アイ ウォント ユーの作品情報・感想・評価

「アイ ウォント ユー」に投稿された感想・評価

●'98 10/〜『英国映画祭』にて先行公開
(一般公開: '99 1/15〜)
配給: アスミック
ワイド(PANAVISION/シネスコ)
DOLBY
10/25 19:20〜 渋谷東急にて観賞
フィルム上映
SRD映写?
作品パンフ'99 2/25シネスイッチにて購入
レイチェル・ワイズがヘアヌードと激しいファックシーンを披露する作品。
エロいっちゃエロいが、こんなに綺麗な女の人を雑な感じに扱っていいのか?と気まずくなる撮り方なので、あんまり実用性はない(意味深)。
サスペンス映画によくある展開だが、ラストになるまで、重大な謎とされるものが推進力となって、不穏さを増しながらラストに近付いていくのに、最後の20分で種明かしをしてみれば、なんだそんなことだったのかというヤリ口は気に食わない。もったいつけて寡黙ぶっている映画は邪道だ。
あっ

あっの感想・評価

4.1
声の出ない男の子とお姉ちゃんの関係が良かった。
男の子が14歳っていう設定も好き。洋服も可愛かった。
よき。
白状します

レイチェル・ワイズが好きでその為だけに買ったという不順な動機…💦
aya

ayaの感想・評価

1.7
よくわからなかったけどレイチェル・ワイズのエロい身体良いな セックスの時の顔が状況的にしょうがないにしてもブスで残念だな 金髪ベリーショートの子の華奢な身体も好きだな
あの家・プール・美容院・トンネルみたいなところ すごく綺麗で好みだった
Wednesday

Wednesdayの感想・評価

2.6
音楽がよかった。
エルヴィスコステロの曲が最後の方なんども流れてそれもよかったし、波の音、録音機のテープの回る音、静かな音で溢れてる映画だなとおもいました。

展開はなんとなく勘付いてたけどラストは意外とあっさりだったな。
cocosize

cocosizeの感想・評価

3.5
暗くて乾いた世界観。ウィンターボトムが描く愛はホント暗い。ただ見終わって引きずるし印象的。
tulpen

tulpenの感想・評価

5.0
このレイチェル・ワイズは最高にセクシー。
妖しくくらーい雰囲気の海辺の家がなんとも素敵!