あゝ、荒野 前篇の作品情報・感想・評価

あゝ、荒野 前篇2017年製作の映画)

上映日:2017年10月07日

製作国:

上映時間:157分

4.1

あらすじ

ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021…

ふとしたきっかけで出会った新次とバリカン。見た目も性格も対照的、だがともに孤独な二人は、ジムのトレーナー・片目とプロボクサーを目指す。おたがいを想う深い絆と友情を育み、それぞれが愛を見つけ、自分を変えようと成長していく彼らは、やがて逃れることのできないある宿命に直面する。幼い新次を捨てた母、バリカンに捨てられた父、過去を捨て新次を愛する芳子、社会を救おうとデモを繰り広げる大学生たち・・・2021年、ネオンの荒野・新宿で、もがきながらも心の空白を埋めようと生きる二人の男の絆と、彼らを取り巻く人々との人間模様を描く、せつなくも苛烈な刹那の青春物語。

「あゝ、荒野 前篇」に投稿された感想・評価

Nana

Nanaの感想・評価

4.2
『あゝ、荒野』試写で前後編一気見。足が震えた。生きることを腹括った人間は強い。日本が抱える問題を描きながらも、テーマ性だけに頼らず登場人物をきちんと動かしていて無駄のない作品だった。新宿を舞台にしたグランドホテル形式、交差する人々の熱量が凄まじい。心を持っていかれる。
ヤン・イクチュンの繊細すぎる芝居は本当に綿密で細部まで美しかった。叫び声のひとつとってもエネルギーが違う。そして画面内にいないところでも芝居が続いていることが音でわかる。画面にない物の音がする、そしてカット変わって物が出てくる。かなり小さな音なのにこれを仕込む細やかさ。
てりり

てりりの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

あしたのジョーの実写化を期待する人に最高の映画、「あゝ、荒野」前編。

実写版「あしたのジョー」が見たい人はこれを見るべき。
だってここには、あしたのジョーに望まれた全てがあるから。
つまりね、菅田将暉の演じる新次は矢吹丈で、ヤン・イクチュンの演じる健二は力石徹なの。寺山修司は、あしたのジョーの歌を作詞した人だし、世界は同じ。60年代左翼学生運動ノリ、新宿、ボクシング。
あしたのジョーで、様々な強敵を倒してついに戦うラスボスの、ホセ・メンドーサが、憎い裕二で。
そう、それに至る道程が、憎しみという動機、きっかけ、訓練、行動、実感を伴った新次と健二の過ごした日々によって、周囲の人々との信頼し合う気持ちや様々な出来事に彩られながら、様々な強敵との戦いに至っていく。その状況が実感を伴って、ここには焼き付けられてる。

殴ることで報われていく存在が、心に刻まれたよ。


9/16 ぴあフィルムフェスティバル PFF2017 オープニングにて 前編・後編通し上映にて鑑賞。
ぴあフィルムフェスティバルで前編 後編 一挙鑑賞しました 少し未来の設定も60年代風で出来てます
ハリウッドの迫力映像は無理でも心情で表現出来ており 改めて菅田さんの顔や表情で出来る演技に感動しました ユースケさん含め監督が望む演技が出来る俳優陣が揃った濃いい映画です 一挙鑑賞が良いかと思います。菅田さんファンも多く鑑賞に来られるはず
gapa9ta59

gapa9ta59の感想・評価

4.0
PFFで前編後編一気見‼︎

それぞれの登場人物には色んな事情があって今の自分がいる。それぞれのキャラクターのドラマを知ると、思わず涙が止まらない。。

健二と新次の関係性を見ると微笑まずにはいられない。健二は吃音症だけど周りは彼が何を話しているのかわからないと言うけど、それは相手が彼を理解してないだけ。。。だから健二には新次が新鮮だった。友達もなにも頼るものがない彼が初めて自分を受け入れてくれたら.....だから彼の理想に近づきたかったんだと思う。。

よく言ってしまう言葉だけど、本当に最高の作品‼︎菅田将暉さんの良さが沢山出てる映画‼︎ヤン・イクチュンの可愛らしく、カッコイイシーンにはKOされまくりました♡♡それぞれの役者さんの力のこもった演技、セリフにはジーンと何度もきました。そして、エンドロールではBRAHMANの音楽を聴いて再び泣かされます。。
mingo

mingoの感想・評価

3.5
前後編合わせて5時間4分。
結果から言うと映画的には駄作。舞台は新宿「君の名は。」思い出しちゃって無理すぎた。日本一きたねえ街に、一般ウケすると思って放った演出センスのなさ、役者だけ死角なしの業界パワー、すべてがおもんない、、、コメディ作家なんだろうけど自分的にはピクリとも笑えなかった。たけしみたいなヒヤリ感が偽物に感じた。岸監督他の観てないけどテレビマンユニオンらしい作品。ドキュメンタリーあがりだが、ぶっちゃけ映画作家としてどうなんだろう。ここで再度「作家性」て言葉を問いたいです、

今年1の邦画話題作にしてはガッカリというか今年は洋画素晴らしすぎて邦画出る幕ない、、、
今年はロマポリブートもあったし歴代のロマポに影響を少なからず受けて製作してるにしても遠く及ばずただセックス描写が激しいAVにしかみえず、女優の乳無駄使い。流行りの俳優使っても(正直役者はほぼ皆さま良き演技。菅田将暉凄すぎた、「息もできない」のヤンイクチュン、脱ぎまくった木下あかり今野杏南河合青葉3人の女優しかり)、映画ってこんなにつまんなくもなるんだなって無の5時間に等しかった。結局伏線も回収せず人間関係もあやふや、結局暴力でしか生きれないってラストなんですかね。「キッズリターン」がいかに優れているか再確認する映画となってしまった。ディストラクションベイビーズで真利子監督が本作はコメディ映画ですって言ってたのが最近いよいよわかってきた

あと自殺サークル的なのと戦争、震災ぜんぶ盛り込みすぎなのでは。全部中途半端。濱口竜介真似するにしても商業だと映画的愉しみが消えただ過ぎ行く時間。ボクシング描写で画面強度はうまれるが、ボクシングシーンなければたぶん観るのやめる。映画の定義とは。5時間みるくらいなら小ホールのラブディアス観たら良かった、、PFFオープニング期待しすぎた
aki

akiの感想・評価

4.4
今日前編後編、一気見してきました!

ボクシングの本気度、あの菅田将暉の狂気的な目にやられた。この菅田将暉は新次にしか見えなかった。演じてるという違和感が全くなく、菅田将暉の顔を見せるところもなくちゃんと映画のストーリーに集中して見ることができた。心揺さぶられるシーンがいっぱいあって感動もあった。
相変わらず濡れ場は流石ですの一言。

バリカンの可愛らしい仕草や発言、すべてひっくるめて監督のおっしゃっていた役を愛してあげるというのがよく分かった気がする。

大人の青春って感じ。
yuuuut

yuuuutの感想・評価

3.5
前編だけでも2時間37分。
前後編合わせて5時間4分。一気見は長かった…。
役者陣はメインから脇まで超最高なんだけどね。この長さなら『ヘヴンズストーリー』みたいに3部作にしてほしかった。
自主映画じゃないとできないのかな。

暗転が多い映画と演劇は好きになれない。

でもこうも絶賛されてると、わたしがおかしかったのかもと観直したくなる。

前編は2時間37分めちゃくちゃ集中して観たよ。
前後編一挙上映にて。
305分間、目が離せなかった。
今まで、こんな長時間続けて映画を観たことがなかったけれど、短く感じてしまう程、熱くて心揺さぶられっ放し。ラストカットも印象的。期待以上だった。
最近ボクシングの試合を観てたのもあり、余計グッときてしまった。

このレビューはネタバレを含みます

たくさんの伏線や意味ありげな展開がまさか後篇でも回収されないとは思わないからワクワクして見れる分前篇の方が面白い
sunus

sunusの感想・評価

3.7
なかなか 面白かった👍👍
>|