あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

今年、24本目。

TV編集版もあるが、とりあえず映画版で観賞。

とりあえず後編を観賞した後に作品評価ができるのかな。
さきこ

さきこの感想・評価

3.8
ボクシングしかない男めちゃめちゃかっこいい

後編予告のバリカンが1番よかった
サリー

サリーの感想・評価

3.8
駆け上がるような躍動感がいい。
二段ベッドで ふたりが歌うシーンが素敵。健二の歌声も良いし選曲もいい。健二役のヤン・イクチュンの演技が素晴らしい。
peche

pecheの感想・評価

3.3
寺山修司原作ということで鑑賞。

女優たちの体当たりの演技は脱帽するが性的なシーンがやたらと多い印象。

新次の破茶滅茶さと健二の静かさが対照的。
riekon

riekonの感想・評価

4.0
ケンジに泣ける😢
後編の途中で中学生の娘が帰ってきてしまったので途中まで😆
気になるなぁ〜😆
きゃん

きゃんの感想・評価

3.8
生まれも育ちも違う2人の男が出会い、共にブワロボクサーを目指す物語。前編後編とあって1つ150分越えということで長いなと思って後回しにしていたけど、見始めたら引きこまれ、全然長く感じなかった。

かつて母に捨てられた新次は、兄のように慕う劉輝と共に詐欺に明け暮れていた。そんなある日、彼らは仲間の裕二らの襲撃を受ける。そして、2021年の新宿。行き場のないエネルギーを抱えた新次は、裕二への復讐を誓っていた。一方、“バリカン”こと健二は、吃音と赤面対人恐怖症に悩む。ひょんなことから新2人は“片目”こと堀口によってボクシングジムに誘われる。言われるままにジムを訪れた2人は、それぞれの想いを胸にトレーニングを開始する・・・

新次は怒りや孤独をどう吐き出したら良いか分からず苦しんできた。ボクシングに出会い、行き場のないエネルギーをぶつける。ボクシングに真剣に打ち込んでいても何かやらかすんじゃないかという危うさは消えていない。復讐に燃えギラギラする新次を上手く演じていた。菅田将暉の吸引力すごい。全身から溢れんばかりのエネルギーを感じた。体当りの演技。

健二もまたボクシングという打ち込めるものに出会い、さらに自分を兄貴と慕い認めてくれる新次と切磋琢磨することで成長していく。強い男になるために。
息もできない見てから今作見るとヤン・イクチュンさんの演技の振り幅の広さにただただ驚かされた。こんな繊細な演技もできるのか。恐るべしヤン・イクチュン。

後編に続く
おぼろ

おぼろの感想・評価

1.9
近未来の設定だが昭和の感じがある。新宿新次と吃音の二木健二。ひょうなことからボクシングにのめり込む。新次が野生的でカッコいい!しかしバーサーカーの如く止められなくなる。
重たいが、観てしまう映画。前後編を一気に観たが見応えはあった。菅田は、演技はうまいのだろうが、この手は鼻に付く。出過ぎてるからかも、、
記録

記録の感想・評価

3.0
ヤンイクチュンのバリカンの演技が素晴らしい、新宿の汚くて欲望にまみれた街にヤンイクチュン演じるバリカンの孤独な雰囲気がぴったりだった。その点では菅田将暉は佇まいが美しすぎるような気もした。3.11絡めたり自殺防止サークルのくだりは要らないとも感じた。強い生命を感じるエネルギッシュな映画。憎め憎め憎め!
あ

あの感想・評価

3.5
シンジとケンジの絡みは好き。
あったかい気持ちになる。

無駄なシーンが多いように感じたけど後編で回収してくれるのかな?
という感じの映画。
>|