愛のむきだしの作品情報・感想・評価・動画配信

愛のむきだし2008年製作の映画)

LOVE EXPOSURE

上映日:2009年01月31日

製作国:

上映時間:237分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「愛のむきだし」に投稿された感想・評価

邦画ベスト映画。
初見時はただただ圧倒されるだけで、心の底からは楽しめなかった。

しかし、2週目以降、この映画が持つ中毒性の高さを思い知らされた。初見時より遥かに面白いと感じたのだ。

それからは狂ったように何度も何度も繰り返し再生するようになり(本編4時間とか一瞬に感じるようになる)この映画なしには生活出来ないんじゃないか?とさえ思える程になる。

常軌を逸したストーリー、狂気漲る演技力、園子温独特の演出力、もう全てが最高。
これほどまでにエネルギッシュな映画がほかにあるだろうか?
非乳化

非乳化の感想・評価

5.0
夏帆もむき出しよ
Taihamachi

Taihamachiの感想・評価

3.6
カルト。
園子温。
まー

まーの感想・評価

4.4
さよならミッドサマー
8

8の感想・評価

3.0
音楽と演技で持っていく 結構奇跡的
TSakaguchi

TSakaguchiの感想・評価

3.0
とにかく、4時間という長丁場の映画だから内容盛りだくさん。
勃起できる女の子を探すためにパンチラ写真をひたすら集める主人公の熱意にかなり疲れさせられる。
程よく下ネタを挟んできて笑わせてくる感じなら許せるが、最初から最後まで下ネタで特に面白いわけでもない最悪のパターン。
最後のゼロ教会に拉致られてからはちょっと面白い。統一教会の問題と重なる部分があるし、20年経っても解決しない問題なんだなと。
園子温作品って不気味で気持ち悪いのが多い印象。
mono

monoの感想・評価

4.5
記録し忘れてた、、、めちゃくちゃ大好きだったのになぁ。いや大好きなんだけど
複雑
ラダ

ラダの感想・評価

-
長い。

むきだしになった愛は、重く、混沌としていて、鬱積した感情に近い。

むきだしになった愛は、他人が知る余地もなければ、本人の理解する範疇にもないのであろう。

それがさも、評論めいた言葉を投げかけられるようなものであるならば、そこで語られている事象は、もう既に愛でもなんでも無いのかもしれない。

簡単に言うと、安藤サクラに惚れきった一本。

そして長い。
上田慎一郎監督が5時に夢中にて「勃起を止めるな!」というキャッチフレーズで紹介していたのがきっかけ
>|

あなたにおすすめの記事