LBJ ケネディの意志を継いだ男の作品情報・感想・評価

「LBJ ケネディの意志を継いだ男」に投稿された感想・評価

人様の国の人権にまで口出ししてきそうなアメリカ様が1960年代まで黒人の選挙権なかったなんてびっくりよね~今でも南部と北部で政治の色分けってあるのかな?
Algernon

Algernonの感想・評価

3.5
当時のアメリカの時代背景や価値観が興味深い。主人公の人間らしい悩みや想いがリアルに描かれている。
せな

せなの感想・評価

3.6
北部と南部の対立。
公民権法案を引き継ぐあたりが描かれています。
映画自体は面白いのですが少し残念に思ったのは、南部出身で法案反対派だったジョンソンが何故法案成立に尽力したのかが全く描かれていないところです。
JFK暗殺という悲劇から繰り上げ大統領になったという事で、当然自我を通すやり方よりJFKの意思を引き継ぐ事の方が国民の支持を得られる訳ですが、その辺をうやむやにしすぎだった気がします。
あくまでも主人公なので、人間味の無い内容になるのは避けたのかもしれないですね。
JFKがあまりに有名な為、ジョンソンの物語も一度鑑賞してみるのも良いのではないでしょうか。
koma2chan

koma2chanの感想・評価

3.3
棚ぼたで大統領になって、ちゃんとやる事やった人のお話。
愛されてないと嘆くシーンが人間味があって良かったです。
TaeTae

TaeTaeの感想・評価

3.4
不本意な形で夢は叶うが「愛されていない」哀しさを妻に語るシーンが印象に残る。
再出馬しなかったのは自分の仕事やるべき事はやり遂げたと判断したのだろう😎良い映画でしたケネディ大統領暗殺事件の映画は結構あるがその後の話はジャッキーぐらいしか知らない😲暗殺事件前と後の繋ぎがよく自分が何を成し遂げなければならないのかジョンソンが1番わかってた😌リンカーンの像の前で(あんたの100年前からやり残してた事を決着をつける)言った所がこの映画のすべてでした😉
【君は何かができる】
【1963年11月22日–1969年1月20日】
【民主党vs墨谷二中】


漫画『キャプテン』で、
キャプテン谷口のあとを継いだ、
新キャプテン丸井。


リンドン・ジョンソンの姿が、
丸井の姿と重なってみえます。


『谷口を継ぐ重圧』
『JFKを継ぐ重圧』


『丸井はキャプテンとして相応か?』
『LBJはプレジデントとして相応か?』


『先代を継ぐ必要はない』
『ただ意思を継ぐだけでよい』
ワイカ

ワイカの感想・評価

3.6
ケネデイ暗殺後、副大統領から自動的に大統領に昇進したジョンソンのお話。

ジョンソンて戦後のアメリカ大統領の中ではフォードと並んで地味な存在だと思ってたし、どんな実績を残した人かも知らなかったんですが、なるほど、南部の出身ながらケネディの公民権法を引き継いで成立させた人なんですね。

洗練されたケネデイに対し、泥臭い政治家だったことや、上院の実力者だったというのは知らなかったので興味深く観れました。

低予算だったのか、再現ドラマに毛が生えたようなつくりだったため長く感じたのと、大統領の特殊メイクがちょっとやりすぎで不自然だった点は残念。

最近思うんですが、ノンフィクション系の映画で本人に似せようとするあまり特殊メイクや役作りが過ぎる作品は、逆にコメディみたく感じられて冷めます。そもそも別人なんだから、そっくりにしようとしても限界があるし、誰もそこまで期待してないんじゃ。見た目だけでなく演技で勝負するのが役者では?

あと、ジョンソンが公民権法支持に回った理由も、ちょっと分かりづらかったです。

そういえば昔、ケネデイ暗殺の黒幕はこの人という陰謀説もありましたね。ホントにそうだったら面白いなぁ。
ジョンソン大統領については、ケネディが暗殺されたから大統領になった人という知識しかなく見たけど、面白かった。
本物の実力のある政治家だったのかなと。
あと支えている妻も偉大だな。
そしてアメリカ大統領はスピーチがかなり重要なんだなと思った。

しかし検索したら、本物にそっくり!JFケネディはあまり似てないなぁと思ったけど。

この手の映画はどこまで脚色されているものなのか。全て真実と思ってはいけない気がする。
K

Kの感想・評価

-
ハリウッドの特殊メイク技術はやはり素晴らしい。ハレルソンがだんだんとLBJにしか見えなくなったのは、私だけだろうか?最後の演説も素晴らしかった。
>|