特攻野郎Aチーム THE MOVIEの作品情報・感想・評価

「特攻野郎Aチーム THE MOVIE」に投稿された感想・評価

maamin

maaminの感想・評価

3.8
脱獄仲間集めやヘリチェイスやノリが面白かった、期待以上、4人の個性が生きててずっと退屈しなかった、B.Aが剃ったの分かってても帽子脱いだ時ヘーイ!って言った、最後のミッションも分かりながらも面白い、コンテナシーン派手すぎたけど
小学生の頃テレビで観ててなんとな~く豪快で面白かったな~という古い記憶があってリーアム兄さん(私が勝手に呼んでる呼び名)が出てるから観たいと思った。
テーテッテー🎵テテッテー♪の音楽が懐かしい❗️

リーアム兄さんかっこいい!
最初は目的が分からずついていけなかったけど、脱獄して仲間を集めるところから面白くてなってきた。

リアル3D笑ったwww
あれだけ飛び出てくる3D映画あったらいいな笑

マードックおもしれー!
空中戦すげー!
陸上戦闘用のあの大型機械が空中で活躍するとは!そりゃ、Awesome!って言いたくなるよな。

ビルへの潜入作戦、豪快で面白かった。

最後の戦闘とその作戦計画を交互に見せるのが面白い。
最後はただじゃ終わらないぞっていう終わり方がいい!
のん

のんの感想・評価

3.3

ドラマは時々観てた程度。
映画の方には全然そそられずキャストも知らずにいましたが、BSでやってたので試しに観てみたらなんと「フェイス」がブラッドリー・クーパーだったんですね。適役。

「政府のお尋ね者が
正義の傭兵として悪を裁く
トラブルで困ったときは
きっと彼らが助けてくれる
ーーー“THE A-TEAM”ーーー」

ちょっとストーリーと演出が騒々しいけど、そこはキャラクターで乗り切る感じで満足でした。


脱線するけどこの映画の前半ではかなりブラッドリークーパーのサービスショットがありまして…。
改めて彼の筋肉の美しさ&色っぽさに釘付けになりました。
豊かなボリューム大胸筋!しかも弾力性ありそうで谷間もくっきり!
男性が胸の谷間に「おおっ」ってなるのはこんな感じか~と納得w
マッチョな俳優さんはいっぱいいるけど、彼の場合はほんとセクシーですね、筋肉が。柔らかそうなんですよね。そして丸い。
お尻フェチなので「お尻見たいな~」どんなだっけ~?って注目してたんだけど、この映画の中ではほとんど上半身でした。で思い出したのは「世界にひとつのプレイブック」。そういえばお尻も丸々っとしてた!
大盛り

大盛りの感想・評価

2.3
コングとモンキーが普通の人過ぎて、ハンニバルとフェイスにいい意味での軽さというか楽天的なところが足りない気がする(笑)
「もしレンジャーの悪口を言ったら、殺すぞ。」

メキシコの広大な土地の中にポツンと家が建っていました。
そこには1人の男が監禁されていて、いままさに殺されようとしていました。
偶然にも銃弾がなく、犬により食い殺されるという時…

大ヒットしたテレビドラマの映画化です。
リーアム・ニーソン主演のアクション映画になっています。

ニーソン扮するハンニバルと呼ばれるスミス大佐、気の毒だと入墨の入ったB.A、明るく口の上手いフェイスマン:ペック中尉、
凄腕のヘリパイロットのH.M.マードック大尉。

とっても変わった漢たちの破茶滅茶アクションです。

テレビドラマのように軽快にサラッと観られるお気楽なストーリーです。キャラクターがみんな立っていて、とても面白く観られます。

明るく派手なアメリカらしいアクションは、観ていて爽快です。ちょっとした息抜きに良い映画です。

CIAからスミス大佐に話がされます。それは、フセインの残党が30時間後に10億ドルのキャッシュをバグダッドから持ちだそうとしているというのです。合衆国の札を刷る原盤はイランイラク戦争の時に持ち出され、巨額な札を作り出しているということでした。
その持ち出された原盤を取り返すという任務。さて、彼らはどうするのでしょうか。

「原盤を取り戻せば、新たな流血を防げる。」

…葉巻をくわえるリーアム・ニーソンがカッコいい…
Yoshie

Yoshieの感想・評価

3.8
もしもやもやしていたら、すっきりさっぱりどーんと吹き飛ばしてくれる!
ありがとうアメリカ映画!
白髪交じりのボス、ハンニバルが渋めで良いです。
カオル

カオルの感想・評価

3.7
テレビシリーズの映画版。

小さい頃わくわくして見ていたドラマ、その映画版。
キャストもキャラクターもすっかり忘れていて、チームの人数すら覚えてなかった。
それでもやっぱりわくわくして、爽快感があって、大好きだなと思えるシリーズ。

秒単位で作戦を合わせて決行するとこ、すごく好きだ。
あり得ないレベルの事をやってのける、ファンタジーにも似た戦闘シーンは本当に見ていて気持ちいい。
ハンニバル天才、そしてフェイスかっこいい。

何気に見所はヘリでの旋回にもあるんじゃないだろうか。
コンテナクレーンの立ち並ぶ岸壁の映像もいい。

後は今回の放映、吹替が菅生隆之さんと堀内賢雄さんだったのも良かった。

ところでオッサンと言う評価が多いようだが、確かに若くは無いけどオッサン…色男とか壮年くらいで表現したい…
キャベ

キャベの感想・評価

4.0
たまたまリーアム・ニーソンの映画が続きました。
スカッと爽快なアクション映画。

一番のお気に入りは、輸送機を撃破され、積み荷の戦車で脱出、そのまま戦車で無人機相手に空中戦をするシーン。
戦車で空中戦!‥脳汁がドバドバ出ました。

Aチームの4人のキャラ付けもしっかりできていて、印象に残ります。 例えばB・Aが悔い改めて「もう人殺しはしない」って言い始め、髪型を変えますが、ハンニバルにガンジーの言葉を聞かされて、こっそりモヒカンに戻していたりするのは、とてもクールでした。

ただ、ちょっと全体的に冗長かなあ。2時間は長いように感じました。
よしだ

よしだの感想・評価

3.9
何も考えずにひたすら楽しめるアクション映画。4人全員がとにかくユニークで魅力的!何よりもそれをまとめるリーアム・ニーソンがかっこよすぎる!

終始、豪快で破天荒なアクションが満載。サクサクとテンポよく進むし、思わず吹き出してしまうほど笑えるシーンもあって飽きない!約2時間とアクションにしては長い気はするけど、観ていて気分爽快になれるからオッケー!👌

期待以上に良かったなー。もっと野郎共の大暴れが観たいんだけれど…続編は……?
ミドル

ミドルの感想・評価

3.3
破天荒なオッサンたち。チームのメンバーのキャラが濃い。
テレビ版ほどのワクワク感はなかった気がするが、何も考えずに見れる。
>|