あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.0

あらすじ

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた…

荒野ーそこは荒れ果てた地か、希望に満ちた場所なのか。これは、二人の男の運命の物語。 ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

O

Oの感想・評価

3.3
広く浅い映画。
例えば「自殺」が主要トピックの一つになっていたが、映画のテーマから考えて、そこには他の死因ではなく「自殺」でなければならなかった理由があったはず(当人の孤独、遺族の孤独の観点)。そこが描けていない。表層的な事実にクローズアップして社会問題をいたずらに登場させるだけで、深度を感じない。
ボクシングの試合のシーンは非常に良かった。
菅田将暉新境地??

ちゃんと観てないと、全然わからなくなるくらい人間模様が複雑な映画。

それぞれ目指すもの、成し遂げたいことは違うから当てはめたらきっとこうなるんだろうな、と夢中で2時間超えの映画を観ていた。

こうもレビューが難しい映画ってあるんだなーって思ってしまった。笑
粋花

粋花の感想・評価

3.0
ヤンイクチュンさんの演技に引き込まれた。
菅田くんの演技も。

とても暗く光が見えなかった。
ぱるみ

ぱるみの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

想い入れがあって愛している作品をコテンパンに批評されるのっていい気分がしないわよね。

しかも、このフィルマは検索かけると点数が浮き彫りにでるという…
芸術作品の批評は人それぞれ
変な先入観が埋め込まれちゃうわよね…

マイナー作品で終えてしまうなこの作品。

菅田くんが出演することによって、
多くのファンが彼の鍛え抜かれた身体に惹かれ、ボクシングという崇高な芸術に、深く触れることができたのではないでしょうか

セックスシーンもとってもセクスィー❤️ウホウホ💕

彼女役の木下あかりもほっそいくせに、おっぱいは、たわわでやんの。つぶらな瞳が絶世の美人というより、少し安い女(失礼)を演出していたように思う

あの変な自殺防止サークルをこのボクシングの作品に取り入れた理由は何だろう。
胡散臭さが浮き彫りになる

『誰も知らない』でチンピラを演じたヤン・イクチュンは、酒に酔って寝ている父親にお布団に掛けてあげる優しい息子なのに、父親からは愛されず家庭内暴力に涙する気弱な青年。劇中の父親の暴力は、震災が原因なのだという演出がある

いきなり菅田くんを捨てた母親が現れたり脚本は、やや強引に思えたのです。

157分の前編…!!長かった!!
自殺防止サークルの連中はただの自己満足の、か弱いカルト集団で
震災で病む人達と、人生を諦めた人達を下手な演出で物語に加えてるように感じたのです。あれは、必要だったのかしら

命をかけて生きることの問いをボクシングとかけて、訴えてるのかなぁ……σ(・´ω`・)
ピロ子

ピロ子の感想・評価

4.8
菅田将暉くん目当てだったのに、ヤン・イクチュンさん、という初めて演技を観る俳優さんに、心奪われた。
ヤンさんが健二だったから、新次の菅田くんが、輝いた狂犬をのびのびと演じているような感じがした。
原作にもあるみたいだけど、大学のサークルのは要らない気がした。重いから観たくなかったのもある。
春眠

春眠の感想・評価

4.0
菅田将暉かっこよすぎか
後編を観ない選択肢がない
長いのに無駄がない
スチールを森山大道が撮っていると聞いて鑑賞することにしたけど、それ抜きにしても本当に観て良かった
Kinakosan

Kinakosanの感想・評価

4.0
なんか笑ってしまう。重いのに。

特に建二がかわいすぎて笑ってしまう。じゃがいもみたいな顔って、、、。

菅田将暉も、ヤン・イクチュンも新次と建二そのものっていうか、そうやって生きてきたんだなって納得させる雰囲気が、出ててすごい。

ボクシングに惹かれる気持ちは、なんかわかる。人生がどん底の時、失うものが何もない時、あるのは自分だけで、鬱々としたものを真っ白にできそうな、そんな気がする。

ボクシング映画としても、人間ドラマとしても見応えあります。登場人物が魅力的だし、ブラフマンの主題歌も沁みる、、、。
ゆう

ゆうの感想・評価

3.9
ボクシングシーンの迫力。
どこか悲壮感漂う近未来の日本と、新宿の街が印象的。
新次とバリカン、相反する2人のバックグラウンドといい、2時間半ある前編にも関わらず引き込まれました。
み

みの感想・評価

4.0
昭和な雰囲気!と思ったけど近未来設定らしい
続き気になる!長編やけどダレない
F

Fの感想・評価

3.0
近未来が舞台ということを知らずに昭和が舞台かと思って見ていたら、ん?徴兵制?ドローン?東日本大震災?となってやっと気付きました(笑)これらの設定は妙にリアルでしたね

自殺防止運動をする学生たちのストーリーは必要なのかな?
後編で関係してくるのかな?

「息もできない」のヤンイクチュンの印象とは打って変わり、全く違うキャラでした
こっちの方がしっくりきている気がする

後編も見てみます
>|