あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

あらすじ

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

本当に寺山修司原作の映画?まず小説との違いを知りたくなる。特にうまく絡んでたようには思えなかったが「社会奉仕プログラム」なる徴兵まがいの謎の法律を絡ませるべく近未来設定?親に捨てられたり、親を捨てたり各々生い立ちのトラウマを抱えた男女複数の若者達の繋がりの話で、登場各親子同士が微妙に繋がる脚本が面白い。全編新宿舞台の新宿くさい猥雑な感じが、昭和な雰囲気漂う破滅型青春映画の風情。主役の二人がだんだんボクサーとして仕上がっていく感じは気持ちが良く、ジムで寝食共にする生活シーンが見飽きない。二人が2段ベッドで歌いあうシーンが好き。キレキャラ新宿新次は菅田将暉にはまり役。バリカン健二の劇中設定31歳で、ヤン・イクチュン撮影時で40超えててちょっと無理があるが素晴らしい佇まい。岸監督のキャスティング秀逸。ジム経営者役ユースケ・サンタマリアが軽妙な芝居でなかなか好印象。健二の父役モロ師岡がいつになく迫力ある芝居。自殺防止サークル代表のキチガイぶりが冴えてた。イベントシーンの気の狂いようったらない。最後に後篇の予告が入るが、これがよく出来てて後篇観ざるを得ない。
福太郎

福太郎の感想・評価

2.4
前篇までは
臨場感ある殴り合い 綺麗な撮影技術
そして演技も上手で申し分なかった。

後篇からはヒドイねありゃ
まんまと期待を裏切られたよ
健二が移籍してからダレるし
ラストはサムいし。
他の人も言ってるけどせめて自殺防止フェイだとかいらないシーン全部カットして一本に纏めてくれよ。
こんな駄作に5時間も奪われちゃったじゃないか
あぷ

あぷの感想・評価

3.8
振り返りたくない過去。
見えない未来。
怒り、哀しみ、憎しみ。
ありったけの力で楔を打て。
これ以上転げ落ちないために。
風穴を開けろ。
血の宿命に抗うために。
自らの存在意義を問う魂の削り合いに心が震えた。傑作。
tomo

tomoの感想・評価

3.5
菅田将暉はどんな役をやらせても凄い!
新米ボクサーの役ですが、かなり様になってました。
という事で新次の方は気も強いしボクサーらしかったけど、健二の方はメンタルが弱すぎて逆にちょっと応援したくなります。
後編はどうなるんでしょうか。

ストーリー自体は特別面白いものではないし、無駄に長いような気もしたので、もう少しテンポが良いといいかな。
無駄に見えた自殺防止のストーリーの方はメインストーリーに繋がってくるのでしょうか?
後編に期待です。
ああ、絶好調だ。身体が切れる切れる。ジャブジャブ。ジジイにスプーンで飯を与えた後に、ババアのお世話。そいでもってロープの下を横に下にひたすら潜る。ジャブにストレート。顎にも一発。頭空っぽに腕を伸ばしては引く。ああ、幸せ。Tシャツは臭え。
大好きな映画。映画館で、ただ者ではないものを見ているとずっと感じていた。キャストの全てが自然でリアルだった。リアルなのに、ドキュメントのような、でも、テンポ良く進むこの映画。
菅田くんを好きになったのも、この映画から。上映期間が短すぎたことを私が悔やんでる。もっといろんな人に観てもらいたい映画です。
akinakko

akinakkoの感想・評価

4.6
主演2人が熱演。無駄なエピソード省いてもう少し短くしてほしい…
ペティ

ペティの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

この映画は男性目線の作品ですね🙋
何故前編と後編にわかれるほど長いのかはさておき。
菅田将暉さんがこのような濡れ場を演じていることにちょっと戸惑いながら最後まで鑑賞しようと何故か気合いをいれて鑑賞しました。エネルギーが必要でした😭 途中であきらめかけたけど後編があるくらいなのだからきっと物語りが激しく変化していくのでは?と期待をふくらませ前編を終了。
まつ

まつの感想・評価

3.7
2人を中心に不幸な過去を持つ人たちが集まった感じ。
不良学生くらいまでならいいのだが、大人の柄が悪いのは個人的にあまり好きじゃないので、バリカンくんの方が好感が持てるかな。
ルックスの良さは断然菅田くんですが。

前半エロばかりだったので、これで終わってしまうのかと少し心配したけども、2人が強くなるために、自分と向き合うために、ボクシングに打ち込んでいき、また菅田くんが好きな人に告白をするシーンも可愛い。

ただ、やっぱり菅田くんの切れっぷりがこわい。これが演技力というやつか。

これもだけど、国内外問わず、高い評価を受ける作品にややエロが多めな気がしてなりません。
ピアノレッスンとかチョコレートとか。
yuko

yukoの感想・評価

-
映劇で1人鑑賞
菅田将暉の役がすごかった、好きだった
過去と今といろんな人たちが繋がっていて、クズを全力で生きてるところとか、その表現がすごい心にくる
>|