SHOCKER ショッカーの作品情報・感想・評価

『SHOCKER ショッカー』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

とりあえず犬好きは見ちゃダメ🙅‍♀️
ほとんど暗めな映像で誤魔化されてはいるがしっかり不快と不安になる(主に最初が)うるさいホラーが嫌いなので静かめなとこはいいし怖いもの見たさで掴みもオッケー。ただまじで暗い、明るければ評価少し上がるくらい暗いcry🐕あとカメラ揺れすぎね

このレビューはネタバレを含みます

6年で666人を殺した殺人鬼を電気椅子にかけたが死なず、生き埋めにしてしまう。

しかしそれでも地底から這い上がり、野放しになった極悪非道殺人鬼がまたまた暴れ回る。

6年で666人って異常過ぎるでしょ
警察の無能さがスゴい…ゴゴゴ


序盤から動物や赤子にまで酷いことをするシーンがあり、なかなか鬼畜胸糞映画。

しかし残酷シーンが盛り沢山なわけではなく、結構しっとりとした雰囲気で物語が進んでいきます。

暗くて見にくいけど、まぁ良しとしようよ。

自由になった異常殺人鬼がおばちゃまを椅子に縛り付けて斧で顔面連打するシーンはなかなかの邪悪っぷり。

終わりまで嫌味たっぷりで暗い。
シード先輩が所持するスナッフビデオの監督&特殊効果はなんとオラフ・イッテンバッハ氏が担当。贅沢!
ネズミや犬、そして赤ちゃんまでもが腐敗し、そこに蛆が湧く様子を収めたフィルムの数々。さすがバッハたん!良いよ!

一般人がシード先輩になぶり殺されるのを定点カメラで映したシーンが良かった。
ただ、定点カメラの映像に編集で躍動感をつけるんじゃないよ!リアルさを生むための定点でしょうに!編集したらリアルじゃなくなるじゃん。

オチでちゃんと厭な気分になれます。
pippin

pippinの感想・評価

1.0
ジョデル・フェルランドが好きで見たのですが、、、

わりとグロいのも平気な方なのですがこの映画はだめでした・・
ウェス・クレイヴンのも観たからこっちもね

マイケル・パレやジョデル・フェルランドが出てましたが、脚本や演出やカメラワーク、なんなら血糊の質も悪くてげんなりするだけの駄作でした。

6年で666人も殺した殺人鬼と、それを追うパレの話ですが、こんだけ暴れてて捕まえられないとか、警察無能過ぎるのでは?

突っ込み所が多過ぎて疲れるだけのホラー(´Д`)



大量殺人鬼シード。

ビショップ捜査官(マイケル・パレ)がなんとか逮捕し、死刑執行にまでこぎ着けた。

が、電気イスに2度かけても奴は生きている!
3度目でも生きてたら無罪放免になってしまう!!

てなわけで、みんなでそのまま埋めた。

で、当然シードは土中から復活!
片っ端から血祭りにあげていき……



なんでそのまま埋めるのよ(笑)!!!

薬打つとか、全身の骨折るとか、銃殺とか、なんなら火葬にすれば良いでしょ?
なんでまんまなの??
バカなの???

っていうか、シードも不死身過ぎるわw
目玉破裂してそうなのに、ノーダメージで襲ってきてますけど?

そもそもアメリカには、3度電気イスでも死ななかったら自由の身なんて法律があるんですねぇ~

日本でも絞首刑から5分?10分?生きてたら無罪放免なんて噂はあったけれど、実際は医師が心音止まるまで吊ってたり諸々あるので、まず有り得ないことだそう。

島田荘司の本かなぁ?
フィクションで無罪放免を狙い、首の筋肉を鍛える男の話があった気がするw

まあそんなこと考えてたら、やっとこさ終わってくれた駄作でした(笑)

どうせなら666人殺してる所をやれば良かったのにねぇ~
イッテンバッハとかならやってくれそう♪
asarin3

asarin3の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

映画サイレントヒルのジョデル・フェルランドさんが出演してます。ラストの救いの無さはトップクラスです。殺人鬼がご婦人をゆっくりじっくり撲殺するシーンがお気に入りです。ワンカットだし。
今まで見た作品の中でかなり上位に入るレベルの胸糞映画です。
これから見る方は動物や赤ちゃんが死ぬ描写があるので要注意。
ずた袋のビジュアルはジェイソン好きにはありでした!
途中のめっためたのシーンが1番の見どころかなー?
マジで胸糞でスッキリ終わらないので、その辺が好きな人ならありかも。
爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

2.3
連続殺人鬼シードが逮捕され、電気椅子で死刑執行されるが設備が古く電圧が上がらずシードは死なない。警察の独断でシードを死んだことにして生き埋めにするが、地中から復活したシードは自分を葬った人々に復讐を開始する…というストーリー。
「ハウス・オブ・ザ・デッド」や「アローン・イン・ザ・ダーク」等のゲームの映画化で批判を浴びまくった「マスター・オブ・エラー」ウーヴェ・ボルによる胸糞スプラッターホラーです。
逮捕された連続殺人鬼シードを電気椅子に掛けるも、二回かけても生きていたことから「三度執行されても死なない場合無罪放免」という州法によって野放しになるのを防ぐ為、死亡を偽装して生き埋めにしますが、それでも死ななかったシードは地中から脱出して関係者に復讐していく…という内容ですが、まず冒頭、シードが見ている犬が首踏みつけられたり皮剥がされる本物のビデオ映像にドン引きです。本当に不快。
そこからマイケル・パレ演じる主人公の刑事や保安官たちがシードが撮影した犠牲者達を部屋に閉じ込めて餓死させて、死体が腐敗していく様子を映したビデオ映像と主人公達のリアクションG結構長めに描かれます。ここでも犬が犠牲になったり、赤ん坊まで犠牲になります。赤ん坊の泣き声が延々響き続ける所は結構キツイですね。腐敗していくシーンも結構グロい。
ここからシードの家に突入して逮捕されるまでが描かれますが、突入した警官たちが次々と襲われていきますが、暗闇の中で襲われるのでグロシーンが見えないのは残念。また、牢屋にいるシードのシーンと逮捕に動く主人公達のシーンがいったりきたりしてよくわからなくてテンポも悪いです。シードをレイプしようとして返り討ちに合う看守たちはどこの時系列の話なんだ?シードを死刑執行しようとして失敗して復讐が始まるまでに上映時間の半分くらい進んでるのもテンポ悪いですね。
ズタ袋被った巨漢という思いっきりジェイソン意識したシードの格好は個人的にはいい感じだと思いますが、背が低いんですよね。牢屋の中でもマスクつけてるの笑った。誰か取れよ(笑)
シードによる復讐劇は思ったよりグロ描写少なかったかな。椅子に縛り付けたオバサンの頭をハンマーでグチャグチャに粉砕するシーンを長回し風にとったシーンはCGはチョイチープだけど、本作一番の見所ですね。初めコン、コン、という感じで軽く小突きながら段々力こめていく所はシードの陰湿さと狂気感じさせて良かったです。
主人公も超絶無能でシードに反撃することなくいいようにやられ余韻も何もない胸糞悪く後味の悪いラスト迎えます。まあ、娘ちゃんには「なにもしない」んだろうなぁ…娘役でジョデル・フェルランドが出てるのにはびっくり。
電気椅子に二回かけても死なないんだから生き埋めにしてもそりゃだめですわな。上司の言うように埋める前に頭撃っとけばよかったのに。
テンポも悪くていらないシーンも多く、残念な出来ではありましたね。全体を追う陰惨な雰囲気は良かったので、もっとグロ描写多ければ良かったかも。
埋められた殺人鬼がカムバックして暴れまくる映画

う~ん…そんな面白くない。
強烈なシーンは割とあるし、殺人鬼シードはなかなか怖いんだけどなあ。
所々良い?シーンがあって思わず画面に食いついちゃうんだけど、そういうシーンが終わるとまたウトウトしちゃう。
おばあちゃんをハンマーでいたぶるシーン、浴槽の死体なんかはマジ恐ろしいけど、そんぐらいしか良いとこなかったな。
胸くそ悪いストーリーやスラッシャー要素は悪くないと思うし、上手く改善すれば強烈な一本になったかも…?
演出はともかく、中だるみとか無かったらそこそこ楽しめたかも。
別に面白い訳じゃないけど、糞映画とか言われる程では無いかなぁ。

この映画の中で、マジで無理だったのは動物殺すシーン…(じゃあ人は良いのかよ)。
「あれ本物?」ってなっちゃう程の作り込み。それとも本物?
冒頭のは特に見てられなかった。
偽物でも本物でもガチで無理。
死体にウジが湧く演出なんかは、もし特殊メイクなら本当に凄いと思うけど。
悪趣味映画を観たい人は観ても良いかも?
2007年 カナダ ほら~~👻

“生ずれば破壊される”

州法

電気イスでの死刑は1万5千ボルトを45秒 最大3回迄 なお生存の場合は受刑者は自由の身にー。

ヤツを生き埋めにしたのは皆 知っている。

覚えとけ。因果応報だ。

いつか必ずこの報いがお前の身に降りかかる。

シードが一人一人殺していくその殺し方がエゲツない映画😱
>|

あなたにおすすめの記事