L.A.ギャングストーリーの作品情報・感想・評価・動画配信

「L.A.ギャングストーリー」に投稿された感想・評価

SYU

SYUの感想・評価

4.0
2022/09/30
監督 ルーベン・フライシャー
ジョシュ・ブローリン
ライアン・ゴズリング
エマ・ストーン
and ショーン・ペン

"正義の為に、法を冒せ"

1940年代後半のNYを舞台に、街を牛耳るマフィアに立ち向かった警察官達の壮絶な闘いを描く、実話を元にしたバイオレンスアクション。

目には目を、歯には歯を、暴力には暴力を、命を顧みず強大な悪に立ち向かう主人公達。

個人的には悪役が似合うJ・ブローリンの骨太な主人公、R・ゴズリングの格好良さ、E・ストーンの美しさ、他にもA・マッキーやN・ノルティ等これでもかの豪華キャスト、
加えて悪辣なマフィアのボスを演じたS・ペンの迫力が印象的だった作品でした。

鑑賞日2013時9月28日 DVDにて
森

森の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

まあまあ面白かった。ライアン若い演技上手い。話はまあありきたりで普通だったし演出も大したことなかったけどキャストの豪華さでカバーしてる。
グロいシーンのやり過ぎ感は否めない、下手
るい

るいの感想・評価

3.5
全く期待してなかったが想像よりは楽しめた。ザ・ハリウッドといった定番の展開に定番の結末。何一つ捻りがないが何も考えず普通に楽しめる。主人公達には当たらない銃撃戦に何度もよく見たカーチェイスなど全てが定番。テンポが良いから観れるんだろうな。
この類の映画は何も考えずに楽しめるので好き

実話を元に作られているらしいが、重い雰囲気だけじゃなくワクワク感も兼ね備えて作られていたのでよかったです。

エマ・ストーンとライアン・ゴズリングがカップル役で起用されること多くない?笑

他の役者も豪華だからそこでも楽しめました。

ただ、何か深いメッセージがあるかと言われると浮かべるのが難しいかな。
たれ

たれの感想・評価

3.2
スタイリッシュなギャング映画。
ギャングというよりポリスストーリーだけど。
もっと暗黒な雰囲気で濃厚なギャング映画のほうが好きだな
雨森

雨森の感想・評価

-
やっぱライアン・ゴズリングはクールなキャラクターが似合うな~~
bianca

biancaの感想・評価

4.0
冷酷で残虐で怖すぎる世界。
コーエンの非道が酷い。
最後の乗りこむシーン、かっこいい!
誰も死なないでくれと願うだけ。

ジョンはなんだか最後まで頼りなく感じるが、奥様が聡明。
銃の達人のおじさまがかっこいい。と思ったらターミネーター2の。どうりでキリリとかっこいいわけだ。
観ごたえのある作品だった。
Keicoro

Keicoroの感想・評価

3.6
実話が元  

冒頭から、ウーワッ😳
と、なり、、

ラ・ラ・ランドやん‼️
なんて、思ったり、、😅

『アンタッチャブル』に似てると感じたシーンがあったり、、

取り上げられる、られない、は、ともかく、昔はこう言う事が結構あったのかな、、
と、思ったり、、

しつつ、、
結構引き込まれて観ていた 

ショーン・ペン、ハマってたなあ
見放題終了直近だったので鑑賞。「LAコンフィデンシャル」とセットで観ると更に楽しめるとのことなので、近いうちそちらも再鑑賞予定。

1940年代末ロサンゼルスで起きた実話を基に、ジョシュ・ブローリン演じるジョン・オマラ巡査部長率いるロス市警チームと、ショーン・ペン演じるミッキー・コーエン率いる街を牛耳るギャング組織との抗争を描いた物語。階段での銃撃戦など「アンタッチャブル」のオマージュかなと感じるシーンもありつつ、スマートで洗練された映像が印象的。
ただ、終盤の殴り合いはいらなかったかな。。

ジョシュ・ブローリン改めて渋い役者になったなぁ…としみじみ。そして本作のライアン・ゴズリングはワイルドかつセクシーで、過去出演作から優男役が多い印象だったこともあり、ジェリーのキャラクターは新鮮でカッコ良かった!
グレイス役のエマ・ストーンとのコンビは、どうしても「ラ・ラ・ランド」がチラ付きましたがw

ミッキー・コーエンの愛犬むちゃくちゃ可愛い♡
老けたニックノルティ かっこいいライアンゴズリン イケイケのショーンペン。渋いジェシーブローリング。ラララランドの2人組。
>|

あなたにおすすめの記事