あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.0

あらすじ

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

liam

liamの感想・評価

3.6

テレビプロデューサーの岸善幸監督作品。原作は寺山修司の小説。菅田将暉、ヤン・イクチュン、ユースケ・サンタマリア、木村多江出演。

2021年。少年院に入っていたことのある沢村新次(菅田将暉)は、昔の仲間でボクサーの山本裕二(山田裕貴)を恨んでいた。一方、吃音(きつおん)と赤面症に悩む二木建二(ヤン・イクチュン)は、あるとき新次と共に片目こと堀口(ユースケ・サンタマリア)からボクシングジムに誘われる。彼らは、それぞれの思いを胸にトレーニングに励む。

少年院から出たばかりの沢村と吃音に悩む二木の物語を中心に描いた青春映画。

オリンピック後の少し荒廃した東京が舞台で、2人だけではなく悩みの中で生き続ける様々な人物が登場する。

そして必死に生きる2人と対照的に死ぬ事に重きを置いた自殺サークルのストーリー。最初はこれはいるのかなと思ったけど、生と死を意識させることが狙いだったら必要なのかな。

あと演者の演技が良い。菅田将暉もヤン・イクチュンも素人からボクサーへの転換を上手く体と心で表していて、凄い関心したなぁ。

ラストシーンの血は作り物っぽくてちょっと冷めたけど。

全体的に暗い雰囲気だが、その暗い雰囲気と人間ドラマが絶妙にマッチして続きが気になる作りになっている。

後編が気になる映画。
miyata

miyataの感想・評価

4.0
自殺防止フェスのくだりはよくわかんない。 みんな闇抱えすぎ。
ボクシング、自殺、被災者、電話詐欺、戦争、パワハラ、生きる、死ぬ、友情。どう考えても題材が混雑しすぎている。
すごくよくブラックアウトして画面が切り替わる事があるのでそれは全く評価できない。つなげるのが下手なんだなという印象。
菅田将暉、ヤンイクチュン、高橋和也の演技があったからよかった。
特に後編の2人の試合の時の高橋和也に泣かされた。
ユースケサンタマリアっていうキャスティングもすごくいいなって思ったけれど、時々みせるユースケ演出が笑えない。ユースケ演出を許してしまった監督の弱さ。
長い
高橋

高橋の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ふつうに面白い
後編も見たいなと思った
自殺した人が周りに多いので余計感情移入して悲しくなった
原作も良いんだろうな
あと菅田将暉の演技力高いのがめちゃめちゃわかる作品になってる
Monny

Monnyの感想・評価

3.8
菅田将暉の演技が評価されるのがなんとなくわかった
みんな荒削りで尖ってて、現実に必死にしがみついてるからかっこいい
ユースケサンタマリアが本当にかっこいい
人間模様が強めに描かれてる好きなタイプの、良い映画。
主演の2人の演技が圧倒的すぎる。菅田将暉は言わずもがな、韓国の俳優さんは「息もできない」しか観たことないけど、感動したことを覚えてる。
でも、まだ前篇ということで序章という感じ、予告を見た限り後篇は期待しかない。心が燃え上がりそう
hagachan

hagachanの感想・評価

4.3
邦画の中ではとことん いい。
菅田将暉。皆さん実力ある役者さんで いい。
長くて三日間くらいに分けて鑑賞。
菅田将暉のボクシング姿が似合いすぎ。
登場人物はみんな何かしら心の闇を抱えていて、東京という街で必死にもがいてる。
後編はもっと面白くなるのか期待。
さ

さの感想・評価

4.5
いやっ、最高!!!!!!!!!!!もっと早くに観とけばよかった菅田将暉カッケーー
やま

やまの感想・評価

-
あまりハマらなかった。

"町"と"町"の狭間に住む人々を撮った映画という感じ。苦悩の日々を送る彼らを覗くような構図が目立つ映画。

ボクシングだけじゃない彼らの生き方が見えるのは、好意的なのだが、寺山修司らしいぶっ飛んだ表現があまり見えない。
進むにつれてストーリー的には面白くはなっていくんだけど。

一番良かったのはユースケサンタマリアがケンジに「お前じゃがいもみたいな顔だな」って言うシーン。

後編観たら印象が変わるかも。
>|