紀子の食卓の作品情報・感想・評価

「紀子の食卓」に投稿された感想・評価

troy

troyの感想・評価

3.8
「園子温の食卓」つぐみ、吹石一恵、吉高由里子の演技が怖いくらいに強烈。演出、脚本はさることながら、女優陣のこの演技を引き出したところがこの監督のすごいところじゃないかな。褒めすぎかしら。作品全体としては、長くてちょっとダレた。自殺サークルの方が好き。でも、最後の食卓のシーンがなぜか泣ける。幸福そうで空虚。幸福そう、ということは、残酷なまでに幸福とは違うということ。永遠に幸福には近付けない平行線。古屋兎丸、滑舌が良くない。愛のむきだしでも思ったけど
こふぐ

こふぐの感想・評価

3.7
奇妙な映画!
愛のむきだしを観た時も奇妙さに惹かれまくったが、本作も負けてない!
自殺サークルもチェックしなければ!!!
まめ

まめの感想・評価

3.0
吉高由里子かわいい〜〜!!
キャストの演技がよかった。

ハンディカメラでの画面のぐらつきがまたこの映画のいい雰囲気を醸し出しているなぁ〜と感じました。内容も演出も園子温らしかった。

でも私には少し内容が難しかったです。
いつみ

いつみの感想・評価

4.0
園子温監督はまだ5作品しか観ていなくて、なかなか手が伸びにくいのは個人的に好みなのとそうでない作品とが両極端すぎる印象だからかも。

そして、好みな作品であったとしてもめちゃくちゃ重たくてヒリヒリして後遺症残るような作品だから。

この作品もやっぱりそれで、人間の抱える闇、家族というものの持つ歪さをとことん掘り下げてて、本当に恐ろしくなるような作品でした。

あんまり感傷的すぎる詩は苦手なのもあって、時々むず痒くもなったけど、ドキッとするくらい抉られる瞬間もあったり。

この時、全くのど素人だったとは思えないほどいい演技だったと噂の吉高由里子見たさに観て、本当にすごく素晴らしい演技だし素晴らしい作品なんだけど、気分がズドンと落ち込んでしまいました。笑
デヤッ

デヤッの感想・評価

3.0
途中までは面白くて引き込まれたけど、最終章は登場人物の行動が全く理解できず長く感じた。
MIKAT

MIKATの感想・評価

5.0
観る人によっては全然違うストーリーに解釈できる不思議な映画。でもホラーとかサスペンスではないと思う。わたしはヒューマンドラマだと思った!淡々と描かれていて押しつけがましい派手な演出もないので、どのシーンが印象に残るかも観る人次第。観る人に委ねる映画って最近は減ってるのかなぁーとも考えさせられる作品でした。
田舎を飛び出し上京してきた紀子。
サイトで出会ったクミコに誘われ(というか強制的に?)レンタル家族の仕事をすることに…。

自殺サークルの続編だけど、テイストや深みが全然違う。

なかなかボリューミーというか、見ごたえのある映画だった。

幸せな家族、とは。自分の役割、とは。本当の自分、とは。
働いてる時の自分、家での自分。色んな肩書き。
それを取っ払った自分は一体誰なのか。
自分と自分の関係は、、?
見ているとこちらまで病みそうに。



吉高さんの演技がとても良くて、今まで気にしたことがなかったけれど、好きな女優さんになりました。
みずは

みずはの感想・評価

2.7
飽きつつも頑張って最後まで見たのに、なんかパッとしなかった。

わからなすぎる
めちゃくちゃ狂ってるし、でも現実にもありえそうやし、危ない道に進んだ人間の末路を学べる感じ(笑)
これ結構昔のやけど、やっぱ園子温ってすごいなぁ〜〜
‪みんな楽になりたくて、自分と周りに役割とかあり方とかを押し付ける。家族っていうのはまさにその1つで、血とかで繋がってるとか言ったって、何か物理的に繋がっていることはないんだから結局は人間の集まりでしかない。当人たちが拒否すれば、それは脆く崩れ去る。
家族のあり方を決め付け子供のことを何もわかっていなかった家族と、レンタル家族のスタッフが演じる理想的な家族と、どういう違いがあるのだろう。
答えはどちらでもかまやしない。どちらも嘘だ。嘘っぱち。この世は生きていくにはあまりにも複雑すぎる。だから、嘘でいい。嘘でなにが悪いか?
欺瞞だけれど、何一つ真実はないけれど、みんなで一緒にすき焼きを食べよう。そしてたまには、昔のことを思い出して笑おう。嘘でも過ごして来た時間は事実だから。
>|