人だっているんだよ、と言いたい

LBJもJFKも大して似ていないのに、だんだん本人に見えてくるから不思議
ただ弟よ、あんたイケメンすぎだろ
tks5152

tks5152の感想・評価

3.9
JFKの亡霊と戦いながらも難局を乗り越えた政治手腕を感じた。
>|